ジェノア、ユリッチ監督を解任! 昨季に続いて2年連続の解任に…2017.11.06 13:11 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは5日、イバン・ユリッチ監督(42)の解任を発表した。

▽ここまで1勝8敗3分けの18位に沈むジェノアは、加えて12試合中7試合で無得点試合を記録するなど、序盤から苦しい戦いを強いられてきた。これを受けて、クラブ幹部は4日に行われたサンプドリアとのジェノヴァ・ダービーでの0-2の敗戦の翌日にユリッチ監督の解任を決断した。

▽なお、昨年6月にジェノアの新指揮官に就任したクラブOBのユリッチ監督は、今年2月に成績不振を理由に解任されていたが、後任指揮官のアンドレア・マンドルリーニ監督が更迭されたことを受けて、解任からわずか2カ月で復帰。最終的にチームを残留に導いていた。

▽だが、今季も開幕から苦戦を強いられたことで、2年連続での解任となった。

▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数現地メディアは、ユリッチ監督の後任として、これまでカリアリやパレルモなどを率い、過去2度に渡ってジェノアを率いた経験もあるダビデ・バッラルディーニ氏(53)の就任を確実視している。

コメント

関連ニュース

thumb

インモービレのドッピエッタなど4発のラツィオがリーグ戦3連勝《セリエA》

▽ラツィオは23日、セリエA第5節でホームにジェノアを迎え、4-1で快勝した。 ▽前節エンポリ戦を1-0と辛勝して2勝2敗としたラツィオが、2勝1敗スタートのジェノアをホームに迎えた一戦。 ▽3日前にヨーロッパリーグを戦ったラツィオは、アポロン戦のスタメンから大幅に7選手を変更。インモービレやルーカス・レイバ、GKストラコシャら主力が先発に戻った。 ▽立ち上がりから圧力をかけたラツィオは7分に先制する。ロングフィードをボックス右のミリンコビッチ=サビッチがヘッドで折り返し、ゴール前のカイセドが頭で押し込んだ。 ▽その後も主導権を握るラツィオは20分にパローロがミドルシュートでゴールに迫ると、23分に加点する。カイセドが敵陣でベッサからボールを奪うと、パローロのラストパスを受けたインモービレがGKとの一対一を制した。 ▽2点をリード後、メデイロスのコントロールシュートやミドルシュートでゴールに迫られたラツィオだったが、ハーフタイムにかけても流れを渡さず2点をリードしたまま前半を終えた。 ▽しかし後半開始1分、ミスから1点差に詰め寄られる。アチェルビのボックス内でのクリアがピアテクにカットされ、そのままゴールに蹴り込まれてしまった。 ▽それでも53分、ラツィオが再び2点差とする。ルリッチの左クロスをミリンコビッチ=サビッチがヘディングでゴール左へ流し込んだ。 ▽その後もインモービレやパローロのボレーシュートでゴールを脅かしたラツィオが一方的な試合展開とし、ジェノアを圧倒。89分にはコレアのシュートのルーズボールに詰めたインモービレが4点目を決めて快勝し、リーグ戦3連勝としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕3戦7発でバルサ関心のポーランド代表FWが悟り開く 「ボールが僕を探している」

▽今夏、ジェノアに加入して開幕から絶好調のポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクがゴールスコアラーとしての悟りを開いたようだ。『フットボール・イタリア』が同選手のコメントを伝えている。 ▽昨シーズン、母国のクラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入したピョンテク。すると、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエAのエンポリ戦(1ゴール)、サッスオーロ戦(2ゴール)でも2試合連続ゴールを記録し、開幕3試合で7ゴールと圧巻のペースでゴールを量産している。 ▽そして、ジェノアでの好調を引っ提げて7日にはUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ3でイタリア代表と対戦する。ピョンテクは代表デビューも期待される今回の一戦を前に自身の状態に関して独特な表現で説明した。 「僕はとても力強いスタートを切ることができた。今は(ゴールされるために)ボールが僕を探している感覚だよ」 「代表レベルでもこの調子をキープしていきたいね。僕はまだ新参者だし、多くのポジション争いが待っている。だけど、監督が声をかけてくれれば準備はできているよ」 ▽183cmの本格派ストライカーのピョンテクは、爆発的なスピードや強靭なフィジカルは持ち合わせていないものの、パワフル且つ正確な右足とヘディング技術を武器にボックス内で抜群の存在感を放つ生粋の点取り屋だ。DFとの駆け引きやオフ・ザ・ボールにも優れており、ポーランド国内では“レヴァンドフスキの後継者”としてにわかに注目が集まっている。 ▽また、イタリア『Il Secolo XIX』によると、今夏スペイン代表FWパコ・アルカセルのドルトムントへのレンタル移籍によって、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのバックアッパー不在のバルセロナがピョンテクの獲得に興味を示しているようだ。 2018.09.07 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、ウルグアイ代表MFラクサール&FWカスティジェホを獲得! FWバッカとFWラパドゥーラは退団

▽ミランは17日、ジェノアからウルグアイ代表MFディエゴ・ラクサール(25)、ビジャレアルからスペイン人FWサムエル・カスティジェホ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。また、コロンビア代表FWカルロス・バッカ(31)がビジャレアルへ、元イタリア代表FWジャンルカ・ラパドゥーラがジェノアへ移籍することも併せて発表している。取引の詳細については明かされていない。 ▽ウルグアイ出身のラクサールは2012年に母国デフェンソール・スポルティングでプロデビュー。2013年にインテルに移籍するも出場機会はなく、ボローニャ、エンポリ、ジェノアへのレンタル移籍を経て、2016年にジェノアに完全移籍した。昨季はリーグ戦33試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。また、ロシア・ワールドカップでは4試合に出場。ウルグアイ代表の準々決勝進出に貢献した。 ▽マラガの下部組織出身のカスティジェホは、2014-15シーズンにトップチームデビューを果たした後、2015年夏にビジャレアルに加入。初年度からコンスタントに出場機会を重ね、昨季は公式戦38試合で6ゴール8アシストを記録。右ウイングを主戦場としており、昨シーズンはチームトップの114回のドリブル突破を試みた。 2018.08.17 21:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア市内、高速道の橋崩落事故がセリエA開幕戦に影響…C・ロナウドデビュー戦もお預けか

現地時間14日、イタリアのジェノア市内で、高架の橋が崩落し、ここまで少なくとも39人の犠牲者が出たと報じられていたが、この一件がセリエA開幕戦にも大きく影響することとなった。<br><br>セリエA開幕戦のうち、ジェノアを本拠地とするチームのカードはサンプドリアvsフィオレンティーナ、ミランvsジェノアの2試合となる。サンプドリアとジェノアは、ともに開幕戦の延期をセリエAに要求し、認可されている。<br><br>サンプドリアのマッシモ・フェッレーロ会長は「(ユーベ幹部のアンドレア)アニエッリとも話をしたが、土曜の試合はプレーしないだろうと言っていた。もはや、サッカーどころではない」とメディアの前で公言している。<br><br>セリエA公式の声明では、サンプドリアとジェノア以外のカードは予定通り行われることが示唆されており、試合開始前には1分間の黙祷が捧げられるという。だが現地での復旧作業には時間がかかる見通しで、場合によってはセリエA第1節の全試合開催が延期される可能性も十分にあるという。<br><br>もし18日のキエーボvsユベントスも延期された場合、クリスティアーノ・ロナウドのセリエAデビュー戦は25日、ホームのユベントスvsラツィオに持ち越されることとなりそうだ。果たしてセリエAを主催するレガ・カルチョはどのような決断を下すのか、引き続きその動向が注目される。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.17 06:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノバで発生した橋の崩落事故を受けてセリエA開幕節2試合が延期

▽セリエAを運営するレガ・セリエAは16日、ジェノアで発生した橋の崩落事故を受け、19日に開催予定だったセリエA開幕節のミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期を発表した。 ▽ジェノバでは14日、地元で“ポンテ・モランディ”と呼ばれていた橋が200メートルに渡り崩落。複数の車やトラックが100メートル下の鉄道線路に落下し、38名が亡くなり多数の負傷者が出ていた。 ▽この崩落事故を受け、ジェノバを本拠地とするサンプドリアとジェノアはレガ・セリエAに19日に開催される試合の延期を要望。そして16日にレガ・セリエAは、公式サイトで以下のように声明を発表した。 「ジェノバでの悲劇を受けて、サンプドリアとジェノアから19日に開催予定の試合を延期して欲しいとの要望を受けた。対戦相手であるフィオレンティーナとミランもこの意見に同意したため、ミランvsジェノアとサンプドリアvsフィオレンティーナの延期が決定した」 ▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。 2018.08.17 00:20 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース