長友佑都、トリノ戦途中交代も現地評価ほぼ及第点「攻勢を仕掛けるための交代」2017.11.06 12:31 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
インテルに所属する日本代表のDF長友佑都はセリエAにおいて6試合連続先発出場を果たしたが、イタリアメディア各紙による評価は及第点程度となった。

インテルは5日、セリエA第12 節でホームにトリノを迎えた。59分、FWイアゴ・ファルケに先制点を許すも、79分に途中出場FWエデルのゴールで同点に追いついた。ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルは今シーズン開幕以降続いている無敗記録は守ったものの、2位の座をユヴェントスに明け渡し、3位に順位を落とした。

先発出場の長友はMFマルセロ・ブロゾビッチと交代する76分までプレーしたが、『コリエレ・デラ・セーラ』は「5,5」の評価を与えており、及第点にわずかに届かなかった。「トーロ(トリノの愛称)は彼のサイドから攻撃しており、先制点もそこから生まれた」として、長友が守る左サイドからファルケの得点につながったと指摘した。なおチーム内最高点はDFミラン・シュクリニアルおよびMFマティアス・ベシーノの「7」、最低点はDFダニーロ・ダンブロージオら4選手に与えられた「5」となった。

一方、『メディアセット』および『スカイスポーツ』は長友に対し、及第点となる「6」の評価を与えている。サッカー情報サイト『カルチョメルカート・コム』も同様の評価を与え、「イアゴ・ファルケを上手く抑えた。ベシーノへの素晴らしいアシストを狙った。スパレッティが同点ゴールを目指し、攻勢を仕掛けるため交代させた」と分析した。なお最高点は同点ゴールを決めたエデルの「7」、最低点は好機をものにすることができなかったFWマウロ・イカルディらの「5」となっている。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース