宇佐美貴史6試合ぶり出場機なし、デュッセルドルフは終盤追いつかれポイントロス《ブンデスリーガ2部》2017.11.06 09:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは20日、ブンデスリーガ2部第13節のハイデンハイム戦に臨み、2-2で引き分けた。宇佐美は3試合ぶりのベンチスタート。6試合ぶりに最後まで出番がなかった。

▽3試合ぶりの勝利を目指した首位のデュッセルドルフは、78分にカウンターからヘニングスのゴールで先制。ところが、83分に追いつかれてしまう。

▽その後、後半アディショナルタイム1分にラマンのゴールで勝ち越しに成功したデュッセルドルフだったが、同6分に与えたPKから再び追いつかれ、勝ち点1を得るにとどまった。

デュッセルドルフ 2-2 ハイデンハイム
【デュッセルドルフ】
ヘニングス(後33)
ラマン(後45+1)
【ハイデンハイム】
フェルフーク(後38)
シュナッタラー(後45+6[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

宇佐美貴史が芸術弾で今季7得点目! ディッセルドルフは3連敗《ブンデスリーガ2部》

▽FW原口元気とFW宇佐美貴史の日本代表勢が所属するデュッセルドルフは15日、ブンデスリーガ2部第30節でハイデンハイムのホームに乗り込み、1-3で敗れた。原口と宇佐美は共に先発。宇佐美は51分にシーズン7得点目を記録している。 ▽首位に立つデュッセルドルフだが、この試合もピリッとしない。2トップの一角でプレーする原口や左サイドハーフに入った宇佐美が積極的にシュートを放っていくが、23分に先制を許してしまう。 ▽それでも、左サイドでボールを受けた宇佐美は51分、対面した相手を小刻みなタッチで揺さぶり、右足インサイドのコントロールショット。弧を描いたシュートがゴール右隅に決まり、デュッセルドルフが追いついた。 ▽しかし、ここからハイデンハイムの反撃を受けたデュッセルドルフは56分、79分に立て続けに失点。今シーズン初の3連敗となり、4節を残して2位ニュルンベルクとの勝ち点差が2ポイント差に縮まっている。 ハイデンハイム 3-1 デュッセルドルフ 【ハイデンハイム】 ドブダン(前23) ドブダン(後11) クラウス(後34) 【デュッセルドルフ】 宇佐美貴史(後6) 2018.04.16 08:10 Mon
twitterfacebook
thumb

原口がPK獲得もデュッセルドルフがリーグ戦連敗…宇佐美は69分からプレー《ブンデスリーガ2部》

▽FW原口元気とFW宇佐美貴史の日本代表勢が所属するデュッセルドルフは6日、ブンデスリーガ2部第29節でボーフムと対戦し、1-2で敗戦した。5試合連続の先発出場となった原口はフル出場、ベンチスタートの宇佐美は69分からプレーした。 ▽前節のダルムシュタット戦で4試合ぶりの黒星を喫したものの、依然として首位に立つディッセルドルフ(勝ち点53)が、ホームに8位ボーフム(勝ち点37)を迎えた一戦。試合はゴールレスで迎えた後半、デュッセルドルフは69分にベニト・ラマンを下げて宇佐美を投入。 ▽すると、直後のプレーで試合が動く。70分、バイタルエリア右でボールを受けたトーマス・エイズフェルドが強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。先制点で勢いづくボーフムは75分にも、ロビー・クルーズにゴールネットを揺らされた。 ▽2点を追うデュッセルドルフは80分、カーン・アイハンのロングパスをボックス内でローヴェン・ヘニングスが落とすと、これに反応した原口がボックス内で倒され、PKを獲得。このPKをヘニングスが決め、1点を返す。 ▽その後も猛攻を仕掛けたデュッセルドルフだが、最後まで同点ゴールを奪うことはできず。デュッセルドルフは、昨年11月以来となるリーグ戦連敗となった。 デュッセルドルフ 1-2 ボーフム 【デュッセルドルフ】 ヘニングス(後35[PK]) 【ボーフム】 エイズフェルド(後25) クルーズ(後30) 2018.04.07 03:42 Sat
twitterfacebook
thumb

原口元気&宇佐美貴史先発も不発…デュッセルドルフは10人の相手に黒星 《ブンデスリーガ2部》

▽FW原口元気とFW宇佐美貴史の日本代表勢が所属するデュッセルドルフは2日、ブンデスリーガ2部第28節でダルムシュタットのホームに乗り込み、0-1で敗れた。 ▽原口と宇佐美はともに先発に名を連ね、それぞれサイドハーフでプレー。原口がフル出場を果たした一方で、宇佐美は74分にピッチを退いている。 ▽首位に立つディッセルドルフが優勢に試合を進めるが、38分に失点。水を差されたが、43分にダルムシュタットに退場者が出て、数的優位になる。 ▽そのデュッセルドルフは後半開始早々の46分、原口が左足でゴールを狙うが、右ポストを直撃。続く69分にもゾボトカのシュートが左ポストを叩く。 ▽その後も攻勢を続けたデュッセルドルフだが、最後までゴールが遠く、1人少ないダルムシュタットに敗戦。首位を堅持したが、連勝が3で止まった。 ダルムシュタット 1-0 デュッセルドルフ 【ダルムシュタット】 ケンペ(前38) 2018.04.03 07:45 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表FW宇佐美貴史に第二子となる女の子が誕生! 妻・蘭さんが発表

▽日本代表FW宇佐美貴史に第二子となる女の子が誕生した。妻である宇佐美蘭さんが自身のインスタグラム(ran_usami)で発表した。 ▽宇佐美の次女は、26日に誕生したとのこと。母子ともに健康とのことだ。 ▽蘭さんは自身のインスタグラムで出産を報告。夫であり現在は日本代表としてベルギー遠征に臨んでいる貴史にエールを送った。 「昨日3/26に第二子となる次女を出産しました 名前は桜です 妊娠中は、出産を楽しみにして下さったり、励ましの言葉をかけて頂いたりありがとうございました。お陰様で母子ともに健康です。  菫に桜、ついでに蘭も…(笑)  両手に花以上のものを抱えた夫には、益々サッカーを頑張ってもらいたいと思います 四人家族となりました宇佐美家も温かく見守って頂けると嬉しいです。」 (※絵文字省略) 2018.03.27 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

5試合ぶりノーゴールの宇佐美貴史、独メディアでは低評価に…原口元気には「まだ本調子ではない」

ブンデスリーガ2部は16日に第27節が行われ、フォルトゥナ・デュッセルドルフはビーレフェルトに4-2と勝利した。それぞれ先発した宇佐美貴史と原口元気には、やや低めの評価が下されている。<br><br>連勝中のデュッセルドルフは、2度先行される苦しい展開となったが、68分にこの試合初めてのリードを奪うとその3分後にも追加点が生まれ、ホームで4点を奪い3連勝を達成した。<br><br>この試合で4試合連続の先発出場となった宇佐美だが、この日はゴールに絡むことはできず。連続得点は4試合でストップした。ドイツ『Westdeutsche Zeitung』は、「ウィングのポジションだけにとどまらず、時々ゲームをよりタイトにした。しかし、タカシ・ウサミは先週のほうが明らかに良かった」と評し、「3+」とやや低めの評価をつけた。<br><br>一方、脳震盪から復帰後3試合連続で先発し、チーム2点目の起点となった原口にも「3+」と同様の評価をつけている。寸評では「ゲンキ・ハラグチは再び重要性を示したが、相手ディフェンスのほうが一枚上手だった。まだ本調子ではないだろう」と、コンディションを完全に取り戻してはいないとしている。<br><br>デュッセルドルフはリーグ3連勝。残り7試合となったブンデスリーガ2部で、首位をキープしている。<br><br>先日発表された日本代表メンバーにも招集された両選手。クラブの1部昇格に貢献し、最高のコンディションでロシア・ワールドカップへ参戦することは出来るだろうか。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.17 19:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース