宇佐美貴史6試合ぶり出場機なし、デュッセルドルフは終盤追いつかれポイントロス《ブンデスリーガ2部》2017.11.06 09:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは20日、ブンデスリーガ2部第13節のハイデンハイム戦に臨み、2-2で引き分けた。宇佐美は3試合ぶりのベンチスタート。6試合ぶりに最後まで出番がなかった。

▽3試合ぶりの勝利を目指した首位のデュッセルドルフは、78分にカウンターからヘニングスのゴールで先制。ところが、83分に追いつかれてしまう。

▽その後、後半アディショナルタイム1分にラマンのゴールで勝ち越しに成功したデュッセルドルフだったが、同6分に与えたPKから再び追いつかれ、勝ち点1を得るにとどまった。

デュッセルドルフ 2-2 ハイデンハイム
【デュッセルドルフ】
ヘニングス(後33)
ラマン(後45+1)
【ハイデンハイム】
フェルフーク(後38)
シュナッタラー(後45+6[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

宇佐美途中出場のデュッセルドルフはPK失敗でボルシアMGの前に敗退《DFBポカール》

▽DFBポカール2回戦が24日、ドイツ各地で行われた。デュッセルドルフはボルシアMGとのホーム戦に臨み、0-1で敗れた。FW宇佐美貴史は68分から出場している。 ▽ラファエウやシュティンドル、T・アザールら主力を投入してきたボルシアMGに立ち上がりから押し込まれたデュッセルドルフは、何とか前半をゴールレスで乗り切った。 ▽しかし迎えた後半の52分、ボックス左で仕掛けたT・アザールにドリブルシュートを流し込まれて先制を許す。 ▽追いつきたいデュッセルドルフは、68分に宇佐美を左サイドに投入。すると72分、PKを獲得する。しかし、この千載一遇のチャンスをキッカーのグレスルマンはシュートを左ポストに当ててしまい、同点に追いつくことはできなかった。 ▽終盤にかけて猛攻に出たデュッセルドルフだったが、ボルシアMG守備陣からゴールをこじ開けられずに0-1で敗戦した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、ウニオン・ベルリンはレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-4で敗れた。負傷で離脱しているDF内田篤人は欠場となっている。 ▽立ち上がりからレバークーゼンに圧倒されたウニオン・ベルリンは34分に失点する。メーメディからバイタルエリアでパスを受けたブラントにボックス中央へ侵入されてシュートを流し込まれた。 ▽それでも迎えた後半開始1分、サイド攻撃から最後はダウベがゴールを決めて試合を振り出しに戻した。 ▽良い入りを見せたウニオン・ベルリンだったが58分、アラリオに技ありのヘディングシュートを流し込まれて勝ち越されてしまう。 ▽その後もウニオン・ベルリンが攻勢に出たが、88分にヴェンデウにPKを決められて万事休すとなると、追加タイムにもアランギスに直接FKを沈められ、1-4で敗れている。 2017.10.25 03:24 Wed
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフFW宇佐美貴史の妻・蘭さんが第二子の妊娠を報告「家族が増えることを楽しみに」

▽ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに所属する日本代表FW宇佐美貴史の妻である宇佐美蘭さんが、自身のインスタグラム(ran_usami)で第二子の妊娠を報告した。 ▽ガンバ大阪からアウグスブルクへと移籍し、今シーズンからデュッセルドルフにプレーの場を移した宇佐美。ここまでリーグ戦6試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽蘭さんは、22日にインスタグラムを更新。宇佐美との2ショット、家族三人の写真とともに、第二子の妊娠を報告した。 「こんにちは。この度、第二子を授かることができました!無事安定期に入り、体調も落ち着きましたのでご報告させてください。家族が増えることを楽しみに、出産までの間をゆっくりと過ごしたいと思います」 ▽宇佐美は21日に行われたブンデスリーガ2部第11節のダルムシュタット戦に先発出場し、80分までプレー。チームは1-0で勝利し首位をキープしている。 2017.10.22 20:50 Sun
twitterfacebook
thumb

FW宇佐美貴史は途中出場、首位ディッセルドルフ4連勝《ブンデスリーガ2部》

▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは14日、ブンデスリーガ2部第10節のビーレフェルト戦に臨み、2-0で勝利した。宇佐美は71分から出場。シーズン3得点目とはならなかった。 ▽3連勝で首位のデュッセルドルフが敵地に乗り込んだ一戦。試合は35分、味方のスルーパスで相手の背後を取ったFWベニト・ラマンがゴールを決め、デュッセルドルフが先制する。 ▽リードしたデュッセルドルフは、迎えた71分に宇佐美を投入すると、76分に左サイドからの折り返しをMFフロリアン・ノイハウスが沈めて2-0。勝利したデュッセルドルフが4連勝を飾っている。 ビーレフェルト 0-2 デュッセルドルフ 【デュッセルドルフ】 ラマン(前35) ノイハウス(後76) 2017.10.15 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史が今季2ゴール目! デュッセルドルフがザンクト・パウリを下し首位に《ブンデスリーガ2部》

▽23日、ブンデスリーガ2部第8節のザンクト・パウリvsデュッセルドルフが行われ、1-2でデュッセルドルフが勝利した。デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史は先発出場し、シーズン2ゴール目を記録した。ザンクト・パウリのFW宮市亮はケガのため欠場した。 ▽7位に位置するザンクト・パウリと首位に立つデュッセルドルフの一戦。開始早々に宇佐美が見せた。9分、ボックス右から味方が浮き球をダイレクトで中央に送ると、こぼれ球をボックス内中央から宇佐美がダイレクトで右足一閃。強烈なシュートが、ゴール右上に突き刺さり、デュッセルドルフが先制する。 ▽先制したデュッセルドルフは23分にも追加点。ヘニングスが味方のパスのこぼれ球に反応。ボックス内で拾うと、GKの動きをよく見てネットを揺らしリードを広げる。 ▽2点ビハインドのザンクト・パウリは34分、サヒンがドリブルで中央突破。そのままボックス手前まで持ち込み左足を振り抜くと、ゴール右隅に決まり1点を返す。 ▽デュッセルドルフがリードして迎えた後半、宇佐美は59分に交代。その後は互いにゴールが生まれず、デュッセルドルフが1-2で勝利し首位をキープした。 ザンクト・パウリ 1-2 デュッセルドルフ 【ザンクト・パウリ】 サヒン(前34) 【デュッセルドルフ】 宇佐美貴史(前9) ヘニングス(前23) 2017.09.23 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、2戦連続途中出場も不発…デュッセルドルフは最下位に不覚で首位陥落《ブンデスリーガ2部》

▽デュッセルドルフは17日、ブンデスリーガ2部第6節のグロイター・フュルト戦に臨み、敵地での一戦を1-3で落とした。デュッセルドルフに所属する日本代表FW宇佐美貴史は2戦連続のベンチスタート。68分からプレーした。 ▽今夏に出場機会を求めてアウグスブルクからレンタル加入した宇佐美は、前節のウニオン・ベルリン戦に途中出場ながらデビュー弾。移籍後初先発に期待が集まったが、前節に引き続きベンチスタートとなった。 ▽4勝1分けで首位に立つデュッセルドルフが最下位に沈むグロイター・フュルトのホームに乗り込んだ一戦。デュッセルドルフとしては、是が非でも勝ち点3と持って帰りたいところだったが、序盤から苦しい展開を強いられてしまう。 ▽33分に先制を許したデュッセルドルフは、44分にも被弾。2点ビハインドで迎えた62分には、MFマルセル・ソボトュカがGKに倒されて得たPKからDFニコ・ギーセルマンのゴールで1点を返したデュッセルドルフだが、そのわずか1分後にも失点を重ねた。 ▽劣勢の中、68分には宇佐美が途中出場。[4-1-4-1]の右足サイドハーフを務めたが、効果的にボールに触れられず、攻撃にアクセントを付けられない。結局、試合はこのまま終了。今シーズン初黒星を喫したデュッセルドルフは、首位から陥落している。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">グロイター・フュルト 3</span>-1 デュッセルドルフ 【グロイター・フュルト】 ドゥルスン(前35) カリジューリ(前44) ドゥルスン(後18) 【デュッセルドルフ】 ギーセルマン(後17[PK]) 2017.09.17 23:40 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース