宇佐美貴史6試合ぶり出場機なし、デュッセルドルフは終盤追いつかれポイントロス《ブンデスリーガ2部》2017.11.06 09:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは20日、ブンデスリーガ2部第13節のハイデンハイム戦に臨み、2-2で引き分けた。宇佐美は3試合ぶりのベンチスタート。6試合ぶりに最後まで出番がなかった。

▽3試合ぶりの勝利を目指した首位のデュッセルドルフは、78分にカウンターからヘニングスのゴールで先制。ところが、83分に追いつかれてしまう。

▽その後、後半アディショナルタイム1分にラマンのゴールで勝ち越しに成功したデュッセルドルフだったが、同6分に与えたPKから再び追いつかれ、勝ち点1を得るにとどまった。

デュッセルドルフ 2-2 ハイデンハイム
【デュッセルドルフ】
ヘニングス(後33)
ラマン(後45+1)
【ハイデンハイム】
フェルフーク(後38)
シュナッタラー(後45+6[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

宇佐美が42分から出場のデュッセルドルフ、7試合ぶり勝利《ブンデスリーガ2部》

▽デュッセルドルフは15日、ブンデスリーガ2部第17節でブラウンシュヴァイクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。FW宇佐美貴史は42分から出場している。 ▽前節ニュルンベルク戦を0-2と敗れ、6試合勝利のない3位デュッセルドルフ(勝ち点28)が、7位ブラウンシュヴァイク(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は9分にデュッセルドルフが先制する。相手FKを跳ね返したロングカウンターからラマンが持ち上がり、ルーズとなったボールをロブレンが拾ってGKと一対一に。ロブレンが冷静にチップキックシュートを流し込んだ。 ▽幸先良く先制したデュッセルドルフが試合をコントロールする中、42分に先制ゴールを挙げたロブレンに代わって宇佐美が左サイドに投入される。 ▽迎えた後半、自陣に引きながら様子を見るデュッセルドルフは、61分にピンチ。レイチェルのミドルシュートが右ポストに直撃した。 ▽ひやりとしたデュッセルドルフはその後、カウンターを仕掛けながら主導権を渡さない。宇佐美も守備に気を配りながら試合を進めていく。 ▽終盤にかけても守備に徹したデュッセルドルフがブラウンシュヴァイクをシャットアウト。7試合ぶりの勝利を飾って暫定2位に浮上している。 ブラウンシュヴァイク 0-1 デュッセルドルフ 【デュッセルドルフ】 ロブレン(前9) 2017.12.16 05:20 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、途中出場も不発 デュッセルドルフは首位攻防戦をドロー《ブンデスリーガ2部》

▽日本代表FW宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフは2日、ブンデスリーガ2部第16節でホルシュタイン・キールと対戦し、2-2で引き分けた。ベンチスタートの宇佐美は75分から出場している。 ▽2位デュッセルドルフが首位ホルシュタイン・キールのホームに乗り込んだ一戦。勝てば首位返り咲きのデュッセルドルフは44分にラマンのゴールで先制する。 ▽しかし、デュッセルドルフの1点リードで迎えた後半、55分と70分に失点し、ホルシュタイン・キールを追う展開に。それでも、85分にヘニングスのゴールで追いつき、辛くもドローに持ち込んでいる。 ホルシュタイン・キール 2-2 デュッセルドルフ 【ホルシュタイン・キール】 シンドラー(後10) ドゥクシュ(後25) 【デュッセルドルフ】 ラマン(前44) ヘニングス(後45) 2017.12.03 08:45 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美が前半で交代のデュッセルドルフ、開始10分で3失点惨敗… 首位返り咲きのチャンス逸す《ブンデスリーガ2部》

▽デュッセルドルフは27日、ブンデスリーガ2部第15節でディナモ・ドレスデンをホームに迎え、1-3で敗れている。FW宇佐美貴史は前半のみの出場となった。 ▽前節インゴルシュタットに0-1と敗れてここ3試合勝利がなく、首位から陥落した2位デュッセルドルフ(勝ち点27)は、宇佐美を3試合ぶりにスタメンとした。 ▽17位ディナモ・ドレスデン(勝ち点11)に対し、勝利すれば首位返り咲きとなるデュッセルドルフは、宇佐美がフラットな[4-4-2]の右MFで先発となった。 ▽しかし開始4分、左CKからハルトマンにヘディングシュートを叩き込まれたデュッセルドルフは、5分にもバイタルエリア中央でフリーとしたローザーにペナルティアーク中央からミドルシュートを決められて2点を追う展開を強いられる。 ▽さらに10分、ジュルジェビッチにも左サイドからのカットインミドルを突き刺されて3-0とされたデュッセルドルフは、12分に宇佐美が味方のポストプレーに反応してボックス右から右足を一閃。強烈なシュートだったが、バーを直撃した。 ▽厳しいデュッセルドルフは32分に相手のバックパスミスをカットしたラマンが決めて1点を返すも、前半を1-3で終えた。 ▽宇佐美がハーフタイムで交代を告げられて迎えた後半、デュッセルドルフはボールこそ持ったものの効果的な攻めを見せられないまま時間が経過。そのまま1-3で敗戦し、リーグ戦4試合白星から見放され、首位返り咲きに失敗している。 デュッセルドルフ 1-3 ディナモ・ドレスデン 【デュッセルドルフ】 ラマン(前32) 【ディナモ・ドレスデン】 ハルトマン(前2) ローザー(前4) ジュルジェビッチ(前10) 2017.11.28 06:22 Tue
twitterfacebook
thumb

宇佐美途中出場のデュッセルドルフはPK失敗でボルシアMGの前に敗退《DFBポカール》

▽DFBポカール2回戦が24日、ドイツ各地で行われた。デュッセルドルフはボルシアMGとのホーム戦に臨み、0-1で敗れた。FW宇佐美貴史は68分から出場している。 ▽ラファエウやシュティンドル、T・アザールら主力を投入してきたボルシアMGに立ち上がりから押し込まれたデュッセルドルフは、何とか前半をゴールレスで乗り切った。 ▽しかし迎えた後半の52分、ボックス左で仕掛けたT・アザールにドリブルシュートを流し込まれて先制を許す。 ▽追いつきたいデュッセルドルフは、68分に宇佐美を左サイドに投入。すると72分、PKを獲得する。しかし、この千載一遇のチャンスをキッカーのグレスルマンはシュートを左ポストに当ててしまい、同点に追いつくことはできなかった。 ▽終盤にかけて猛攻に出たデュッセルドルフだったが、ボルシアMG守備陣からゴールをこじ開けられずに0-1で敗戦した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、ウニオン・ベルリンはレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-4で敗れた。負傷で離脱しているDF内田篤人は欠場となっている。 ▽立ち上がりからレバークーゼンに圧倒されたウニオン・ベルリンは34分に失点する。メーメディからバイタルエリアでパスを受けたブラントにボックス中央へ侵入されてシュートを流し込まれた。 ▽それでも迎えた後半開始1分、サイド攻撃から最後はダウベがゴールを決めて試合を振り出しに戻した。 ▽良い入りを見せたウニオン・ベルリンだったが58分、アラリオに技ありのヘディングシュートを流し込まれて勝ち越されてしまう。 ▽その後もウニオン・ベルリンが攻勢に出たが、88分にヴェンデウにPKを決められて万事休すとなると、追加タイムにもアランギスに直接FKを沈められ、1-4で敗れている。 2017.10.25 03:24 Wed
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフFW宇佐美貴史の妻・蘭さんが第二子の妊娠を報告「家族が増えることを楽しみに」

▽ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに所属する日本代表FW宇佐美貴史の妻である宇佐美蘭さんが、自身のインスタグラム(ran_usami)で第二子の妊娠を報告した。 ▽ガンバ大阪からアウグスブルクへと移籍し、今シーズンからデュッセルドルフにプレーの場を移した宇佐美。ここまでリーグ戦6試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽蘭さんは、22日にインスタグラムを更新。宇佐美との2ショット、家族三人の写真とともに、第二子の妊娠を報告した。 「こんにちは。この度、第二子を授かることができました!無事安定期に入り、体調も落ち着きましたのでご報告させてください。家族が増えることを楽しみに、出産までの間をゆっくりと過ごしたいと思います」 ▽宇佐美は21日に行われたブンデスリーガ2部第11節のダルムシュタット戦に先発出場し、80分までプレー。チームは1-0で勝利し首位をキープしている。 2017.10.22 20:50 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース