宇佐美貴史6試合ぶり出場機なし、デュッセルドルフは終盤追いつかれポイントロス《ブンデスリーガ2部》2017.11.06 09:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは20日、ブンデスリーガ2部第13節のハイデンハイム戦に臨み、2-2で引き分けた。宇佐美は3試合ぶりのベンチスタート。6試合ぶりに最後まで出番がなかった。

▽3試合ぶりの勝利を目指した首位のデュッセルドルフは、78分にカウンターからヘニングスのゴールで先制。ところが、83分に追いつかれてしまう。

▽その後、後半アディショナルタイム1分にラマンのゴールで勝ち越しに成功したデュッセルドルフだったが、同6分に与えたPKから再び追いつかれ、勝ち点1を得るにとどまった。

デュッセルドルフ 2-2 ハイデンハイム
【デュッセルドルフ】
ヘニングス(後33)
ラマン(後45+1)
【ハイデンハイム】
フェルフーク(後38)
シュナッタラー(後45+6[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

W杯決勝進出のクロアチア代表DFロブレンの弟・ダボルがデュッセルドルフに加入

▽2018-19シーズンからブンデスリーガに昇格するフォルトゥナ・デュッセルドルフは11日、ディナモ・ザグレブからU-19クロアチア代表FWダボル・ロブレン(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年までの5年間となる。 ▽ロブレンは、クロアチアの名門であるディナモ・ザグレブの下部組織出身。順調にキャリアを積むと、2017年7月にレンタル移籍でデュッセルドルフへと加入した。デュッセルドルフでは、ブンデスリーガ2部で14試合に出場し1ゴール2アシストを記録。チームの昇格に貢献していた。 ▽なお、世代別のクロアチ代表に選出され続けているロブレンは、リバプールに所属すクロアチア代表DFデヤン・ロブレンの実弟。 2018.07.12 09:58 Thu
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、3億強の宇佐美貴史から1億弱の伊東純也にシフトか

▽デュッセルドルフは、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得から完全撤退したのかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、ブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した日本代表FW原口元気と宇佐美。しかし、前者はハノーファー移籍が決まり、後者においても交渉の行き詰まりが取り沙汰されている。ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕前から続く交渉に依然として進展がない模様だ。 ▽また、ドイツ『キッカー』によれば、宇佐美の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。そこで代役として名前が挙がったのが、Jリーグ屈指のドリブラーである柏レイソルのFW伊東純也(25)であり、移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)程度だという。 2018.07.10 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ1部昇格のデュッセルドルフ、原口元気代役に“柏のスピードスター”FW伊東純也を指名

▽デュッセルドルフが、柏レイソルに所属する日本代表FW伊東純也(25)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『RP ONLINE』が伝えている。 ▽新シーズンで6年ぶりにブンデスリーガを戦うデュッセルドルフは、6月にハノーファーへ移籍した日本代表MF原口元気(27)の代役として伊東を指名したという。同メディアは伊東が『Jリーグベストプレーヤーの1人』であると紹介しており、現在リーガエスパニョーラのクラブも獲得に動こうとしていることを伝えている。 ▽ヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏へ完全移籍。快速を武器にJリーグ屈指の右サイドハーフへと成長し、2017年12月のEAFF E-1サッカー選手権では日本代表にも選出され、北朝鮮代表戦でデビュー。さらに、2017年のJリーグ優秀選手賞も受賞した。今シーズンはここまで公式戦22試合6ゴール12アシストを記録している。 2018.07.09 08:33 Mon
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフがフランクフルトのU-21ドイツ代表MFバルコクをレンタルで獲得

▽フランクフルトは20日、U-21ドイツ代表MFアイメン・バルコク(20)がブンデスリーガに昇格したデュッセルドルフへレンタル移籍することを発表した。期間は1年間となる。なお、フランクフルトはバルコクとの契約を2021年まで延長している。 ▽188cmの長身でテクニックに優れた攻撃的MFのバルコクは、U-16からU-21までドイツ代表に選出されてきた経歴を持つ。モロッコにルーツをもつ同選手は、2013年夏にフランクフルトへ加入。フランクフルトでは公式戦29試合に出場して2ゴール3アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガで9試合に出場していた。 ▽デュッセルドルフのフリードヘルム・フンケル監督はバルコクの獲得について次のように語っている。 「彼はまだ若いが、すでにブンデスリーガでの経験を有しており、力強いプレーをもったMFだよ。良いテクニックと精力的なプレーを見せているね。来季はうちでさらなる飛躍を見せてくれることだろう。まだまだ彼には大きな伸び代がある」 2018.06.20 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

欧州5大リーグの来季昇格チームが決定! 4部降格のパルマが奇跡の3連続昇格! スペインではウエスカが初昇格

▽16日にヨーロッパ主要リーグ2部の全日程が終了し、来シーズンにトップディビジョンに昇格する全チームが決定した。 ▽イングランドのチャンピオンシップではウォルバーハンプトンとカーディフ・シティが共に自動昇格で久々のプレミアリーグ復帰を決定。また、熾烈なプレーオフを制したフルアムが5シーズンぶりに復帰を果たす。 ▽スペインのリーガエスパニョーラ・セグンダAでは優勝したラージョが3年ぶりの復帰。来季のプリメーラはレアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの2強に加え、ヘタフェ、レガネス、ラージョと首都マドリードに本拠地を置く5クラブが鎬を削ることになる。また、2位で自動昇格のウエスカはクラブ創設58年目で初の昇格となった。さらに、16日に行われたヌマンシアとの昇格プレーオフ決勝を制したバジャドリーも5年ぶりの復帰だ。 ▽イタリアのセリエBでは後半戦に入って圧巻の戦いぶりを見せたエンポリが優勝と共に1年でのセリエA復帰を決めた。また、2015年のクラブ破産で4部に強制降格となったパルマは3シーズン連続昇格という奇跡の快進撃をみせ、最短でのセリエA復帰を果たした。さらに16日に行われた昇格プレーオフ決勝でパレルモ相手にホームで鮮やかな逆転昇格を決めたフロジノーネが3シーズンぶりのセリエA復帰となる。 ▽ドイツのブンデスリーガ2部では最終節で優勝決定戦を戦ったデュッセルドルフとニュルンベルクが共に自動昇格を決めた。なお、今季デュッセルドルフの逆転優勝に貢献した日本代表MF原口元気と同FW宇佐美貴史は、原口がハノーファーへの移籍が決定し、アウグスブルクからレンタル中の宇佐美に関しても去就は不透明だ。なお、3位で昇格・降格プレーオフに進出したホルシュタイン・キールはブンデスリーガ16位のヴォルフスブルクに敗れ、昇格はならなかった。 ▽フランスのリーグ・ドゥでは古豪スタッド・ランスが3シーズンぶり、ニームが25年ぶりのリーグ・アン昇格を決めた。その一方で、昇格プレーオフを制してリーグ・アン18位のトゥールーズとの昇格・降格プレーオフに臨んだACアジャクシオはトゥールーズの牙城を破れず、昇格はならなかった。 ◆プレミアリーグ(イングランド) 1.ウォルバーハンプトン 2.カーディフ・シティ 昇格PO.フルアム ◆リーガエスパニョーラ(スペイン) 1.ラージョ 2.ウエスカ 昇格PO.バジャドリー ◆セリエA(イタリア) 1.エンポリ 2.パルマ 昇格PO.フロジノーネ ◆ブンデスリーガ(ドイツ) 1.デュッセルドルフ 2.ニュルンベルク ◆リーグ・アン(フランス) 1.スタッド・ランス 2.ニーム 2018.06.17 15:20 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース