クロスで好機を演出も…6戦連続先発の長友佑都は平均評価「前半はソリッドだった」2017.11.06 07:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
イタリア・セリエAは5日に第12節が行われ、インテルはトリノと1-1で引き分けた。先発した長友佑都には、及第点が与えられている。

長友も6試合連続の先発出場を果たしたインテルは、序盤から主導権を握って進めるもなかなかゴールを奪えない。すると59分にトリノに先制点を許す苦しい展開となる。それでも、79分のエデルのゴールで同点に追いつき、ドローで試合を終えた。

76分に途中交代となったが、後半開始早々にアーリークロスで決定機を演出するなど、確かな存在感を見せた長友。しかし『EUROSPORT』は、この日本代表DFに「6」と平均点をつけている。「前半はソリッドで、相手の右からの攻撃のリカバリーに重点を置いていた。(マティアス・)ベシーノに良いクロスを送っていた」と評している。

チームの最高点は「7」のベシーノ。得点を挙げたエデルやアントニオ・カンドレーバは「6.5」で、ルチアーノ・スパレッティ監督も同様の評価となった。最低点はボルハ・バレロの「5」となっている。

一方のトリノの選手には軒並み高評価がつけられており、最高点はトーマス・リンコンの「7」となった。

提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース