ロマニョーリ&スソ弾でミランが公式戦3試合ぶり白星《セリエA》2017.11.06 06:37 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第12節、サッスオーロvsミランが5日に行われ、2-0でミランが勝利した。

▽8位のミラン(勝ち点16)が17位のサッスオーロ(勝ち点8)とのアウェイ戦に乗り込んだ一戦。前節ユベントスに0-2で完敗したミランは、ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)のAEKアテネ戦でも低調なパフォーマンスを見せゴールレスドローに終わった。3試合ぶりの勝利を目指す今節は、AEKアテネ戦から5選手を変更。ムサッキオ、リカルド・ロドリゲス、ロカテッリ、アンドレ・シウバ、クトローネに代えて、サパタ、カラブリア、ケシエ、カリニッチ、スソが先発に起用された。

▽ミランは立ち上がり2分、チャルハノールが直接FKで最初のチャンスを演出。その後もサイドからうまく攻撃を組み立てるなど良い入りを見せたミランだったが、14分にアクシデントに見舞われる。右サイドバックのカラブリアが足の痛みを訴え、アバーテと負傷交代を余儀なくされてしまう。

▽その後は攻撃のリズムが作れないミランは31分、右CKからモントリーボが狙いにいくがDFのブロックに遭う。37分にはボリーニがボックス外左からのシュートで打開を試みる。さらに39分にもケシエのクロスにカリニッチがドンピシャで合わせるが、GKコンシーリのビッグセーブに阻まれた。

▽するとその直後のCKからミランに得点が生まれる。右CKの場面でショートコーナーを選択したミランは、チャルハノールが右足でクロスを上げると、ロマニョーリがGKと接触しながらも頭で押し込み先制点をもたらした。

▽後半も果敢に仕掛けていくミランだが、前線との息が合わずパスを通すことできない。だが、徐々にオープンな展開になると、ミランが追加点を挙げる。67分、スソが右サイドからドリブルで仕掛けると、DFをかわして左足一閃。目の覚めるようなシュートがゴール左上隅に突き刺さった。

▽このゴールで主導権を握ったミランは、シンプルにつないだパス交換から途中出場のロカテッリがボックス手前から狙うなど、攻撃にリズムが生まれ始める。81分にはボリーニがボックス左からのシュートでチャンスを迎えた。

▽その後はサッスオーロの攻撃を防ぎ切ったミランが2-0で勝利。決して出来の良い試合とは言えなかったが格下からきっちり勝ち点を3を持ち帰った。

コメント

関連ニュース

thumb

ベルルスコーニ氏、C・ロナウドのユベントス移籍に「ミラニスタとしては恐ろしい」

元イタリア首相で、元ミランの名物会長でもあるシルビオ・ベルルスコーニ氏が、FWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス加入についてコメントした。<br><br>世界最高の選手とも称されるC・ロナウドのユベントス電撃加入。ベルルスコーニ氏はイタリア『イル・ジョルナーレ』とのインタビューで、ミラニスタ(ミランファン)としては複雑、イタリア・フットボールにとっては喜ばしいニュースであると形容している。<br><br>「ミラニスタとしては、それはそれは恐ろしいものだよ。しかしセリエAにC・ロナウドのような絶対的王者がやって来るのは良いニュースだ。ユベントスだけでなく、イタリア・フットボール全体にとってもね。ユベントスの幹部とファンを祝福させてもらうよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.15 22:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、ボヌッチ放出の可能性が再燃…代理人が幹部と4時間会談

▽ミランはイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを放出することになるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。 ▽報道によると、ボヌッチの代理人であるアレッサンドロ・ルッチ氏は13日、マルコ・ファッソーネCEO、マッシミリアーノ・ミラベッリSDと話し合った。4時間にも及ぶ会談で、今後のことを話したとみられている。 ▽ルッチ代理人のクライアントはボヌッチのほかにスソなどもいて、4時間すべてがボヌッチの話題ではなかった模様。そして今回の話し合いは最終決定ではないものの、移籍の可能性も視野に入れているようだ。 ▽1年前にユベントスからミランに電撃移籍したボヌッチには、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブが関心を示しており、行き先には困らない。ミランはボヌッチを手放すことになるのだろうか。 2018.07.15 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

レオナルド氏復帰に大反対のミラン・ウルトラス、その原因は…

▽ミランのウルトラスは、レオナルド氏の復帰を望んでいない。クルヴァ・スッドが声明を出し、ファンの立ち位置をはっきりさせた。 ▽ミランは先日、アメリカの投資ファンドであるエリオット・マネジメントに経営権が移った。これに伴い、かつて鹿島アントラーズでもプレーした元ミランのレオナルド氏がゼネラルマネジャーになると言われている。 ▽これについてクルヴァ・スッドは、「我々には偉大な監督と(マッシミリアーノ・)ミラベッリがいて、最高の尊敬と信頼、そして明確さ、プロ意識を持っている」と、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督とスポーツディレクターを支持した。 ▽その一方で、レオナルド氏は「我々のカラーを吐き捨てた」と主張。同氏がインテルで監督を務めたことにウルトラスは納得しておらず、「ミランには確固たる信念を持った男が必要だ」とした。 ▽新体制を始めるために早く動きたいミランだが、ファンが納得する人選ができるだろうか。 2018.07.15 05:22 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、新幹部にレオナルド? GM候補に挙がる

▽ミランの幹部に元ブラジル代表のレオナルド氏が入閣する可能性があるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽ミランは先日、アメリカの投資ファンドである『エリオット・マネジメント』に経営権が移った。新体制での舵取り役として元ミランで鹿島アントラーズでもプレーしていたレオナルド氏にゼネラルマネジャーの職をと考えているようだ。 ▽会長職には、『エリオット・マネジメント』が信頼を寄せるパオロ・スカローニ氏が就任する見通しだ。 ▽ただ、ゼネラルマネジャーにはアーセナルのイバン・ガジディスCEOの名前も挙がっているとのこと。正式な決定にはもう少し時間がかかるかもしれない。 2018.07.14 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

混迷ミラン、リー・ヨンホンから『エリオット・マネジメント』にクラブ所有権が変更

▽ポール・シンガー氏率いるヘッジファンド運営会社『エリオット・マネジメント』は10日、中国人実業家のリー・ヨンホン氏を中心とする合弁企業『ロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルク』からACミランの経営権と所有権を引き継いだことを発表した。 ▽ミランは2017年、リー・ヨンホン氏が、ミランを運営する『フィニンヴェスト』から7億4000万ユーロ(約962億円)でクラブを買収した。その際に同氏は『エリオット・マネジメント』から、巨額の利子が伴う3億ユーロ(約390億円)の資金を借り入れた。 ▽そして、累積債務4億ユーロ(約520億円)のうち、3200万ユーロ(約42億6000万円)を今月6日までに返済することになっていた。だが、リー・ヨンホン氏側は期日以内に送金を行わず、債務不履行によって同氏の持つクラブの経営権と所有権が『エリオット・マネジメント』に譲渡されることが決定した。 ▽なお、『エリオット・マネジメント』は今回のクラブ経営権譲渡に関する声明の中で、クラブの財政を安定させるために、5000万ユーロ(約65億円)の資金投下を行う旨を発表している。 ▽なお、新体制に移行するミランだが、先月前にファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反を犯したことを理由に欧州サッカー連盟(UEFA)から今後2年間UEFA主催大会の出場停止処分を科された。 2018.07.11 13:44 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース