イグアインの公式戦4戦連発弾とクアドラード弾でユベントスが最下位ベネヴェントに逆転勝利《セリエA》2017.11.06 01:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは5日、セリエA第12節でベネヴェントをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。

▽前節ミラン戦を今季最高の出来とも言える内容で快勝した3位ユベントス(勝ち点28)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦を復調しているイグアインのゴールで何とか引き分けに持ち込んだ。2位を死守して決勝トーナメント進出に近づいた中、スポルティング戦のスタメンから5選手を変更。GKブッフォンやマンジュキッチ、ケディラらに代えてドグラス・コスタやマルキジオ、マテュイディらがスタメンとなった。

▽ここまで全敗で最下位に沈むベネヴェントに対し、2列目に右からクアドラード、ディバラ、ドグラス・コスタと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスが、立ち上がりから敵陣で試合を進めていく。そして15分にはボックス左からドグラス・コスタの強烈なシュートがバーを直撃した。

▽ところが19分、ワンチャンスを決められて失点する。ゴール正面の位置で与えた直接FKをキキレッティにゴール左へ決められた。

▽まさかの先制を許したユベントスは31分、ディバラのラストパスを受けたボックス右のクアドラードがシュートに持ち込むも、枠の左上に外してしまう。さらに34分、ボックス内に侵入したディバラの右足シュートはGKのセーブに阻まれた。

▽続く41分にはイグアインのヘッドでの落としをディバラがボレーで合わせる決定機を迎えるも枠の上に外してしまう。そして、前半終了間際のディバラの直接FKはGKにセーブされ、前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半も一方的な展開に持ち込んだユベントスは57分に試合を振り出しに戻す。右サイドからのクロスをファーサイドのマテュイディがヘッドで折り返し、イグアインが難しい態勢から左足ボレーで流し込んだ。

▽続く60分にはクアドラードがGKを強襲する強烈なシュートを浴びせると、ルーズボールをイグアインがシュートに持ち込むもGKにセーブされる。それでも65分、左サイドからのアレックス・サンドロのクロスをクアドラードがヘディングでねじ込み、逆転に成功した。

▽これが決勝点となってユベントスが薄氷の逆転劇で最下位チームに勝利している。

コメント

関連ニュース

thumb

ケディラが左大腿部の屈筋損傷で3週間程度の離脱…D・コスタは再検査へ

▽ユベントスは20日、前日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節、バレンシア戦で負傷交代したMFサミ・ケディラとMFドグラス・コスタの2選手に関するメディカルレポートを伝えた。 ▽ユベントスは19日に行われた今季CL初戦のバレンシア戦を2-0で勝利。FWクリスティアーノ・ロナウドの一発退場で数的不利を背負いながらもMFミラレム・ピャニッチの2つのPKによって敵地での初戦を白星で飾った。 ▽しかし、同試合では前半半ばに左足を痛めたケディラ、後半終盤に相手との接触で負傷したドグラス・コスタの2選手が負傷交代を強いられていた。 ▽そして、ユベントスは前述の2選手に関する最新のメディカルレポートを発表。ケディラに関しては左大腿部の屈筋の損傷が確認されたという。一方、ドグラス・コスタに関しては現時点でケガの程度を評価できず、翌日に改めて検査を行う予定であると説明した。 ▽なお、ケディラに関しては3週間程度の離脱を強いられる見込みだ。 2018.09.21 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

CR7を擁護しようとしたジャンが不適切発言…性差別を疑われる

▽ユベントスのドイツ代表MFエムレ・ジャンの発言が物議を醸している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ユベントスは、19日に行われたチャンピオンズリーグでバレンシアと対戦。試合は0-2で勝利したものの、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一発退場となっていた。 ▽C・ロナウドが退場になったシーンは、相手ボックス内でムリージョと接触し、ムリージョが倒れたもの。このレッドカードには異論が様々な方面から出ているが、倒れたムリージョの頭をC・ロナウドが掴んだことがカードの対象と見られている。 ▽その件について「レッドカードだと思うか?」と質問されたジャンが自身の見解をコメント。C・ロナウドを擁護したものの、発言内容に性差別が疑われる部分があり、問題となっている 「僕は、彼がムリージョの髪を引っ張ったからだということを学んだ。僕たちは女性じゃない。サッカーをしよう」 「もしあなたがレッドカードを引き出すのならば、全てのファウルに対してそうするだろう。100%レッドカードではないよ」 ▽どういった意図でジャンが「女性ではない」と語ったのかは不明だが、映像として残っているだけに、処分の対象となる可能性もあるようだ。 2018.09.20 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、中盤の強化試みるも…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は今夏に、ユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラ(31)と、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得を目指していたようだ。フランス『レキップ』をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽PSGは今夏、新指揮官としてトーマス・トゥヘル監督が就任。トゥヘル監督は、中盤の強化を図るべくケディラとF・デ・ヨングの獲得をクラブに要請していたようだ。 ▽ケディラは2015年にレアル・マドリーからユベントスにフリーで加入。加入初年度こそケガに泣かされリーグ戦出場は20試合だったが、2016-17シーズンにはリーグ戦31試合出場した。これまでリーグ戦通算81試合で20ゴール10アシストと、チームの欠かせない存在になっている。その証拠にユベントスは先日、ケディラと契約を2021年まで延長。PSG移籍の可能性は消滅した。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたF・デ・ヨングは、2015年にオランダの名門アヤックスに加入。最初の2シーズンはリザーブチームにあたるヨング・アヤックスを主戦場としてきたものの、昨シーズンからトップチームに定着した。後半戦はケガで棒に振ったが、22試合で8アシストをマークしブレイク。オランダの有望株として多くのビッククラブが関心を寄せている。また、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば1月の移籍市場でPSGが再び獲得に動くと見込まれている。 2018.09.20 20:39 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドはマンチェスター・U戦も出場停止の可能性?アッレグリは判定に不満

ユベントスのマッシリミアーノ・アッレグリ監督は、クリスティアーノ・ロナウドの退場に納得できないようだ。英『スカイスポーツ』が伝えている。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)で、ユベントスはバレンシアと対戦。敵地ながら2-0で試合を制し、初戦で勝ち点3を手にしている。<br><br>しかしこの一戦の29分、この試合がユベントスの選手としてCLデビューとなったC・ロナウドが小競り合いからレッドカードを受けて一発退場に。この判定に、選手は信じられない様子で座り込み、涙を流しながらピッチを後にしている。<br><br>この判定には現役選手やOBなどから疑問の声が多く上がっているが、アッレグリ監督はビデオ判定が必要だとの見解を示している。<br><br>「私が言えることは、VARがあれば審判が正しい決断を下す助けになったということだけだ。難しい試合の前半29分でレッドカードで10人となるのは、正しいことではない」<br><br>「困難な状況だったが、選手たちは素晴らしかった。可能な限りよく戦ったよ。2-0とするまで秩序を持って守り、枠内シュートは数本しか許さなかった。特別なことは何もない」<br><br>ユベントスは次節ヤング・ボーイズと対戦するが、UEFAの規定によりC・ロナウドはこの一戦は出場停止となる。<br><br>また『スカイスポーツ』によると、C・ロナウドが第3節のマンチェスター・ユナイテッド戦も出場停止となる可能性がゼロではないと伝えている。UEFAの倫理規定には「重大な罪が認められた場合、UEFA倫理委員会は罰則を拡大する権利がある」と記載されており、C・ロナウドが大一番も欠場となる可能性も排除できないようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

過激なバレンシアサポーターが姑息な手段…ユベントス選手らの睡眠を妨害

▽19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節、バレンシアvsユベントスの前夜に、ユベントスの選手が一部のバレンシアサポーターから睡眠妨害を受けていたことが分かった。スペイン『アス』が伝えている。 ▽『アス』が地元紙『LAS PROVINCIAS』の報道をもとに伝えるところによると、試合当日の19日の未明、フードを被った20人ほどのバレンシアサポーターらが、ユベントス選手が宿泊していたウェスティンホテルの前で「Juve merda(クソったれユーベ)」と書かれたバナーを掲げていた模様。さらにあろうことか、その場で花火を打ち上げ、選手たちの睡眠を妨害していたようだ。 ▽この事態に、直ちに警察が出動。ホテルの周りに防御線を張り、クリスティアーノ・ロナウドをはじめとするビアンコネロの選手らは安眠に就けたという。なお、試合はユベントスが敵地メスタージャで2-0で勝利。一部の過激なバレンシアサポーターの姑息な手段も虚しく、一昨季のファイナリストが快勝を収めた。 ▽警察は今後、ホテルの監視カメラの映像を確認し犯人グループの特定に注力していくようだ。 2018.09.20 13:54 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース