イグアインの公式戦4戦連発弾とクアドラード弾でユベントスが最下位ベネヴェントに逆転勝利《セリエA》2017.11.06 01:14 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ユベントスは5日、セリエA第12節でベネヴェントをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。

▽前節ミラン戦を今季最高の出来とも言える内容で快勝した3位ユベントス(勝ち点28)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦を復調しているイグアインのゴールで何とか引き分けに持ち込んだ。2位を死守して決勝トーナメント進出に近づいた中、スポルティング戦のスタメンから5選手を変更。GKブッフォンやマンジュキッチ、ケディラらに代えてドグラス・コスタやマルキジオ、マテュイディらがスタメンとなった。

▽ここまで全敗で最下位に沈むベネヴェントに対し、2列目に右からクアドラード、ディバラ、ドグラス・コスタと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスが、立ち上がりから敵陣で試合を進めていく。そして15分にはボックス左からドグラス・コスタの強烈なシュートがバーを直撃した。

▽ところが19分、ワンチャンスを決められて失点する。ゴール正面の位置で与えた直接FKをキキレッティにゴール左へ決められた。

▽まさかの先制を許したユベントスは31分、ディバラのラストパスを受けたボックス右のクアドラードがシュートに持ち込むも、枠の左上に外してしまう。さらに34分、ボックス内に侵入したディバラの右足シュートはGKのセーブに阻まれた。

▽続く41分にはイグアインのヘッドでの落としをディバラがボレーで合わせる決定機を迎えるも枠の上に外してしまう。そして、前半終了間際のディバラの直接FKはGKにセーブされ、前半を1点ビハインドで終えた。

▽迎えた後半も一方的な展開に持ち込んだユベントスは57分に試合を振り出しに戻す。右サイドからのクロスをファーサイドのマテュイディがヘッドで折り返し、イグアインが難しい態勢から左足ボレーで流し込んだ。

▽続く60分にはクアドラードがGKを強襲する強烈なシュートを浴びせると、ルーズボールをイグアインがシュートに持ち込むもGKにセーブされる。それでも65分、左サイドからのアレックス・サンドロのクロスをクアドラードがヘディングでねじ込み、逆転に成功した。

▽これが決勝点となってユベントスが薄氷の逆転劇で最下位チームに勝利している。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスが難所で3失点敗戦… 勝利したサンプドリアはホーム戦全勝を維持《セリエA》

▽ユベントスは19日、セリエA第13節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。 ▽代表ウィーク前に行われた前節ベネヴェント戦をイグアインの公式戦4戦連発弾など逆転で退けた2位ユベントス(勝ち点31)はリーグ戦4連勝として首位ナポリに1ポイント差に迫った。そのユベントスは水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を控える中、イタリア代表で失意を受けたGKブッフォンとバルザーリがベンチスタートとなり、キエッリーニとベルナルデスキがスタメンとなった。 ▽前節ジェノヴァ・ダービーを制した今季のホーム戦5戦全勝の6位サンプドリア(勝ち点23)に対し、2列目に右からクアドラード、ベルナルデスキ、マンジュキッチと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスは、開始2分にベルナルデスキのスルーパスからイグアインが決定的なシュートを浴びせていく。 ▽良い入りを見せたユベントスが能動的に試合を進めていくものの、サンプドリアのタイトな守備の前にシュートに結びつけることはできない。 ▽28分に足首を負傷したプラートに代わってリネティを投入したサンプドリアに対し、引き続き敵陣でのプレーを続けたユベントスは、32分にビッグチャンス。イグアインのスルーパスをボックス右で受けたクアドラードがゴールエリア右まで侵攻してシュート。しかし、GKヴィヴィアーノにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、前半をゴールレスドローで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたユベントスだったが、52分に先制される。ベルナルデスキのクリアボールが甘くなってルーズとなると、リヒトシュタイナーに競り勝ったD・サパタにヘディングで押し込まれた。 ▽続く56分にはクアリアレッラのスルーパスを受けたD・サパタに決定的なシュートを許したユベントスだったが、GKシュチェスニーが好飛び出しによるファインセーブで凌いだ。 ▽流れが悪くなってきたユベントスは62分にベルナルデスキに代えてディバラを投入。しかし72分に追加点を許してしまう。ペナルティアーク右でボールを持ったトレイラにミドルシュートを叩き込まれた。 ▽さらに79分、FKの流れからフェッラーリにもゴールを許したユベントスは、終了間際のPKをイグアインが決め、ディバラがドリブルシュートを叩き込んだものの2-3で敗戦。難所ルイジ・フェラリスで今季2敗目を喫し、ナポリとのポイント差は4に広がった。一方、勝利したサンプドリアはホーム戦全勝としている。 2017.11.20 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

フェライニはユベントス移籍を希望か…一方ユーベが照準を定める新戦力とは?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニは今シーズン限りでクラブとの契約が満了となる。クラブ側はフェライニに新契約締結を提案したとされるが、本人はその打診を断ったと現地メディアで報じられていた。<br><br>その一方、フェライニはセリエA王者ユベントスでのプレーを希望しているという報道もある。だが、現時点でその移籍話は現実味を帯びていないようだ。<br><br>『Goal』記者の取材によると、ユベントスはフェライニに関心こそあるものの、今冬~来夏の移籍市場で獲得を狙うターゲットとして、他に本命がいる模様。イタリアの関係者筋によれば、ユベントスが補強の本命として照準を定めているのは、エムレ・ジャン(リバプール/ドイツ代表)と、レオン・ゴレツカ(シャルケ/ドイツ代表)とのこと。ジャンはリバプールと間もなく契約を更新する可能性も高まっており、もしそうなればゴレツカ獲得に本腰を入れるようだ。<br><br>23歳ジャン、22歳ゴレツカと、若いプレーメーカーの獲得をユベントスは望んでおり、現在29歳のフェライニにとっては、ユーベへの移籍はハードルが高いものと見られる。ただし、フェライニがこのまま新契約を結ばず、来夏フリーになった場合は移籍金ゼロで移籍可能となるだけに、意中のクラブへ新天地を求める可能性も十分にある。<br><br>果たして、ユナイテッドとの契約延長を拒否したフェライニは今後どのようなキャリアを歩むのか。来夏に向けて、その去就は今後も注目を集めることになりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.11.18 22:19 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスが建設中のJヴィレッジにWINSが開校!! 若手の教育・育成を目指す

▽ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、トリノに設置された世界国際学校(WINS)の開校式に出席した。『フットボール・イタリア』など各メディアが報じている。 ▽ユベントスは2015年に、ユベントススタジアム周辺一帯の再開発プロジェクトとして“Jヴィレッジ”の建設を発表した。現在、ユベントスのクラブオフィスはJヴィレッジ内に移転されており、今後はトレーニングセンターや商業施設、ホテルなども建設される。 ▽報道によるとこのJヴィレッジの一角にトリノのWINSが開校したようだ。図書館や研究所、スポーツ施設なども併設し、生徒たちがキャンパス内に居住することも可能となっている。 ▽教育と育成の面から有益になると考えられている今回のプロジェクトについて、開校式に出席したマロッタCEOは次のように語った。 「WINSは優秀なベンチマークであり、常に努力してきたユベントスと似たものであると思っている。スポーツクラブとはビジネスと定義することもできるが、社会的な現象でもある。若手の分野で400名ほどの選手を抱えており、彼らの両親から彼らの将来をゆだねられている。そういった意味でも強い社会的な責任を負っているのだ」 「WINSでは素晴らしい選手を輩出する、サッカーを上手くやる方法を身につけるだけでなく、インテリジェンスな選手を輩出していきたい。明日を担う少年少女が成長する場所としてこの学校を開設する」 2017.11.17 13:17 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプ戦でユーベデビューを目指すヘヴェデス「準備はできている」

▽ユベントスのドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスは、19日に行われるセリエA第13節のサンプドリア戦でのデビューを目指している。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。 ▽今夏、シャルケから買い取りオプション付きのレンタル移籍でユベントスに加入したヘヴェデスだが、プレシーズンの時期に行った手術の影響や筋肉系の問題で未だ公式戦デビューはお預けとなっている。 ▽だが、ヘヴェデスは『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューでサンプドリア戦でのデビューに向けて意気込みを語った。 「ピッチに戻ってこられて嬉しいよ。次の試合でプレーする準備もできている」 「サンプドリアは競争力があるいいチームだね。だけど、ユベントスは常に勝利を求められるチームなんだ。それはバルセロナ相手にでも求められることだよ」 2017.11.17 01:29 Fri
twitterfacebook
thumb

86億で獲り行こ! えっ、高くない? ユーベSBを巡ってチェルシー内で対立か

▽チェルシー内部がユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロ(26)の移籍金を巡り、ぎくしゃくし始めて入るようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽アレックス・サンドロに関しては、かねてよりチェルシーが関心を示しているとされてきた。だが、最近は、アレックス・サンドロとの延長を望むユベントスの動きが伝えられており、チェルシー移籍の実現性は微妙な状況だ。 ▽その中、『カルチョメルカート』は、チェルシーの依然と変わらぬアレックス・サンドロに対する関心を報じた。獲得を望むアントニオ・コンテ監督は移籍金6500万ユーロ(約86億5000万円)を見込んでいるという。 ▽しかし、そのコンテ監督と上層部の間で、この移籍金を投じるかどうかで軋轢が生まれている模様。一部の上層部は同額を投じることに難色を示しているとのことだ。 2017.11.16 15:30 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース