ジェルソンのローマ初ゴールを含む2Gなどで4得点のローマが敵地でヴィオラを破る《セリエA》2017.11.06 01:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第12節、フィオレンティーナvsローマが5日に行われ、4-2でローマが勝利した。

▽ここまで5勝5敗1分けと、上位陣に若干遅れを取っている7位のフィオレンティーナ(勝ち点16)は、前節リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫したクロトーネ戦から、先発をローリーニとエイセリックをガスパールとジル・ディアスに変更した布陣で挑む。

▽対するローマ(勝ち点24)は、消化試合が1試合少ないながらも、8勝2敗で5位に位置。現在公式戦4連勝中と好調で、チャンピオンズリーグ第4節では3-0でチェルシーを粉砕。その試合からファン・ジェズス、ストロートマン、デ・ロッシ、ペロッティを代えて、ペッレグリーニ、ゴナロン、フロレンツィ、ジェルソンを先発に起用した。

▽試合開始早々、ローマがこの試合でも好調ぶりを見せた。5分、敵陣でボールを奪ったナインゴランがボックス手前のエル・シャーラウィに繋ぐ。エル・シャーラウィはそこから、ボックス右に入り込んだジェルソンにパスを送ると、ジェルソンがローマ移籍後初ゴールを決め幸先良く先制した。

▽しかし、ホームチームもすぐに反撃に出る。9分、オフサイドラインギリギリで右サイドを抜け出したジル・ディアスがボックス右に侵攻。意図も簡単にコラロフをかわし、そのラストパスを受けたヴェレトゥが冷静に押し込み同点とした。

▽中盤でのポゼッション争いが激しくなる中、ローマはエル・シャーラウィがゴールに迫るが、アストーリにブロックされゴールに至らない。フィオレンティーナは右ウイングに入ったジル・ディアスが積極的な攻めで、ヴィオラの攻撃をけん引する。

▽一進一退の攻防が続く中、ローマが再びリードを得る。30分、先制点と同じような形から、今度はゴナロンのパスを受けたジェルソンがボックス右からGKのタイミングをずらしたシュートでネットを揺らした。だがその9分後に、左サイドのビラギのクロスをシメオネが頭で合わせ、フィオレンティーナも食らいつく。

▽2-2で迎えた後半、この試合で常に先行してきたローマが三度リードを得る。50分、コラロフの右CKに、ゼコが触れてわずかにコースが変わると、そのボールがマノラスに当たりゴールに吸い込まれた。

▽その後のゲームはややテンポダウンした展開が続いたが、ローマが87分にストロートマンのクロスからペロッティが試合を決定付ける4点目を記録。途中出場の2人が監督の期待に応える活躍を見せた。

▽シーソーゲームとなった激しい試合はここで終了。フィオレンティーナを敵地で4-2と破ったローマがリーグ戦9勝目を挙げ、公式戦5連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

かつてミランやヴィオラでプレーしたイタリア人MFサルヴァトーリ氏が49歳で逝去

▽かつてミランやフィオレンティーナでプレーしたイタリア人MFステファノ・サルヴァトーリ氏が、10月31日にガンとの闘病の末に49歳の若さでこの世を旅立った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽1967年12月29日にローマで生まれたサルヴァトーリ氏は、ミランの下部組織に在籍。だが、アリーゴ・サッキ氏が率いる黄金時代のミランのトップチームではなかなか出場機会に恵まれず、パルマやフィオレンティーナへの武者修行を経験した。 ▽その後、1989年にミランに復帰したサルヴァトーリ氏は、バルセロナとのUEFAスーパーカップに出場し、同タイトル獲得に貢献するなど、わずかながら出場機会を与えられたが、1990年には出場機会を求めてフィオレンティーナに完全移籍した。 ▽以降はSPALやアタランタといった国内クラブを渡り歩き、1996年から1999年まではスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)で国外でのプレーも経験。そして、2001年にイタリア下部のレニャーノで現役を引退した。 ▽また、守備的MFとセンターバックを主戦場としていた同氏は、イタリアフル代表でのプレー経験はないものの、アッズリーニ(U-21代表)の主力としてプレーしていた。 2017.11.02 00:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランやヴィオラでもプレーした元イタリア代表ジラルディーノがセリエBのスペツィアへ

▽セリエBのスペツィアは3日、元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(35)をフリーで獲得したことを発表した。背番号は「10」をつける。 ▽ピアチェンツァの下部組織出身のジラルディーノ。2005年に加入したミランでは、チャンピオンズリーグやクラブ・ワールドカップ優勝を果たした。 ▽主にイタリアでキャリアを積んだが、2014年には中国スーパーリーグの広州恒大に移籍するなど様々なクラブを渡り歩き、ここまでキャリア通算627試合の出場を数え、ゴール数は225を記録している。 ▽2004年にデビューしたイタリア代表では、2006年のドイツ・ワールドカップでは優勝を経験。通算57試合に出場し19ゴールを挙げていた。 ▽これまで輝かしい歴史を築いてきたジラルディーノ。35歳とキャリアの晩年を迎えるイタリアの名手は、スペツィアで骨をうずめることになるのだろうか。 2017.10.03 20:52 Tue
twitterfacebook
thumb

キエーザ弾も終了間際被弾でフィオレンティーナはアタランタにドロー《セリエA》

▽セリエA第6節、フィオレンティーナvsアタランタが24日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節ユベントス戦を落として2勝3敗スタートとなったフィオレンティーナと、前節クロトーネ戦を勝利して2勝1分け2敗スタートとしたアタランタの一戦。 ▽立ち上がりから仕掛けたフィオレンティーナは、12分に先制する。ボックス手前右からキエーザが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽先制されたアタランタは22分に同点のチャンス。ボックス左からアレハンドロ・ゴメスが右足アウトで上げたクロスにフロイラーがシュート。しかし、枠を捉えていたシュートはGKスポルティエッロのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけてはアタランタがポゼッションを高めていったが、同点ゴールを奪うには至らず前半を終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防で推移する中、61分にアタランタがPKを獲得する。イリチッチがドリブルでボックス内に侵入したところでペッゼッラに倒された。しかし、キッカーのアレハンドロ・ゴメスがゴール左を狙ったシュートはGKスポルティエッロのビッグセーブに阻まれた。 ▽GKの活躍でリードを保ったフィオレンティーナは、終盤の85分にもピンチ。だが、ボックス右からクルティッチに打たれた決定的なシュートはGKスポルティエッロがファインセーブで阻止。 ▽1-0のままフィオレンティーナが逃げ切るかと思われたが、アタランタが終了間際の追加タイム4分に追いつく。ペナルティアーク左のフロイラーのミドルシュートがゴール左隅に決まった。直後にタイムアップとなり、両軍が勝ち点1を分け合っている。 2017.09.25 05:44 Mon
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ弾で10人のフィオレンティーナに辛勝のユベントスが開幕5連勝《セリエA》

▽ユベントスは20日、セリエA第5節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節サッスオーロ戦をディバラの今季2度目のハットトリックで3-1と快勝して開幕4連勝としたユベントスは、そのサッスオーロ戦のスタメンから5選手を変更。GKブッフォンらを温存してバックラインを大幅に入れ替え、古巣対決となるベルナルデスキはベンチスタートとなった。 ▽前節ボローニャ戦を2-1と勝利して2連勝としたフィオレンティーナに対し、右サイドバックにストゥラーロを配す[4-2-3-1]で臨んだユベントスは、9分に決定機。ボックス手前左で得たFKをディバラが直接狙うもわずかに枠の左に外れた。 ▽しかし、これ以降はフィオレンティーナの守備を攻略できず、決定的なシュートに持ち込むことができないまま前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、52分にユベントスが均衡を破った。クアドラードのアーリークロスをニアサイドでイグアインが潰れると、ファーサイドのマンジュキッチがダイビングヘッドで押し込んだ。 ▽さらに64分、マテュイディがドリブルで持ち上がってボックス左に侵入しかけたところでバデリに倒される。このプレーによってバデリには2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。当初はPK判定が下されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKは取り消された。 ▽リードを広げたいユベントスは72分、クアドラードの強烈なミドルシュートがゴール左上を捉えたが、GKの好守に阻まれる。 ▽終盤は10人のフィオレンティンーナに押し込まれ、バタバタしたユベントスだったが逃げ切り、開幕5連勝としている。 2017.09.21 06:32 Thu
twitterfacebook
thumb

チリ代表MFマティアス・フェルナンデスがメキシコのネカクサへ移籍

▽クルブ・ネカクサは4日、フィオレンティーナからチリ代表MFマティアス・フェルナンデス(31)を獲得したことを発表した。 ▽母国チリのコロコロ出身のM・フェルナンデスは、2007年のビジャレアル移籍を機に渡欧。その後スポルティング・リスボンを経て2012年にフィオレンティーナへ移籍すると、公式戦131試合に出場し7ゴール28アシストを記録した。ミランにレンタル移籍した昨季は、ケガでシーズンの半分を棒に振り、セリエA13試合の出場にとどまった。 ▽2005年にデビューしたチリ代表では、これまで通算65試合に出場し、11ゴール9アシストをマークしている。 2017.09.07 04:18 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース