ジェルソンのローマ初ゴールを含む2Gなどで4得点のローマが敵地でヴィオラを破る《セリエA》2017.11.06 01:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第12節、フィオレンティーナvsローマが5日に行われ、4-2でローマが勝利した。

▽ここまで5勝5敗1分けと、上位陣に若干遅れを取っている7位のフィオレンティーナ(勝ち点16)は、前節リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫したクロトーネ戦から、先発をローリーニとエイセリックをガスパールとジル・ディアスに変更した布陣で挑む。

▽対するローマ(勝ち点24)は、消化試合が1試合少ないながらも、8勝2敗で5位に位置。現在公式戦4連勝中と好調で、チャンピオンズリーグ第4節では3-0でチェルシーを粉砕。その試合からファン・ジェズス、ストロートマン、デ・ロッシ、ペロッティを代えて、ペッレグリーニ、ゴナロン、フロレンツィ、ジェルソンを先発に起用した。

▽試合開始早々、ローマがこの試合でも好調ぶりを見せた。5分、敵陣でボールを奪ったナインゴランがボックス手前のエル・シャーラウィに繋ぐ。エル・シャーラウィはそこから、ボックス右に入り込んだジェルソンにパスを送ると、ジェルソンがローマ移籍後初ゴールを決め幸先良く先制した。

▽しかし、ホームチームもすぐに反撃に出る。9分、オフサイドラインギリギリで右サイドを抜け出したジル・ディアスがボックス右に侵攻。意図も簡単にコラロフをかわし、そのラストパスを受けたヴェレトゥが冷静に押し込み同点とした。

▽中盤でのポゼッション争いが激しくなる中、ローマはエル・シャーラウィがゴールに迫るが、アストーリにブロックされゴールに至らない。フィオレンティーナは右ウイングに入ったジル・ディアスが積極的な攻めで、ヴィオラの攻撃をけん引する。

▽一進一退の攻防が続く中、ローマが再びリードを得る。30分、先制点と同じような形から、今度はゴナロンのパスを受けたジェルソンがボックス右からGKのタイミングをずらしたシュートでネットを揺らした。だがその9分後に、左サイドのビラギのクロスをシメオネが頭で合わせ、フィオレンティーナも食らいつく。

▽2-2で迎えた後半、この試合で常に先行してきたローマが三度リードを得る。50分、コラロフの右CKに、ゼコが触れてわずかにコースが変わると、そのボールがマノラスに当たりゴールに吸い込まれた。

▽その後のゲームはややテンポダウンした展開が続いたが、ローマが87分にストロートマンのクロスからペロッティが試合を決定付ける4点目を記録。途中出場の2人が監督の期待に応える活躍を見せた。

▽シーソーゲームとなった激しい試合はここで終了。フィオレンティーナを敵地で4-2と破ったローマがリーグ戦9勝目を挙げ、公式戦5連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

インシーニェの終盤弾でナポリがヴィオラに辛勝《セリエA》

▽ナポリは15日、セリエA第4節でフィオレンティーナをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽難所ルイジ・フェラリスでの前節サンプドリア戦を0-3と完敗して今季初黒星を喫したナポリは、パリ・サンジェルマン、リバプールが同居しているチャンピオンズリーグ(CL)初戦では必勝のツルベナ・ズベズダ戦を翌火曜に控える中、代表戦を戦ってきたアルビオルやGKオスピナがベンチスタートとなった一方、メルテンスが今季初スタメンとなった。 ▽2連勝スタートのフィオレンティーナに対し、3トップに右からカジェホン、メルテンス、インシーニェと並べたナポリがボールを持つ展開で立ち上がっていくも、10分にエイセリックのミドルシュートでGKカルネジスを強襲される。 ▽24分にカジェホンがボレーシュートでようやくゴールに近づいたナポリは、38分にはボックス右に抜け出したインシーニェがループシュートを狙うも枠の上に外れてしまった。 ▽後半も押し込むナポリは50分、インシーニェの直接FKでゴールに迫ったが、徐々に攻撃が停滞したため57分にメルテンスに代えてミリクを投入。 ▽さらに70分にはカジェホンに代えてウナスを投入してアクセントを付けると、終盤の79分に均衡を破った。ミリクのパスをボックス右で受けたインシーニェがDFに対応されながらもゴール左にシュートを流し込んだ。 ▽失点を受けてピアツァを投入したフィオレンティーナに対し、終盤の90分、ジエリンスキがGKとの一対一を決め切れなかったナポリだったが、1-0で逃げ切り。勝利を取り戻し、今季3勝目としている。 2018.09.16 03:02 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第4節プレビュー】CL開幕前の強豪勢は格下と、ナポリは2連勝スタートのヴィオラと対戦

▽代表ウィーク前に行われた前節はミランがローマとのビッグマッチをラストプレー弾で制し、今季初勝利を飾った。そして、ユベントス、インテル、ラツィオといった強豪勢が順当に勝利した中、ナポリがサンプドリアに完敗した。迎える第4節、チャンピオンズリーグ(CL)開幕を控える強豪勢は格下と対戦するが、ナポリは骨のあるフィオレンティーナと対戦する。 ▽難所ルイジ・フェラリスでハムシクとカジェホンを温存したことが裏目に出たナポリは、今季初黒星を喫した。毎試合失点しているのが気になるところで、さらにパリ・サンジェルマン、リバプールが同居しているCL初戦では必勝のレッドスター戦を翌火曜に控える中、ナポリは2連勝スタートのフィオレンティーナ撃破となるか。 ▽昇格組パルマの鋭いカウンターに苦戦しながらもマンジュキッチの1ゴール1アシストで競り勝って3連勝としたユベントスは、サッスオーロとのホーム戦に臨む。CLでは翌水曜にバレンシアとのアウェイ戦に臨むが、グループステージを突破する力を十分に持つバレンシアとの一戦を前に、開幕連勝を4に伸ばせるか。 ▽ナインゴランのデビュー弾など後半に3ゴールが生まれて今季初勝利を手にしたインテルは、パルマとのホーム戦に臨む。イカルディがウォーミングアップ中に負傷したこともあって前半こそ低調だったが、後半に攻撃が活性化し本領を発揮した。この勢いを持続し、翌火曜に行われるCLトッテナムとのホーム戦を迎えたい。同グループには大本命のバルセロナも同居しているため、インテルとしては白星発進としたい一戦となる。 ▽ミランにラストプレー弾で惜敗して今季初黒星を喫したローマは、キエーボとのホーム戦に臨む。CLでは王者レアル・マドリーとのアウェイ戦と痺れる試合が控えるが、すっきりとした勝利を手にできるか。 ▽途中出場のクトローネのラストプレー弾で勝利したミランはカリアリとのアウェイ戦に臨む。ローマ戦ではイグアインを孤立させることなく攻撃面での改善が見られたが、カリアリ相手にもイグアインを機能させ、連勝となるか。 ▽最後にフロジノーネに辛勝して今季初勝利を手にしたラツィオはエンポリとのアウェイ戦に臨むが、勝利して成績を五分に戻したい。 ◆セリエA第4節 ▽9/15(土) 《22:00》 インテル vs パルマ 《25:00》 ナポリ vs フィオレンティーナ 《27:30》 フロジノーネ vs サンプドリア ▽9/16(日) 《19:30》 ローマ vs キエーボ 《22:00》 ウディネーゼ vs トリノ ユベントス vs サッスオーロ ジェノア vs ボローニャ 《25:00》 エンポリ vs ラツィオ 《27:30》 カリアリ vs ミラン ▽9/17(月) 《27:30》 SPAL vs アタランタ 2018.09.14 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

セリエAにも人情は残っていた! レガ・セリエAがヴィオラのアストーリ追悼のキャプテンマーク着用を許可

▽セリエAを運営するレガ・セリエAは12日に行われた総会の場で、規定のキャプテンマーク着用義務に関して、フィオレンティーナを特例で除外することを決定した。 ▽今季からセリエAやセリエBではプレミアリーグと同様にリーグ側が用意した規定のキャプテンマークを着用することが義務付けられている。しかし、アニメをモチーフにした個性的なキャプテンマークなどで知られるアタランタ主将FWアレハンドロ・ゴメス、チームカラーのジャッロロッソにこだわるローマ主将MFダニエレ・デ・ロッシはこの規定のキャプテンマークを着用せず、物議を醸していた。 ▽さらに、フィオレンティーナの新主将DFヘルマン・ペッゼッラも、今年3月に急逝したヴィオラ前主将で元イタリア代表DFのダビデ・アストーリへの敬意を表した特別なアームバンドを着用していた。 ▽一連の主将たちの抵抗に関して先日にレガ・セリエAは第4節以降に規定のキャプテンマークを着用しなかった場合、罰金などの処分を科すことを各クラブに通達。これに対して、フィオレンティーナ側は罰金を科されたとしても前述の特別なアームバンドを着用する意向を表明していた。 ▽さらに、イタリアのプロサッカー選手協会や世論もフィオレンティーナを支持していた。 ▽これを受けて、レガ・セリエAは12日の総会の場で一連の出来事に関する決議を行い、フィオレンティーナを特例で除外することを決定した。そして、ペッゼッラは次節以降もアストーリへの想いが詰まった特別なアームバンドを着用してプレーすることが許されることになった。 2018.09.13 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴィオラ、シメオネ新契約締結へ動く? 8日アルゼンチン代表デビュー戦で初ゴール

▽フィオレンティーナが、アルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(23)の新契約締結に動いているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア『カルチョ・メルカート』を引用して伝えている。 ▽アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督を父に持つシメオネは、2017年8月にジェノアからフィオレンティーナに加入。昨シーズンは公式戦41試合15ゴール5アシスト、今シーズンも8月26日に行われたセリエA第2節のキエーボ戦で1ゴール1アシストを記録している。また、シメオネは8日に行われた国際親善試合のグアテマラ代表戦でA代表デビューを飾ると共に44分に初ゴールを記録した。 ▽伝えられるところによると、シメオネは年棒200万ユーロ(約2億5000万円)の給与を要求している模様。クラブがこれに応じれば、イタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(20)を抜いてクラブで1番の高給取りになるようだ。 ▽なお、現在シメオネには今夏補強ゼロのトッテナムが今冬での獲得を目指して準備を進めていることが伝えられている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.09 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴィオラの若き天才巡り“イタリア・ダービー”勃発!?

▽フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(20)の獲得を巡って、インテルとユベントスのイタリア・ダービーが勃発しようとしているようだ。『Tuttosport』をもとに『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽元イタリア代表のエンリコ・キエーザ氏を父に持つフェデリコ・キエーザはフィオレンティーナ下部組織時代から“イタリアの天才”と注目を集めていた。2016-17シーズンにトップチームデビューを果たすと、リーグ戦27試合で3ゴールをマーク。昨シーズンはリーグ戦36試合で6ゴール9アシストの活躍を披露した。 ▽伝えられるところによると、インテルはキエーザ獲得に向け、代理人を1年以上説得しており、来夏の補強としてトップリストに挙げているようだ。一方、同じく関心を寄せているユベントスは、今夏フィオレンティーナにクロアチア代表FWマルコ・ピアツァを貸し出し。この移籍において、買い取り義務ではなくオプションにし、買い戻し条項を含まない契約にしたことで、キエーザ獲得に優位な立場を得られるのではないかと、『フットボール・イタリア』は推測している。 2018.09.06 18:46 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース