ジェルソンのローマ初ゴールを含む2Gなどで4得点のローマが敵地でヴィオラを破る《セリエA》2017.11.06 01:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第12節、フィオレンティーナvsローマが5日に行われ、4-2でローマが勝利した。

▽ここまで5勝5敗1分けと、上位陣に若干遅れを取っている7位のフィオレンティーナ(勝ち点16)は、前節リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫したクロトーネ戦から、先発をローリーニとエイセリックをガスパールとジル・ディアスに変更した布陣で挑む。

▽対するローマ(勝ち点24)は、消化試合が1試合少ないながらも、8勝2敗で5位に位置。現在公式戦4連勝中と好調で、チャンピオンズリーグ第4節では3-0でチェルシーを粉砕。その試合からファン・ジェズス、ストロートマン、デ・ロッシ、ペロッティを代えて、ペッレグリーニ、ゴナロン、フロレンツィ、ジェルソンを先発に起用した。

▽試合開始早々、ローマがこの試合でも好調ぶりを見せた。5分、敵陣でボールを奪ったナインゴランがボックス手前のエル・シャーラウィに繋ぐ。エル・シャーラウィはそこから、ボックス右に入り込んだジェルソンにパスを送ると、ジェルソンがローマ移籍後初ゴールを決め幸先良く先制した。

▽しかし、ホームチームもすぐに反撃に出る。9分、オフサイドラインギリギリで右サイドを抜け出したジル・ディアスがボックス右に侵攻。意図も簡単にコラロフをかわし、そのラストパスを受けたヴェレトゥが冷静に押し込み同点とした。

▽中盤でのポゼッション争いが激しくなる中、ローマはエル・シャーラウィがゴールに迫るが、アストーリにブロックされゴールに至らない。フィオレンティーナは右ウイングに入ったジル・ディアスが積極的な攻めで、ヴィオラの攻撃をけん引する。

▽一進一退の攻防が続く中、ローマが再びリードを得る。30分、先制点と同じような形から、今度はゴナロンのパスを受けたジェルソンがボックス右からGKのタイミングをずらしたシュートでネットを揺らした。だがその9分後に、左サイドのビラギのクロスをシメオネが頭で合わせ、フィオレンティーナも食らいつく。

▽2-2で迎えた後半、この試合で常に先行してきたローマが三度リードを得る。50分、コラロフの右CKに、ゼコが触れてわずかにコースが変わると、そのボールがマノラスに当たりゴールに吸い込まれた。

▽その後のゲームはややテンポダウンした展開が続いたが、ローマが87分にストロートマンのクロスからペロッティが試合を決定付ける4点目を記録。途中出場の2人が監督の期待に応える活躍を見せた。

▽シーソーゲームとなった激しい試合はここで終了。フィオレンティーナを敵地で4-2と破ったローマがリーグ戦9勝目を挙げ、公式戦5連勝を飾った。

コメント

関連ニュース

thumb

「なぜあれが許される?」。ユべントスの抗議をフィオレンティーナが非難

▽フィオレンティーナが、ユベントスの姿勢を非難している。ジーノ・サリカ副会長のコメントをイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えた。 ▽フィオレンティーナとユベントスは、9日に行われたセリエA第24節で対戦。フィオレンティーナが0-2で敗れていた。この試合でビデオアシスタントレフェリー(VAR)が用いられた際、ユベントスが激しく抗議をしている。 ▽フィオレンティーナ側は、ユベントスの選手たちがマルコ・グイーダ主審を囲んで抗議したことを問題視。同副会長は「このような抗議をするチームは限られており、受け入れられない」と語った。 ▽「イタリアサッカー界の信用が不十分であることは言われ続けている。事実として、我々はワールドカップ出場権を逃した。あの一件は誰もが見ていることだ。我々フィオレンティーナは、なぜこれが許されているのがを疑問に思っていた」。 ▽審判を囲むような行為は、イタリア国外でも問題視されている。連盟は対策を講じる予定があるのだろうか。 2018.02.16 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキの古巣弾とイグアインの公式戦4戦連発弾で逃げ切ったユベントスが8連勝《セリエA》

▽ユベントスは9日、セリエA第24節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節サッスオーロ戦をケディラのドッピエッタとイグアインのトリプレッタで7発圧勝して7連勝とした2位ユベントス(勝ち点59)は、首位ナポリを1ポイント差で追走。そのユベントスは4日後にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のトッテナム戦を控える中、サッスオーロ戦で負傷したマテュイディの代役にマルキジオを起用した。そして古巣対決となるベルナルデスキが前節に続いて先発となった。 ▽11位フィオレンティーナ(勝ち点31)に対し、徐々にポゼッションを高めていったユベントスだったが、18分にPKを献上しかける。右サイドからのベナッシのクロスがボックス内のキエッリーニの手に当たってPKと判定された。しかし、VARによりクロスを上げたベナッシのポジションがオフサイドと判定され、PKは取り消しとなった。 ▽ひやりとしたユベントスは、出足の鋭いフィオレンティーナに苦戦すると、38分に大ピンチ。カウンターからジウ・ディアスに持ち上がられ、ボックス右から右足でシュート。しかし、左ポストを直撃した。ハーフタイムにかけても劣勢が続いたユベントスは何とか0-0で前半を終えた。 ▽ゴールレスで迎えた後半もユベントスは劣勢を強いられる。それでも56分に先制した。決めたのはベルナルデスキ。自身がボックス手前右で得たFKを直接狙うと、GKの逆を突いたシュートがゴール左に吸い込まれた。 ▽ベルナルデスキの古巣弾で試合を動かしたユベントスは、66分にマルキジオに代えてドグラス・コスタを投入し、追加点を狙いに行く。しかし、71分にピンチ。FKの流れからボックス中央に侵入したテローにシュートを打たれたが、GKブッフォンが好飛び出しでブロックした。 ▽さらにバデリのミドルシュートでゴールを脅かされたユベントスはベルナルデスキに代えてベンタンクールを投入。守備重視の布陣として逃げ切りを狙う。 ▽そして86分、キエッリーニの スルーパスに抜け出したイグアインがボックス左まで侵攻。GKとの一対一を制して追加点をもたらした。イグアインの公式戦4戦連発弾で勝負を決めたユベントスが、その後のフィオレンティーナの反撃を凌いで2-0で勝利。8連勝を飾ってナポリにプレッシャーをかけている。 2018.02.10 06:58 Sat
twitterfacebook
thumb

カルロス・サンチェス、ローンでエスパニョールへ 日本とW杯同組のコロンビア主力メンバー

▽エスパニョールは1月31日、フィオレンティーナに所属するコロンビア代表MFカルロス・サンチェス(31)のレンタル加入を発表した。期間は今シーズン終了まで。この契約に買い取りオプションは付随していない。 ▽カルロス・サンチェスは、リーベル・プレートでプロデビュー後、ヴァランシエンヌ、エルチェ、アストン・ビラを渡り歩き、2016年からフィオレンティーナ入りした。 ▽だが、今シーズンはセリエA9試合に出場して1ゴール。先発数も3試合にとどまり、コロンビア代表として日本代表ともグループステージで同組のロシア・ワールドカップへクラブでの出場機会確保が急務となっていた。 2018.02.01 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、サンテチェンヌからフランス人MFブライアン・ダボを獲得! 今季リーグ・アンで16試合2ゴールを記録

▽フィオレンティーナは30日、サンテチェンヌに所属するフランス人MFブライアン・ダボ(25)を獲得したことを発表した。イタリア『ユーロスポーツ』によると、契約期間は2021年6月までで移籍金は300万ユーロ(約4億円)とのこと。 ▽モンペリエでプロキャリアをスタートさせたB・ダボは、2014年1月にブラックバーンへのレンタル移籍を経験し、2016年7月にサンテチェンヌに加入。今シーズンはここまでリーグ・アン16試合に出場して2ゴール1アシストを記録していた。 2018.01.31 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナのハジ息子、父が指揮するヴィトルル・コンスタンツァに復帰

▽ルーマニアのヴィトルル・コンスタンツァは9日、フィオレンティーナのU-21ルーマニア代表MFヤニス・ハジ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽レアル・マドリーやバルセロナでプレーしたルーマニアサッカー界のレジェンドであるゲオルゲ・ハジ氏を父に持つヤニスは、父と同じ攻撃的MF。2016年夏にヴィトルル・コンスタンツァからフィオレンティーナへ完全移籍し、昨季はセリエAで2試合に出場したが、今季はプリマヴェーラの試合に6試合出場したのみで、トップチームで出場機会を得られていない状況にあった。 ▽ヴィトルル・コンスタンツァは2009年にゲオルゲ・ハジ氏によって創設されたクラブで、ハジ氏が現在指揮を執っている。ヤニスは2014年から2年間在籍し、公式戦39試合出場4ゴールを記録していた。 2018.01.10 02:00 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース