長友6戦連続スタメンのインテル、連勝ストップも12戦無敗維持! 《セリエA》2017.11.05 22:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは5日、セリエA第12節でトリノをホームに迎え、1-1のドローに終えた。日本代表DF長友佑都は先発して77分までプレーした。

▽9勝2分け無敗で2位につけているインテルは、4勝4分け3敗で8位のトリノとの試合に向けて、直近のリーグ4試合と同様のスタメンを起用。この試合でも左サイドバックに入った日本代表DF長友は、6試合連続の先発出場となっている。

▽序盤から精力的にプレスをかけ、サイドを起点としたショートカウンターで攻撃を組み立てるインテルは、6分にチャンスを迎える。左サイド浅い位置でボールを持った長友が、ボックス手前中央にグラウンダーのパスを供給。これをボルハ・バレロがスルーすると背後で待ち構えていたイカルディがシュートを放つ。これはDFのブロックに阻まれたものの、スピーディーな展開で相手を脅かした。

▽14分には、ボックス手前で横パスを受けたバゼッリが左足ダイレクト。ピンチとなったインテルだったが、GKハンダノビッチが冷静に処理。インテルは連動した守備でトリノの攻め入る隙を与えない。

▽インテルが優勢に試合を運ぶと、38分には左CKからDFシュクリニアルがヘディングでGKシリグを強襲。しかしこれが阻まれると、45分には逆に左サイドを突破したアンサルディがクロスを供給し、巧みな動き出しでニアに飛び出したバゼッリが頭で合わせる。これはわずかに枠を外れたものの、インテルは前半の最後にヒヤリとするシーンを作られ、試合を折り返すことに。

▽後半に入ると、インテルは早々に決定機を迎える。49分、左サイドでボールを持った長友が、中央にカットイン。ボックス手前付近から縦に柔らかいクロスを上げると、走り込んだヴェシーノが頭で合わせる。しかし、またしてもGKシリグが立ちはだかり、得点とはならなかった。

▽インテルが得点を奪い切れずにいると、60分にトリノが先制に成功する。右サイドで前を向いたファルケが、独力で中央にカットイン。スピードに乗ったまま身体を捻って左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右に突き刺さった。

▽失点後のインテルは攻勢をかけたものの、GKシリグを中心に守り抜くトリノの牙城を崩すことができず。77分には、長友に代えてブロゾビッチを投入。ややバランスを崩しながらでも得点を目指していく。

▽すると79分、インテルの攻撃が身を結ぶ。ボックス左のペリシッチが、逆サイドのイカルディに山なりのクロスを供給。反応したイカルディは右足で合わせ、途中出場している中央のエデルに落とす。エデルは冷静にワントラップを挟み、ゴールに流し込んだ。

▽追い付いたインテルだったが、反撃はここまで。逆転弾を決めるまで至らずに試合が終了し、インテルは無敗を維持したものの連勝を「2」でストップすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

インテルのU-20フランス代表FWバカヨコがザンクト・ガレンへレンタル移籍

▽スイス・スーパーリーグのザンクト・ガレンは17日、インテルのU-20フランス代表FWアクセル・バカヨコ(20)をレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2014年にインテルの下部組織に入団したウインガーのバカヨコは、2016年12月にトップチームデビュー。2017-18シーズンはソショーへレンタル移籍し、リーグ・ドゥで17試合に出場して1ゴール1アシストを記録していた。 ▽U-20フランス代表としてはこれまで5試合に出場している。 2018.07.17 23:05 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル、イカルディの違約金支払うクラブは現れず

▽インテルFWマウロ・イカルディは、近日中にクラブとの契約更新に動くことになる。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽インテルのエースで主将を務めるイカルディは、契約延長か移籍かが注目されていた。同選手には1億1000万ユーロ(約143億円)の契約解除金が設定されていたが、現地時間15日の最終期限までにこの額を用意する国外のクラブは現れず。インテルはひとまず、他クラブに引き抜かれずに済んだ。 ▽こうなると、インテルの第2の狙いはイカルディの契約延長だ。リーグ戦開幕までに新契約を交わしたいインテルは、数日のうちに2023年までの契約延長合意を取りつけるとみられている。 ▽インテルはイカルディに500~600万ユーロ(約6.5億~7.8億円)の年俸を用意し、活躍次第でボーナスをつける準備があるという。 2018.07.17 04:15 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがジェノアからビッグクラブ注目の16歳FWサルセドを獲得

▽インテルは16日、ジェノアのイタリア人FWエディー・サルセド(16)を獲得したことを発表した。詳しい契約内容は発表されていない。 ▽コロンビアの両親の下にジェノアで生まれた188cmの大型FWであるサルセドは、昨年の夏にもインテルへの移籍が濃厚となっていた若手有望株。そのサルセドは2017年8月にジェノアでセリエAデビューを飾った中、2017-18シーズンはプリマヴェーラで24試合に出場して6ゴールを記録していた。 ▽ユベントスやミランもサルセドに獲得を興味を示していたが、1年越しでインテルが若手有望株を獲得している。 2018.07.17 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マウコムはインテルを待つ

▽ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)は、インテルに加入することになりそうだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽その活躍から今夏、マウコムを望むクラブが殺到。これまでにバイエルンやチェルシー、アーセナル、トッテナムといった数々のビッグクラブが獲得レースを繰り広げてきた。一時はトッテナム移籍が近づいたとされている同選手だが、『カルチョメルカート』によれば、代理人であるフェルナンド・ガルシア氏が自身のSNSで「我々はインテルを待っている」と投稿したようだ。 ▽インテルはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)抵触を避けるため何人かの選手売却をしなければならない模様。マウコムのインテル移籍は、ネラズーリの陣容の整理がついてからまとまる形になりそうだ。 2018.07.14 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア代表FWエデルが江蘇蘇寧に移籍

▽中国スーパーリーグの江蘇蘇寧は13日、インテルのイタリア代表FWエデル(31)を獲得したことを発表した。契約内容は明らかにされていない。 ▽ブラジルのクリシウマでプロキャリアをスタートさせたエデルはエンポリやチェゼーナ、サンプドリアなどを経て2016年1月にレンタルでインテルに加入。同年夏には完全移籍が発表され、2シーズン半で公式戦86試合に出場し14ゴール8アシストを記録した。 ▽昨年11月に2021年まで契約延長したエデルだが、イタリア『カルチョメルカート』によれば、江蘇蘇寧が550万ユーロ(約7億2000万円)の移籍金を支払い獲得。契約は2年半で、年俸520万ユーロ(6億8000万円)受け取るようだ。 2018.07.13 18:10 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース