長友6戦連続スタメンのインテル、連勝ストップも12戦無敗維持! 《セリエA》2017.11.05 22:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは5日、セリエA第12節でトリノをホームに迎え、1-1のドローに終えた。日本代表DF長友佑都は先発して77分までプレーした。

▽9勝2分け無敗で2位につけているインテルは、4勝4分け3敗で8位のトリノとの試合に向けて、直近のリーグ4試合と同様のスタメンを起用。この試合でも左サイドバックに入った日本代表DF長友は、6試合連続の先発出場となっている。

▽序盤から精力的にプレスをかけ、サイドを起点としたショートカウンターで攻撃を組み立てるインテルは、6分にチャンスを迎える。左サイド浅い位置でボールを持った長友が、ボックス手前中央にグラウンダーのパスを供給。これをボルハ・バレロがスルーすると背後で待ち構えていたイカルディがシュートを放つ。これはDFのブロックに阻まれたものの、スピーディーな展開で相手を脅かした。

▽14分には、ボックス手前で横パスを受けたバゼッリが左足ダイレクト。ピンチとなったインテルだったが、GKハンダノビッチが冷静に処理。インテルは連動した守備でトリノの攻め入る隙を与えない。

▽インテルが優勢に試合を運ぶと、38分には左CKからDFシュクリニアルがヘディングでGKシリグを強襲。しかしこれが阻まれると、45分には逆に左サイドを突破したアンサルディがクロスを供給し、巧みな動き出しでニアに飛び出したバゼッリが頭で合わせる。これはわずかに枠を外れたものの、インテルは前半の最後にヒヤリとするシーンを作られ、試合を折り返すことに。

▽後半に入ると、インテルは早々に決定機を迎える。49分、左サイドでボールを持った長友が、中央にカットイン。ボックス手前付近から縦に柔らかいクロスを上げると、走り込んだヴェシーノが頭で合わせる。しかし、またしてもGKシリグが立ちはだかり、得点とはならなかった。

▽インテルが得点を奪い切れずにいると、60分にトリノが先制に成功する。右サイドで前を向いたファルケが、独力で中央にカットイン。スピードに乗ったまま身体を捻って左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右に突き刺さった。

▽失点後のインテルは攻勢をかけたものの、GKシリグを中心に守り抜くトリノの牙城を崩すことができず。77分には、長友に代えてブロゾビッチを投入。ややバランスを崩しながらでも得点を目指していく。

▽すると79分、インテルの攻撃が身を結ぶ。ボックス左のペリシッチが、逆サイドのイカルディに山なりのクロスを供給。反応したイカルディは右足で合わせ、途中出場している中央のエデルに落とす。エデルは冷静にワントラップを挟み、ゴールに流し込んだ。

▽追い付いたインテルだったが、反撃はここまで。逆転弾を決めるまで至らずに試合が終了し、インテルは無敗を維持したものの連勝を「2」でストップすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

今季終了と報じられたガリアルディーニが早期復帰に自信

▽インテルのイタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニが早期復帰への自信を見せた。自身のツイッターで明かしている。 ▽ガリアルディーニは、17日に行われたセリエA第33節のカリアリ戦に先発出場。しかし、太ももを負傷し36分にボルハ・バレロと交代していた。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、ガリアルディーニが残りシーズンを欠場する可能性があると報じていたが、ガリアルディーニは自身のツイッターで次のようにコメントしている。 「不運にも小さなアクシデントに見舞われてしまった。でも、早期復帰に自信を持っているよ。良いシーズンの締めくくりをしたいね」 ▽ガリアルディーニは、今シーズンここまでセリエAで30試合に出場。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権確保を目指すインテルとしては、主力であるガリアルディーニの早期復帰が待たれる。 2018.04.19 00:37 Thu
twitterfacebook
thumb

現役引退迫る元ブラジル代表J・セーザル、最も印象的なセーブは…

▽かつてインテルで活躍した元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、現役最後の試合を前に、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた。 ▽今年に入ってブラジルのフラメンゴと契約したジュリオ・セーザルは「僕の人生の一部が終わるにすぎない。この20年間は夢以上の時間を過ごすことができた」と語った。 ▽キャリアで最も印象的なセーブについて問われると、「みんながチャンピオンズリーグ準決勝のバルセロナ戦で(リオネル・)メッシのシュートを止めたときのことを言うね。そうかもしれないね」とコメント。3冠を達成した2010年のスーパーセーブを振り返った。 ▽現役引退後の予定については「サッカー界に残るかもしれない」とジュリオ・セーザル。「ただ、何をするかはまだ分からない。まだ将来の話をするのは早いね」と語っている。 2018.04.19 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルMFガリアルディーニのシーズンが一足先に終了か

▽インテルのイタリア代表MFロベルト・ガリアルディーニのシーズンは一足先に終わるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽ガリアルディーニは、17日に行われたセリエA第33節のカリアリ戦に先発出場。しかし、太ももを負傷し36分にボルハ・バレロと交代していた。 ▽『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ガリアルディーニは残りシーズンを欠場する可能性があるとのこと。今後の検査によって、正式な離脱期間が出ることになるようだ。 ▽ガリアルディーニは、今シーズンここまでセリエAで30試合に出場。残り5節では、ユベントス、ラツィオとの対戦が残っており、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権確保を目指すインテルとしては、かなりの痛手となる。 2018.04.18 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ハンダノビッチがセリエA400試合出場達成! 外国人選手では史上5人目の快挙

▽インテルのスロバキア代表GKサミル・ハンダノビッチが偉大な記録を成し遂げた。 ▽17日に行われたセリエA第33節のホームでのカリアリ戦で今季リーグ戦33度目の先発出場を果たした守護神ハンダノビッチは、これでセリエA通算400試合出場という快挙を達成した。 ▽ハンダノビッチのセリエAデビューは2004-05シーズンのこと。そのシーズンから母国のNKドムジャレからウディネーゼに加入したスロバキア代表GKは第36節のサンプドリア戦で、負傷したGKモルガン・デ・サンクティスに代わり28分から途中出場した。 ▽その後、トレヴィーゾやラツィオ、リミニといったクラブへのレンタル移籍を経ながらも2012年まで過ごしたウディネーゼで、セリエA182試合に出場した。 ▽2012-13シーズンからはインテルに完全移籍。加入後すぐに正GKの座を射止め、現在に至るまでその座に君臨。インテルではこれまでセリエA通算214試合に出場しており、トレヴィーゾでの3試合、ラツィオでの1試合を加え、このたび通算400試合出場達成となった。 ▽この記録は外国人選手としては5人目の快挙で、他にはユベントスやミラン、ナポリといったクラブで活躍したスウェーデン人FWクルト・ハムリン氏(400試合)。インテルやミランでプレーしたフランス人GKセバスティアン・フレイ氏(446試合)。ミランやナポリ、ユベントスでゴールを量産したブラジル人FWジョゼ・アルタフィーニ氏(459試合)。そして、セリエAではインテル一筋を貫いたアルゼンチン人のハビエル・サネッティ氏(615試合)の4選手が400試合を超える出場数を誇っている。 2018.04.18 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

4発快勝のインテルが4試合ぶり勝利でローマ勢にプレッシャー《セリエA》

▽インテルは17日、セリエA第33節でカリアリをホームに迎え、4-0で快勝した。 ▽前節アタランタ戦を引き分けるのが精いっぱいで、ここ3戦勝利のない5位インテル(勝ち点60)は、出場停止明けのブロゾビッチが先発に復帰。4バックに戻し、カラモーをスタメンで起用した。 ▽14位カリアリ(勝ち点32)に対し、インテルは開始3分に先制する。左サイドからのカンセロの鋭いFKが、ニアサイドに飛び込んだガリアルディーニとイカルディに触れずゴールに向かうと、そのままネットを揺らした。 ▽攻勢を続けるインテルは9分にペリシッチがGKを強襲するシュートを浴びせると、13分には追加点のチャンス。ディフェンスライン裏を取って左サイドのスペースを突いたイカルディのクロスにカラモーがダイレクトシュート。しかし、枠の左に外してしまった。 ▽14分にも左CKからガリアルディーニのヘディングシュートでゴールに迫ったインテルは、続く21分にダンブロージオのクロスからカラモーがボレーシュート。だが、バーを直撃したボールは枠を外れていった。 ▽さらに1分後、ペリシッチのアシストからラフィーニャがシュートに持ち込んだが、GKのファインセーブに阻まれ、追加点を奪えない。チャンスを生かせないインテルは36分、ガリアルディーニが負傷し、ボルハ・バレロとの交代を強いられる。 ▽ハーフタイムにかけて、ややトーンダウンしたインテルは前半終了間際、カラモーがネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、前半を1-0で終えた。 ▽それでも後半開始4分、カラモーのクサビのパスを受けたラフィーニャがヒールで落としたパスをボックス中央で受けたイカルディがシュートを流し込み、リードを広げる。 ▽余裕のインテルは60分、ルーズボールを拾ったブロゾビッチがボックス左に侵入。コントロールシュートをゴール右に蹴り込み、3-0とした。 ▽そして試合終了間際の90分にはFKからペリシッチがミドルシュートを叩き込んで4-0で快勝。4試合ぶりの勝利を飾って暫定3位に浮上し、ローマ勢にプレッシャーをかけている。 2018.04.18 06:06 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース