長友6戦連続スタメンのインテル、連勝ストップも12戦無敗維持! 《セリエA》2017.11.05 22:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは5日、セリエA第12節でトリノをホームに迎え、1-1のドローに終えた。日本代表DF長友佑都は先発して77分までプレーした。▽9勝2分け無敗で2位につけているインテルは、4勝4分け3敗で8位のトリノとの試合に向けて、直近のリーグ4試合と同様のスタメンを起用。この試合でも左サイドバックに入った日本代表DF長友は、6試合連続の先発出場となっている。

▽序盤から精力的にプレスをかけ、サイドを起点としたショートカウンターで攻撃を組み立てるインテルは、6分にチャンスを迎える。左サイド浅い位置でボールを持った長友が、ボックス手前中央にグラウンダーのパスを供給。これをボルハ・バレロがスルーすると背後で待ち構えていたイカルディがシュートを放つ。これはDFのブロックに阻まれたものの、スピーディーな展開で相手を脅かした。

▽14分には、ボックス手前で横パスを受けたバゼッリが左足ダイレクト。ピンチとなったインテルだったが、GKハンダノビッチが冷静に処理。インテルは連動した守備でトリノの攻め入る隙を与えない。

▽インテルが優勢に試合を運ぶと、38分には左CKからDFシュクリニアルがヘディングでGKシリグを強襲。しかしこれが阻まれると、45分には逆に左サイドを突破したアンサルディがクロスを供給し、巧みな動き出しでニアに飛び出したバゼッリが頭で合わせる。これはわずかに枠を外れたものの、インテルは前半の最後にヒヤリとするシーンを作られ、試合を折り返すことに。

▽後半に入ると、インテルは早々に決定機を迎える。49分、左サイドでボールを持った長友が、中央にカットイン。ボックス手前付近から縦に柔らかいクロスを上げると、走り込んだヴェシーノが頭で合わせる。しかし、またしてもGKシリグが立ちはだかり、得点とはならなかった。

▽インテルが得点を奪い切れずにいると、60分にトリノが先制に成功する。右サイドで前を向いたファルケが、独力で中央にカットイン。スピードに乗ったまま身体を捻って左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右に突き刺さった。

▽失点後のインテルは攻勢をかけたものの、GKシリグを中心に守り抜くトリノの牙城を崩すことができず。77分には、長友に代えてブロゾビッチを投入。ややバランスを崩しながらでも得点を目指していく。

▽すると79分、インテルの攻撃が身を結ぶ。ボックス左のペリシッチが、逆サイドのイカルディに山なりのクロスを供給。反応したイカルディは右足で合わせ、途中出場している中央のエデルに落とす。エデルは冷静にワントラップを挟み、ゴールに流し込んだ。

▽追い付いたインテルだったが、反撃はここまで。逆転弾を決めるまで至らずに試合が終了し、インテルは無敗を維持したものの連勝を「2」でストップすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシー、来年1月のストライカー獲得を画策! サッリ体制後押しへ

▽チェルシーが、来年1月にストライカーの補強に動くようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽プレミアリーグ第9節終了時点で6勝3分け素晴らしいスタートを切ったチェルシー。新指揮官のマウリツィオ・サッリ監督は、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いる首位マンチェスター・シティ、ユルゲン・クロップ監督率いる2位リバプールとともに無敗を維持し、自身の能力の高さを示している。 ▽チェルシーは、更にサッリ監督をサポートするため、来年1月のタイミングでセンターフォワードの補強を画策。そして、リストのトップに置かれているのは、インテルに所属しているアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)だ。 ▽欧州トップクラスのストライカーと評価されるイカルディは、昨シーズンの公式戦36試合で29ゴールを記録。今シーズンもここまでの公式戦9試合で6ゴールを沈めており、疑いようのない実力を持つ選手だろう。 ▽しかし、実績が十分なだけにイカルディの移籍金は莫大。契約解除条金が9750万ポンド(約143億円)と報じられている上に、インテル側も放出には乗り気でなく、チェルシーの獲得は難しいと見られている。 ▽そこで、代案として挙げられているのがジェノアで大ブレイク中のポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)だ。ピョンテクは今シーズン、ここまでの公式戦9試合で13ゴールを記録。凄まじい得点率を維持している。 ▽記事によると、チェルシーはピョンテク獲得に3000万ポンド(約43億9000万円)を準備。ジェノアのスポーツ・ディレクターを務めているジョルジョ・ペリネッティ氏は冬に同選手を手放す気は無いと語っていた。しかし、得点を決め続けるのであれば豊富な資金を持つチェルシーを抑止することはできないだろう、と『デイリー・メール』は伝えている。 2018.10.23 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラノ・ダービーで負傷のナインゴラン、左足首の捻挫でCLバルサ戦の欠場が決定…

▽インテルは22日、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが左足首を負傷したことを発表した。 ▽ナインゴランは、21日に行われたセリエA第9節のミラン戦(1-0でインテルが勝利)に先発。だが、30分にミランのアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアとの交錯でプレーに復帰できず、そのままピッチを退いていた。 ▽インテルによれば、ナインゴランは22日の朝に検査を受診。この結果、左足首の捻挫と診断された。なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、インテルは数週間後にナインゴランの再検査を行うと明かしている。 ▽ナインゴランは、今回のケガによって24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を欠場することが決定した。 2018.10.23 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ナインゴラン、CLバルサ戦出場微妙か…ミラノ・ダービーで負傷交代

▽インテルに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランに負傷離脱の可能性が浮上した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ナインゴランは、21日に行われたセリエA第9節のミラン戦(1-0でインテルが勝利)に先発。だが、30分にミランのアルゼンチン代表MFルーカス・ビリアとの交錯でプレーに復帰できず、そのままピッチを退いた。 ▽インテルの指揮を執るルチアーノ・スパレッティ監督は試合後、ローマ時代からの教え子で今夏から再タッグを組むそのナインゴランについて、次のように言及。一定期間の戦線離脱を予想した。 「ナインゴランは削られた。彼を病院に連れて行かなければならない。おそらく、当分の間、我々の一緒にいないだろう」 ▽ミラノ・ダービーでの勝利と引き換えに、今後の戦いでナインゴランを失う可能性が出てきたインテル。24日に行われる次戦、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節でバルセロナのホームに乗り込む。 2018.10.22 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ダービー制したインテル、イカルディはバルサ戦へ自信「どんな相手でも通用する」

インテルの主将FWマウロ・イカルディは21日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ミラノダービーでの勝利に歓喜するとともに、24日のバルセロナ戦へ向けて意気込みを語った。<br><br>インテルは21日、セリエA第9節でミランとのミラノダービーに挑んだ。試合はスコアレスドローのまま終盤まで進んだが、92分、イカルディが決勝点を挙げ、インテルが1-0で劇的な勝利を収めた。インテル主将は誇らしげにダービーを振り返った。<br><br>「ダービーは勝たなくてはならなかった。1週間前からチームで言い続けてきた。チャンスを数多く作れて、シュートを枠内へ打ち、良いプレーができた。僕らは勝利にふさわしかったからこそ、最高だよ。この調子で続けていきたい。継続していければ、満足できる結果が得られるだろう。これが今年の目標だ。ただ開幕直後にポイントを取りこぼしてしまったのは残念だ。それにユべントスの対抗馬になれたわけではない。継続性を示し、上位にいることに慣れていかなくてはならない」<br><br>続いてイカルディは、24日に行われるチャンピオンズリーグのバルセロナとの一戦に目を向けた。<br><br>「自分たちの潜在能力は分かっているつもりだ。僕らは強いチームであり、どんな相手とでも勝負できるはずだ。今日の試合のように、これからも常に続けていきたい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.22 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: インテル 1-0 ミラン《セリエA》

▽セリエA第9節、インテルvsミランのミラノ・ダービーが21日に行われ、1-0でインテルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 難しい枠内シュートは飛んでこなかった DF 2 ヴルサリコ 6.0 攻守に質が高かった 6 デ・フライ 6.0 安定感あるプレーでシュクリニアルと共にイグアインを封殺 37 シュクリニアル 6.5 潰しに加え、フィードも的確 18 アサモア 6.0 無理に攻め上がらず対面のスソを監視 MF 16 ポリターノ 5.5 一定のキープ力は見せた (→カンドレーバ -) 8 ヴェシーノ 6.5 良いポジション取りからシュートにも絡み、決勝アシスト 77 ブロゾビッチ 6.5 アンカーの位置からパスを的確に捌いた 14 ナインゴラン 5.5 アンカー脇のスペースでボールを受けていたが、初のミラノ・ダービーで負傷交代 (→ボルハ・バレロ 6.0) すんなりと試合に入ってよくボールを受けた 44 ペリシッチ 5.0 1本ヘディングシュートはあったが、突破はできず (→ケイタ 5.5) 投入直後はボールに絡むも徐々に消えた FW 9 イカルディ 6.5 ほとんど試合から締め出されていたが、最後に一刺し 監督 スパレッティ 6.5 内容でミランを上回り、最後に実った ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181022_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 5.0 前半は的確なセービングを見せていたが、最後の失点は目測を誤ったのが原因 DF 2 カラブリア 6.0 課題の守備をこなしつつ、攻撃にもタイミング良く出ていった (→アバーテ -) 22 ムサッキオ 6.0 集中切らさず安定感あるプレーを続けた 13 ロマニョーリ 6.5 的確なポジショニングを取り続け、前半には好ブロックも 68 R・ロドリゲス 6.0 ポリターノとのマッチアップで負けず MF 79 ケシエ 5.5 スペースを持ち前のフィジカルで何とか埋める (→バカヨコ -) 21 ビリア 5.0 自身の両脇を狙われた。相手の中盤に上回られる 5 ボナヴェントゥーラ 5.5 ビリアと共にビルドアップの起点となりたかったところ FW 8 スソ 6.0 さすがのスキルで起点となった 9 イグアイン 5.0 ボールが入れば基準点となるも、その回数が少なかった 10 チャルハノール 5.5 守備をこなし、攻撃面ではミドルシュートを狙った (→クトローネ 5.5) 左サイドでボールを持ったが、仕事はしきれず 監督 ガットゥーゾ 5.5 何とか勝ち点1を確保したかったが、押し切られた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ブロゾビッチ(インテル) ▽決勝点を決めたイカルディもMOMに相応しいが、試合を通して好パフォーマンスを見せていたクロアチア代表MFを選出。中盤を制圧していた。 インテル 1-0 ミラン 【インテル】 イカルディ(後47) 2018.10.22 05:34 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース