長友6戦連続スタメンのインテル、連勝ストップも12戦無敗維持! 《セリエA》2017.11.05 22:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは5日、セリエA第12節でトリノをホームに迎え、1-1のドローに終えた。日本代表DF長友佑都は先発して77分までプレーした。

▽9勝2分け無敗で2位につけているインテルは、4勝4分け3敗で8位のトリノとの試合に向けて、直近のリーグ4試合と同様のスタメンを起用。この試合でも左サイドバックに入った日本代表DF長友は、6試合連続の先発出場となっている。

▽序盤から精力的にプレスをかけ、サイドを起点としたショートカウンターで攻撃を組み立てるインテルは、6分にチャンスを迎える。左サイド浅い位置でボールを持った長友が、ボックス手前中央にグラウンダーのパスを供給。これをボルハ・バレロがスルーすると背後で待ち構えていたイカルディがシュートを放つ。これはDFのブロックに阻まれたものの、スピーディーな展開で相手を脅かした。

▽14分には、ボックス手前で横パスを受けたバゼッリが左足ダイレクト。ピンチとなったインテルだったが、GKハンダノビッチが冷静に処理。インテルは連動した守備でトリノの攻め入る隙を与えない。

▽インテルが優勢に試合を運ぶと、38分には左CKからDFシュクリニアルがヘディングでGKシリグを強襲。しかしこれが阻まれると、45分には逆に左サイドを突破したアンサルディがクロスを供給し、巧みな動き出しでニアに飛び出したバゼッリが頭で合わせる。これはわずかに枠を外れたものの、インテルは前半の最後にヒヤリとするシーンを作られ、試合を折り返すことに。

▽後半に入ると、インテルは早々に決定機を迎える。49分、左サイドでボールを持った長友が、中央にカットイン。ボックス手前付近から縦に柔らかいクロスを上げると、走り込んだヴェシーノが頭で合わせる。しかし、またしてもGKシリグが立ちはだかり、得点とはならなかった。

▽インテルが得点を奪い切れずにいると、60分にトリノが先制に成功する。右サイドで前を向いたファルケが、独力で中央にカットイン。スピードに乗ったまま身体を捻って左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右に突き刺さった。

▽失点後のインテルは攻勢をかけたものの、GKシリグを中心に守り抜くトリノの牙城を崩すことができず。77分には、長友に代えてブロゾビッチを投入。ややバランスを崩しながらでも得点を目指していく。

▽すると79分、インテルの攻撃が身を結ぶ。ボックス左のペリシッチが、逆サイドのイカルディに山なりのクロスを供給。反応したイカルディは右足で合わせ、途中出場している中央のエデルに落とす。エデルは冷静にワントラップを挟み、ゴールに流し込んだ。

▽追い付いたインテルだったが、反撃はここまで。逆転弾を決めるまで至らずに試合が終了し、インテルは無敗を維持したものの連勝を「2」でストップすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都の人気ぶりにインテル主将驚く「なんでユートにファンがこんなにいるんだ?」

インテルの主将FWマウロ・イカルディが13日、インスタグラム上でライブ動画を配信し、ファンの質問に応じた。<br><br>イカルディは5日のトリノ戦で右ヒザを負傷し、アルゼンチン代表の招集を辞退しているが、妻のワンダ・ナラさんとともにSNS上でファンへ向けてライブ配信を行った。ケガについては精密検査の結果、損傷はなく早期復帰が見込まれることが発表されていた。イカルディ自身も「ヒザの状態は良くなっている。腫れがひいてきた」と述べ、順調に回復していることを報告した。早ければ19日のアタランタ戦でピッチに立てる可能性がある。<br><br>またイカルディ一家は本人を含め7人家族の大所帯として知られているが、犬好きが高じてペットも3匹いる。今後、さらに家族が増えるかどうかを問われると、「子供がもう1人欲しいか? もう子供は5人いるし、犬も3匹いて多すぎる。ワンダは中でも1番手がかかるし、これで十分だ」とジョークを交えて応えている。<br><br>最後に、同僚の日本代表DF長友佑都が話題に上った。ファンから長友によろしく伝えるよう頼まれると、「ダメだ。ユートは今、日本代表にいる」と返答。続いて「なんで彼にこんなにファンがいるんだろうね? 分からないな」とつぶやき、長友人気に首を傾げた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.17 13:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ガビゴルが江蘇蘇寧に?

▽ベンフィカにレンタル移籍中の“ガビゴル”こと元ブラジル代表FWガブリエウ・バルボサ(21)に中国行きの可能性が浮上した。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽マンチェスター・シティのFWガブリエウ・ジェズスと共にブラジルの次代を担うスターとして名を轟かせたガビゴル。しかし、出場機会を求めてインテルからベンフィカに加入した今シーズンも出番を得られていない。 ▽そのガビゴルは10日、ロンドンで代理人のキア・ジューラブシャン氏と会談。将来について話し合い、出場機会を得られていないベンフィカ退団と、インテルの姉妹クラブである江蘇蘇寧へのレンタル移籍を提案したという。 ▽だが、ポルトガル『レコルド』によれば、ガビゴル本人はベンフィカ残留を希望している模様。いくつかのオファーに断りを入れたとされている。 2017.11.16 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都もイタリアのW杯予選敗退に落胆

▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都がイタリア代表のワールドカップ不出場を嘆いた。 ▽イタリアは、14日にホームで行われたロシアW杯欧州予選プレーオフ2ndレグのスウェーデン戦をゴールレスドロー。0-1で敗れた敵地での1stレグの結果が響き、2戦合計スコアでスウェーデンを下回り、60年ぶりにW杯出場権を逃した。 ▽2010年夏のチェゼーナ加入以降、約8年間もイタリアを生活拠点とする長友は、13日にツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。同国のW杯予選敗退という結果にストレートな思いを綴った。 「イタリア負けた。ワールドカップに出れない。ショック...。」 2017.11.14 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ロッシが代表引退へ「次の世代が飛び立つ準備をしている」

▽イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシが代表引退を明言した。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽イタリアは13日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ2ndレグでスウェーデン代表をサン・シーロに迎えた。1stレグで0-1の敗戦を喫していたイタリアは、2ndレグでゴールを奪えずに試合は終了。この結果15大会ぶりとなる予選敗退が決まった。 ▽試合後、インタビューに応じたデ・ロッシは、W杯出場を逃した失望感についてコメント。一方でこの予選を一緒に戦ってきた若手選手たちの今後の活躍に期待し、自身はユニフォームを脱ぐと明かした。 「とてもとても暗い瞬間だね。この2年間を懸命に戦ってきたけれど、本当に残念な結果に終わってしまった。全てを評価するのには時間が必要だと思う。ただ、個人的には若手の精神面での強さを見られたし、この厳しい戦いを一緒に歩めて良かったと思っている」 「次の世代は新たな飛行機に乗る準備ができている。その飛行機で再び飛び立たなければいけない。確かにロッカールームでは葬儀のような雰囲気だった。でも誰も死んでないと感じたよ」 「個人的にはこのユニフォームを着て世界中で戦い、コベルチャーノでトレーニングに励んだ。そのユニフォームを脱ぐというのは本当に変な感覚だね。でもこのチームには良い若手がいる。素材はここにあり、未来のためにそれを構築するだけだ」 ▽またデ・ロッシは、噂されているコーチとのやり取りについても言及した。試合終盤にウォーミングアップを命じられたところで、デ・ロッシがコーチに対して激昂している場面が映像でも流されていた。 「僕たちは何度かウォーミングアップを行うんだ。体を動かしては休んで、また動かす。それを繰り返して試合に臨む。でもあの時は負けている状況で、試合も終盤だった」 「普通ならばストライカーがアップを行う場面だと思う。だから僕もそれを伝えたんだ。インシーニェを指さしたのもそういうことだよ。確かに戦術的な問題があったのかもしれないし、僕の行為で不快な思いをしたのならば謝罪する」 ▽デ・ロッシは2004年の9月4日に行われたワールドカップ予選のノルウェー代表戦でフル代表デビューを果たすと、2006年に行われたドイツW杯のメンバーに抜擢され、世界一を経験。その後も代表の中軸として、117試合21ゴールを奪った。 2017.11.14 09:06 Tue
twitterfacebook
thumb

代表100キャップ達成の長友佑都「夢に向かう通過点」

▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都が代表100キャップ達成に言及した。 ▽日本は10日にフランスのリールで行われた国際親善試合でブラジル代表と対戦。チームが“サッカー王国”ブラジルに1-3の力負けという結果に終わった傍らで、この試合にフル出場した長友は代表史上7人目の100試合出場を成し遂げた。 ▽長友は、11日に自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を更新。2008年のA代表デビューから約10年の月日をかけて到達した偉業について、次のようにコメントしている。 「支えてくださるみなさんのおかげで到達した代表100試合」 「心から感謝します」 「ただ僕にとっては夢に向かう通過点に過ぎない」 「強い信念持って前へ進みます!」 2017.11.13 11:30 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース