長友6戦連続スタメンのインテル、連勝ストップも12戦無敗維持! 《セリエA》2017.11.05 22:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは5日、セリエA第12節でトリノをホームに迎え、1-1のドローに終えた。日本代表DF長友佑都は先発して77分までプレーした。

▽9勝2分け無敗で2位につけているインテルは、4勝4分け3敗で8位のトリノとの試合に向けて、直近のリーグ4試合と同様のスタメンを起用。この試合でも左サイドバックに入った日本代表DF長友は、6試合連続の先発出場となっている。

▽序盤から精力的にプレスをかけ、サイドを起点としたショートカウンターで攻撃を組み立てるインテルは、6分にチャンスを迎える。左サイド浅い位置でボールを持った長友が、ボックス手前中央にグラウンダーのパスを供給。これをボルハ・バレロがスルーすると背後で待ち構えていたイカルディがシュートを放つ。これはDFのブロックに阻まれたものの、スピーディーな展開で相手を脅かした。

▽14分には、ボックス手前で横パスを受けたバゼッリが左足ダイレクト。ピンチとなったインテルだったが、GKハンダノビッチが冷静に処理。インテルは連動した守備でトリノの攻め入る隙を与えない。

▽インテルが優勢に試合を運ぶと、38分には左CKからDFシュクリニアルがヘディングでGKシリグを強襲。しかしこれが阻まれると、45分には逆に左サイドを突破したアンサルディがクロスを供給し、巧みな動き出しでニアに飛び出したバゼッリが頭で合わせる。これはわずかに枠を外れたものの、インテルは前半の最後にヒヤリとするシーンを作られ、試合を折り返すことに。

▽後半に入ると、インテルは早々に決定機を迎える。49分、左サイドでボールを持った長友が、中央にカットイン。ボックス手前付近から縦に柔らかいクロスを上げると、走り込んだヴェシーノが頭で合わせる。しかし、またしてもGKシリグが立ちはだかり、得点とはならなかった。

▽インテルが得点を奪い切れずにいると、60分にトリノが先制に成功する。右サイドで前を向いたファルケが、独力で中央にカットイン。スピードに乗ったまま身体を捻って左足を振り抜くと、鋭いシュートがゴール右に突き刺さった。

▽失点後のインテルは攻勢をかけたものの、GKシリグを中心に守り抜くトリノの牙城を崩すことができず。77分には、長友に代えてブロゾビッチを投入。ややバランスを崩しながらでも得点を目指していく。

▽すると79分、インテルの攻撃が身を結ぶ。ボックス左のペリシッチが、逆サイドのイカルディに山なりのクロスを供給。反応したイカルディは右足で合わせ、途中出場している中央のエデルに落とす。エデルは冷静にワントラップを挟み、ゴールに流し込んだ。

▽追い付いたインテルだったが、反撃はここまで。逆転弾を決めるまで至らずに試合が終了し、インテルは無敗を維持したものの連勝を「2」でストップすることとなった。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル、バルセロナからラフィーニャを買取OP付きレンタルで獲得! 買い取りには総額51億円が必要に

▽インテルは22日、バルセロナからブラジル代表MFラフィーニャ(24)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は8番に決定。なお、完全移籍での買い取りには3500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額3800万ユーロ(約51億6000万円)が必要となる。 ▽自身2度目のレンタル移籍でインテルに加入したラフィーニャは、クラブ公式チャンネルの『Inter TV』で新天地での意気込みを語った。 「今は本当に幸せな気分だよ。今回の移籍は僕の人生において重要なステージとなった。自分のキャリアにおける新たな章でやるべきことがたくさんあると思っているよ」 「できるだけ多くの試合に出場し、自分たちの目標であるチャンピオンズリーグ出場権を得るために手助けをしたい」 「僕は右サイドや左サイドなど、多くの役割をカバーすることができる。ただ、8番のユニフォームを選んだよ」 「チームメート? 同じ言語を話せる仲間がいることは良いことだね。それにイカルディとは過去(バルセロナの下部組織)に一緒にプレーしたことがあるんだ」 ▽元ブラジル代表MFのマジーニョ氏を父親に持ち、バイエルンに所属するスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つサッカー界屈指のエリート一家に生まれたラフィーニャは、兄と同様にバルセロナの下部組織からトップチームデビュー。だが、世界屈指のタレントを誇るトップチームでなかなか出場機会がなく、2013-14シーズンはセルタにレンタル移籍した。 ▽レンタルから復帰後は攻撃的なポジションに加え、サイドバックまでこなすユーティリティ性を武器にルイス・エンリケ前監督の下で重用されるも、2度の大ケガの影響で再びポジションを失った。今月17日のコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエスパニョール戦では、2017年4月7日のグラナダ戦以来、290日ぶりに実戦に復帰したが、出場機会を求めて再び故郷を離れることになった。 2018.01.23 05:33 Tue
twitterfacebook
thumb

スパレッティ、メンタル面での問題点を指摘「強豪相手に怯えては何もできない」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティが21日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューに応じた。<br><br>インテルは21日、セリエA第21節においてローマとジュゼッペ・メアッツァで対戦。チャンピオンズリーグ出場権を懸けた上位対決は1-1の引き分けに終わった。暫定4位に後退したインテルの指揮官は選手たちに対し、メンタル面でのレベルアップを求めた。<br><br>「我々はインテルなのだから、上位4位以内に入るためにも、レベルの高いチームに対し、勇気を持って挑まなければならない。怯えながらピッチへ上がっていては何もできない。事が起きるのを待つのではなく、自ら道を切り開いていかなければならない」<br><br>試合前、左サイドバックでは日本代表DF長友佑都の先発の可能性も報じられたが、最終的に、ライバルのDFダビデ・サントンが起用された。サントンは31分、ローマGKアリソンのロングフィードへの対応を誤り、FWステファン・エル・シャーラウィに先制点を許した。このためサポーターに対し、謝罪する姿勢を見せたが、スパレッティは選手を擁護した。<br><br>「誰にも謝罪をするべきではない。ミスは犯したが、サッカーをしていれば起こりうることだ。プレーしなければ失敗することもない。ソファーで見ているだけなら、エル・シャーラウィのようなスピードのある選手と対面し、プレーするよりずっと楽だろう。サントンは真面目な青年だし、しっかりトレーニングしている。もし私に謝りにくるようならもう彼にプレーさせない。耐えられずに謝るような奴は隅に引っ込んでいるべきだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

長友佑都、ローマ戦出番なしもライバル2人が大苦戦「ファンも業を煮やしている」

21日のセリエA第21節、インテル対ローマ戦で起用されたDFダヴィデ・サントンについて、複数のイタリアメディアが厳しい評価を下している。<br><br>インテルは21日、セリエA第21節においてローマとジュゼッペ・メアッツァで対戦。チャンピオンズリーグ出場権を懸けた上位対決に挑んだ。左サイドバックでは、日本代表DF長友佑都とのポジション争いを制したサントンがスターティングメンバーに名を連ねた。しかしサントンは31分、ローマGKアリソンのロングフィードへの対応を誤り、FWステファン・エル・シャーラウィに先制点を許した。試合終了間際にMFマティアス・ベシーノが起死回生の同点弾を挙げたことで、インテルは辛くも1ポイントをもぎ取っている。<br><br>■ライバルのサントンが苦戦しワースト評価『ユーロスポーツ』は、サントンにチーム内最低点となる「4,5」と厳しい評価を下した。「ひどい失敗。エル・シャーラウィにゴールを許すことになったあのしくじりは受け入れられない。能力不足か、狼狽し、混乱していた」と指摘している。また76分からサントンに代わりピッチに入ったDFダウベルト・エンリケも「5,5」と、及第点に満たない評価となった。「めちゃくちゃなクロスが2度あった。彼の困惑を裏付ける15分間になった」と結論付けている。<br><br>『Goal』の現地編集部も同様に、サントンをチーム内のワースト選手に挙げた。最低点の「4,5」をつけ、「彼の粗末なミスからエル・シャーラウィの得点につながり、チームにとって今夜の試合が(順位表も)複雑になった。だが今回が初めてではない。もはやファンも彼に対し、業を煮やしている」とコメント。インテルに逆風を吹かせたミスを糾弾した。一方、ダウベルトは採点なしとなったが、「彼も抗議の笛を受けることになったが、目立つほどではない」と綴り、期待されたパフォーマンスではなかったとの見解を示した。<br><br>ライバル2選手が苦戦する中、長友は再び序列を覆すことができるのか。次はスパル戦、クロトーネ戦と格下相手の対戦が続くが、サイドバックを巡る動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.22 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-1 ローマ《セリエA》

▽セリエA第21節、インテルvsローマが21日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180122_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 止めるべきシュートはきっちりセーブ。ただ、ビルドアップでもう少しチームを助けたい DF 7 カンセロ 6.0 幾度か良い形でクロスを上げる。守備でも粘り強く対応 37 シュクリニアル 6.0 ビルドアップで苦戦もゼコに決定的な仕事は許さず 25 ミランダ 6.5 負傷明けも安定した守備は健在。要所でフィードを狙った 21 サントン 5.0 緩慢な対応で失点の要因に。ただ、後半は盛り返して意地を見せる (→ダウベルト・エンリケ 5.5) 可もなく不可もない出来 MF 87 カンドレーバ 5.5 幾つか決定機に絡んだが、全体的な仕事量はいまひとつ (→エデル 5.5) フィニッシュに絡んだが、決定力を欠く 11 ヴェシーノ 6.0 相手のハイプレッシャーに晒されてボールを捌けなかったが、最後に値千金の同点ゴールを記録 20 ボルハ・バレロ 5.5 トップ下とアンカーで繋ぎの起点になろうと腐心。後半は無難に捌いた 5 ガリアルディーニ 5.0 相手中盤との肉弾戦で劣勢に。攻守にもの足りない出来 (→ブロゾビッチ 6.0) 後半頭からの投入もインパクトに欠けたが、同点ゴールをアシスト 44 ペリシッチ 6.0 良い形でボールを受けられない中、個人技で幾つかの決定機を創出 FW 9 イカルディ 5.5 前線で孤立しながらも持ち味の動き出しで決定機に絡む。ただ、仕上げの仕事はできず 監督 スパレッティ 5.5 古巣相手にホームで苦戦も、粘り強い攻撃で勝ち点1を拾う ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180122_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 7.0 再三のビッグセーブに加え、先制点をアシスト DF 24 フロレンツィ 5.5 守備ではペリシッチに食らいつき、攻撃では要所で気の利いたプレーを披露 44 マノラス 6.0 前線からの連動した守備によって持ち味の攻撃的な守備が機能 20 ファシオ 6.0 前回対戦で苦杯を舐めたイカルディに対して、冷静に対応し続けた 11 コラロフ 5.5 前半は内に絞る味方を積極的に追い越して攻撃の起点になったが、後半は疲労の影響かやや雑なプレーが目立った MF 7 ペッレグリーニ 5.5 攻撃時のアイデア不足もあったが、前半は圧倒的なインテンシティでチームを支える 6 ストロートマン 6.5 強さと巧さを兼ね備えたプレーで攻守に中盤を制圧 30 ジェルソン 6.0 後半はさすがにバテたが、前半に見せた運動量と気迫は素晴らしかった (→ブルーノ・ペレス 5.0) バイタリティを与えることが期待された中、攻守にいまひとつだった FW 92 エル・シャーラウィ 6.5 かつての宿敵相手に痛快な先制点を奪取。攻守両面でサントンを凌駕 (→ファン・ジェズス 5.0) 相手の流れの時間帯に投入されたことで、なかなか試合に入り切れず 9 ゼコ 5.5 決定的な仕事はできなかったが、献身的なプレーで攻守にチームを助けた (→シック -) 4 ナインゴラン 6.0 自身の持ち味が行き易い戦術プランで攻守に奮闘 監督 ディ・フランチェスコ 5.5 前半のアグレッシブなプランはハマったが、マイボールの時間やカウンターの精度という課題を残す ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アリソン(ローマ) ▽パリ・サンジェルマンやリバプールも関心を寄せる中、圧巻のゴールキーピングで幾度もチームを救う。さらに定評がある足元の技術を披露し、先制点のアシストやプレス回避で周囲を助けた。 インテル 1-1 ローマ 【インテル】 ヴェシーノ(後41) 【ローマ】 エル・シャーラウィ(前31) 2018.01.22 06:50 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルvsローマの不調上位対決は痛み分け…長友は出場機会なし《セリエA》

▽セリエA第21節、インテルvsローマが21日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、1-1のドローに終わった。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦5試合未勝利で急失速の3位インテル(勝ち点42)は、前節フィオレンティーナと引き分けてウィンターブレークに突入。短い休暇を経て迎えた今節では強豪ローマをホームに迎えてリーグ6試合ぶりの勝利を目指した。今回のビッグマッチに向けては負傷明けのミランダが復帰し、ダンブロージオの代役にカンセロが起用された以外、現状のベストメンバーが揃った。なお、左サイドバックは引き続きサントンが務め、長友はベンチスタートとなった。 ▽一方、リーグ3戦未勝利でトップ4圏外の5位に転落したローマ(勝ち点39)は、前節アタランタにホームで敗れてウィンターブレークに突入。さらに、今冬の移籍市場ではナインゴラン、ゼコ、エメルソン・パルミエリに相次いで引き抜きの噂が出るなど、チーム状態は芳しくない。難敵インテル撃破で流れを変えたいローマだが、ウィンターブレーク中に負傷したゴナロン、デ・ロッシ、ペロッティの主力3人が招集外となり、ジェルソンとペッレグリーニの若手2選手が代役を担い、チェルシー移籍が噂される主砲ゼコは最前線で起用された。 ▽ウィンターブレーク明けで休養十分の両チームは立ち上がりからハイプレッシャーを掛け合うインテンシティの高い攻防を繰り広げる。左ウイングに入るナインゴラン、左のインサイドハーフに入るジェルソンがファジーなポジショニングで中盤のプレス強度を保ちつつ、攻撃ではうまく浮いてボールを引き出すローマは徐々に主導権を掴む。7分にはナインゴランのサイドチェンジに抜け出した右サイドのエル・シャーラウィが果敢にシュートを狙うが、これは精度を欠く。 ▽一方、密度と強度の高い相手の中盤攻略に手を焼くインテルは後方からの長いボールや要所でプレスをいなしては、3トップをスペースに走り込ませて手数をかけない攻撃を展開。15分にはカンドレーバのミドルシュート、17分には右サイド深くでカンセロが上げたクロスをファーで競り勝ったペリシッチが頭で合わすが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、互いになかなか決定機まで持ち込めない。28分にはインテルが右CKの二次攻撃からカンドレーバの右クロスがファーに流れると、これを拾ったペリシッチが冷静にフェイントでDFを外してニアを狙ったシュート。しかし、これはGKアリソンの好守に阻まれる。こぼれ球に反応したボルハ・バレロのシュートもDFのブロックに阻まれた。 ▽すると、直後の31分にローマが意外な形から先制点を奪う。GKアリソンからのロングフィードに反応した右サイドのエル・シャーラウィが最終ライン裏へ抜け出すと、DFサントンの緩慢な対応も重なり、このままボックス内でGKとの一対一に。ややボールコントロールが大きくなったものの飛び出したGKハンダノビッチの直前でチップキック。これが無人のゴールネットを揺らした。最高の時間帯に先制点を奪ったローマはその後もプレスの勢いを緩めず相手をけん制しつつ、イカルディに抜け出された2度のピンチは守備陣の冷静な判断で凌ぎ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、先に動きを見せたのはビハインドを追うインテル。前半相手のハイプレスに苦戦していたガリアルディーニを下げてブロゾビッチをハーフタイム明けに投入。また、前半終盤から変更していたボルハ・バレロをアンカーに落とす[4-3-3]の布陣を継続した。 ▽前半同様に中盤で潰し合う展開が続く中、徐々にローマの運動量が落ち始めたことでインテルがボールを保持する時間が増える。62分にはセットプレーの二次攻撃からカンドレーバが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKアリソンの守備範囲に飛んだ。 ▽何とか流れを変えたいインテルはカンドレーバ、サントンを下げてより攻撃的なエデルとダウベルト・エンリケを続けざまに投入。71分にはミランダのフィードに抜け出したエデル、74分にはボックス左でペリシッチが入れたクロスからイカルディが決定的なボレーシュートを放つが、GKアリソンの好守に遭いボールは左ポストを叩く。 ▽一方、守勢が続くローマは足を痛めたジェルソンに代えてブルーノ・ペレス、疲労の見えたエル・シャーラウィを下げて古巣対戦のファン・ジェズスを投入。この交代で[5-4-1]の守備的な布陣に変更して逃げ切り態勢に入る。 ▽ホームで負けられないインテルは試合終盤にかけてリスクを冒して前に出る。80分には左サイドからのクロスのクリアボールをゴール右のイカルディがボレーシュート。だが、枠の右隅を捉えたシュートはGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるホームチームは86分、ボックス手前左でブロゾビッチが浮き球のクロスを供給。これをプルアウェイの動きでDFファシオを剥がしたヴェシーノが頭で右隅に流し込み、土壇場で追いついた。 ▽その後は追いついた勢いを生かすホームチームが果敢に勝ち越しゴールを狙うが、ローマも勝ち点1を持ち帰るために懸命の守備で応戦。最後まで見応えのある攻防を見せた両者だが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。不調同士の上位対決は痛み分けの結果に終わり、互いに未勝利が続くことになった。 2018.01.22 06:49 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース