ウィダード・カサブランカが25年ぶり優勝! アフリカ王者としてクラブW杯で本田パチューカと激突《CAFチャンピオンズリーグ》2017.11.05 20:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽4日にCAFチャンピオンズリーグ2017決勝・第2戦のウィダード・カサブランカ(モロッコ)vsアル・アハリ(エジプト)が行われ、ウィダード・カサブランカが1-0で勝利した。この結果、2戦合計スコア2-1でウィダード・カサブランカが1992年以来の2度目のアフリカ王者に輝いた。

▽アル・アハリのホームで行われた第1戦を1-1で終えた両者。試合は69分、ウィダード・カサブランカのワリード・エル・カルティが右サイドからのクロスをゴール前で頭で押し込み、ゴールネットを揺らす。

▽この1点を守り切ったウィダード・カサブランカが25年ぶりの優勝。アフリカ王者に輝いたウィダード・カサブランカは、今年12月にUAEで開催されるクラブ・ワールドカップに初出場。初戦となる準々決勝で、北中米カリブ海王者に輝いた日本代表FW本田圭佑が所属するメキシコのパチューカと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑「結果は想定外、内容は想定内」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は30日、日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に臨み、0-2で敗れた。 ▽一定の存在感を示したFW本田圭佑は試合後のミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「結果は想定外、内容は想定内」と試合を振り返った。 ◆FW本田圭佑(パチューカ/メキシコ) ──試合を振り返って 「もちろん、試合には勝ちたかったので、結果は想定外、内容は想定内。勝ちたかったのが本音だし、サッカーの怖さを思い知った負け方。でも、これで負けるのがサッカー。ポジティブに言うなら、今で良かった」 ──内容について 「最後の部分におけるビジョンの共有が足りない。これは本当に想定内。いきなりそこで阿吽の呼吸が生まれるほどサッカーは甘くない。でも、何個か手応えは掴んでいる。良くなるという感覚はある。 ファイナルサードまでは行けている。でも、点が取れていない理由は、そこからクロスが単調になっていたり、読まれているようなプレーが多かったから」 「これから、“これでもか”ってぐらい詰めていかないと。次の試合でまた1個良くして、そのまた次で1個良くしてっていうイメージ。特に、攻撃に関しては、僕自身に何が必要なのかわかっている」 ──ロシアW杯メンバー23名が31日に決まるが 「どちらにしてもメンバーが決まる。当然、自分自身は入ると思っているし、そのための準備をしてきた。自分のプレーのことだけを考えていたこれまでのW杯とは違って、自分に求められる仕事をわかっているつもり」 2018.05.31 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑、監督交代&新システム挑戦にネガティブ封印「これだけ議論が出ることはハリル監督の時にはなかった」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は28日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けて千葉県内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF本田圭佑(パチューカ/メキシコ)がメディア陣による質疑に応答。西野朗監督が用いる3バックシステムや監督交代などについて言及している。 <span style="font-weight:700;">◆MF本田圭佑</span>(パチューカ/メキシコ) <span style="font-weight:700;">──これまであまり経験がない3バックシステムについて</span> 「模索中ですけど、どこにスペースがあるかとか、景色を違うので新鮮な気持ちで練習ができています」 <span style="font-weight:700;">──自身の役割は</span> 「練習だけだと小さいコートでやっているので、どこにスペースが空くかとかわからないですけど、30日のガーナ戦にその辺が見えてくるかなと思っています。調整していくのは、そこからですね」 <span style="font-weight:700;">──トップ下でパスを受ける時とは位置取りも景色も変わるか</span> 「そうですね。3バックのサイドが普通のセンターバックよりも開き気味になるので、細かいことですけどパスが入る位置が変わります️。ちょっと工夫が必要かなと思います」 <span style="font-weight:700;">──4バックから受ける時ともまた違うか</span> 「4バックのサイドバックから受けるのとは明らかに違いますね。立ち位置が全然違います」 <span style="font-weight:700;">──ピッチ以外の部分で選手同士の話し合いはまだで、まずはピッチ上のすり合わせが優先になる感じか</span> 「すごくできていると思います。ただ、これは問題ありきじゃないですか。いわゆる絵に描いた餅がどんだけあろうと、一個の問題が想定外のことであれば全部ひっくり返すことになるので、それが見えない中で今は議論はしています。それはみんなが意識してやっていますね」 <span style="font-weight:700;">──宿舎でどれほど話しているか</span> 「選手同士でそれぞれポジションが近い連中とかと話したり、全体ミーティングも何回かやっています。今まで以上にみんなが積極的にこなしているなという印象は受けます」 <span style="font-weight:700;">──改めて監督が交代し、短い期間の中で新たなことにチャレンジしている現状をどう捉えているか</span> 「今の時点でネガティブなことを言ったところで、大事な試合もありますし、そこでは勝敗も求められるので、敢えてそこは封印するべきだと思います。やれることはあると思いますし、難易度の高いと思います。これがアジア予選であれば話は別ですけど、ワールドカップで結果を出さなくてはいかない中でのこういった準備は僕も初めてです」 「ただこういったぶっつけ本番のような状況で結果を出してきたことは何度もあります。そのシュミレーションの仕方、いろんなシチュエーションを想像するというところは自分の強みだと思っています。究極のシチュエーションをいくつか用意しながら、実際の試合の中で対応していくところをチームで議論することが大事になると思います」 <span style="font-weight:700;">──監督の交代はネガティブなところがあるということか</span> 「いやそういうふうには思いません。実際選手たちは前を向いています。この中で結果を出せるよう議論も向かっています。これだけ議論が出るというのもハリル監督がやっている時もありませんでしたから、そういう意味ではネガティブなところだけではなく、ポジティブな部分も感じています」 <span style="font-weight:700;">──ピッチ外でもサッカーのディティールの話し合いも選手間でやっている感じか</span> 「ディティールについての議論が増えた印象です」 <span style="font-weight:700;">──西野朗監督と一週間過ごして</span> 「落ち着いてこなしている印象は受けます。ある程度選手のアイディアを尊重してくれている部分がシチュエーションによってはあります。その辺のコミュニケーションが自由になり、自由にやれるんじゃないかなと思います️」 <span style="font-weight:700;">──シャドーで景色が違うという話があったが、これまではウイングとサイドハーフが多かった中でシャドーへのアジャストをどのように考えているか</span> 「パチューカでサイドをやっていた時は、ほぼ自由に中に入ってやっていました。なので、ボールを受ける位置はあまり変わりません。ただ、パスの出所の角度が変わっています。僕の位置は変わらないですね」 <span style="font-weight:700;">──景色が違うという話は南アフリカの時も言っていたような気がして、8年前の経験もフィードバックされると思うがどのようにしたらベストな状態に持っていけるか</span> 「結果的にはたまたまビッグゲームで結果出してきた部分もありますけど、それはずっと求めていたから出せていたという自負もあります。今回も一発のシュートで決まる気もしています。そういうのを決めないと話にならないこともあるので、その緊張感を持って準備を進めていきたいなと思います」 <span style="font-weight:700;">──コンディションへの対応が大事になってくるか</span> 「みんなが微妙にズレてくると結構ズレると思います。感覚の慣れは大事になると思います。細かいところの居心地の良さって大事だと思います。心地悪いなと思ったらパスは繋がりません。阿吽の呼吸のようなものがもっと必要かなと思います。型にハマらず自由にやるからこそ生まれるものでもあると思います」 <span style="font-weight:700;">──ガーナ戦はトライになりそうだが、手応えはどのくらいで掴みたいか</span> 「それは30日に掴みたいですけどね笑 ただ、上手くいかないこともあります。そうなれば西野さんが線引きすると思うし、そのままなら選手を改善していく必要があります。どうなっても対応できる選手たちが多くなってきているアドバンテージはあると思います」 <span style="font-weight:700;">──今ワクワクしていますか</span> 「ワクワク感は…精神的には前々回に近いですね。前回の方がワクワクしていました。前々回はジタバタしてもしょうがない状況だったので、覚悟を決めてとにかく冷静にというか。今回もそれに近いです。シチュエーションは違いますけどジタバタしている状況にあるのは間違いない。焦ってプレッシャー感じても仕方ないですし、落ち着き始めています」 2018.05.28 22:59 Mon
twitterfacebook
thumb

去就注目の本田圭佑「日本はない」

▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が6月に開幕にするロシア・ワールドカップ後の去就に言及した。 ▽本田は昨夏、1年契約でパチューカに加入。公式戦10ゴール7アシストという結果を残したが、退団の意向を示しており、今後の動向に注目が集まっている。 ▽16日に表参道ヒルズで行われたスイスの高級腕時計ブランド『ウブロ』のイベントに登場した本田は、気になる移籍先について、次のように語った。 「ここで話すと、ヒントを与えちゃうことになる(笑)。W杯が終わるまでは、このことに関して、何の意思決定もしないと決めている。その上で、去年の7月にパチューカと1年契約を結ばせてもらった」 「ここで何かを語ることで、僕の意思がみなさんに左右されることが嫌。日本はないです。それだけは言っておく。日本にいる沢山の友達に日本のサッカー界を盛り上げる役割を託す」 「僕は僕にしかできないことがある。みなさんに『らしいな』と思っていただけるような選択をしたい」 2018.05.16 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の新天地にオーストラリアも浮上? イニエスタとともにAリーグがオファーか

▽パチューカに所属する日本代表MF本田圭佑が、来シーズンはオーストラリアでプレーするかもしれない。オーストラリア『ニューカッスル・ヘラルド』が報じた。 ▽セリエAのミランからメキシコのパチューカに挑戦の場を移した本田。今シーズンのリーガMXでは、前後期合わせて25試合に出場し7ゴール6アシストを記録。しかし、シーズン終了後にパチューカを去ることを明かした。 ▽新天地を探す本田だが、手を上げたのがオーストラリアのAリーグだった。バルセロナを退団したスペイン代表MFアンドレス・イニエスタも招き入れたいと明かしているAリーグ。その他にも、世界的なプレーヤーを呼び込もうと、声を掛けているようだ。 ▽Aリーグでは、サラリーキャップ制度を導入。チーム年俸の合計が定められているものの、制限を受けないマーキープレーヤーを各クラブが1人まで保有できる制度がある。過去には元日本代表MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)やオーストラリア代表FWティム・ケイヒル(現ミルウォール)元イタリア代表FWのアレッサンドロ・デル・ピエロ氏、元イングランド代表FWのエミール・ヘスキー氏らが迎えられていた。 ▽複数クラブがこのマーキープレーヤー制度を利用する考えがあり、本田がAリーグ挑戦となればマーキープレーヤーの枠で迎え入れられることになる。イニエスタの去就も気になるところだが、本田も含めオーストラリアに再びスター選手が集まることになるのだろうか。 2018.05.12 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

本田が掲げる「10の行動模範」とは?!

▽パチューカの日本代表FW本田圭佑が、自身の公式ツイッターアカウント(@kskgroup2017)を更新し、「10の行動模範」を示した。 ▽本田は11日、ツイッター上に「僕らにはグループ理念と10の行動規範っていうのがあって、これらを意識して生活していると1日の質に革命が起こるんですよね」と投稿。以下のような「10の行動模範」を箇条書きにした画像を添付した。 1.他の誰からも支配を受けないこと 2.オープンで素直であること 3.自分の言葉と行動に責任を持つこと 4.悪いルールは壊し、より良いルールを創ること 5.自分に厳しく、人に必要とされる長所を磨き続けること 6.与え続けるためには勝ち続けること 7.人が本当に困っているときは、損得を考えずに助けること 8.何事においても理想を追求することを諦めないこと 9.常に謙虚に常に挑戦者であること 10.人を喜ばせるでは足りない。感動させること ▽なお、本田は「最近は特に8を意識してます」ともコメント。パチューカでの今シーズンの公式戦で10ゴール7アシストを記録している好調ぶりは、こういった考え方から来るものなのだろうか。 2018.05.11 16:20 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース