電撃発表! J1残留目指す大宮がOBで元鹿島指揮官の石井正忠氏を招へい…シーズン途中就任の伊藤彰監督は解任2017.11.05 17:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽大宮アルディージャは5日、今シーズン途中まで鹿島アントラーズを指揮していた石井正忠氏(50)の監督就任を発表した。なお、今シーズン途中に監督に就任した伊藤彰監督(45)の解任も併せて発表している。▽千葉県出身の石井新監督は、現役時代に大宮の前身であるNTT関東でプレー。その後、鹿島やアビスパ福岡でもプレーしていた。鹿島でコーチを務めていた石井新監督は、2015年7月にトニーニョ・セレーゾ前監督の解任に伴い、鹿島コーチから指揮官に昇格。同シーズンにナビスコカップを制すると、指揮2年目の昨シーズンは明治安田生命J1リーグと天皇杯の2冠に輝き、12月に行われたFIFAクラブ・ワールドカップでも準優勝という好成績を収めた。

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇を最大目標に掲げた今シーズンだったが、ACLベスト16敗退が決定した上、リーグ戦でも7位と結果が出ず。今年5月に解任されていた。

▽解任された伊藤監督は、渋谷洋樹前監督の後任として5月にコーチから昇格。就任直後は勝利を掴んでいたものの、後半戦では結果が出ず。3勝8分7敗で降格圏から脱出できないでいた。伊藤監督はクラブを通じてコメントしている。

「5月末の監督就任から約5か月が経過し、いまだにJ2降格圏にいることに、そして3試合を残してクラブを去ることに、本当に申し訳ない気持ちです。ファン・サポーターの方々をはじめとした、クラブに関わる多くの方々の期待に応える結果を出せなかったのは、私の力不足です」

「苦しい中でも真摯に取り組んでくれた選手やスタッフに感謝していますし、いつも温かく最後まで応援してくださった方々に心から感謝しています。私自身、大宮アルディージャというクラブが大好きですし、新体制の下で残り3試合を全員が一つになって戦い、J1残留を勝ち取ってくれることを心から願っています」

▽なお、大宮はOBであり2015年から強化本部長を務めていた松本大樹氏も解任。スカウトを担当していた西脇徹也氏が就任することも発表している。松本氏はクラブを通じてコメントしている。

「2014シーズン途中から強化部門のトップを務めさせていただきましたが、私がうまくマネジメントしきれなかったことで、チームの結果につなげることができず申し訳なく思っています。選手時代を含めると、大宮アルディージャでは約18年という長い期間お世話になり、支えてくださった多くの方々への感謝の思いでいっぱいです。私はクラブを去りますが、新体制の下でJ1残留を果たしてくれることを願っています」

▽J2優勝を果たして昇格した昨シーズンはクラブ史上最高のJ1・5位という結果を残した大宮だったが、今シーズンは開幕から極度の得点力不足に悩まされ低迷していた。

コメント

関連ニュース

thumb

大混戦J1昇格サバイバル最終局面へ! 大宮がファンにサポートを要請「熱い声援で選手へ強い後押しを」

▽大宮アルディージャは17日、公式サイト上で『ファン、サポーターの皆さまへ』と題した声明を出し、応援を呼び掛けた。 ▽今シーズンから明治安田生命J2リーグに降格した大宮は、J2第37節終了時点で昇格プレーオフ圏内の暫定5位(勝ち点63)。自動昇格圏に位置する暫定2位の大分トリニータ(勝ち点66)との勝ち点差は「3」、首位の松本山雅FC(勝ち点69)との勝ち点差は「6」だ。 ▽残り5節の時点で、首位の松本から7位の東京ヴェルディ(勝ち点63)まで勝ち点差6内に、昇格を狙うチームがひしめき合っている今シーズンのJ2。1年でのJ1復帰を目指す大宮は、以下のようにサポーターへのメッセージを掲載した。 「いつも大宮アルディージャに熱いご声援を頂戴し、誠にありがとうございます。明治安田生命J2リーグは37節を終え、チームは10月17日時点暫定5位という順位で残り5節の最終局面に入ってまいりました」 「今年4月23日、10節を終えた時点で皆さまにご説明させていただいた通り、監督、スタッフは様々な改善に取り組み、次の対戦相手に対する分析を行い、戦術をたて勝利を目指し、選手もJ2優勝という目標に向け日々厳しいトレーニングに励んで来ました。現時点の順位に決して満足しているわけではありませんが、選手・監督・スタッフの頑張りはもとより、ファン、サポーターの皆さま、大宮アルディージャを支えてくださる多くの皆さまからの熱い声援、サポートがあったからこそ今期の目標であるJ2優勝またJ1昇格を何とか掴み取ることができる位置に踏みとどまれていると考えております。しかし目標を達成するためには、これからの5試合、1試合も落とすことはできず、残り試合の全てに勝ち続けることが求められています」 「選手、監督、コーチ、スタッフは残り5試合に全て勝利して優勝、昇格することを目指し、集中して次の試合に向けて更にハードなトレーニングに取り組みます。ラストスパートの局面ではライバルとなる他チームもこれまで以上に強い気持ちで試合に臨んできますし、これからの試合はこれまで以上に厳しいものになるはずです。このような状況下で勝負を分けるのは、選手は終了の笛が鳴る最後の一秒まで絶対勝利するという強い気持ちで戦い続けること、そしてファン・サポーターの皆さまからの熱い声援、そして皆さまとクラブスタッフも含めて一つになって戦うことだと考えます」 「今シーズン「ONE」のスローガンの下でこれまで皆さまと一つになり戦ってまいりましたが、ここからの残り5試合「ONE」の想いをより強く持ち、ともに戦うことで必ず勝利を掴み取れるものと考えます。これからの1試合1試合をトーナメントのつもりで集中して戦い勝利を積み重ねれば、必ずや最後に皆さまと喜びをわかち合えるものと信じております。どうか皆さま、あらためて大宮アルディージャを応援する皆が一つになり、そして残り5試合ホームはもちろん、可能であればアウェイも含めスタジアムにぜひ足を運んでいただき、熱い声援で選手へ強い後押しをしていただけますよう心からお願い申し上げます」 2018.10.17 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

逆転自動昇格目指す福岡&大宮、横浜FCが揃って勝利! 岐阜が待望の14戦ぶりの勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ37節の6試合が13日に各地で行われた。 ▽維新みらいふスタジアムで行われたレノファ山口FCvsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が1-0で勝利した。 ▽後半戦初の連勝で息を吹き返した10位の山口(勝ち点51)と、暫定3位浮上を目指す4位の福岡(勝ち点61)による一戦。試合は開始早々に動く。7分、ボックス内に抜け出したドゥドゥをDF楠本が遅れて倒し痛恨のPK献上。しかし、キッカーの石津が右を狙ったシュートはGK吉満が完璧な読みで阻む。これで一気にホームチームペースに傾くかと思われたが、直後の10分にはバイタルエリアで縦パスを受けた石津の見事なラストパスに抜け出した松田が冷静にGKとの一対一を決め切ってアウェイの福岡が今度こそ先制に成功する。 ▽その後は攻守の切り替えで勝る福岡が引き続きペースを握りながらドゥドゥがフィニッシュに絡んでいくが、山口も粘り強い守備で2点目を許さない。ただ、ホームチームはなかなか決定機を作れないまま前半を終えることになった。 ▽迎えた後半、山口が立ち上がりから相手陣内でのプレーを増やしていく。ボックス付近でボールを受ける回数が増えたオナイウ阿道は67分にボックス右へ抜け出してGKとの一対一の決定機を迎えるが、シュートを枠に飛ばせない。やや守りに入った福岡に対してその後も山口が押し込む時間が続くが、リーグ屈指の堅守を誇るアウェイチームは最後までリードを守り切って1-0の勝利。敵地での接戦をモノにした福岡がJ2通算250勝目を飾ると共に暫定3位に浮上した。 ▽NACK5スタジアム大宮で行われた大宮アルディージャvs栃木SCは、ホームの大宮が1-0で勝利した。 ▽前節の勝利で昇格プレーオフ圏内に浮上した5位の大宮(勝ち点60)と、ここ最近上位陣相手に善戦を見せる16位の栃木(勝ち点45)による関東勢対決。立ち上がりからホームの大宮がボールを保持して攻め込む展開の中、23分にボックス手前やや左の好位置でFKを獲得。ここでキッカーの大前が見事にゴール上隅に決め切ってホームチームが1点リードで試合を折り返す。 ▽迎えた後半、立ち上がりの55分には大山のフィードに反応した大前がボックス内でDFパウロンに倒されてPKを獲得。しかし、ジャンケンで大前に勝ったマテウスがキッカーを務めると、これを右ポストに当ててしまい痛恨の失敗。すると、試合はここから一気に栃木ペースへ。71分には西谷和のハイプレスでDF畑尾のボールロストを誘い大黒がボックス手前で見事なループシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。さらに栃木は試合終盤にかけて得意のパワープレーで押し込むが、最後の場面で決定力を欠き試合はこのままタイムアップ。ホームで辛勝も連勝の大宮が暫定4位に浮上した。 ▽ニンジニアスタジアムで行われた愛媛FCvs横浜FCは、アウェイの横浜FCが2-0で快勝した。 ▽18位の愛媛(勝ち点43)と、7位の横浜FC(勝ち点60)による一戦。直近2戦未勝利で昇格プレーオフ圏外の7位に転落した横浜FCは必勝が求められるこの一戦に向けて序盤から攻勢を仕掛ける。すると10分、カウンターから中央突破したレアンドロ・ドミンゲスのスルーパスに抜け出したイバがボックス左ライン際ギリギリでマイナスに折り返すと、ゴール前でフリーの田代が難なくワンタッチで流し込み、先制点を奪取。これで勢いづくアウェイチームはレアンドロ・ドミンゲスとイバを起点に再三の決定機を作り出すが、渡邊一やイバが決定的な場面を決め切れず、前半のうちに追加点を奪えなかった。 ▽それでも、後半も主導権を握った横浜FCは64分、レアンドロ・ドミンゲスのスルーパスに抜け出したイバがボックス左でキープして相手GKの股間を抜く技ありのシュートで2点目を奪い切る。その後、野村の負傷交代というアクシデントや相手GK岡本の再三のビッグセーブで3点目こそ奪えなかった横浜FCだが、敵地で2-0の快勝。3戦ぶりの白星で暫定ながら昇格プレーオフ圏内の5位に浮上した。 ▽山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vsアルビレックス新潟は、0-0のドローに終わった。 ▽3連勝中の暫定13位甲府(勝ち点48)と、5連勝中の17位新潟(勝ち点45)による今季2度目の川中島ダービー。互いに好調を維持する中での戦いは終始拮抗した展開となったが、最後の場面で決め手を欠いた両者は0-0で試合を終えることに。共に連勝がストップとなり、逆転での昇格プレーオフ進出を目指す甲府にとっては痛恨の勝ち点逸となった。 ▽また、残留争いでは19位の京都サンガF.C.(勝ち点34)が田中マルクス闘莉王のJ2通算100試合出場を自ら祝う決勝弾によって8位の徳島ヴォルティス(勝ち点54)相手に1-0で勝利。同じく20位のFC岐阜(勝ち点33)は12位のファジアーノ岡山(勝ち点49)を2-1で下し、待望の14試合ぶりの勝利を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第37節 ▽10/13(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 ファジアーノ岡山 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アビスパ福岡</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 栃木SC ヴァンフォーレ甲府 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 徳島ヴォルティス ▽10/14(日) 《14:00》 水戸ホーリーホック vs 東京ヴェルディ ツエーゲン金沢 vs 松本山雅FC カマタマーレ讃岐 vs ロアッソ熊本 《15:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs モンテディオ山形 FC町田ゼルビア vs 大分トリニータ 2018.10.13 19:12 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮が今夏クラブユース選手権得点王のユース所属FW吉永昇偉の来季昇格内定を発表

▽大宮アルディージャは25日、ユース所属のFW吉永昇偉(18)が来シーズントップチームに昇格することが内定したと発表した。 ▽吉永は、ジュニアから大宮に在籍。ジュニアユース、ユースと昇格し、2018年はU-18日本代表にも選出されている。 ▽今年行われた第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会では、大宮の準優勝に貢献。自身も得点王に輝いていた。 吉永はクラブを通じてコメントしている。 「小学5年生から所属してきた大宮アルディージャで、プロのサッカー選手としてスタートできることを大変うれしく思います。今までお世話になった方々への感謝を忘れず日々、努力していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします!」 2018.09.25 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府、ホームで約2カ月ぶりの勝利!大宮は上位と勝ち点縮められず《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第32節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャが、19日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-0でホームの甲府が勝利した。 ▽直近5試合で1勝2分け2敗と波に乗り切れない16位・甲府は(勝ち点39)は、土曜日の愛媛FC戦からスタメンを6人変更。ビョン・ジュンボン、山本、フェフージン、瀬戸、小塚、ジュニオール・バホスに代えて、今津、小出、小椋、佐藤、堀米、金園を起用。 ▽一方、直近5試合で4勝1分とJ1自動昇格ラインを猛追する大宮(勝ち点54)は、前節のFC町田ゼルビア戦からは、茨田にかえて大山が先発に名を連ねた。 ▽試合序盤は両者共に中盤でのボールの奪い合いが続く。28分、ボックス手前でフリーでボールを受けたマテウスがゴール前に走り込んだ富山にスルーパスを通す。これを富山がダイレクトでシュートを打つもGK河田の正面に。 ▽なかなか決定機が作れない甲府は、35分、左サイドから小椋がボックス左に走り込んでいた堀米に浮き球でパスを送る。これを堀米がラインギリギリのところでボールに追いつきボックス中央に走り込んできた金園にクロスを供給。金園がヘディングシュートを狙うもゴール左に逸れた。 ▽後半に入り、ボールを徐々に保持する時間が増えてきた甲府は69分、敵陣左サイドで佐藤が清水とのワンツーでボックス左を駆け上がりゴール前にクロスを供給。するとこのクロスが相手DFに当たり、コースが変わってゴールに吸い込まれ、ホームの甲府が先制した。 ▽試合が動いて以降、両者共にチャンスらしいチャンスは作れず試合終了。甲府は7月21日の第24節ロアッソ熊本戦以来のホーム白星。一方、敗れた大宮は、JI自動昇格に向けて痛すぎる1敗となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮、J1昇格争いに向けバブンスキー獲得

▽大宮アルディージャは22日、マケドニア代表MFダビド・バブンスキー(24)が加入したことを発表した。 ▽バルセロナ下部組織出身のバブンスキーは2017年にレッドスターから横浜.F・マリノスに加入。初年度は明治安田生命J1リーグで20試合3ゴールを記録していた。しかし今季はリーグ戦5試合の出場にとどまり、16日に横浜FMとの契約が解除されていた。 ▽バブンスキーはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私を信じて、日本でのキャリアアップを続ける機会を与えてくれた大宮アルディージャに深く感謝しています。チームの目標達成のために最善を尽くすのを、興奮と野心を持って心待ちにしています」 2018.08.22 16:06 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース