FW本田圭佑、決定機決められず…パチューカは最終節を前に前期PO進出の可能性消滅《リーガMX》2017.11.05 12:15 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間5日、リーガMX前期第16節でケレタロと対戦し、0-1で敗れた。本田はフル出場している。

▽前節のサントス・ラグナ戦を2-2のドローに終わり、連勝を飾ることができなかった10位のパチューカ(勝ち点18)が、17位のケレタロ(勝ち点12)をホームに迎えた一戦。パチューカは、この試合に勝利しなければ前期のプレーオフ(リギージャ)への出場権が与えられる8位以内の可能性が消滅してしまう。

▽公式戦2試合連続ゴール中の本田は18分、ボックス右手前に切れ込みクロスを供給するが、ギリギリのところで相手DFにクリアされる。さらに22分、ボックス右手前でパスを受けた本田がワンタッチで柔らかい浮き球をボックス右に供給。走り込んだ味方が折り返したが、押し込むことができない。

▽33分には、フランコ・ハラがボックス手前から強烈なシュートを放つが、GKヴォルピの好守に阻まれるパチューカ。その後も攻勢を続けたが、ゴールレスで試合を折り返す。

▽後半に入るとパチューカは54分、ゲレタロに一瞬の隙から先制点を許してしまう。カウンターからベニテスにボックス手前まで運ばれ、スルーパスを許す。ボックス右に走り込んだカンデロに右足でゴールネットに突き刺された。

▽与えてはいけなかった先制点を許したパチューカ。しかし、直後に同点のチャンス。55分、味方からボックス内でパスを受けた本田が左足でシュート。しかし、GKヴォルピにパンチングで防がれてしまう。

▽このチャンスを逃したパチューカはその後、攻撃が停滞。86分にはボックス手前やや右からのGKを本田が左足を振り抜いて狙ったが、ボールはゴールの左へと逸れる。終盤にはアディショナルタイム6分が設けられるも最後まで同点ゴールを奪えず試合終了。0-1で敗れたパチューカは前期のプレーオフ進出圏内の8位以内に入る可能性が消滅した。

パチューカ 0-1 ケレタロ
【ケレタロ】
カンデロ(後9)

コメント

関連ニュース

thumb

「泣き面に蜂」…グループ突破黄信号のヘルタ・ベルリンが飛行機故障で足止め

▽ヨーロッパリーグのアスレティック・ビルバオ戦に臨むヘルタ・ベルリンが不運に見舞われた。ドイツ『キッカー』が伝えた。 ▽23日に、アウェイでビルバオと対戦するヘルタ・ベルリン。現在はグループ最下位に位置しており、ビルバオ戦では勝利が求められている。 ▽しかし、ヘルタ・ベルリンの選手たちが乗る予定だった飛行機が故障。これにより、出発時刻が遅れ、試合会場でのトレーニングの予定を変更し、ベルリンで調整を続ける事となった。 ▽結局、午後に無事出発した飛行機。到着が遅れながらも、前日会見に臨んだパル・ダルダイ監督は試合に向けて意気込んだ。 「我々は何が問題になっているかわかっている。試合はほとんど準決勝に近いものだろう」 「似たようなゲーム哲学を持つ2チームが対決する。細かい部分が試合を決めるだろう」 ▽なお、この遠征に日本代表FW原口元気は帯同していない。 2017.11.23 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「僕はもう若くない」、本田圭佑が明かすクラブW杯&ロシアW杯への思い

▽パチューカに所属する日本代表FW本田圭佑が22日に行われたコパMX準決勝のアトランテ戦、公式記者会見に出席した。『ESPN』が報じた。 ▽今夏にミランからパチューカに活躍の場を移した本田。シーズン当初こそ負傷の影響で出遅れたものの、ここまで公式戦15試合6ゴールと結果を残してきた。 ▽パチューカに加入して以降、2度目の会見に臨んだ本田は、ここまでの自身の出来や、アトランテを下してのカップ戦決勝進出についてこう振り返っている。 「シーズンのスタートでケガをして、合流が遅れた。最初の数試合こそ良い内容じゃなかったけど、少しずつ改善してきていると思う。まだ満足の行くものじゃないけど、チームとしてカップ戦の決勝に進めたから良かった」 ▽また、来月12月に行われるFIFAクラブ・ワールドカップや、来年に迫るロシア・ワールドカップに向けても、次のように思いを明かしている。 「僕はもう若くない。だから、今年クラブ・ワールドカップでプレーできるのは嬉しい。それと、来年はワールドカップがある。自分にとって、おそらく最後のワールドカップ。これもとても重要で、そこでプレーしたい」 2017.11.23 09:25 Thu
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑フル出場のパチューカがファイナル進出! 決勝戦でモンテレイと激突《コパMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは22日、コパMXの準決勝でアトランテと対戦し、2-0で勝利した。本田は公式戦9試合連続先発出場でフル出場を果たした。 ▽準々決勝で4人抜きのスーパーゴールを決めた本田は、右サイドで先発。試合はパチューカが5分、ボックス右に侵攻したウレタビスカヤのクロスをファーサイドのオマール・ゴンザレスがヘディングで合わせる。ゴール右へと飛んだ山なりのボールは、GKヘラルド・ルイスが左手で触られるも右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽幸先良く先制したパチューカはさらに21分、ボックス左外でFKを獲得。キッカーのウレタビスカヤのクロスを選択すると、ニアサイドでビクトル・グズマンが頭でゴール左隅へと流し込んだ。 ▽パチューカはこの2ゴールを守り切って2-0で勝利。決勝戦の日程についてはまだ発表されていないが、PK戦の末にクラブ・アメリカを下したモンテレイと対戦する。 パチューカ 2-0 アトランテ 【パチューカ】 オマール・ゴンザレス(前5) ビクトル・グズマン(前21) 2017.11.22 14:54 Wed
twitterfacebook
thumb

ホームで敗戦のドルトムント…先発出場香川真司の評価は厳しめ「印象的なプレーはほぼなし」

ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。<br><br>グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。<br><br>先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。<br><br>地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。<br><br>『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン&ソニー弾で逆転のスパーズが首位通過! 香川先発も敗戦ドルトムントはGS敗退…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、ドルトムントvsトッテナムが21日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。この結果、トッテナムの首位通過およびドルトムントの敗退が決定した。なお、ドルトムントのMF香川真司は先発出場し66分までプレーした。 ▽ライバル2クラブとの敗戦に加え、グループ最弱と目されたアポエル(勝ち点2)相手の痛恨の連続ドローによって敗退危機に陥る3位ドルトムント(勝ち点2)。既に突破を決めている首位トッテナム(勝ち点10)をホームに迎えた今節では勝利が必須。しかし、直近の公式戦8試合で1勝4敗3分けと絶不調のチームは、1-2で敗れたシュツットガルト戦から先発3人を変更。“規律違反”で欠場となったオーバメヤンが復帰を果たしたほか、ラファエウ・ゲレイロ、ザガドゥが先発に復帰した。 ▽一方、今節の勝利で首位通過が決定するトッテナムだが、直近のリーグ戦では宿敵アーセナルとのノースロンドン・ダービーで屈辱的な敗戦を喫しており、バウンスバックの意味ではしっかりとした戦いをみせ、調子を取り戻したいところ。ポチェッティーノ監督はアーセナル戦から先発4人を変更。ウイングバックをオーリエとローズのコンビに入れ替え、ソン・フンミンと負傷明けのウィンクスが先発のピッチに立った。 ▽立ち上がりから中盤での攻防、相手の背後を狙う攻撃を仕掛け合う両チーム。開始3分にはカウンターから右サイドを抜け出したソン・フンミンにシュートチャンスも、ここは戻ったDFの対応に遭う。 ▽一方、[4-1-4-1]に近い並びでスタートしたドルトムントは、なかなか相手陣内の深い位置までボールを運べずにいたが、19分には相手の不揃いな最終ラインに対してヤルモレンコが浮き球のスルーパスを送ると、これに抜け出したオーバメヤンがGKと一対一となるが、オフサイドを気にしたか、やや焦って放ったシュートは枠の右に外れて絶好機を逸した。 ▽その後は質の高いサイドチェンジでサイドの深い位置を取るトッテナムが、24分にオーリエの折り返しからソン・フンミン、30分にはヴェルトンゲンの左サイドからのアーリークロスに再びソン・フンミンがボレーで合わせるが、相手GKに阻まれて先制点とはならない。 ▽すると直後の31分、左サイドで香川とパス交換したラファエウ・ゲレイロがバイタルエリア中央のヤルモレンコに斜めのパスを入れる。これをヤルモレンコが巧みなヒールパスでボックス中央のスペースに流すと、抜け出したオーバメヤンが右足のシュートをファーポストに流し込んだ。エースの禊ぎ弾でホームのドルトムントが先制に成功した。 ▽前半終盤にかけてはビハインドを負ったトッテナムが猛攻を仕掛ける。40分には左サイド深くで仕掛けたローズのグラウンダーの折り返しを中央に走り込んだエリクセンがダイレクトシュート。直後の41分にはエリクセンの右CKをニアで競り勝ったエリック・ダイアーが頭で合わすが、いずれもGKビュルキのビッグセーブに阻まれ、前半はドルトムントの1点リードで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半から優勢に試合を運んでいたトッテナムが早々に追いつく。49分、左サイドの高い位置でローズがDFトルヤンからボールを奪うと、ボックス手前でデレ・アリから短い横パスを受けたケインが相手DF2枚の間を抜く見事な右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽エースの同点弾で完全に勢い付いたトッテナムは、動きが重いホームチームを攻守に圧倒。決定機まであと一歩という、鋭い攻撃を続けて主導権を掌握する。対して、後半に入ってから何もできない状況が続くドルトムントは66分、やや消えていた香川を下げてカストロをピッチに送り出す。 ▽だが、一度掴んだ流れを離さないトッテナムは、76分に勝ち越しゴールを奪う。左サイドでゲッツェとバルトラの2枚を振り切ったデレ・アリがそのままボックス内に持ち込み、DF3枚を引き付けて中央でフリーのソン・フンミンにマイナスで折り返す。これを巧みなファーストタッチでスムーズにシュート体勢を作った韓国代表FWがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。 ▽ドルトムントキラー、ソン・フンミンのゴールで試合を引っくり返したトッテナムは、その後デレ・アリ、エリクセン、ケインと主力3人をベンチに下げつつも持ち味のソリッドな守備で相手の反撃を冷静に凌いでいく。 ▽一方、何とか追いつきたいドルトムントだったが、失点場面で痛めたザガドゥに続き、試合終了間際には相手FWジョレンテとの交錯でGKビュルキが負傷するアクシデントに見舞われ、今季初出場のヴァイデンフェラーの投入を余儀なくされる、苦しい展開に。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、またしても今季CL初勝利を逃したドルトムントのグループステージ敗退が決定。最終節はヨーロッパリーグ出場を懸けてレアル・マドリー相手の勝利を目指す。なお、アーセナルとのダービー敗戦をきっちり払拭したトッテナムは、最終節を残して首位通過も確定させた。 2017.11.22 07:20 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース