レーティング: ドルトムント 1-3 バイエルン《ブンデスリーガ》2017.11.05 04:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第11節、ドルトムントvsバイエルンが4日に行われ、1-3でバイエルンが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は68分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
前半にレヴァンドフスキとの一対一を2本止めたが、3失点

DF
5 バルトラ 6.0
コマンの対応に集中。パパスタソプーロス負傷後はセンターバックでプレーし最後に一矢報いた

25 パパスタソプーロス 5.5
ハードにプレーしていたが、負傷により前半で交代

(→トルヤン 5.0)
守備に忙殺

36 トプラク 5.5
インターセプトを狙うなど積極的な守備を見せるもレヴァンドフスキを止められず

29 シュメルツァー 5.0
ロッベンとハメス・ロドリゲスにうまく対応できず

MF
9 ヤルモレンコ 5.0
2つあった決定機のうち1つを決めたかった

(→サンチョ -)

27 カストロ 6.0
献身的な守備を見せ、攻撃にも関与

33 ヴァイグル 5.0
2失点目に絡む。守備に追われた

22 プリシッチ 5.5
単騎突破で何度か打開を図った

FW
17 オーバメヤン 5.0
ジューレとフンメルスにスピードを消された

23 香川真司 5.5
前半はバイタルエリアで良いアクセントになっていたが、後半は消えた

(→ゲッツェ 5.0)
特別、効果的なプレーはなかった

監督
ボス 5.5
システムを変えて序盤は機能したが、ビハインドを負ってから厳しかった

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 6.5
ヤルモレンコとの一対一を2本止める

DF
32 キミッヒ 6.0
2点目をアシスト。攻守にそつなし

4 ジューレ 6.0
オーバメヤンのスピードを消した

5 フンメルス 6.0
危なげない対応を続けた

27 アラバ 6.0
ヤルモレンコの対応に集中しつつ、3点目をマーク

(→ラフィーニャ -)

MF
11 ハメス・ロドリゲス 6.0
先制点アシスト。キープ力でチームを助けた

(→ビダル -)

8 ハビ・マルティネス 5.5
前半は香川にやや自由を与えたが、後半に修正

(→ルディ -)

6 チアゴ 6.0
先制点を演出。ゲームを作った

FW
10 ロッベン 7.0
先制点を挙げ、2点目に絡む

9 レヴァンドフスキ 6.5
2点目を決め、3点目に絡んだ

29 コマン 5.5
目立った突破はなかった

監督
ハインケス 6.5
快勝で首位キープ。格の違いを示した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ロッベン(バイエルン)
▽先制点をもたらし、2点目を演出。決定的な仕事をこなした。

ドルトムント 1-3 バイエルン
【ドルトムント】
バルトラ(後43)
【バイエルン】
ロッベン(前17)
レヴァンドフスキ(前37)
アラバ(後22)

コメント

関連ニュース

thumb

チアゴ重傷、ロッベン軽傷…指揮官がCLアンデルレヒト戦で負傷の2名について見解

▽バイエルンのスペイン代表MFチアゴが長期離脱となるようだ。ユップ・ハインケス監督が試合後に明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽チアゴは22日に行われたチャンピオンズリーグ第5節のアンデルレヒト戦に先発出場。しかし、44分にMFハメス・ロドリゲスと途中交代していた。 ▽ハインケス監督はアンデルレヒト戦後にチアゴの負傷状況についてコメント。「かなり高い確率で深刻な太ももの筋肉のケガを負っただろう」と明かした。 ▽また、負傷離脱から復帰したばかりながら、チアゴと同様に先発出場し後半開始早々の48分に途中交代したMFアリエン・ロッベンについてもコメント。こちらは、重傷ではないようだ。 「私は悪いものではないと思う。軽い筋肉の負傷だろう」 2017.11.23 10:21 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGが大量7ゴールでセルティックを粉砕! バイエルンはトリッソの1G1Aでアンデルレヒトを撃破!!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループB第5節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsセルティックが22日にパルク・デ・プランスで行われ、7-1でPSGが勝利した。 ▽4連勝でグループステージ突破を決めた首位のPSG(勝ち点12)が、今節の結果次第でグループステージ敗退の決まる3位セルティック(勝ち点3)をホームに迎えた一戦。最終節に行われるバイエルンとの首位通過を懸けたアウェイ戦を前に余裕を持って臨むためにも勝利が欲しいPSGは、直近のリーグ・アン第13節のナント戦からスタメンを3人変更。パストーレやディ・マリア、ユーリがベンチスタートとなり、ムバッペやドラクスラー、クルザワがスタメンで起用された。 ▽試合は開始早々の1分に動く。右CK を獲得したセルティックは、エンチャムがグラウンダーのボールを供給すると、これに反応したボックス内のM・デンベレがダイレクトシュート。これがブロックに入ったカバーニにディフレクトすると、そのままゴール左に突き刺さった。 ▽先制を許したPSGだが、すぐに反撃に転じる。すると9分、中盤でボールを奪取したラビオのパスをボックス左で受けたネイマールが、縦に切り込み左足でシュート。これがゴール右サイドネットに吸い込まれ、試合は振り出しに戻った。 ▽セルティックは14分、足を痛めたルスティグがニール・ビトンと負傷交代するアクシデントに見舞われる。対するPSGは、徐々に攻勢を強めると22分に追加点。ヴェラッティとのワンツーでボックス内に侵入したネイマールがゴール左に持ち上がり左足でゴールネットを揺らした。 ▽逆転に成功したPSGは29分にも、ダニエウ・アウベスの右クロスをゴール左に走り込んだネイマールが右肩で折り返すと、最後はゴール前のカバーニが押し込み、3点目。さらに36分、ネイマールの右FKをボックス内でマルキーニョスが落とすと、ボックス右でフリーのムバッペがシュート。これが相手DFに当たるもゴール左に突き刺さった。 ▽後半に入っても主導権を握るPSGは、75分に追加点。右サイドをドリブルで持ち上がったムバッペがボックス右深くから折り返すと、相手DFのクリアしたこぼれ球をボックス内のヴェラッティがダイレクトシュート。これがゴール左に吸い込まれた。 ▽リードを広げるも攻撃の手を緩めないPSGは、79分にカバーニがゴールネットを揺らすと、直後の80分にもダニエウ・アウベスがミドルシュートを沈め、7点目。その後も、危なげない試合運びでゲームをクローズしたPSGが、7-1と圧勝。全勝をキープしたPSGが余裕を持ってバイエルンとの首位攻防戦に臨む形となった。 ▽また、同時刻に行われていた同グループのもう一試合、アンデルレヒトvsバイエルンは1-2でバイエルンが勝利した。試合はゴールレスで迎えた後半に動く。51分、ロングボールを右サイドのトリッソが頭で繋ぐと、これを受けたハメス・ロドリゲスがボックス手前まで持ち上がり、ボックス右へパス。これを駆け上がったトリッソがダイレクトで折り返すと、フリーのレヴァンドフスキがゴールに流し込んだ。 ▽先制したバイエルンは、63分にアンデルレヒトに1点を返されるも、77分に勝ち越す。右サイドを突破したキミッヒのクロスをトリッソが頭で流し込んだ。結局、このゴールが決勝点となり、バイエルンが勝利。この結果、勝ち点を「12」に伸ばしたバイエルンが首位通過に望みを残している。 2017.11.23 07:13 Thu
twitterfacebook
thumb

シャビ・アロンソ、復活バイエルンの変貌ぶりに言及…「短時間ですべてが急進的に変わった」

昨季限りでスパイクを脱いだ元スペイン代表MFのシャビ・アロンソは、古巣バイエルンが見せる変貌ぶりに強いインパクトを受けたようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』で語っている。<br><br>2014年から3シーズン過ごしたバイエルンで、X・アロンソはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督、そしてカルロ・アンチェロッティ前監督の下で計117試合に出場。インタビューでは、9月末の監督交代以降公式戦8連勝を記録するなど圧倒的な強さを見せるバイエルンについて話した。<br><br>「ユップ・ハインケスが来てから、非常に短い時間で、すべてが急進的に変わった。(見ていて)まるで新しい空気を感じ取れるし、選手たちの表情からもそれを読み取れる。チーム全体が一丸となっているんだ」<br><br>バイエルンもほかのビッグクラブと同様に新戦力に巨額を投じる必要性があるかと問われると、否定的な意見を述べている。<br><br>「このクラブは明白な哲学を持っており、それを何年も前から一貫して遂行してきた。だからこそバイエルンは世界のビッグクラブの一つなんだ。カール=ハインツ・ルンメニゲ(CEO)はそう簡単にその道を離れることはないし、急な事態に焦ることもない。なので、バイエルンは状況を分析し、正しい答えに至ることを確信しているよ」<br><br>最近ではアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンへの関心が報じられるバイエルン。X・アロンソにとっては、古巣の補強政策からして、その移籍が実現する可能性は低いようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 22:14 Wed
twitterfacebook
thumb

“成功者”ペップの凄さって何? ロナウジーニョ「彼はどこに行っても…」

▽バルセロナで一時代を築いた元ブラジル代表FWロナウジーニョが同クラブ時代の恩師を語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽恩師とは、現在マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督だ。バルセロナ時代に14個のトロフィーをもたらしたグアルディオラ監督は、その後にバイエルンでも計7個のタイトルを獲得した後、2016年夏からシティへ。就任初年度の昨シーズンこそ無冠に終わったものの、今シーズンは首位を走るプレミアリーグを含め、タイトル獲得に期待が集まる戦いを演じている。 ▽かつてグアルディオラ監督のバルセロナ監督就任に伴い、出番を失い、ミランに活躍の場を求めることを余儀なくされたロナウジーニョ。しかし、ブラジルの天才は、そのグアルディオラ監督について問われると、次のように手腕を称賛している。 「彼は選手時代からテクニカルなマインドで既にプレーしていた。だから、監督になっても、そのスタイルは変わらないね。彼は、深いフットボール知識の持ち主なんだよ」 「彼がどこに行ったとしても、そこらへんにいる普通の監督以上のことを理解していて、ピッチ上での感覚をより知っているんだ」 2017.11.21 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、グリーズマンに“3度目の正直"なるか…SDは含み持たせる

バイエルンにとってアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、現実的に選択肢となっているようだ。<br><br>ドイツ『スカイ』が先日、バイエルンが契約解除金1億ユーロ(約132億円)を支払い、グリーズマン獲得に動く準備があると伝えた。過去にバイエルンは2度グリーズマンの獲得に乗り出したが、当時の強化部長であったミヒャエル・レシュケ(現シュトゥットガルト)が大金を支払うことを拒み、移籍は実現しなかった。<br><br>バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブへの移籍がうわさされるグリーズマン。現バイエルンのSD(スポーツディレクター)であるハサン・サリハミジッチは3度目の動きについて「まだない」としながらも、「考える時間はたっぷりある」と含みを持たしている。<br><br>なお、グリーズマンは今シーズン不調に陥り、わずか3ゴールにとどまっている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.19 22:10 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース