レーティング: ドルトムント 1-3 バイエルン《ブンデスリーガ》2017.11.05 04:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第11節、ドルトムントvsバイエルンが4日に行われ、1-3でバイエルンが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は68分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
前半にレヴァンドフスキとの一対一を2本止めたが、3失点

DF
5 バルトラ 6.0
コマンの対応に集中。パパスタソプーロス負傷後はセンターバックでプレーし最後に一矢報いた

25 パパスタソプーロス 5.5
ハードにプレーしていたが、負傷により前半で交代

(→トルヤン 5.0)
守備に忙殺

36 トプラク 5.5
インターセプトを狙うなど積極的な守備を見せるもレヴァンドフスキを止められず

29 シュメルツァー 5.0
ロッベンとハメス・ロドリゲスにうまく対応できず

MF
9 ヤルモレンコ 5.0
2つあった決定機のうち1つを決めたかった

(→サンチョ -)

27 カストロ 6.0
献身的な守備を見せ、攻撃にも関与

33 ヴァイグル 5.0
2失点目に絡む。守備に追われた

22 プリシッチ 5.5
単騎突破で何度か打開を図った

FW
17 オーバメヤン 5.0
ジューレとフンメルスにスピードを消された

23 香川真司 5.5
前半はバイタルエリアで良いアクセントになっていたが、後半は消えた

(→ゲッツェ 5.0)
特別、効果的なプレーはなかった

監督
ボス 5.5
システムを変えて序盤は機能したが、ビハインドを負ってから厳しかった

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 6.5
ヤルモレンコとの一対一を2本止める

DF
32 キミッヒ 6.0
2点目をアシスト。攻守にそつなし

4 ジューレ 6.0
オーバメヤンのスピードを消した

5 フンメルス 6.0
危なげない対応を続けた

27 アラバ 6.0
ヤルモレンコの対応に集中しつつ、3点目をマーク

(→ラフィーニャ -)

MF
11 ハメス・ロドリゲス 6.0
先制点アシスト。キープ力でチームを助けた

(→ビダル -)

8 ハビ・マルティネス 5.5
前半は香川にやや自由を与えたが、後半に修正

(→ルディ -)

6 チアゴ 6.0
先制点を演出。ゲームを作った

FW
10 ロッベン 7.0
先制点を挙げ、2点目に絡む

9 レヴァンドフスキ 6.5
2点目を決め、3点目に絡んだ

29 コマン 5.5
目立った突破はなかった

監督
ハインケス 6.5
快勝で首位キープ。格の違いを示した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ロッベン(バイエルン)
▽先制点をもたらし、2点目を演出。決定的な仕事をこなした。

ドルトムント 1-3 バイエルン
【ドルトムント】
バルトラ(後43)
【バイエルン】
ロッベン(前17)
レヴァンドフスキ(前37)
アラバ(後22)

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、公式戦の連勝が14でストップ…ハインケス監督は選手を責めず

バイエルンを率いるユップ・ハインケス監督は、公式戦15連勝達成を逃したが、対戦相手を称賛している。<br><br>バイエルンは24日、ブンデスリーガ第24節でヘルタ・ベルリンと対戦。公式戦14連勝と波に乗るバイエルンだったが、ホームでゴールを挙げることはできずスコアレスドローに終わった。それでも、ハインケス監督は「チームはいい姿勢を見せてくれた」と褒め称えている。<br><br>「我々は前半、多くのチャンスを作り出したが、活かすことができなかったね。それからは相手のクレバーな守備を前に難しくなってしまった。1ポイントという結果だが、チームを責めることはできない。多くのチャンスを逃し、珍しい日となったが、こういうときもある」<br><br>また、ロベルト・レヴァンドフスキはホームゲームで11試合連続得点をマークしていたが、その記録もストップ。同時にブンデスリーガ通算250試合出場となったものの、勝利で華を添えることはできなかった。<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンの連勝が10でストップ、レヴァンドフスキのホーム戦連続ゴール記録も11試合でストップ《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは24日、ブンデスリーガ第24節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を終了間際のPK弾で競り勝って10連勝とした首位バイエルン(勝ち点59)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のベシクタシュ戦をミュラーとレヴァンドフスキのドッペルパックなどで5-0と圧勝し、2ndレグを前にベスト8進出を確実なものとした。そのベシクタシュ戦のスタメンから5選手を変更。ロッベンやリベリ、チアゴらが先発となった。 ▽前節5試合ぶりに敗戦した11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点30)に対し、立ち上がりからハーフコートゲームを展開したバイエルンは、13分にチアゴがミドルシュートで牽制。そして18分には決定機。ミュラーのダイレクトスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがシュート。しかし、戻ったDFのブロックに阻まれた。 ▽直後、ダリダのミドルシュートでゴールを脅かされたバイエルンだったが、引き続きハーフコートゲームを展開し、ロッベンとリベリの両翼を起点に打開を図っていく。すると36分、ロッベンのラストパスからボックス内のリベリがシュートに持ち込んだが枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、バイエルンは56分に先制のチャンス。リベリのパスをボックス内で受けたレヴァンドフスキがDFを外してシュート。しかし、GKヤルシュテインのセーブに阻まれた。 ▽なかなか膠着状態を打破できないバイエルンはリベリに代えてコマンを、ミュラーに代えてワグナーを投入し、流れを変えにかかる。 ▽しかし、終盤にかけても人海戦術で守るヘルタ守備陣を攻略するには至らず、ゴールレスのまま終了。バイエルンの連勝が10でストップし、レヴァンドフスキのホーム戦連続ゴール記録も11試合でストップして新記録樹立とはならなかった。 2018.02.25 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ハインケス、代理人交代のレヴァンドフスキの去就に言及「バイエルンは売るクラブではない」

先日、バイエルンに所属するポ-ランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、新しい代理人と契約したことが明らかになった。だが、バイエルンのユップ・ハインケス監督は代理人交代が移籍を意味するとは考えていないようだ。<br><br>レヴァンドフスキはポーランド時代から代理人を務めてきたチェザーリ・クチャルスキ氏、ドイツ市場を担当していたマイク・バーテル氏を解雇し、&ldquo;大物代理人&rdquo;としても知られるピニ・ザハーヴィ氏と新たに契約を結んだ模様。これにより、以前からレアル・マドリー加入を望む同選手をめぐる移籍報道が再浮上している。<br><br>そして23日、ハインケス監督がバイエルンの会見に臨むと、やはりこの件についての質問が飛んだ。だが同監督は、この騒動に動じていない様子。「どんな理由であろうと選手たちには代理人を代える権利があり、私はそれに関して判断を下すことはできない」と述べた上で「ただ、現時点においてそれは何の意味も示さないだろう」と強調した。<br><br>ハインケス監督は、次のように言葉を続けている。<br><br>「責任者たちを知る限り、バイエルンは選手たちを売るクラブではなく、トッププレーヤーたちを維持するクラブ。(維持することを希望するだけではなく)実際にそうしている。移籍する可能性があるなんて、まったく想像できないね」<br><br>バイエルンと2021年まで契約を残しているレヴァンドフスキ。指揮官の見解によると、クラブが絶対的なエースを手放すことはないようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.02.24 23:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ロッベンとは異なるバイエルンの思惑…背番号10のスーパーサブ化を計画か

バイエルンの元オランダ代表アタッカー、アリエン・ロッベンは残留を望んでいるようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。<br><br>ロッベンとバイエルンの契約は今シーズン終了まで。ロッベンは契約延長のオファーがない場合には、中国やアメリカへ行く可能性があることも示唆した。しかし、あくまでも第一希望は残留であることを明言している。<br><br>『ビルト』はロッベンがフィットさえしていれば、バイエルンの大きな戦力になると分析。21日に行われたチャンピオンズリーグラウンド16のベジクタシュ戦では先発を外れ、不満をにじませたが、出場してからはまずまずのパフォーマンスを披露し、健在であることを見せつけた。また、背番号10はファンからも大きな愛情が注がれている。<br><br>一方で、バイエルンの思惑は異なる。クラブはメンバーの活性化を望んでおり、年俸1000万ユーロ(約13億円)のロッベンに対し、ベンチに置いてのスーパーサブ化を求めている。無論、ベンチに置かれた際のロッベンのリアクションは前述の通りで、この条件を飲む可能性は低い。バイエルンでのプレーが見られるのは今シーズン限りとなってしまうのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.23 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの去就に大きな動き! 剛腕代理人ザハビ氏と契約

▽来夏以降、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)の去就に大きな動きが出てきそうだ。ポーランド屈指のジャーナリスト、マテウシュ・ボレク氏が自身の公式ツイッターを通じて、レヴァンドフスキと剛腕代理人の契約締結を伝えている。 ▽世界最高峰の万能型ストライカーとしてドイツの盟主、バイエルンのエースストライカーに君臨するレヴァンドフスキ。しかし、新たな挑戦を求める同選手にはレアル・マドリーやバルセロナ、パリ・サンジェルマン(PSG)、プレミア方面への移籍の噂が幾度となく浮上している。 ▽そのレヴァンドフスキは、これまでポーランド人代理人チェザリー・クシャルスキ氏と10年間に渡って契約を結んでいたが、このたびその契約を解消した模様。そして、新たな代理人として選んだのが、ジョルジュ・メンデス氏やミーノ・ライオラ氏と並ぶスーパーエージェントと評されるイスラエルの剛腕代理人ピニ・ザハビ氏のようだ。 ▽現在、73歳のザハビ氏は代理人になる以前にジャーナリストとして活躍し、その際に幅広い人脈を手にした。代理人業をスタートした同氏は、ジャーナリスト時代に親交を温めていたアレックス・ファーガソン氏らプレミアリーグの名立たる監督たちとのコネクションを生かしてDFリオ・ファーディナンドやMFフアン・セバスティアン・ベロン、DFヤープ・スタムなどの大物選手の移籍を実現。 ▽さらに、ロマン・アブラモビッチ氏によるチェルシー買収に尽力した同氏は、FWディディエ・ドログバやGKペトル・チェフ、MFマイケル・エッシェンなどの移籍にも絡んでいた。 ▽その一方で、現在も代理人を務めるFWカルロス・テベスやMFハビエル・マスチェラーノの物議を醸したウェストハム移籍などきな臭い取引にも関わっており、近年は一線から退いていた。 ▽だが、ここ最近に入って再び動き始めた代理人界の巨人は、FWネイマールのバルセロナからPSGへのオペレーションにおいて中心的な役割を果たしており、この取引を通じて3500万ユーロ(約46億円)を手にしたとの報道も出ていた。 ▽なお、レヴァンドフスキとザハビ氏の契約締結を受けて、新天地の有力候補には前述のPSGとバルセロナの名前が挙がっている。PSGはFWエディソン・カバーニに代わる新たなエースストライカー、バルセロナはFWアントワーヌ・グリーズマンからのターゲット変更で同選手の獲得を目指す見込みだ。 2018.02.23 00:05 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース