レーティング: ドルトムント 1-3 バイエルン《ブンデスリーガ》2017.11.05 04:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第11節、ドルトムントvsバイエルンが4日に行われ、1-3でバイエルンが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は68分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
前半にレヴァンドフスキとの一対一を2本止めたが、3失点

DF
5 バルトラ 6.0
コマンの対応に集中。パパスタソプーロス負傷後はセンターバックでプレーし最後に一矢報いた

25 パパスタソプーロス 5.5
ハードにプレーしていたが、負傷により前半で交代

(→トルヤン 5.0)
守備に忙殺

36 トプラク 5.5
インターセプトを狙うなど積極的な守備を見せるもレヴァンドフスキを止められず

29 シュメルツァー 5.0
ロッベンとハメス・ロドリゲスにうまく対応できず

MF
9 ヤルモレンコ 5.0
2つあった決定機のうち1つを決めたかった

(→サンチョ -)

27 カストロ 6.0
献身的な守備を見せ、攻撃にも関与

33 ヴァイグル 5.0
2失点目に絡む。守備に追われた

22 プリシッチ 5.5
単騎突破で何度か打開を図った

FW
17 オーバメヤン 5.0
ジューレとフンメルスにスピードを消された

23 香川真司 5.5
前半はバイタルエリアで良いアクセントになっていたが、後半は消えた

(→ゲッツェ 5.0)
特別、効果的なプレーはなかった

監督
ボス 5.5
システムを変えて序盤は機能したが、ビハインドを負ってから厳しかった

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 6.5
ヤルモレンコとの一対一を2本止める

DF
32 キミッヒ 6.0
2点目をアシスト。攻守にそつなし

4 ジューレ 6.0
オーバメヤンのスピードを消した

5 フンメルス 6.0
危なげない対応を続けた

27 アラバ 6.0
ヤルモレンコの対応に集中しつつ、3点目をマーク

(→ラフィーニャ -)

MF
11 ハメス・ロドリゲス 6.0
先制点アシスト。キープ力でチームを助けた

(→ビダル -)

8 ハビ・マルティネス 5.5
前半は香川にやや自由を与えたが、後半に修正

(→ルディ -)

6 チアゴ 6.0
先制点を演出。ゲームを作った

FW
10 ロッベン 7.0
先制点を挙げ、2点目に絡む

9 レヴァンドフスキ 6.5
2点目を決め、3点目に絡んだ

29 コマン 5.5
目立った突破はなかった

監督
ハインケス 6.5
快勝で首位キープ。格の違いを示した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ロッベン(バイエルン)
▽先制点をもたらし、2点目を演出。決定的な仕事をこなした。

ドルトムント 1-3 バイエルン
【ドルトムント】
バルトラ(後43)
【バイエルン】
ロッベン(前17)
レヴァンドフスキ(前37)
アラバ(後22)

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンOBのブライトナー氏、“怒りの会見”に失望「落胆している。想像できなかった」

元ドイツ代表MFのパウル・ブライトナー氏は、古巣のバイエルン・ミュンヘンに大きな失望感を抱いているようだ。ドイツ『バイリシャー・ルンドフンク』の番組で、クラブが先日開いた &ldquo;怒りの会見&rdquo;について苦言を呈している。<br><br>バイエルンは19日、カール=ハインツ・ルンメニゲCEO(最高経営責任者)、ウリ・ヘーネス会長、ハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)が登壇する異例の記者会見を実施。ルンメニゲCEOはドイツメディアの一部、コメンテーターを務める元選手などによる批判を「敬意を欠く、見当違いな報道」とし、今後はそれらに対して法的処置を講じる可能性を示唆した。<br><br>同CEOがドイツ基本法で定められる「人間の尊厳の尊重」を引き合いに出していたが、その一方でヘーネス会長は元バイエルン選手のDFフアン・ベルナト(現パリ・サンジェルマン所属)について「昨季のセビージャ戦では彼のせいで敗退しそうになった。そのときに売り払うことを決めた」「彼はクソのようなプレーをした」と痛烈な批判を口に。この会長の発言が、大きな波紋を呼んでいる。<br><br>ブライトナー氏も、ヘーネス会長の発言に黙っていられなかったようだ。1970年代にバイエルンの黄金時代を築いたチームの1人であり、レアル・マドリーでも活躍した同氏は『バイリシャー・ルンドフンク』で次のように語っている。<br><br>「依然として落胆している。48年間バイエルンとともに過ごし、クラブに関わってきたものとして、このクラブがこのように身をさらし、弱々しさを見せるとは想像できなかった」<br><br>「カール=ハインツはしっかりと準備していた様子で臨み、基本法も引き合いに出している。だが、その10分後に隣に座っていた者がその基本法を踏みにじったんだ」<br><br>ドイツメディアでは「&ldquo;FCハリウッド&rdquo;の再来」などと伝えられるこの会見。バイエルンのOBもその意図に理解を示さなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 02:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ロッベン退場のバイエルン、レヴァンドフスキのドッペルパックでリーグ戦4試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは20日、ブンデスリーガ第8節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 ▽前節ボルシアMG戦をホームで0-3の完敗を喫してまさかのリーグ戦2連敗となった6位バイエルン(勝ち点13)は、コバチ監督の首が怪しくなってきている中、レヴァンドフスキやロッベン、ハメス・ロドリゲスらが先発となった。 ▽開幕2連勝以降5試合勝利のない9位ヴォルフスブルク(勝ち点9)に対し、[4-3-3]を採用したバイエルンは、3トップに右からロッベン、レヴァンドフスキ、ニャブリと並べ、中盤アンカーにハビ・マルティネス、インサイドにハメス・ロドリゲスとチアゴを配した。 ▽そのバイエルンがポゼッションする流れとなると、12分にレヴァンドフスキが直接FKでGKを強襲。さらに22分、オーバーラップしたキミッヒが枠内シュートを浴びせた。 ▽続く25分、ロッベンのコントロールシュートでGKを強襲したバイエルンは、30分に均衡を破る。フンメルスのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがボックス左からGKとの一対一を制して先制した。 ▽32分にもボックス右からハメス・ロドリゲスが決定的なシュートを浴びせたバイエルンが1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半開始3分、相手のバックパスをボックス内でカットしたレヴァンドフスキが追加点を奪ったバイエルンだったが、57分にロッベンが2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまう。 ▽そして63分、ボックス右のスペースをメーメディに突かれて折り返され、ヴェグホルストに押し込まれて1点差に詰め寄られてしまう。 ▽暗雲が垂れ込めたバイエルンだったが、72分に勝負を決定付けた。レヴァンドフスキのパスをボックス右で受けたハメス・ロドリゲスが確実にゴール左へ決めて3-1と突き放した。 ▽このまま3-1でバイエルンが勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を飾っている。 2018.10.21 00:51 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第8節プレビュー】長谷部vs宇佐美の日本人対決、不振バイエルン公式戦5試合ぶり勝利なるか

▽代表ウィーク前に行われた前節、不振バイエルンがホームでボルシアMGに完敗し、公式戦4試合勝利から見放されることとなった。一方、首位ドルトムントがアウグスブルクとの壮絶な打ち合いを制している。迎える第8節、長谷部フランクフルトvs宇佐美デュッセルドルフの日本人対決が開催される。 ▽前節ホッフェンハイム戦では劣勢ながら長谷部を軸とした守備陣の奮闘もあって2-1と勝利したフランクフルト(勝ち点10)。これで公式戦3連勝としたチームは、7位に浮上している。3バックの中央で起用されている長谷部の安定感あるプレーで浮上している中、リーグ戦での連勝を3に伸ばせるか。 ▽一方、宇佐美が途中出場した前節シャルケ戦では0-2と完敗して3連敗となったデュッセルドルフ(勝ち点5)。17位と低迷する中、ここ3試合チーム共々インパクトを残せていない宇佐美は浮上のキッカケとなれるか。 ▽難敵ボルシアMGにホームでまさかの完敗を喫したバイエルン(勝ち点13)は、6位に後退している。攻守両面で多くの問題を抱え、コバチ監督の首が怪しくなってきている中、開幕2連勝以降5試合勝利のない9位ヴォルフスブルク(勝ち点9)を下して負の流れを断ち切れるか。 ▽レバークーゼン戦に続き、まずい試合運びを見せながらも途中出場アルカセルの圧巻のハットトリックでアウグスブルクを4-3と撃破して首位をキープしたドルトムント(勝ち点17)は、シュツットガルトとのアウェイ戦に臨む。何はともあれ結果が出ているチームは、水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、今季1勝と苦戦が続く最下位シュツットガルト(勝ち点5)を下して首位固めとなるか。 ▽ヴォルフスブルクに2-0と快勝した4位ブレーメン(勝ち点14)は、シャルケとのアウェイ戦に臨む。代表戦では2試合に先発してウルグイア戦でゴールを決めた大迫は、ブレーメンでもゴールを決められるか。 ▽代表ウィーク前の前節シュツットガルト戦では浅野の負傷を受けて3試合ぶりに出場した原口がダメ押しとなるチーム3点目をアシストして連敗を4で止めることに貢献した。その16位ハノーファー(勝ち点5)は14位レバークーゼン(勝ち点7)とのアウェイ戦に臨む。代表戦で原口は2試合に出場したが、なかなか浮上のキッカケを見いだせないレバークーゼン相手に引き続き目に見える結果を残せるか。 ▽最後に久保が先発復帰しながらも、前節ライプツィヒ戦では0-6と惨敗した12位ニュルンベルク(勝ち点8)は、13位ホッフェンハイム(勝ち点7)とのホーム戦に臨む。ライプツィヒ戦ではチーム共々見せ場を作れなかった久保だが、引き続き格上の相手に対して前節の大敗を払しょくするような活躍を見せられるか。 ◆ブンデスリーガ第8節 ▽10/19(金) 《27:30》 フランクフルト vs デュッセルドルフ ▽10/20(土) 《22:30》 シュツットガルト vs ドルトムント ヴォルフスブルク vs バイエルン アウグスブルク vs ライプツィヒ ニュルンベルク vs ホッフェンハイム レバークーゼン vs ハノーファー 《25:30》 シャルケ vs ブレーメン ▽10/21(日) 《22:30》 ヘルタ・ベルリン vs フライブルク 《25:00》 ボルシアMG vs マインツ 2018.10.19 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ビダル、昨年の暴行事件で1億円の罰金

▽バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルに、ミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられた。スペイン『El Observador』が伝えている。 ▽事件は昨年9月、当時バイエルンに所属していたビダルはクラウンズクラブというナイトクラブで兄弟のサンドリノと義父も巻き込んだ乱闘を起こし、ビダルはウォッカ瓶で相手の頭を殴った容疑がかけられていた。 ▽今年5月に暴行罪で告訴されていたビダル。今回伝えられるところによると、同選手はミュンヘン裁判所から80万ユーロ(約1億円)の罰金が科せられたようだ。サンドリノと義父にもそれぞれ1万7000ユーロ(約220万円)、3万5000ユーロ(約450万円)の罰金が科せられるという。 ▽元々、ビダル一家には10年間の禁固刑が求刑されていたが、最終的に多額の賠償金を支払うに至ったようだ。 2018.10.18 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

バルデラマ氏、ハメスの去就を予想「マドリーに戻ることはないだろう」

コロンビアのレジェンド、カルロス・バルデラマはハメス・ロドリゲスが再びレアル・マドリーでプレーすることはないと考えているようだ。『ESPN』が報じている。<br><br>ハメスは現在、2年のローンでバイエルンに加入中。買い取りオプションもあると伝えられているが、去就はいまだ未定だ。しかし。バルデラマ氏はハメスがマドリーに戻ることはないと考えているようだ。<br><br>「ハメスはバイエルンで幸せそうだ。マドリーに戻ることはないだろう。ハメスはマドリーでの初年度、カルロ・アンチェロッティの元で素晴らしい活躍をした。しかし、その後に起こったことは不可思議だった。コロンビアでは理解されていないよ」<br><br>ハメスは昨シーズン、バイエルンで37試合に出場して8ゴールを記録。ブンデスリーガ6連覇に貢献した。ビッグマッチでも輝きを放ったハメスだが、今後もバイエルンでキャリアを重ねることになるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.18 17:15 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース