レーティング: ドルトムント 1-3 バイエルン《ブンデスリーガ》2017.11.05 04:28 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第11節、ドルトムントvsバイエルンが4日に行われ、1-3でバイエルンが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は68分までプレーしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ドルトムント採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
38 ビュルキ 5.5
前半にレヴァンドフスキとの一対一を2本止めたが、3失点

DF
5 バルトラ 6.0
コマンの対応に集中。パパスタソプーロス負傷後はセンターバックでプレーし最後に一矢報いた

25 パパスタソプーロス 5.5
ハードにプレーしていたが、負傷により前半で交代

(→トルヤン 5.0)
守備に忙殺

36 トプラク 5.5
インターセプトを狙うなど積極的な守備を見せるもレヴァンドフスキを止められず

29 シュメルツァー 5.0
ロッベンとハメス・ロドリゲスにうまく対応できず

MF
9 ヤルモレンコ 5.0
2つあった決定機のうち1つを決めたかった

(→サンチョ -)

27 カストロ 6.0
献身的な守備を見せ、攻撃にも関与

33 ヴァイグル 5.0
2失点目に絡む。守備に追われた

22 プリシッチ 5.5
単騎突破で何度か打開を図った

FW
17 オーバメヤン 5.0
ジューレとフンメルスにスピードを消された

23 香川真司 5.5
前半はバイタルエリアで良いアクセントになっていたが、後半は消えた

(→ゲッツェ 5.0)
特別、効果的なプレーはなかった

監督
ボス 5.5
システムを変えて序盤は機能したが、ビハインドを負ってから厳しかった

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
26 ウルライヒ 6.5
ヤルモレンコとの一対一を2本止める

DF
32 キミッヒ 6.0
2点目をアシスト。攻守にそつなし

4 ジューレ 6.0
オーバメヤンのスピードを消した

5 フンメルス 6.0
危なげない対応を続けた

27 アラバ 6.0
ヤルモレンコの対応に集中しつつ、3点目をマーク

(→ラフィーニャ -)

MF
11 ハメス・ロドリゲス 6.0
先制点アシスト。キープ力でチームを助けた

(→ビダル -)

8 ハビ・マルティネス 5.5
前半は香川にやや自由を与えたが、後半に修正

(→ルディ -)

6 チアゴ 6.0
先制点を演出。ゲームを作った

FW
10 ロッベン 7.0
先制点を挙げ、2点目に絡む

9 レヴァンドフスキ 6.5
2点目を決め、3点目に絡んだ

29 コマン 5.5
目立った突破はなかった

監督
ハインケス 6.5
快勝で首位キープ。格の違いを示した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ロッベン(バイエルン)
▽先制点をもたらし、2点目を演出。決定的な仕事をこなした。

ドルトムント 1-3 バイエルン
【ドルトムント】
バルトラ(後43)
【バイエルン】
ロッベン(前17)
レヴァンドフスキ(前37)
アラバ(後22)

コメント

関連ニュース

thumb

ミュラー&レヴァンドフスキがドッペルパック! バイエルンが逆転勝利で6連勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは21日、ブンデスリーガ第19節でブレーメンをホームに迎え、4-2で勝利した。 ▽2018年初戦となった前節レバークーゼン戦を3-1と勝利して5連勝とし、暫定2位のレバークーゼンに13ポイント差を付けている首位バイエルン(勝ち点44)は、レバークーゼン戦をコンディション不良により欠場したレヴァンドフスキとキミッヒがスタメンに戻った。 ▽降格圏の17位ハンブルガーSVと1ポイント差の16位ブレーメン(勝ち点16)に対し、[4-3-3]の布陣で臨んだバイエルンは、右ウイングにロッベン、左ウイングにリベリ、右インサイドにミュラー、左インサイドにハメス・ロドリゲス、中盤アンカーにハビ・マルティネスを配した。 ▽そのバイエルンが徐々に攻勢を強める流れで立ち上がったが、7分にピンチ。左クロスをクルーゼにヘディングで合わせられたシュートが右ポストを直撃した。 ▽ひやりとしたバイエルンは、12分にリベリがGKを強襲するシュートを浴びせると、ハーフコートゲームを展開。しかし、自陣に引いて集中した守備を見せるブレーメンを崩しきるには至らない。 ▽すると25分、クルーゼのスルーパスに抜け出したボックス右のゴンドルフにシュートを流し込まれ、バイエルンは先制を許してしまう。続く26分にもデラネイにGKウルライヒを強襲されたバイエルンは、リベリを起点に打開を図るも、なかなかシュートに持ち込むことはできない。 ▽そんな中41分、J・ボアテングのロングフィードをボックス左で受けたミュラーが胸トラップからボレーシュートをゴール右に決めてバイエルンが同点に追いついた。 ▽1-1で迎えた後半、バイエルンがボールを持つ流れとなったが、56分にピンチ。ゴンドルフにループシュートでゴールを脅かされた。 ▽直後にレヴァンドフスキのボレーシュートでゴールに迫ったバイエルンは、58分にロッベンとハビ・マルティネスに代えてコマンとビダルを投入。すると61分にはCKの流れからビダルがオンターゲットの強烈なシュートを浴びせるも、GKパブレンカの好守に阻止されてしまう。 ▽それでも63分、バイエルンが逆転に成功する。ハメス・ロドリゲスの左CKからレヴァンドフスキがヘッドでゴールに突き刺した。 ▽続く69分のレヴァンドフスキのヒールシュートをGKパブレンカのファインセーブに阻まれたバイエルンは、74分に失点する。クルーゼの右CKがジューレに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽それでも77分、右サイドからのミュラーのアーリークロスをレヴァンドフスキがヘッドでゴール右に流し込み、バイエルンが再び勝ち越しに成功した。 ▽その後、ユヌゾビッチのミドルシュートをGKウルライヒが好守で凌いだバイエルンは、84分にハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したボックス中央のミュラーがボレーで蹴り込んで勝負を決定付けた。ミュラーとレヴァンドフスキのドッペルパックでブレーメンを退けたバイエルンが6連勝で首位固めに成功している。 2018.01.22 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井の相棒トヴァン、バイエルンらステップアップの噂も「マルセイユで幸せ」

マルセイユに所属するフランス代表ウィンガー、フロリアン・トヴァンが移籍のうわさにつて否定している。フランス『Canal+』が報じた。<br><br>トヴァンは右サイドアタッカーとして右サイドバックの酒井宏樹の相方としても知られる。今シーズンもウィンガーというポジションでありながら、リーグ戦で10ゴールをマークし、アトレティコ・マドリーやバイエルンといったビッグクラブが獲得に興味を示す。<br><br>しかし、トヴァンはマルセイユで幸せであることを主張し、移籍について積極的ではないことを明かした。<br><br>「移籍市場について心配はしていない。僕はマルセイユで幸せだからね。ここまで来るのに難しい時間も過ごしたけど、今の感覚はとてもいい。重要なことはプレーして楽しむことだ。今はそれができているんだよ」<br><br>マルセイユはリーグ・アンで現在暫定2位につけている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.21 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

キミッヒが2017年のドイツ年間最優秀選手賞

▽ドイツサッカー連盟は、バイエルンに所属する同代表MFヨシュア・キミッヒ(22)の2017年度における同国年間最優秀選手賞受賞を発表した。 ▽同賞は、ファンから寄せられた2万以上の投票により選定。マルチロールな働きと正確なプレーが光るキミッヒは、全体で43.5%の票を集めての受賞となる。 ▽なお、次点はパリ・サンジェルマンのMFユリアン・ドラクスラーで37.8%。バルセロナのGKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンが4.7%で3位に入った。 ▽キミッヒはライプツィヒでプロデビュー後、2015年1月にバイエルン入り。今シーズンはここまで公式戦27試合に出場して3ゴール10アシストをマークしている。 2018.01.21 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ハインケス、加入決定のゴレツカを高評価…「ブンデスリーガにとっても良いこと」

バイエルンを率いるユップ・ハインケス監督は、獲得の決まったMFレオン・ゴレツカについて言及している。<br><br>バイエルンは19日、シャルケからドイツ代表MFゴレツカをフリーで獲得したことを発表した。ハインケス監督はブレーメン戦の前日会見に出席し、ゴレツカについてこのように語った。<br><br>「ゴレツカについてはペーター・ヘアマンとよく話していた。シャルケでゴレツカと一緒に働いていたからね。素晴らしい個性の持ち主だと言っていた。それに知的な男でほとんど自分のプレーだけに集中していると言っていた。ブンデスリーガでの試合でも見ているし、コンフェデ杯のような代表チームでの試合でも彼は非常に良いプレーをしていた」<br><br>「ブンデスリーガにとってもドイツ代表の選手がドイツに残ることは良いことだ。イングランドやイタリア、スペインとの競争があった中で、最終的にバイエルンに決めてくれたわけだからね」<br><br>ゴレツカは6月30日からバイエルンへ加わり、来シーズンからミュンヘンでプレーすることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン移籍のゴレツカがシャルケファンへ頼んだ願い「僕の決断を受け入れる必要はないけど…」

バイエルン・ミュンヘンへの移籍が発表されたドイツ代表MFレオン・ゴレツカは、自身のフェイスブックでシャルケファンへメッセージを送った。<br><br>ゴレツカはかねてよりバルセロナやリバプール、バイエルンといったトップクラブへのステップアップへのステップアップが噂されていたが、19日に正式発表。6月30日から4年契約でバイエルンへと加わることが明らかになった。<br><br>移籍金ゼロのフリー移籍に加え、国内のライバルクラブへの移籍のためファンからの反発は小さくない。そこで、ゴレツカは以下のようなメッセージをファンに届けた。<br><br>「皆の失望は理解できる。今はどんな説明も受け入れられないだろう。でもさよならは言いたくないし、後半戦も僕はシャルケの選手だ。皆は僕が常に全力を尽くすとわかっているはずだ。シャルケのCL復帰とポカール優勝に貢献したい。ここ数日間、首脳陣のクレメンス・テンニエス、クリスティアン・ハイデルやドメニコ・テデスコと話した。彼らは特に僕を残したがっていたから、残念がっていたね。ここで過ごした5年はずっと心に残り続けるだろう」<br><br>「皆には一つのことをお願いしたい。僕の決断を受け入れる必要はないけど、チームにとって難しいような状況にはしないでほしい。僕らには達成したい大きな目標があるからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.20 16:42 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース