バイエルンが香川先発ドルトムントとの首位攻防戦を敵地で快勝《ブンデスリーガ》2017.11.05 04:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第11節、ドルトムントvsバイエルンが4日に行われ、1-3でバイエルンが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は68分までプレーしている。

▽前節ハノーファー戦ではザガドゥが退場するなどしてハノーファーに2-4と打ち負け、リーグ戦3試合勝利から見離され、首位陥落となった2位ドルトムント(勝ち点20)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦を圧倒的に攻め込みながらも1-1と引き分けた。CL敗退が濃厚となったドルトムントは、アポエル戦のスタメンから3選手を変更。アポエル戦でアシストを決めた香川が引き続きスタメンとなり、カストロやシュメルツァー、ヤルモレンコが先発に戻った。

▽一方、DFBポカールに続いて10人となったライプツィヒを返り討ちにして首位に浮上したバイエルン(勝ち点23)は、4日前に敵地で行われたCLのセルティック戦を2-1と競り勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる環境を手に入れた中、セルティック戦のスタメンから4選手を変更。負傷により欠場していたレヴァンドフスキが復帰した他、チアゴやフンメルス、キミッヒら主力がスタメンに戻った。

▽香川がオーバメヤンの後方に位置するフラットな[4-4-1-1]で臨んだドルトムントがハイプレスをかける入りを見せた中、バイエルンは後方からボールをつなぎにかかり、序盤は球際の激しい攻防が繰り広げられる。

▽徐々にバイエルンがポゼッションを高めていった中、17分に最初のチャンスをゴールに結びつける。チアゴのフィードをハメス・ロドリゲスが丁寧に落とし、ボックス右のロッベンがコントロールシュート。これがゴール左に決まった。

▽失点後、攻め手を失っていたドルトムントだったが、30分に香川のボール奪取からビッグチャンス。香川がハビ・マルティネスからボールを奪ってショートカウンターに転じると、ボックス右に侵入したヤルモレンコがシュート。GKと一対一だったが、ウルライヒに止められてしまった。さらに32分、ロングカウンターからプリシッチが持ち上がり、ボックス右の香川が切り返しから左足でシュート。しかし、わずかに枠の右に外れる。

▽ところが37分、バイエルンのエースが古巣ドルトムントを奈落の底に突き落とす。キミッヒの右クロスをレヴァンドフスキがヒールで合わせると、対応したヴァイグルの足に当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

▽さらに43分には負傷したパパスタソプーロスがプレー続行不可能となってトルヤンを投入せざるを得なくなったドルトムントは、2点ビハインドのまま前半を終えた。

▽迎えた後半開始3分にもバイエルンに決定機。右サイドのロッベンのクロスをレヴァンドフスキがヘッド。ゴール至近距離からのシュートだったが、GKビュルキのビッグセーブに阻止された。

▽直後の49分にはドルトムントに決定機。ボックス左で仕掛けたプリシッチの折り返しをオーバメヤンが合わせるも、アラバの決死のクリアに阻まれた。

▽オープンな展開となった後半序盤を経て、前半同様にバイエルンがポゼッションを高める展開となると、67分に勝負を決定付ける。左サイドからのアラバのクロスにレヴァンドフスキが合わせにかかると、ボールは右ポスト内側に当たってそのままゴールに吸い込まれた。

▽3失点目を受けて香川に代え、ゲッツェを投入したドルトムントは75分にオーバメヤンがシュートに持ち込むも、GKウルライヒに止められる。結局、アラバが負傷交代するアクシデントがあったバイエルンは、終盤にバルトラに一矢を報いられるも敵地でドルトムントに快勝。首位攻防戦を制し、ドルトムントとのポイント差を6に広げている。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、レギュラーCBアカンジが3週間の離脱

▽ドルトムントは17日、スイス代表DFマヌエル・アカンジが負傷により3週間ほど戦列を離れることを発表した。 ▽スイス代表に合流していたアカンジは臀部を痛め、今回の代表戦2試合をいずれも欠場していた。 ▽今季、バーゼルから加入したセンターバックのアカンジは、今季ここまでのブンデスリーガ7試合、チャンピオンズリーグ(CL)2試合にフル出場するなど、新戦力ながらレギュラーの座を掴み、リーグ戦で首位に立つチームの主軸として活躍している。 ▽ドルトムントは代表ウィーク明け後、ブンデスリーガでシュツットガルト戦、CLでアトレティコ・マドリー戦を控える。 2018.10.18 05:22 Thu
twitterfacebook
thumb

サンチョ争奪戦は古巣シティが大きくリード! 買戻し条項が存在

▽ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)を巡り、プレミアリーグの複数クラブによる争奪戦が来夏に勃発しそうな構えだ。しかし、その争奪戦を大きくリードしているのは古巣マンチェスター・シティのようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽14歳のときにワトフォードからサンチョを引き抜いたシティは、同世代のU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンと同様にトップチーム契約を打診。しかし、すぐにトップチームでのプレー機会を求めたサンチョは昨夏にドルトムントに完全移籍した。 ▽すると、超絶技巧を生かしたドリブルに加え、ラストパスや決定力にも優れる逸材は、左右のウイングを主戦場に昨シーズンはブンデスリーガ戦12試合で1ゴール4アシストを記録。さらに、今季はすでに公式戦10試合に出場し1ゴール9アシストを記録する大ブレイクを果たし、先日のUEFAネーションズリーグのクロアチア代表戦ではイングランドのフル代表デビューまで飾った。 ▽そして、すでに市場価値が1億ポンド(約148億円)に高まっているサンチョにはマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプール、チェルシー、トッテナムといったプレミアリーグのビッグクラブに加え、ユベントスやレアル・マドリーら国外のメガクラブも獲得に関心を示している。 ▽しかし、『MES』が伝えるところによれば、シティはサンチョのブレイクを見越してドルトムントと交渉を行う際に、買戻し条項を契約の中に盛り込んでいたという。そのため、サンチョに古巣復帰の意思さえあれば、シティが買い戻せる可能性が高いようだ。 ▽なお、この買戻し条項に関してはすでに金額が決定しているものではなく、優先交渉権に近いもののようだ。 ▽シティではイングランド代表FWラヒーム・スターリング(23)との契約延長交渉が難航しており、一部ではレアル・マドリー行きの可能性も報じられている。そのため、仮に同選手が流出する事態になれば、即サンチョの買い戻しに動くはずだ。 2018.10.16 15:41 Tue
twitterfacebook
thumb

アルカセル無双…277分間で10発、枠内決定率100%

▽ドルトムントに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルの“ケチャドバ”が止まらない。 ▽今月の代表ウィークでスペイン代表の招集を受けたアルカセルは、15日に行われたUEFAネーションズリーグのイングランド代表戦(2-3でスペインが敗戦)に57分から出場。先のウェールズ代表戦に続く自身2戦連発となる得点を出場からわずか1分後にマークした。 ▽スペイン『マルカ』によれば、今シーズンにおけるアルカセルの所属先と代表を合わせたプレータイム数は277分。試合換算で4試合に満たないプレータイムだが、公式戦10得点(所属先で7得点、代表で3得点)をマークしている。ちなみに、今回の代表戦で計106分間プレーした。 ▽また、『Opta(@OptaJose)』によれば、今シーズンにおけるアルカセルの枠内シュート本数は合計10本。ここまで枠内に飛ばしたシュートを全て得点に繋げていることになる。途中出場が主ながら凄みを増すアルカセルの決定力──。今後も目が離せない。 2018.10.16 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、シティの逸材MFフォーデンに関心 サンチョとコンビ結成へ?

▽ドルトムントが、マンチェスター・シティに所属するU-21イングランド代表MFフィル・フォーデン(18)に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽6歳の頃からシティの下部組織に所属するフォーデンは、昨年のU-17ワールドカップで世代別イングランド代表を優勝に導き、大会MVPを獲得。昨シーズンからはシティのトップチームに昇格し、ジョゼップ・グアルディオラ監督も「特別な選手」と称賛する逸材だ。 ▽この若き才能に対しては、ドルトムントを筆頭としてRBライプツィヒ、パリ・サンジェルマン(PSG)が関心を寄せている。今シーズンのフォーデンは、プレミアリーグ優勝が期待されるシティでここまで公式戦5試合(プレー時間196分)の出場に留まっているが、獲得を狙うクラブはより多くのプレー時間を与えられると考えているようだ。 ▽また、ドルトムントにはフォーデンの友人であるイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)が所属しており、ここまでの公式戦10試合1ゴール9アシストと活躍。実際に若手にチャンスを与えている。 ▽とはいえ、フォーデンはシティのファンでもあり、移籍に関する動向は見受けられていない。その上、新契約締結が近付いていることも報じられている。だが、出場機会の確保は若い選手にとってはより重要なものであり、グアルディオラ監督が度々公言している通り、先発の機会を増加させられるかどうかがポイントとなりそうだ。 2018.10.14 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの若きディフェンスリーダーはユナイテッド移籍を夢見る

▽ドルトムントに所属するスイス代表DFマヌエル・アカンジ(23)はマンチェスター・ユナイテッドでのプレーを夢見ているようだ。同選手がスイス『NZZ』で語った。 ▽今年1月にスイス屈指の名門バーゼルからドルトムントに加入したアカンジは、すぐさまセンターバックのレギュラーに定着。186cmの恵まれたサイズに加え、スピード自慢のアタッカーに走り負けないスピード、高水準の両足のキック精度と20代前半ながら完成度の高いセンターバックだ。 ▽今季はルシアン・ファブレ監督の下でディフェンスリーダーに指名されると、ここまで公式戦10試合に出場。移籍後初ゴールを記録したニュルンベルク戦では試合途中にピッチを退いたドイツ代表MFマルコ・ロイスに代わってアームバンドを巻くなど、新指揮官からの信頼も厚い。 ▽しかし、ドルトムントの若きディフェンスリーダーは将来に関して、いつかユナイテッドでプレーしたいと自身の野望を語っている。 「僕には大きな夢がある。フットボール界でできるだけ高みに到達していきたいんだ。子供の頃からマンチェスター・ユナイテッドはお気に入りのクラブで、いつかあそこでプレーしたいんだ」 「だけど、今のところその夢はすぐにどうこうとしたいものではないんだ。ドルトムントで満足しているし、ここで最高のプレーヤーになろうとしているところだからね」 ▽また、今季ここまでのリーグ戦7試合で1試合平均72本のパスを成功させ、94.5パーセントのパス成功率を誇るアカンジは、かつてドルトムントに在籍し現在バイエルンで活躍するドイツ代表DFマッツ・フンメルスと比較する声も挙がってきている。 ▽そのアカンジはセンターバックとして攻撃面への関与の必要性を語る一方、あくまで自身の役割はチームのゴールを守ることだと主張している。 「監督からの指導を通じて、センターバックも攻撃に関与していくことが必要だと感じているよ。ファブレの下では多くの自由を与えられていて、後ろからゲームを組み立てるという部分で信念を持っているんだ」 「だけど、僕はそれ以上に守備面での責任を負っている。いま、23歳だけど2人のセンターバックの中では僕が年長者だ。昨シーズンは一番若かったけど、今はより責任感を持って以前よりコーチングも意識しているんだ」 2018.10.13 20:53 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース