武藤フル出場のマインツ、VAR判定にも泣いて逃げ切り失敗… ボルシアMGとドロー《ブンデスリーガ》2017.11.05 01:47 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マインツは4日、ブンデスリーガ第11節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。

▽前節フランクフルト戦を1-1と引き分けた13位マインツ(勝ち点11)が、6位ボルシアMG(勝ち点17)のホームに乗り込んだ一戦。

▽フランクフルト戦でアシストを記録したマインツの武藤が[4-5-1]の1トップで3試合連続スタメンとなった。

▽そのマインツが良い入りを見せると、3分にガバミンが、8分にセルダーがそれぞれミドルシュートでボルシアゴールに迫っていく。12分にもセルダー、デ・ブラシスが決定的なミドルシュートを放つも、GKゾンマーに立ちはだかられた。

▽それでも19分、右CKからガバミンが頭で合わせたボールが浮いてルーズとなると、ゴールエリア中央のディアロがGKゾンマーに競り勝ってヘディング。ゴールに押し込み、マインツが先制した。

▽前半半ばを過ぎると、マインツはボルシアMGにチャンスを許す。まずは28分にT・アザールにループシュートを狙われると、続く31分にはバックパスを受けたGKゼントナーがボールを見失ってシュティンドルにゴールを狙われたが、何とかクリアして失点を逃れた。

▽凌いだマインツは39分、右クロスのルーズボールをボックス右で拾ったエツナリが左足コントロールシュートでゴール左に流し込み、追加点かに思われた。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって、その前にセルダーのギンターへのファウルがあったとしてノーゴールとなった。

▽迎えた後半はボルシアMGの一方的な展開となる。すると前半とは一転して守勢に回ったマインツは67分、ついに失点する。右CKからヴェステルゴーアにヘディングシュートを叩き込まれた。

▽失点後も圧倒されたマインツだったが、何とか凌いで1-1でタイムアップ。VAR判定にも泣いて逃げ切りに失敗し、勝ち点1を得るにとどまった。

コメント

関連ニュース

thumb

武藤フル出場のマインツが大迫途中出場のケルンにPK弾で辛勝、ケルンは未勝利続く…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第12節、マインツvsケルンが18日に行われ、1-0でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、ケルンのFW大迫勇也は60分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を劣勢ながらも引き分けに持ち込んだ13位マインツ(勝ち点12)は、代表に選出されなかった武藤が[4-2-3-1]の最前線で4試合連続スタメンとなった。 ▽一方、ホッフェンハイムに完敗して引き続き未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点2)は、ブラジル戦とベルギー戦の2試合に先発したものの見せ場を作れなかった大迫がベンチスタートとなった。 ▽ケルンが積極的な入りを見せた中、13分にマインツにチャンス。ブロシンスキの左サイドからのクロスをマキシムがヘッド。しかし、枠の左に外れてしまった。 ▽その後もケルンがコルドバとギラシーのフィジカルに長けた2トップを起点に押し込む流れとすると、36分に決定機。スルーパスをボックス左で引き出したギラシーが左足でシュート。しかし、枠を捉えきれない。直後にS・ツォラーが負傷しビッテンコートを投入したケルンは、そのビッテンコートにチャンス。39分、ラウシュのミドルシュートのこぼれ球にビッテンコートが詰める。しかし、ここも枠を捉えきれなかった。 ▽すると42分、マインツはロングボールをセーレンセンに競り勝ってマイボールとした武藤からスイッチしたデ・ブラシスがボックス右で仕掛けると、ラウシュに倒されてPKの判定。これをキッカーのブロシンスキがゴール右へ決めてマインツが先制した。 ▽効率的な試合運びで1点をリードして迎えた後半、マインツはラツァの枠内シュートやマキシムのミドルシュートでケルンをけん制していく。 ▽流れを掴めないケルンは60分、エーズカンに代えて大迫を右サイドに投入。すると69分、ルーズボールをペナルティアーク右の大迫がシュート。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽1点のリードを保つマインツは71分、G・ドナーティがビッテンコートへの報復行為で一発レッドカードを受けてしまう。 ▽それでも10人のマインツがケルンの反撃を許さずにシャットアウト。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。一方、敗れたケルンは未だにリーグ戦未勝利が続く苦しい状況が続いている。 2017.11.19 01:36 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第12節プレビュー】浅野vs香川、武藤vs大迫の日本人対決

▽代表ウィーク前に行われた前節ではバイエルンがドルトムントとの天王山を快勝して勝ち点差を6に広げた。早くもバイエルンが独走態勢を築きそうな展開となっているが、迎える第12節は浅野シュツットガルトvs香川ドルトムントと、武藤マインツvsケルン大迫による日本人対決が開催される。 ▽まずは金曜日に開催されるシュツットガルトvsドルトムントから。前節ハンブルガーSVとの日本人対決を10人となったこともあって敗戦した12位シュツットガルト(勝ち点13)。3試合連続先発となった浅野は守備に追われる展開だったため見せ場は作れなかった。代表戦ではブラジル戦で後半から出場してチーム状態を好転させ、ベルギー戦では好機に何度か絡んで見せた。中2日の厳しい日程だが、浅野は先発予想となっている。 ▽一方、前節バイエルンとの天王山を完敗してリーグ戦4試合勝利から見放されているドルトムント(勝ち点20)は、3位に転落した。シーズン序盤の好調なチーム状態から一転、どん底の状況だが、ここで踏みとどまれるか。 代表に呼ばれなかった香川は先発予想となっている。 ▽今節もう一つの日本人対決であるマインツvsケルンは土曜日の23:30にキックオフされる。13位マインツ(勝ち点12)は前節ボルシアMG戦を劣勢ながらも引き分けに持ち込んだ。3試合連続スタメンとなった武藤だったが見せ場を作れなかった。代表に選出されなかった鬱憤を胸にチームを3試合ぶりの勝利に導けるか。 ▽一方、ホッフェンハイムに完敗して引き続き未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点2)。大迫はポスト直撃のミドルシュートを放ったが、ゴールを決めるには至らなかった。代表戦ではブラジル戦とベルギー戦でいずれも先発したが、見せ場は作れなかった。代表での悔しさをぶつけ、ケルン残留のための勝利に繋がるゴールが欲しい。 ▽長谷部がボランチで先発に復帰し、今季5勝目を挙げた7位フランクフルト(勝ち点18)は、5位ホッフェンハイム(勝ち点19)とのアウェイ戦に臨む。代表戦で長谷部はブラジル戦で先発し、ベルギー戦は温存された。万全なコンディションでチームの連勝に貢献したい。ベンチ入りしたものの出場機会のなかった鎌田は代表ウィーク中のテストマッチでゴールを決めるなど結果を出したが、出場機会は訪れるか。 ▽前節シュツットガルト戦で9試合ぶりに勝利を飾った15位ハンブルガーSV(勝ち点10)は、4位シャルケ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。3試合ぶりに先発に復帰した伊藤と、3試合連続ボランチでの先発となった酒井高が勝利に貢献したが、共にスタメン予想となっている。 ▽最後にハインケス体制後全勝を維持している首位バイエルン(勝ち点26)は、10位アウグスブルク(勝ち点16)とのアウェイ戦で首位固めを狙う。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第12節 ▽11/17(金) 《28:30》 シュツットガルト vs ドルトムント ▽11/18(土) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs フライブルク マインツ vs ケルン ホッフェンハイム vs フランクフルト バイエルン vs アウグスブルク レバークーゼン vs ライプツィヒ 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs ボルシアMG ▽11/19(日) 《23:30》 シャルケ vs ハンブルガーSV 《26:00》 ブレーメン vs ハノーファー 2017.11.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀所属のマインツが先月トップチームデビューのGKロビン・ゼントナーと契約延長

▽マインツは9日、ドイツ人GKロビン・ゼントナー(23)との契約を2021年6月まで延長したことを発表した。 ▽マインツの下部組織出身であるゼントナーは2015年8月にホルシュタイン・キールにローンで加入し、2シーズンに渡ってドイツ3部リーグで経験を積んだ。今シーズンはマインツに復帰し、10月24日に行われたDFBポカール2回戦のホルシュタイン・キールとの古巣戦でトップチームデビュー。ここまで公式戦3試合に出場している。 ▽契約を延長したゼントナーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「フットボールの世界の動きがどれだけ早いかはわかっている。自分の能力を証明するチャンスがあり、僕はそれをうまく利用できたと思う。ただ、まだ何も残していない。自分がより成長できるチャンスだと思っているよ。もちろんこのクラブでプレーすることは特別さ」 2017.11.09 09:04 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤アシストのマインツが長谷部&鎌田欠場のフランクフルトに追いつきドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第10節、マインツvsフランクフルトが27日に行われ、1-1で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀は87分までプレーし、フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地は欠場している。 ▽武藤は前節シャルケ戦で先発復帰したものの、チームは4試合ぶりに敗戦を喫した。そんな中、3日前に行われたDFBポカールのホルシュタイン・キール戦では後半途中から出場し、延長戦まで戦ってチームは3-2と勝利した。その武藤は[4-3-3]の最前線で先発となった。 ▽前節ドルトムント戦で終了間際に好クリアを見せてチームに勝ち点1をもたらした長谷部は、DFBポカールでは温存されて欠場となり、スタメンが予想されていたが、コンディション不良の影響でベンチにも入らなかった。そして、DFBポカールではベンチ入りしたものの出場機会のなかった鎌田もベンチ外となった。 ▽立ち上がりにシュテンデラが際どいシュートを浴びせたフランクフルトだったが、時間の経過とともに試合はこう着状態に陥る。 ▽そんな中24分、左CKからアブラアムがヘディングシュートを浴びせたフランクフルトは、38分に均衡を破る。右サイドゴールライン際でブロシンスキからボールを奪ったヴォルフがボックス右深くへ侵入。クロスボールを入れると、クリアにかかったベルのオウンゴールを誘発した。そのままフランクフルトが1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半開始3分、フランクフルトに追加点のチャンス。アラーが敵陣でボールを奪ってショートカウンターに転じると、パスを受けたレビッチがボックス左から枠内シュートを浴びせた。しかし、GKにセーブされる。 ▽ひやりとしたマインツは54分に武藤にゴールチャンス。ブロシンスキのミドルシュートがDFに当たってディフレクトすると、ボックス内の武藤がうまく拾って前を向き、左足でシュート。しかし、右ポストに嫌われた。 ▽その後も前に出たマインツは71分に追いつく。CKの流れから、ボックス右で味方のパスを引き出した武藤がゴールライン際からダイレクトに折り返すと、ニアに飛び込んだセルダーがボレーで流し込んだ。 ▽終盤にかけてもマインツが押し気味に試合を進めたが、決定打は生まれずに時間が経過。1-1で終了し、勝ち点1を分け合っている。 2017.10.28 05:26 Sat
twitterfacebook
thumb

デビュー戦以来の出場となった関根は前半のみの出場でアピール失敗… 武藤は途中出場でチームは延長戦の末に勝利《DFBポカール》

▽DFBポカール2回戦が24日、ドイツ各地で行われた。インゴルシュタットはグロイター・フュルトとのアウェイ戦に臨み、1-3で勝利した。MF関根貴大は前半のみの出場となっている。 ▽2部で16位のグロイター・フュルトに対し、13位に付けるインゴルシュタットが立ち上がり、攻め込む展開となる。デビュー戦以来の出場となった関根は[4-3-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。 ▽しかし、序盤を過ぎると徐々に試合は互角の展開に。32分にはCKからネットを揺らされるもオフサイドの判定で助かった。セットプレーのキッカーを務めた関根だったが、精度の高いボールを送ることができず、イエローカードをもらっていたこともあって前半のみの出場に終わり、アピールするには至らなかった。 ▽しかし、チームは後半開始早々に先制を許したものの、コーエンがPKを決めてすかさず試合を振り出しに戻すと、終盤にレックスとモラレスのゴールが生まれ、3-1と逆転勝利。3回戦へ進出している。 ▽マインツのFW武藤嘉紀は、ホルシュタイン・キールとのホーム戦に臨み、フィッシャー[写真]の2ゴールなどで延長戦の末に3-2と勝利した。武藤は1-1で迎えた65分から出場している。 ▽そして、フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するシュヴァインフルトとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利している。長谷部は欠場、鎌田はベンチ入りも出場機会がなかった。 ▽24日に行われた2回戦の結果は以下の通り。 パダーボルン 2-0 ボーフム ヴェーエン 1-3 シャルケ デュッセルドルフ 0-1 ボルシアMG レバークーゼン 4-1 ウニオン・ベルリン グロイター・フュルト 1-3 インゴルシュタット マインツ 3-2 ホルシュタイン・キール シュヴァインフルト05 0-4 フランクフルト マクデブルク 0-5 ドルトムント 2017.10.25 06:31 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース