千葉、FW古川大悟の来季トップチーム昇格内定を発表!2017.11.04 14:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェフユナイテッド市原・千葉は4日、U-18チーム所属のFW古川大悟(18)が2018シーズンよりトップチームに昇格することが内定したと発表した。

▽地元千葉県出身の古川は、U-15チームから千葉に在籍。今シーズンは第二種選手登録選手として、J2リーグ2試合と天皇杯2試合に出場し、すでにトップチームデビューを果たしていた。

▽来季から正式に千葉のトップチームの一員となる古川は、クラブ公式サイトで意気込みを語っている。

「この度、来季から加入することになりました古川大悟です。サッカーを始めた頃からの夢であったプロの道を伝統あるジェフユナイテッド市原・千葉でスタート出来ることに大変嬉しく思います。今まで自分を支えてくださった家族、友人、指導していただいた方々への感謝の気持ちを忘れずに日々邁進していきたいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

2発の千葉が前節の初勝利に続き今季初連勝! 京都、今季初の連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のジェフユナイテッド千葉vs京都サンガF.C.が25日にフクダ電子アリーナで行われ、2-0で千葉が勝利した。 ▽第5節終了時点で1勝1分け3敗で16位につける千葉(勝ち点4)と、1勝2分け2敗で14位につける京都の一戦。試合は千葉が高いボール支配率を誇りながらも、両者積極的にゴールを目指す立ち上がりを見せる。 ▽そんな中、ボールを保持する千葉にアクシデントが発生する。16分、清武が足を痛めてピッチに転倒。一度はプレーを再開したものの、22分に為田と交代してピッチを後にした。 ▽それでも動じない千葉は24分、溝渕が敵陣中央右からクロス。これをファーサイドにフリーで走り込んだエベルトが頭で合わせてゴールネットを揺らした。先制に成功した千葉はさらに3分後、ボックス手前でFKを獲得。キッカーの茶島が壁に当たった跳ね返りを再びシュートを放つと、ボックス内で混戦に。ゴール前へ転がったボールを熊谷が冷静に流し込んで試合を一気に2-0とする。 ▽2点ビハインドとなった京都は37分、本多のクロスをボックス内の田中がヘディングシュート。しかし、わずかにゴール左外へ外れた。 ▽試合を折り返すと、2点を追う京都が千葉を押し込み始める。すると69分、仙頭からの左CKのこぼれ球をボックス手前で収めた湯澤が左足シュート。しかし、わずかにゴール左外へと外れた。 ▽その後も途中出場の岩崎が果敢な仕掛けからボックス内への侵攻回数を増加させた京都。85分にはボックス手前でこぼれ球を収めた岩崎が軽やかなタッチからシュートコースを作り、右足でシュートを放ったが、GKロドリゲスの好守に阻まれる。 ▽京都は最後までゴールを奪うことができずに試合終了。2-0で勝利した千葉が前節の今季初勝利に続いて今季初の連勝を飾った。 2018.03.25 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉、鬱憤晴らす大量6発で讃岐に大勝! 攻撃陣爆発で待望の今季初勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節のジェフユナイテッド千葉vsカマタマーレ讃岐が21日にフクダ電子アリーナで行われ、6-1で千葉が勝利した。 ▽第4節終了時点で1分け3敗で21位に沈む千葉(勝ち点1)と、1勝3敗で18位に位置する讃岐(勝ち点3)の一戦。ここまで開幕戦未勝利の千葉は、キャプテンの近藤を開幕戦以来に先発に起用。前回対戦でハットトリックを達成したラリベイが2試合ぶりに先発出場となった。一方、連敗をストップして今シーズン2勝目を挙げたい讃岐は、ここまで2得点を記録しているの重松、千葉県出身の原が先発に名を連ねた。 ▽試合はホームの千葉がいきなり讃岐を脅かす。6分、敵陣中央やや左でボールを受けた高木がボックス左手前からミドルシュート。これがゴールネットを揺らすも、オフサイドポジションにいたラリベイがボールに関与したとの判定でゴールが認められず。 ▽先制のチャンスを逃した千葉だったが、この判定に動揺せず、讃岐を押し込み続ける。その千葉は16分、右サイドでのショートコーナーの流れから清武がクロスを供給。これを先ほどオフサイトの判定に悔しい思いをした高木が頭で合わせてゴールネットを揺らし、文句なしのゴールを決める。 ▽その後は互いに決定的なチャンスを作れず、1-0で試合を折り返すとリードする千葉が讃岐を畳みかける。50分、ボックス左でパスを受けた清武が右足インスイングで巻いたシュート。しかし、これがわずかにゴール右外へ。直後にも清武がヘディングシュートを枠に飛ばすが、今度はGK清水に処理される。 ▽それでも攻勢を続ける千葉は62分、右サイドからのクロスの流れからこぼれ球を佐藤勇がシュート。これは相手にブロックされたが、ゴール前に転がったボールを拾った清武が落ち着いてゴールに流し込んだ。さらに68分にも近藤のシュートのこぼれ球をボックス内の船山が右足を振り抜いて豪快にゴールネットを揺らして3-0と大きくリードを広げる。 ▽千葉は82分、茶島がボックス右手前から切れ込み、左足で鮮やかにゴールネットを揺らすと、86分にラリベイがPKを決め、88分にも山本がゴールを奪った千葉が6得点。終盤にこそ讃岐の我那覇にゴールを許し、1点を返されたが、6-1で試合終了。これまでの鬱憤を晴らすかのような攻撃陣の爆発で圧勝した千葉が、開幕5試合目にして今シーズン初勝利を飾った。 2018.03.21 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】ハンドで決定機阻止の千葉DF溝渕雄志が1試合出場停止

▽Jリーグは19日、明治安田生命J2リーグ第5節の出場停止選手を発表した。 ▽今回発表されたのは、ジェフユナイテッド千葉のDF溝渕雄志のみ。溝渕は、17日に行われた第3節の徳島ヴォルティス戦で意図的にボールを手で阻止し、一発退場となっていた。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF溝渕雄志</span>(ジェフユナイテッド千葉) 明治安田生命J2リーグ 第5節 vsカマタマーレ讃岐(3/21) 今回の停止:1試合停止 2018.03.19 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

千葉のエスナイデル監督が1試合のベンチ入り停止処分

▽Jリーグは7日、ジェフユナイテッド千葉を率いるフアン・エスナイデル監督に1試合のベンチ入り停止処分を科すことを発表した。 ▽4日に行われた明治安田生命J2リーグ第2節の水戸ホーリーホック戦でエスナイデル監督は、アディショナルタイムの少なさに執拗な抗議をしたことで主審より退席を命じられた。 ▽日本サッカー協会 競技および競技界における懲罰基準に照らして審議した結果、同監督の行為は、「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」に該当すると判断され、1試合のベンチ入り停止処分となった。 ▽これにより、エスナイデル監督は、11日に行われる第3節のFC岐阜戦でベンチ入り停止となる。 2018.03.07 15:50 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース