長谷部先発復帰のフランクフルト、監督交代のブレーメンにアラーの終盤弾で競り勝つ《ブンデスリーガ》2017.11.04 06:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは3日、ブンデスリーガ第11節でブレーメンをホームに迎え、2-1で勝利した。フランクフルトMF長谷部誠はフル出場したが、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽前節マインツ戦を1-1で引き分けた10位フランクフルト(勝ち点15)が、未勝利が続き、ヌーリ監督を解任した17位ブレーメンをホームに迎えた一戦。

▽マインツ戦を慢性的な足の痛みで欠場した長谷部が[3-5-2]の中盤アンカーで先発に復帰した試合は、監督交代によって積極的な入りを見せたブレーメンが最初にチャンスを迎える。開始2分、クルーゼが左クロスに合わせたが、ゴール至近距離からのシュートはGKフラデツキーが好守で凌いだ。

▽その後、一進一退の攻防を経て、フランクフルトが17分に先制する。ヴィレムスのヒールパスに反応したボックス左角のレビッチがゴール右へ流し込んだ。しかし24分、ブレーメンにすかさず追いつかれる。左CKが混戦となって最後はモイサンデルに押し込まれた。

▽同点とされたフランクフルトは29分にヴォルフがミドルシュートでゴールに迫るも、GKの好守に阻まれる。40分にはゴールエリア右のユヌゾビッチに決定的なシュートを許したが、GKフラデツキーがファインセーブで凌ぎ、ほぼ互角の前半は1-1で終えた。

▽迎えた後半、ややフランクフルトが押し気味に試合を運ぶと、64分にボックス内のヴィレムスが枠内シュートを浴びせるも、GKにセーブされる。

▽終盤にかけてこう着状態が続いた中、89分にフランクフルトが土壇場で勝ち越しに成功する。タワサの左クロスにアラーがボレーで合わせたシュートがネットを揺らした。これが決勝点となってフランクフルトが勝利。今季5勝目を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

「久しぶりにどん底でチームとは反対に上手くいってへん」…フランクフルト鎌田大地、苦しい現状に胸中明かす

▽フランクフルトに所属するMF鎌田大地が、苦しい現状に対して心境を明かした。 ▽2015年に東山高校からサガン鳥栖に入団した鎌田は、ルーキーながらJ1リーグに21試合出場して3ゴールを記録。翌年には7ゴールを挙げるなど、攻撃センスを発揮し続けると、2017年6月にフランクフルトへ移籍した。 ▽フランクフルト加入以降、2017年8月12日のDFBポカール1回戦で公式戦初先発を飾り、続く20日にはフライブルクとのブンデスリーガ開幕戦にも出場して、ドイツ生活も順調かに思われた。しかし、そこから出場機会は激減。昨年末からはベンチ入りすらままならない状況が続き、ここまで公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽そんな中、DFBポカールで勝ち進むチームは、18日に行われたシャルケとの準決勝でも1-0で勝利して2年連続の決勝進出が決定。しかし、この日も鎌田はベンチ外。試合後、鎌田は自身のインスタグラム(kamadadaichi)でチームの決勝進出を祝福しながら、出場機会を得ることができていない現状に心境を明かしている。 「ポカール2年連続決勝進出。チームメイト全員をリスペクトです」 「僕自身これまでのサッカー人生でこんなにチームが上にいるのは初めてで上にいるチームはこーいうことなのかと初めて経験できてます。でも自分は久しぶりにどん底でチームとは反対に上手くいってへん」 「こんな感覚は久しぶりで世界に出たからこそ味わえてるんやなと。素晴らしいことやしこっちで世界のサッカーが出来て素晴らしい選手達とできるこの環境」 「自分達みたいなのがこっちで成功することが大事やし自分の為にも日本の未来の為にも若い自分達世代が今耐え時かなと」 「今夜は素晴らしかった。自分のイメージ通りのサッカー人生がおくれるように頑張り続けます!」 2018.04.20 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、ポカール準決勝でのプレーがチーム2位の評価「フランクフルトの守備のボス」

フランクフルトは18日、DFBポカール準決勝でシャルケとのアウェーマッチを1-0で制し、2大会連続の決勝進出を決めた。ドイツメディアは、この試合でもフル出場を果たした日本代表MF長谷部誠のパフォーマンスを称賛した。<br><br>先週ニコ・コバチ監督がシーズン終了後にバイエルンの次期監督に就任することが明らかになったフランクフルトは、リーグ戦ではここ3試合勝利なし。先日宿敵ドルトムントとのダービーに勝利し、リーグ2位につけるシャルケとの一戦に臨むことに。<br><br>スコアレスで推移した試合は後半75分、FWルカ・ヨビッチがCKからのボールをヒールで見事に流し込み、フランクフルトが先制。その後、MFジェルソン・フェルナンデスの一発退場により10人で戦うことになったフランクフルトだが、アディショナルタイムにはシャルケFWフランコ・ディ・サントによるゴールが直前のハンドとの判定で認められなかったことにも助けられ、リードを守り切った。<br><br>そんな中、3バックの中央でリベロとしてプレーした長谷部は高い評価を得ている。ドイツ紙『ビルト』では、そのパフォーマンスをGKルーカス・フラデツキに次ぐ「2」と、得点者ヨビッチと並ぶチーム2位タイの評価となった。「守備のボス。一対一の競り合いでは極めて冷静で、後方からたくさんの優れたパスを出した。ものすごく力強いパフォーマンス」と寸評されている。<br><br>サッカー誌『キッカー』は長谷部のプレーに「3」と及第点をつけ、ここではチーム平均点(「3.25」)を上回った。また地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』では採点はないが、マッチレポートではこの試合での長谷部について、「長い間、傑出していた男」と形容し、その存在感を称賛された。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが劣勢ながらも2年連続決勝進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝、シャルケvsフランクフルトが18日に行われ、0-1でフランクフルトが勝利し、2年連続決勝進出を決めた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽準々決勝でヴォルフスブルクに勝利したシャルケと、マインツに勝利したフランクフルトの決勝進出を懸けた一戦。 ▽3日前に行われたドルトムントとのレヴィア・ダービーを2-0と快勝したシャルケは、ドルトムント戦のスタメンからコノプリャンカに代えてピアツァのみを変更した。 ▽一方、レバークーゼン戦を1-4と惨敗したフランクフルトは、長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽試合は長谷部とマスカレルを軸にボールを動かすフランクフルトが後方でポゼッションする慎重な入りとなった。 ▽自陣に引いてカウンターを狙うシャルケは13分、FKからケフラーがヘディングシュートで狙うも、叩きつけ過ぎて枠の上に外れる。 ▽引き続きリスクを嫌う慎重な試合展開が続く中32分、再びシャルケに決定機。カリジウリのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かったが、わずかに枠の左に外れた。さらに直後の左CKからブルクシュタラーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。 ▽チャンスを作れないフランクフルトは42分、負傷したK・ボアテングに代えてガシノビッチを投入し、後半へ折り返した。 ▽互いに攻め手を欠く中、52分にまずはシャルケが動く。存在感のなかったピアツァに代えてコノプリャンカを投入した。 ▽すると67分、シャルケに決定機。カリジウリのドリブル突破からボックス内のブルクシュタラーがシュート。しかし、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。直後にもコノプリャンカがGKを強襲するシュートを浴びせたシャルケだったが、先制したのはフランクフルト。 ▽75分、左CKからニアサイドのヨビッチが巧みなヒールシュートでゴール右に流し込んだ。逃げ切りたいフランクフルトだったが80分、3分前に投入されていたジェルソン・フェルナンデスがゴレツカの足首にスパイクしてVARの末に一発退場となった。 ▽数的優位となったシャルケが終盤にかけて押し込み続ける中、追加タイム3分にCKの流れからディ・サントがネットを揺らすも、オフェンスファウルを取られてフランクフルトが逃げ切り。2年連続決勝に進出し、バイエルンとタイトルを懸けて戦うこととなった。 2018.04.19 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン次期監督内定のコバチ、オファー当日前の接触を否定「決断を下したのは…」

フランクフルトを率いるニコ・コバチ監督は先日、バイエルンの次期監督に内定した。バイエルンとの接触について、同監督がドイツメディアに対して説明している。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は12日に、コバチ監督のバイエルン行きの可能性が急浮上したことを初めて報道。続いてサッカー誌『キッカー』は、バイエルンがコバチ監督とフランクフルトとの契約に盛り込まれていた220万ユーロ程度に設定されている契約解除条項を行使する見通しだと報じた。また、13日にはバイエルンが声明で一連の報道が事実であることを認め、コバチ監督が今夏に引退するユップ・ハインケス監督の後任になることを発表している。<br><br>同日に開かれたフランクフルトの会見で、コバチ監督は「1週間前の段階でバイエルンと接触はないと話した。ところが昨日すべてが変わったんだ」とオファーを受けた経緯について言及した。つまり、12日にバイエルンから来季から監督を務めるオファーが届き、話がその日のうちにまとまったとのことだが、現地では「以前から話していたのでは」とその信憑性に疑問符が投げかけられ、現地では周囲から批判が集まっている。<br><br>だが、コバチ監督は次のように説明。ドイツ紙『ビルト』など複数メディアが伝えている。<br><br>「フランクフルトと2016年12月に契約を延長した際、チャンピオンズリーグ・クラブからオファーが届いた場合、そのクラブに向かうことを可能とする(契約解除)条項を盛り込めてもらった」<br><br>「サッカーでは予期できないことが起き得ることを知っているからだ。それに自分はチームとの仕事を通じて、ビッグクラブが興味を持ってくれるようになり得ると確信していた。バイエルンに行く決断は1日で下したのではなく、当時あの契約にサインしたときに下したのだ」<br><br>「私のことを知る人は、私はバイエルンを率いることを目標にしていることを知っていただろう」とも明かす同監督。バイエルン幹部と前々から接触があったとの非難に対し、「ミュンヘンからのシグナルはあったが、直接バイエルンによるものではなかった」あらためて否定した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.18 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

コバチ引き抜きで対立…バイエルン会長、フランクフルトの批判に反論

バイエルンは先日、フランクフルトのニコ・コバチ監督を来季指揮官として招へいしたことを発表。バイエルンを痛烈に批判したフランクフルトのフレディ・ボビッチ取締役に対し、ウリ・ヘーネス会長は「我々は非常にプロフェッショナルに振舞った」と反論した。<br><br>ドイツ紙『ビルト』は12日に、バイエルンがコバチ監督の招へいに近づいていることを初めて報じた。すると、その数時間後にサッカー誌『キッカー』が、バイエルンがコバチ監督とフランクフルトとの契約に盛り込まれていた220万ユーロ程度に設定されている契約解除条項を行使する見通しだと報じた。<br><br>そしてバイエルンはその翌日に、一連の報道が事実であることを認め、コバチ監督の招へいに関して合意に至ったとの声明を出した。しかしながらフランクフルトのボビッチ取締役は同日に会見を開き、情報が先にメディアに流出したことについて立腹した様子で、バイエルンの振る舞いが「敬意を欠いているし、プロフェッショナルではない」ことを強調。「少なくともフランクフルトではなく、ドイツのほかの都会から情報が流れた」と、情報を漏らしたのはバイエルン側だったことを示唆した。<br><br>それに対して、今度はヘーネス会長が激しい口調で反論。『キッカー』などドイツ複数メディアが伝えた。<br><br>「昨日(13日)、我々があえて反応しなかったのは、フレディ・ボビッチの発言がかなり失礼なものと感じられたからだ。第一に、我々は非常にプロフェッショナルに振舞った。ニコ・コバチの契約に含まれた条項を利用しただけだからだ。第二に、この件についてフランクフルトにいつ伝えたらいいか、我々は長い間考えた。通常のように、シーズン後に伝えることだってできただろう。だが、彼らがほかの監督を見つけられるため、できるだけ早く伝えることにしたんだ」<br><br>同会長はまた、情報をメディアに流したのがバイエルンではないと主張。「そうすることで、我々に何の利益があると言うんだ?」と、このタイミングで新体制について公にすることに利点は存在しないことを強調した。<br><br>情報がどこから流出したのか、その真相が明かされることはないかもしれない。ただ、来季の欧州大会出場権をめぐる順位争いや、DFBポカールでの決勝進出の可能性を残すフランクフルトにとって、このタイミングで指揮官の退団が決まったのは、痛手だったのも確かだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.16 23:59 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース