長谷部先発復帰のフランクフルト、監督交代のブレーメンにアラーの終盤弾で競り勝つ《ブンデスリーガ》2017.11.04 06:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは3日、ブンデスリーガ第11節でブレーメンをホームに迎え、2-1で勝利した。フランクフルトMF長谷部誠はフル出場したが、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。

▽前節マインツ戦を1-1で引き分けた10位フランクフルト(勝ち点15)が、未勝利が続き、ヌーリ監督を解任した17位ブレーメンをホームに迎えた一戦。

▽マインツ戦を慢性的な足の痛みで欠場した長谷部が[3-5-2]の中盤アンカーで先発に復帰した試合は、監督交代によって積極的な入りを見せたブレーメンが最初にチャンスを迎える。開始2分、クルーゼが左クロスに合わせたが、ゴール至近距離からのシュートはGKフラデツキーが好守で凌いだ。

▽その後、一進一退の攻防を経て、フランクフルトが17分に先制する。ヴィレムスのヒールパスに反応したボックス左角のレビッチがゴール右へ流し込んだ。しかし24分、ブレーメンにすかさず追いつかれる。左CKが混戦となって最後はモイサンデルに押し込まれた。

▽同点とされたフランクフルトは29分にヴォルフがミドルシュートでゴールに迫るも、GKの好守に阻まれる。40分にはゴールエリア右のユヌゾビッチに決定的なシュートを許したが、GKフラデツキーがファインセーブで凌ぎ、ほぼ互角の前半は1-1で終えた。

▽迎えた後半、ややフランクフルトが押し気味に試合を運ぶと、64分にボックス内のヴィレムスが枠内シュートを浴びせるも、GKにセーブされる。

▽終盤にかけてこう着状態が続いた中、89分にフランクフルトが土壇場で勝ち越しに成功する。タワサの左クロスにアラーがボレーで合わせたシュートがネットを揺らした。これが決勝点となってフランクフルトが勝利。今季5勝目を挙げている。

コメント

関連ニュース

thumb

快勝に貢献したキャプテン長谷部誠…EL出場圏内と同勝ち点も気を緩めず「昨季の教訓もあるので…」

20日に行われたブンデスリーガ第19節で、フランクフルトはヴォルフスブルクに3-1で勝利を収めた。試合後、キャプテンマークを巻いてフル出場した長谷部誠は、勝利を喜んでいる。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。<br><br>最終ラインの一角として、リーグ2戦連続の先発出場を果たした長谷部。キャプテンとしてチームを牽引し、敵地での勝利に貢献している。<br><br>試合後、長谷部は勝利を喜んでいる。<br><br>「今シーズンはアウェイで良い戦いをしていますけど、今日も良い戦いができたと思います。次のホーム(ボルシアMG戦)でしっかりと力を出して、また勝ち点3を取れるようにやっていきたいと思います」<br><br>これでリーグ戦4試合負け無し。勝ち点を30に伸ばし、暫定ながら7位に浮上したフランクフルト。ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位ドルトムントと勝ち点で並んでいる。日本代表キャプテンは、欧州カップ戦出場権を見据えつつも、気を緩めていない。<br><br>「ELとかのことを語るのはまだ早いと思います。昨シーズンの教訓もあるので、そういう意味では一試合、一試合をしっかりと戦う。最終的にそこに行ければいいですが、今は目の前にある試合に集中してやっていきたいと思います」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.21 07:35 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部リベロでフル出場のフランクフルトが10人のヴォルフスブルクに勝利《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第19節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節フライブルク戦を1-1と引き分けた9位フランクフルト(勝ち点27)は、長谷部が前節に続き3バックの中央で先発となった。 ▽12位ヴォルフスブルク(勝ち点20)に対し、フランクフルトは12分ピンチ。ボックス内のマリにルーズボールを拾われてシュートに持ち込まれたが、GKフラデツキーがセーブした。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、18分にフランクフルトが先制した。右サイドから中へ切れ込んだヴォルフのパスを受けたボックス右のアラーがDFを背負いながらニア上をぶち抜いた。 ▽さらに22分、フランクフルトが突き放す。レビッチのヒールパスを受けたボックス右のヴォルフがクロス。これをファーサイドのチャンドラーが押し込んだ。 ▽2点をリードしたフランクフルトはハーフタイムにかけてもカウンターでヴォルフスブルクをけん制し、主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽迎えた後半もフランクフルトがヴォルフスブルクをいなしながら時間を進めていったが、66分に1点差に詰め寄られる。ボックス手前右で与えたFKをアーノルドに直接狙われると、壁に当たってコースの変わったシュートがゴール左上に決まった。 ▽しかし直後、ディマタが2枚目のイエローカードを受けて退場となり、フランクフルトは数的優位となった。 ▽終盤にかけてはフランクフルトが危なげなく時間を消化。85分にはヨビッチが加点して3-1とし、新年初勝利を飾っている。 2018.01.21 01:41 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部リベロでフル出場もフランクフルトはフライブルクにドロー《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは13日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクとホームで対戦し、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地はベンチ外だった。 ▽前半戦最終戦となった前節シャルケ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた8位フランクフルト(勝ち点26)は、風邪で欠場が続いていた長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽リーグ戦5戦負けなしの13位フライブルク(勝ち点19)に対し、フランクフルトがボールを保持する展開となると、10分にロングフィードに抜け出したアラーがGKを強襲するシュートを浴びせた。 ▽続く13分のピンチをヴォルフのゴールライン上でのスーパークリアで凌いだフランクフルトは、18分のピンチを長谷部が防ぎ、均衡を保っていく。 ▽すると28分、右CKの流れからゴール前に飛び込んだアラーがスライディングシュートを流し込んでフランクフルトが先制した。 ▽ハーフタイムにかけてもアラーのシュートやガシノビッチのシュートで追加点に迫ったフランクフルトが主導権を握ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始6分、左CKからコッホのヘディングシュートで同点とされたフランクフルトは、フライブルクに互角の攻防に持ち込まれていく。 ▽思うように攻撃を展開できないフランクフルトは、79分に久々のチャンス。右クロスをアラーがヘディングシュート。しかし、枠の右に外してしまった。 ▽結局、決め手を欠いたフランクフルトは勝ち越しゴールを奪えずに1-1で引き分け。勝ち点2を失っている。 2018.01.14 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田大地、前半戦出場4試合もレンタルはなしか…コバチ監督「順応しなければならない」

フランクフルトのMF鎌田大地はレンタルに出される可能性は低そうだ。ドイツ『フランクフルター・ルンドシャウ』が報じた。<br><br>鎌田は昨夏、サガン鳥栖からフランクフルトへと加入。夏のプレシーズンマッチでは確かな結果を残しているかに見えたが、シーズンが始まるとなかなかチャンスが与えられず。前半戦が終わってわずか4試合の出場にとどまっている。<br><br>21歳と将来有望なだけに他クラブで経験を積む可能性も否定できなかったが、ニコ・コバチ監督はレンタルでの放出に否定的な姿勢を見せているという。<br><br>時間がかかっていることを認めながら「彼は順応しなければならない」とコメント。さらに、「貸し出すのは彼に依存した問題ではない」とクラブが決定権を持っていることを強調した。<br><br>出場はおろか、ベンチ入りも難しくなっている鎌田。後半戦でチャンスは巡ってくるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.01.08 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、ひざの問題を乗り越えた?「前より調子ははるかに良い」と強調、契約延長も視野に

フランクフルトに所属する日本代表の主将、MF長谷部誠の調子は良さそうだ。ドイツ誌『キッカー』で自身の状態や将来について話している。<br><br>昨年の3月に行われたバイエルン戦でひざを負傷し、手術を強いられた長谷部だが、その影響で今シーズン前半戦もコンスタントに試合に出場することができなかった。一部のドイツメディアでは、33歳のベテランは今シーズン限りで引退を表明する可能性も伝えられていた。<br><br>しかし、長谷部はスペインのウィンターキャンプで「前より調子ははるかに良いです」と報告。「すごく時間がかかりました。前半戦は(コンディションは)良いときと悪いときがありましたが、このようなケガの場合、それが普通だと思います。ですが、今は気分が良いですし、調子が良いことをこれからピッチでも示したいです」と状態が大きく改善された様子をうかがわせている。<br><br>フランクフルトとの契約は今夏に満了となる。夏以降の去就については「興味深いオファーが届けば、すべてを想像できます」と、日本への復帰やアメリカに向かうことも考えられるという。だが、「今はまだ何も決まっていませんが、当然今後もフランクフルトでプレーすることを望んでいます」と現クラブとの延長を優先する考えを強調。「家族はフランクフルトやドイツがとても居心地良いです。何度も繰り返してきましたが、僕は現役引退後ドイツに残ることを希望しています」とあらためて引退後は生活の拠点をドイツに置くつもりだと言及している。<br><br>前半戦を8位で終えたフランクフルトだが、長谷部は「もちろん、来シーズン、欧州の大会に参加することは夢です」とコメントした。「昨シーズンも、みんなとヨーロッパリーグに参戦したいと話していましたが、結局叶いませんでした。夢を見ることも良いですが、謙虚に取り組んでいかないといけませんね」と語り、「攻撃をもっと上手くやらないといけません。攻撃は前方のフォワードたちだけの仕事ではなく、後方のGKの位置から始まるものですからね」と課題も指摘している。<br><br>一方、クラブの強化を担当するフレディ・ボビッチ取締役は同選手について「マコトはトップ級のプロ選手」と称賛している。「健康であれば、我々にとってものすごく貴重な選手だ。彼のコンディションや安定性に関して、様子を見ていきたい。当然、彼の将来について、これからの数週間に彼と話し合うことになるだろう」と契約延長の交渉を検討していることを示唆した。来シーズンもフランクフルトに残る可能性が高まっているかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.04 23:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース