このまま引退も? 占星術のドメネク、カントナ彷彿キックのエブラに「自殺行為」2017.11.03 18:31 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元フランス代表指揮官のレイモン・ドメネク氏が、元フランス代表DFパトリス・エブラの物議を醸している騒動に言及した。『tribalfootball』が報じた。

▽エブラの所属するマルセイユは2日、敵地でヨーロッパリーグ(EL)・グループI第4節のヴィトーリア・ギマランエス戦を戦った。この試合前、エブラはウォーミングアップ中にマルセイユサポーターから執拗な挑発を受けて激しい口論に。侮辱的なヤジを飛ばされたとみられるエブラは激昂し、ピッチサイドに下りてきたサポーターの1人に対して、左足のハイキックを見舞った。エブラの暴力行為に対し、主審は試合開始前の状況で同選手に退場処分を下した。

▽この件に関して、現役時代にリヨンやストラスブールでプレーし、2004年からは2010年までフランス代表を指揮したドメネク氏は、フランス『レキップTV』で以下のように話した。

「エブラは自殺行為をするような選手ではなかった。だが、これは自殺行為だ」

「難しい時、彼はボスだった。彼はグループで話す際、ドレッシングルームで重要な役割を担っていた。でも、終わりは間近だね。これは心理的な何かだ。彼は終わったと分かっている。彼はもうプレーしないだろう」

「称賛できない行為だね。だが、彼を理解することはできるよ」

「彼は無敵だと思っていて、全てのサポーターと戦いたかったのだろう。ジネディーヌ・ジダンのキャリアの終わりみたいか? ノーとは言えないね」

「フットボーラーはプレッシャーにさらされているから、起こり得るものだ。でも私は、他の人の脳までは理解しきれないよ」

▽ドメネク監督は、2010年の南アフリカ・ワールドカップ時に選手との関係が悪化し、選手たちがボイコットを起こすなど、チームを統率することができなかった。結果、フランス代表はグループステージ敗退となり、選手選考に関して、「全てのパラメーターが考慮されなければならず、占星術もその1つだ」などと発言していたドメネク監督も物議を醸した。エブラは当時のフランス代表の主将だった。

▽なお、エブラと同様にマンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである先輩の元フランス代表MFエリック・カントナ氏も過去に観客に対して“カンフーキック”を敢行。イングランドサッカー協会から8カ月の出場停止処分を科された。

コメント

関連ニュース

thumb

フランス代表、帰国後にパレードを予定…警察当局は2000人体制で警備

2018FIFAワールドカップ・ロシアを制したフランス代表は、帰国後にパリで凱旋パレードを行う。しかし、このパレードに伴い、パリの交通機関は停止することになると、フランスの複数メディアが伝えている。<br><br>フランス代表は現地時間15時55分にロワシー=シャルル・ド・ゴール空港に到着。その後、二階建てのバスに乗り、シャンゼリゼ大通りをパレードする予定となっている。このパレードは17時30分から約1時間行われる。これに伴い、パリ市内中心部の地下鉄駅は、閉鎖されることになる。<br><br>また、警察当局は2000人の警官を配置すると発表。この背景には、ロシアW杯の決勝後、ファンが暴徒化。パリで大規模な略奪や破壊行為が行われたことがあり、警察当局は神経をとがらせているようだ。なお、パレードには数十万人が参加すると見込んでいる。<br><br>フランス代表はパレードの後、家族とともにエリゼ宮殿(大統領官邸)に招待され、エマニュエル・マクロン大統領からの歓迎を受ける予定だ。このタイミングで、レ・ブルー(フランス代表の愛称)は、短いながら家族とプライベートの時間を過ごすことになる。<br><br>マクロン大統領は、ロシアW杯の決勝をVIP席で観戦。この時、立ち上がって歓喜する様子がSNSに公開されたが、その写真はフランスで広く拡散されている。なお、1998年にフランスが自国開催のW杯を制した時も、シャンゼリゼ大通りでパレードが行われた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.16 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ロブレン、乱入者にブチ切れ 「本当にムカつく」

▽リバプールに所属するクロアチア代表DFデヤン・ロブレンがご乱心だ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽クロアチア代表は15日、ロシア・ワールドカップ決勝戦でフランス代表と対戦(2-4でクロアチア代表が敗戦)。この試合の途中に数名の観客がピッチに乱入すると、ロブレンはすかさず1人の男を引き倒して怒鳴りつけた。 ▽その後、乱入者は反プーチンの抗議活動で有名なロシアのパンクロックバンド『プッシー・ライオット』だったことが判明している。ロブレンは試合後、当時の心境について次のように振り返った。 「本当にムカつくよ。僕らの時間帯だったのだからね。良いフットボールを展開する流れを切られ、僕は我を失った。男の頭を掴み、スタジアムから追い出したかったんだ」 2018.07.16 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

同僚称えるクロース、ヴァランを祝福! モドリッチ&コバチッチには「顔を上げろ!」

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、決勝を戦った同僚にメッセージを送った。 ▽15日にロシア・ワールドカップ(W杯)決勝のフランス代表vsクロアチア代表が行われ、4-2でフランスが勝利。同国の5大会ぶり2度目のW杯優勝で大会は幕を閉じた。 ▽連覇を目指すもまさかのグループステージ敗退で大会を去ったドイツ代表MFトニ・クロースはツイッター(@ToniKroos)を更新。決勝の舞台を戦ったマドリーのチームメイトであるフランス代表DFラファエル・ヴァラン、クロアチア代表MFルカ・モドリッチとMFマテオ・コバチッチ、それぞれにメッセージを送っている。 「フランス代表、そしてヴァラン、優勝おめでとう! 君たちは僕らの次のワールドカップ王者に値する! モドリッチとコバチッチは顔を上げるんだ! とても良くやったよ! クロアチアは今大会素晴らしい戦いをしたよ」 2018.07.16 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

不名誉データも代えのきかない男、ジルー「実感がない。すぐには立ち上がりたくなかった」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、ワールドカップ優勝を決めて喜びを爆発させた。フランス『TF1』がコメントを伝えている。<br><br>フランスはロシアW杯決勝でクロアチアと対戦。キリアン・ムバッペ、ポール・ポグバらのゴールで4-2と快勝し、20年ぶり2度目の優勝を果たした。<br><br>ジルーはグループリーグ2試合目から先発を続け、高いポストプレー能力でチャンスメイクし、ゴールこそなかったものの優勝に貢献。『Opta』によると、546分間で枠内シュートゼロと不名誉な記録も残したが、代えのきかない主力としてチームを支えた。悲願の優勝を果たし、喜びをこのように表現している。<br><br>「ドレッシングルームでマクロン大統領、プーチン大統領、クロアチアの大統領と祝ったよ。そこに戻るのが待ちきれないね。最後の10分間はベンチで話していたけど、まだ実感がない。すぐには立ち上がりたくなかった。終わって少ししてから立ち上がったんだ。(アディル)ラミと腕を組んで、ピッチに飛び込み、喜びを爆発させた。多くの努力があり、優勝は子供時代からの夢だった。素晴らしい気分だし、誇りに思う」<br><br>また、「優勝したら髭を剃ると約束していた。&ldquo;洗礼&rdquo;を済ませれば22歳のように見えるだろうね」と、9月末には32歳となるベテランFWはジョークも飛ばした。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.16 12:33 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯優勝に導いた決勝のMOMグリーズマン「何が何だかわからないよ」

▽フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、ロシア・ワールドカップ(W杯)優勝に歓喜している。『FIFA.com』が伝えた。 ▽フランスは15日、ロシアW杯決勝でクロアチア代表と対戦。この日先発したグリーズマンは18分、FKから相手のオウンゴールを誘発して先制点をもたらした。さらに1-1で迎えた38分にはPKを決めて勝ち越しゴールを奪取。その後チームは2点を追加するなど4-2で勝利して、5大会ぶり2度目のW杯優勝を成し遂げた。 ▽レ・ブルーをW杯優勝に導いたグリーズマンは決勝戦のマン・オブ・ザ・マッチに選出。試合後、以下のように喜びを語った。 「何が何だかわからないよ。このチームを本当に誇りに思う。選手たちやスタッフ、テクニカル・スタッフやメディカル・スタッフもそうだ。僕らは本当に団結したグループだった」 「僕らは驚くべきことを成し遂げた。歴史を作った。それを楽しむよ。家族に会いに行ってパーティに行くんだ。明日のフランスは同じことになる。僕らはフランスの人々と楽しむよ」 2018.07.16 09:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース