「このサッカー人生に悔いはありません」 熊本主将の29歳MF岡本賢明が今季限りで現役引退2017.11.03 15:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロアッソ熊本は3日、MF岡本賢明(29)が2017シーズン限りで現役を引退することを発表した。

▽2007年にコンサドーレ札幌に加入した岡本はJ1昇格と降格、昇格、降格と繰り返す浮き沈みを経験。2014年からは出身地でも熊本でプレーしていた。通算ではJ1リーグで43試合0得点、J2リーグで180試合24得点を記録した。

▽岡本は公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

「今シーズン限りで現役を引退することを決めました。まず、ここまで11年間も子供の頃からの夢だったサッカー選手をやらせてもらい、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」

「北海道コンサドーレ札幌でプロになり、1年目でJ1昇格、1年で降格、その後もう一度昇格降格を繰り返し、間違いなく今の僕があるのはあの時の経験があるからです。札幌サポーターの皆さんありがとうございました。札幌ドームでゴールを決めた時のあの興奮は二度と忘れません。僕の第二の故郷は間違いなく札幌です」

「そして、地元のクラブ・ロアッソ熊本に来て四年」

「昨年から2年連続でキャプテンという大役を与えていただき、昨年は熊本地震という天災に見舞われましたが、なんとかJ2に残留する事ができ、今年こそJ1へ昇格するという強い気持ちで挑みましたが、残念ながら今、残留争いをしています。地元熊本をJ1に連れて行き、熊本を盛り上げたい。その一心でやって来ましたが、それが叶わなかった事が唯一の心残りです」

「熊本サポーターの皆さん、なかなか活躍出来ない中こんな僕をいつも応援していただきありがとうございました」

「また、昨年の熊本地震後の全国のサッカーファミリーの皆さんの応援、ご声援、ご支援は、本当に僕たちに力をくれました。この場をお借りして改めてお礼を言わせてください。ありがとうございました」

「そして何より僕のことを誰よりも応援してくれた父親と天国にいる母親、いつもどんな時も笑顔で支えてくれた妻と3人の子供たちにありがとうを伝えたいです」

「自分の持っている力は120%出した結果なので、このサッカー人生に悔いはありません」

「怪我した時も辛い時も苦しい時も含めて、本当に本当に楽しい11年間でした」

「幸せな時間をありがとう」

「今シーズン残り3試合、最後まで全力でやりきります」

コメント

関連ニュース

thumb

熊本、DF衛藤幹弥の来季トップ昇格内定を発表 ユースから2年連続の昇格者

▽ロアッソ熊本は25日、同クラブユースでプレーするDF衛藤幹弥(18)の来シーズントップチーム昇格内定を発表した。 ▽熊本県出身の衛藤は、熊本ジュニアユース時から6年間にわたって下部組織に在籍。トップチーム昇格は、昨年のMF米原秀亮に続き2年連続となる。衛藤はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「子どもの頃からの夢であったプロサッカー選手に、ジュニアユースからお世話になっているロアッソ熊本で実現することができて嬉しく思います。アカデミー出身という責任と高い目標を持ち、自分を高めていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 2017.10.25 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡、6戦未勝利で3位後退…熊本に追いつかれてドロー《J2》

▽18日にえがお健康スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第33節延期分のロアッソ熊本vsアビスパ福岡は、1-1のドローに終わった。 ▽台風の影響により、順延を余儀なくされた九州勢対決。直近5試合で勝利から遠ざかっている2位の福岡が6試合未勝利で20位に沈む熊本のホームに乗り込んだ。試合は坂田にシュートシーンが巡ってくるなど、序盤から福岡ペースの展開に。だが、出場停止でウェリントンを欠くこともあり、崩しで熊本の守備を崩しきれない。 ▽37分にバイタルエリア手前から石津がミドルシュートでゴールに迫った福岡は、セットプレーを絡めた攻撃を展開。だが、重苦しい戦況を好転させるには至らない。福岡は、後半も攻勢をかける。だが、熊本は59分、ボックス中央でボールを受けた安柄俊が鋭い反転からシュートを放つ決定打。だが、ここはGKの好守に阻まれた。 ▽流れを変えるべく坂田からジウシーニョにスイッチした福岡は、69分に均衡を破る。ジウシーニョからパスを受けたウォン・ドゥジェがバイタルエリア右から右足を振り抜く。枠に飛んだシュートがゴール前の植田にディフレクトして、大きく弾んだボールがそのままゴールに。苦しい戦いを強いられた福岡がついにリードした。 ▽だが、リードを許した熊本も反撃。73分、ボックス左で縦に仕掛けた片山がジウシーニョに後方から倒されてPKのチャンスを獲得すると、これを嶋田が落ち着いてゴール左隅に沈める。熊本にとって、嶋田のゴールは7試合ぶりの得点。熊本が試合のスコアをイーブンに戻した。 ▽引き離したい福岡は、残る交代カードで三門、仲川に代えて、松田、城後を投入。より圧力を強めていきたいところだったが、終盤に入り、熊本が攻撃に力を注ぎ始めたことで、守備に追われてしまう。結局、試合は1-1の痛み分けで終了。6戦未勝利の福岡は、今節勝利したV・ファーレン長崎に2位を奪われる形で3位に後退している。 2017.09.18 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

熊本DFジュニオールが3週間の離脱

▽ロアッソ熊本は14日、同クラブのDFジュニオール(25)が3週間の離脱となることを発表した。 ▽ジュニオールは11日のトレーニングマッチ中に負傷。精密検査の結果、左ハムストリングの肉離れと診断された。加療期間は約3週間と発表されている。 ▽ジュニオールは今季、熊本で明治安田生命J2リーグ2試合に出場。熊本は現在、リーグ戦で20位と苦しんでいる。 2017.09.14 14:29 Thu
twitterfacebook
thumb

熊本MF村上巧が右ヒザ前十字じん帯損傷…加療期間は約6カ月

▽ロアッソ熊本は13日、MF村上巧が精密検査を行った結果、右ヒザ前十字じん帯損傷と診断されたことを発表した。加療期間は約6カ月。 ▽村上は、10日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節のカマタマーレ讃岐戦(0-0で引き分け)に先発出場した。しかし、41分に競り合った際にヒザを負傷し、交代を余儀なくされた。 ▽神奈川県出身の村上は、2016年に愛媛FCから熊本に加入。今シーズンはJ2リーグでここまで26試合に出場していた。 2017.09.13 14:55 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本MF米原秀亮が左肩関節脱臼…加療期間は約4週間

▽ロアッソ熊本は13日、MF米原秀亮が精密検査を行った結果、左肩関節脱臼と診断されたことを発表した。加療期間は約4週間。 ▽米原は、11日のトレーニング中に負傷した模様だ。 ▽熊本県出身の米原は、2016年10月に熊本の下部組織からのトップチーム昇格が内定。プロ初年度となった今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで2試合に出場している。 2017.09.13 14:48 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース