ラツィオが唯一の4連勝! 2節を残して5チームの決勝T進出が決定!《EL》2017.11.03 07:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節が2日に各地で行われた。この結果、5チームが2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

▽例年、混戦模様のグループステージで唯一の全勝を継続したのは、グループKのラツィオ。リーグ戦の好調を活かしたチームは、ズルテ・ワレヘム、フィテッセと格下相手にきっちり連勝を飾ると、前節は昨季リーグ・アン3位のニース相手に敵地で3-1の快勝を飾った。

▽そして、勝利で決勝トーナメント進出と首位通過が確定する今節は、ニースとのリターンマッチに臨んだ。エースFWインモービレら一部主力を温存したことで一進一退の攻防を強いられたが、試合終了間際の92分にセットプレーの流れからパローロがニアでフリックしたボールが相手のオウンゴールを誘い、劇的な形での1-0の勝利となった。

▽ラツィオと同様に3連勝で第4節を迎えたグループGのステアウア・ブカレスト、
グループHのアーセナル、グループLのゼニトは、いずれもドローに終わり、4連勝を逃した。それでも、勝ち点10の大台に乗せた3チームは他会場の結果によって、2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

▽また、ここまで2勝1分けの勝ち点7でグループB首位に立っていたディナモ・キエフは、敵地でのヤング・ボーイズとの一戦をブヤルスキのゴールで1-0で勝利。こちらも勝ち点を「10」に伸ばして突破を決めた。

◆EL決勝トーナメント進出(第4節終了時点)
▽グループB
ディナモ・キエフ(ウクライナ)

▽グループG
ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)

▽グループH
アーセナル(イングランド)

▽グループK
ラツィオ(イタリア)

▽グループL
ゼニト(ロシア)

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー来夏の獲得最優先はミリンコビッチ=サビッチか、熾烈な獲得レースも

▽レアル・マドリーが、ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(22)を来夏の獲得リストの最上位に上げたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッドといったクラブも獲得に動いていると噂されるミリンコビッチ=サビッチ。2015年夏にヘントから加入したセルビア代表MFは、これまでラツィオで公式戦106試合に出場しているヤングスターの1人だ。今シーズンはここまでリーグ戦23試合に出場し7ゴール3アシストを記録。『マルカ』は「彼は技術的に素晴らしく、フィジカルも強い。193cmという体格はサンティアゴ・ベルナベウでさらに成長するポテンシャルを持っている」と紹介している。 ▽また、元アルメリアのサッカー選手で、現在はバスケットボール選手であるニコラ・ミリンコビッチの息子であると共に、スペイン生まれであることも、マドリーのスカウトの興味を惹く要素となっているようだ。 ▽ミリンコビッチ=サビッチの現行契約は2021年まで。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』は、ラツィオは1億7000万ユーロ(約223億円)の移籍金を要求していると主張しているようだ。 2018.02.24 21:03 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコが連勝でラウンド16進出! ラツィオ&ゼニトが逆転突破!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが22日に各地で行われた。 ▽アトレティコ・マドリーvsコペンハーゲンは、ホームのアトレティコが1-0で勝利した。この結果、2戦合計5-1としたアトレティコがラウンド16進出を決めた。 ▽今大会出場チーム最多の2度の優勝を誇るアトレティコは、敵地で行われた初戦を4-1で快勝。今週末に行われるリーガエスパニョーラでセビージャとの上位対決を控えるチームは、グリーズマンやサウールら主力数名を温存。2トップにはガメイロとトーレスが起用された。 ▽試合は開始早々にアトレティコが動かす。7分、ボックス手前でコレアからパスを受けたガメイロがペナルティアーク付近で左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴールネットを揺らした。その後もコレアとビトロの両翼の個人技を軸に、トーレスやガメイロが積極的に相手の背後を狙って行く中、トーレスに幾度か決定機があったものの、試合は1-0のまま前半を終了した。 ▽迎えた後半、週末のセビージャ戦を睨んでコケ、コレアを早い時間帯に下げてサウール、ガイタンをピッチに送り込んで試合を締めにかかるアトレティコ。すると、指揮官の堅実な采配によって後半はなかなか決定的な場面を作り出せない。それでも、守護神オブラクとDFゴディンを中心に相手に決定機を作らせず、試合はこのままタイムアップ。地力の差を見せつけたアトレティコが順当にラウンド16へ駒を進めた。 ▽また、同時刻に行われたその他の試合では、敵地での1stレグを0-1で落としたラツィオがエースFWインモービレのハットトリックの活躍などで5-1の大勝を収め、2戦合計5-2のスコアで逆転突破を決めた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)やELの常連対決となったビジャレアルvsリヨン、ゼニトvsセルティックの2カードは、リヨンとゼニトが強豪対決を制した。ホームでの初戦を3-1で先勝したリヨンはやや守備的に試合に入って0-0のスコアで時間を進めていく。しかし、試合終盤に相手に退場者が出ると、85分にバートランド・トラオレのゴールで先制に成功し、敵地で1-0の勝利。2戦合計4-1で突破を決めた。また、敵地での初戦を0-1で落としたゼニトはイバノビッチの早々のゴールで2戦合計タイに戻すと、その後クジャイェフ、ココリンの2ゴールで突き放して3-0で快勝。2戦合計3-1として逆転での突破を決めた。 ▽22日の日本時間25時開催および27時開催となったELラウンド32・2ndレグの結果は以下のとおり。 ◆ラウンド32・2ndレグ結果(日本時間25時・27時開催試合) ▽2/22(木) ロコモティフ・モスクワ 1-0(AGG:4-2) ニース アトレティコ・マドリー 1-0(AGG:5-1) コペンハーゲン ※ディナモ・キエフ 0-0(AGG:1-1) AEKアテネ ラツィオ 5-1(AGG:5-2) ステアウア・ブカレスト ※RBライプツィヒ 3-3(AGG:3-3) ナポリ スポルティング・リスボン 3-3(AGG:6-4) アスタナ ビクトリア・プルゼニ 2-0(AGG:3-1) パルチザン ビジャレアル 0-1(AGG:1-4) リヨン ゼニト 3-0(AGG:3-1) セルティック ※アウェイゴール数で上回り突破 2018.02.23 05:19 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、デ・フライと既に加入合意か…ただ、CL権次第で状況一変も

▽イタリア『La Repubblica』が、ラツィオに所属するオランダ代表DFステファン・デ・フライ(26)のインテル移籍を報じた。 ▽ラツィオで不動のセンターバックを務めるものの、契約が今シーズン限りとなっているデ・フライ。同クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるイグリ・ターレ氏が先日、延長交渉の決裂を公言したことで、デ・フライの行先に注目が集まっている。 ▽そのデ・フライを巡っては、ユベントスやナポリ、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナ、パリ・サンジェルマンといった錚々たるクラブの関心が取り沙汰されているが、インテルが既に争奪戦を制している状況だという。 ▽伝えられるところによれば、インテルとデ・フライは、年俸400万ユーロ(約5億3000万円)+ボーナスの5年契約でプレ合意。だが、全てはインテルがチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるか否かにかかっているとみられている。 2018.02.21 10:15 Wed
twitterfacebook
thumb

争奪戦必至か…、デ・フライが今季終了後フリー移籍へ

▽ラツィオに所属するオランダ代表DFステファン・デ・フライ(26)は今シーズン終了後の移籍が決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2014年にラツィオに加入して以降、主力センターバックとして活躍するデ・フライ。現行契約が今シーズン限りとなっていることもあり、ユベントスやインテルのほか、シティとユナイテッドのマンチェスター勢が関心を示しているとされてきた。 ▽ラツィオでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるイグリ・ターレ氏がイタリア『Mediaset Premium』でデ・フライの去就に言及。水面下で続いた延長交渉の決裂により、今シーズン限りでラツィオを退団する見通しを明かしている。 「ラツィオは、デ・フライとの交渉から撤退する。理由は後で説明させてもらう。何カ月も交渉してきたが、いかなるものにも限界がある」 「彼は模範的なプロ選手。クラブに多大な貢献をしてくれた彼に感謝しているよ。我々は、6月をもって別々の道を歩むことになる」 2018.02.20 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

約1カ月半ぶりのゴールを含むインモービレのドッピエッタでラツィオが公式戦6試合ぶりの白星!《セリエA》

▽セリエA第25節のラツィオvsヴェローナが19日に行われ、2-0でラツィオが勝利した。 ▽公式戦5試合未勝利の5位ラツィオ(勝ち点46)が、降格圏の19位に沈むヴェローナ(勝ち点16)をホームに迎えた一戦。試合は地力に勝るラツィオが徐々に主導権を握ると7分、J・ルカクのパスをボックス左手前で受けたL・アルベルトがダイレクトで繋ぎ、ボックス左に抜け出したインモービレがシュート。しかし、これは相手GKの好守に阻まれた。 ▽攻勢を続けるラツィオは33分、ボックス左でボールを受けたL・アルベルトがカットインからシュートを放つと、これはクロスバーに直撃。さらにセカンドボールをマルシッチがヘディングで狙ったが、相手GKの正面に飛んでしまい、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半に入っても主導権を握るラツィオは56分、L・アルベルトのパスをボックス左で受けたインモービレがカットインから右足を振り抜くと、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽先制点で勢い付くラツィオは60分にも、中盤からのロングパスをボックス左で受けたインモービレが中央を駆け上がったミリンコビッチ=サビッチへパス。これをミリンコビッチ=サビッチがワンタッチでボックス右に流すと、走り込んだルリッチがダイレクトシュート。これは相手GKの左足に阻まれたが、こぼれ球に反応したインモービレが頭で押し込み、追加点を奪った。 ▽結局、試合は2-0で終了。約1カ月半ぶりのゴールを含むインモービレのドッピエッタでラツィオが、公式戦6試合ぶりの白星を飾った。 2018.02.20 06:37 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース