ホームで低調ドローも無敗アーセナルが決勝T進出!《EL》2017.11.03 07:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節、アーセナルvsレッドスター・ベオグラードが2日に行われ、0-0のドローに終わった。この結果、アーセナルは2節を残して決勝トーナメント進出を決めた。

▽積極的なターンオーバーを行いながらも地力の差を見せ付けてグループステージ3連勝中のアーセナルは、レッドスター(勝ち点4)相手の今節の勝利で決勝トーナメント進出が決定する。直近の公式戦で4連勝と勢いに乗るチームは、週末にマンチェスター・シティとのビッグマッチを控えるため、前回対戦と同様に大幅なターンオーバーを敢行した。

▽敵地での前回対戦と同じメンバーで臨んだアーセナルは、ジルー、ウォルコット、ウィルシャーの3トップを起点に序盤から決定機を作っていく。10分にはナイルズがボックス左で折り返したボールをゴール前のジルーが左足ワンタッチで合わすが、これは相手GKの好守に遭う。

▽試合の主導権を握る一方、ネルソンとナイルズの攻撃的なウイングバックの背後を取られて幾度か際どいクロスを許すが、エルネニー、ホールディング、ドゥビュシーの急造3バックが何とか凌ぐ。

▽その後も拮抗した展開が続く中、30分過ぎに絶好機を作り合う。まずは34分、中央を持ち上がったウィルロックのラストパスに抜け出したジルーがボックス右からシュートを放つが、これは相手GKの果敢な飛び出しに防がれる。すると直後にはラドンチッチの突破からスルニッチがミドルシュート。さらにこのプレーで得た左CKの流れからサビッチにゴール至近距離でヘディングシュートを許すが、ここはアーセナルGKメイシーが見事な反応で触ったボールがクロスバーを叩いた。

▽前半終盤にかけてはレッドスターへ流れが傾く中、44分には中盤でボールを奪ったカンガのスルーパスに抜け出したボアキエがボックス内でGKと一対一を迎えるが、ループシュートは枠を捉え切れず、前半はゴールレスで終了した。

▽後半に入っても相手の鋭いカウンターとサイドアタックに手を焼くアーセナルだが、64分に後半最初の決定機。左サイド深くで相手DFと入れ替わったナイルズからボックス中央で短いパスを受けたウィルシャーがGKの脇を抜くループシュートを放つが、これはゴールライン手前で相手DFのスーパークリアに遭う。

▽その後、68分にウィルロックを下げて先日のEFLカップのノリッジ戦でチームを勝利に導く劇的な2ゴールを決めた18歳の新星FWエンケティアをピッチに送り込む。だが、なかなか相手の守備を崩し切れずにいると、80分にはボックス左へ抜け出したフルキエに決定機を許すが、ここは前半同様に相手のシュートミスに救われた。

▽結局、試合はこのままゴールレスでタイムアップ。試合後にはホームでの格下相手のドローでブーイングも飛び交ったものの、同時刻開催の試合で勝ち点5差のBATEボリソフ(勝ち点4)が最下位ケルンに2-5で敗れたため、2節を残して決勝トーナメント進出が決定した。

コメント

関連ニュース

thumb

「自身の挑戦に囚われていた」ヴェンゲル氏がアーセナルでの22年間を後悔

元アーセナルのアーセン・ヴェンゲル氏は、22年間もの長期政権を築いたことは誤りだったと明かした。<br><br>1996年にアーセナルの指揮官に就任して以降、3度のプレミアリーグ優勝などクラブに数々のタイトルをもたらしたヴェンゲル氏。しかし、近年はチャンピオンズリーグ出場権を逃すなど低迷が続き、2017-18シーズンをもって22年間のアーセナルでのキャリアに終止符を打った。<br><br>アーセナルを退団して2カ月が経つものの、ヴェンゲル氏の新天地は依然として決まっていない。そんな中、フランス『RTL』の番組に出演した同氏はイングランドで長期政権を築いたことへの後悔を語った。<br><br>「1つのクラブに22年間も居続けたことが最大の誤りだった。私は新しいことや変化を好む人間で、挑戦することも好きだ。しかし、この間私は自分自身のチャレンジの囚人になっていた」<br><br>さらに、指揮官時代の苦悩について「多くの人を傷つけてきたことを後悔している。本当に多くの人を無視したし、家族や私に近い人のこともないがしろにした」と言及するも「しかし深く考えてみれば何かに熱中した人間は自分勝手で、好きなことばかりを追いかけている。多くのことを失ってでも骨を追いかけ続けるんだ」と持論を展開した。<br><br>そして、今後についての質問にも回答。「まだ何も決めていない。自分自身にも同様の質問を投げかけている。今までやってきたことをこれからも続けるのか? それとも今まで経験してきたことを別の方法で伝えていくのか? これは2、3カ月以内に答えを出す必要のあることだ」<br><br>将来についてはまだ何もわからないと話したヴェンゲル氏だが、1996年までいた日本に戻り、代表指揮官に就任するのではないのかとも報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.18 17:29 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーから一転…ゴロビンはユーベ移籍希望?

▽CSKAモスクワに所属するロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(22)が、ユベントス移籍を望んでいるようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ゴロビンは、自国開催となったワールドカップ(W杯)でブレイク。優れた技術と視野、豊富な運動量でロシア代表の攻撃の中心選手となり、チームを準々決勝に導いた。当然ながら、移籍市場においても人気を博しており、去就が注目を集めている。 ▽『ミラー』によると、アーセナルとチェルシーが速い段階で獲得に乗り出しており、中でもチェルシーが優勢な状況だ。しかし、イタリア『トゥットスポルト』の報道を引用したところでは、選手当人がユベントス行きを望んでいるという。 ▽レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したことにより、スーパースターとの競演を希望しているゴロビンの気持ちが、ユベントスに傾いたとのことだ。 ▽昨シーズンのゴロビンは、CSKAモスクワでの公式戦43試合に出場して7ゴール6アシストを記録。突如として眩い輝きを放った22歳のプレーメーカーの去就は、どのような形で決着を迎えるのだろうか。 2018.07.14 20:35 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル加入のL・トレイラ、移籍前にオファーを断っていたクラブとは?

▽アーセナルに移籍したウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(22)だが、その前に断りを入れていたクラブが合ったようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽アーセナルは10日、サンプドリアからトレイラを獲得したことを発表した。今回のロシア・ワールドカップ(W杯)ではウルグアイ代表として5試合に出場し印象的なパフォーマンスを披露。今夏の移籍マーケットの注目株の1人であった。 ▽トレイラには他のクラブも関心を寄せていたようだが、同選手の代理人であるパブロ・ベンタンクール氏はそれを認め、具体的なクラブ名も明かしている。 「ルーカスにはドルトムントやナポリ、それにスペインの数クラブからコンタクトがあったよ。しかしすでにアーセナルと口頭合意に至っており、クラブレベルでは全てが終了していたんだ。私は確信しているよ。アーセナルが今後の成長に繋がる理想的なクラブだとね」 2018.07.14 16:32 Sat
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表GKオスピナが移籍を考慮? 新天地はアルゼンチンか

▽アーセナルのコロンビア代表GKダビド・オスピナ(29)が、移籍を考慮しているようだ。コロンビア『Gol Caracol』が伝えている。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)ではコロンビア代表の守護神としてラウンド16に導いたオスピナ。2014年夏にブラジルW杯での活躍からニースからアーセナルに加入し、負傷明けのシーズン後半から正GKの座を務めたものの、翌シーズンからはチェルシーから加入したGKペトル・チェフの後塵を拝することに。2017-18シーズンは主にカップ戦で出場機会を見いだし公式戦21試合に出場した。 ▽元々の出場機会の少なさに加えて、今夏にアーセナルは新守護神候補となるGKベルント・レノをレバークーゼンから獲得。2度のW杯出場経験を持つコロンビアの守護神は更なる窮地に立たされることになった。 ▽そんな中、オスピナの代理人が選手の去就についてコメント。『Gol Caracol』に対し以下のように語っている。 「いくつかのクラブがダビドに興味を持っている。アーセナルでは満足のいくシーズンを送ることはできていないが、クラブを離れることは簡単ではない。2年以上契約も残っているしね。プライオリティはヨーロッパだ。しかし、我々は待つ必要がある」 ▽同メディアによれば、オスピナにはアルゼンチンのボカ・ジュニアーズが関心を示しており、600万ポンド(約8億9000万円)の移籍金を用意しているようだ。 2018.07.12 16:36 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルがU-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジを獲得! 「とにかくタイトルが欲しい」

▽アーセナルは11日、リーグ2(フランス2部)のロリアンに所属するU-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジ(19)を獲得したことを発表した。契約期間や移籍金は公開されていない。背番号は「29」を着用することが決定している。 ▽パリ・サンジェルマンの下部組織で育ったグエンドウジは、17歳当時の2016年10月にロリアンでプロデビュー。ロリアンでは2017-18シーズン終了までで公式戦通算30試合に出場して1アシストを記録した。 ▽新シーズンからアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、グエンドウジ獲得に関して以下のようにコメントしている。 ◆ウナイ・エメリ監督 「マッテオ(・グエンドウジ)が仲間になってくれて、私たちは嬉しく思う。彼は才能のある若手で、多くのクラブが関心を示していた。大きなポテンシャルを備えており、昨シーズンをロリアンのファーストチームで過ごして良い方向に変化した。学習と改善を求めており、私たちのファーストチームの中で重要な選手になるだろう」 ▽また、当のグエンドウジも以下のように喜びを表現している。 ◆MFマッテオ・グエンドウジ 「アーセナルはいつも僕の心にあったチームで、幼い頃から入団したかった。大きな自信を与えてくれる、信じられないよ。ここで偉大なことができるようになりたい」 「僕の夢はこのアーセナルでトッププレーヤーになりたいんだ。多くの偉大な選手たちがここでプレーした。クラブの歴史の一部になりたいし、大きなことを成し遂げたい。とにかくタイトル、タイトル、タイトルが欲しいんだ。ここに定着したいし、それは驚くようなことだろう」 2018.07.11 19:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース