劇的OG弾で4連勝のラツィオがグループKを首位で通過! ズルテ・ワレヘムが今季EL初勝利でニースとの2位争いに名乗り《EL》2017.11.03 07:28 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)グループK第4節のラツィオvsニースが2日に行われ、1-0でラツィオが勝利した。この結果、グループステージ4連勝を飾ったラツィオの首位通過が決定した。

▽全勝で首位に立っているラツィオ(勝ち点9)が、2勝1敗で2位につけるニースを本拠地スタディオ・オリンピコに迎えた一戦。今節の勝利でGS首位通過の決まるラツィオは、直近に行われたセリエA第11節ベネヴェント戦から先発を6人変更。インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、パローロらに代えてカイセドやナニ、ムルジャらを先発で起用した。

▽一方、前回対戦で敗戦を喫したニースは、直近に行われたリーグ・アン第11節パリ・サンジェルマン戦から先発を5人変更。GKカルディナーレやバロテッリ、ルサンバらに代えてGKワルテル・ベニテスやプレア、コジエッロらが先発した。

▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中、23分にニースはダンテのロングパスからボックス右に走り込んだメルがダイレクトボレーで合わせたが、これはゴール右に外れた。

▽対するラツィオは、31分に左CKのこぼれ球をボックス手前のマルシッチがダイクレトシュート。しかし、このシュートは相手DFに当たりゴール右に逸れた。

▽ゴールレスで迎えた後半も、一進一退の展開が続くとラツィオが先に動く。59分、ナニとムルジャを下げてミリンコビッチ=サビッチとルリッチを投入する2枚替えを敢行。対するニースは66分、スナイデルを下げてルサンバをピッチに送り出した。

▽ラツィオは74分、J・ルカクを下げてパローロを投入し、3枚の交代カードを使い切った。しかし、直後にチャンスを迎えたのはニース。77分、スルーパスで右サイドを突破したワルテルの折り返しをニア走り込んだプレアが合わせたが、これは相手DFのブロックに阻まれる。

▽攻勢を強めたいニースは、80分にメルを下げてバロテッリを投入したが、ゴール前で集中した守りを見せるラツィオ守備陣を崩し切れない。

▽試合も終盤に突入し、このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムに試合が動く。93分、ルイス・アルベルトの右CKをニアサイドに走り込んだパローロが頭でフリックすると、このボールがル・マルシャンに当たり、そのままゴールネットに吸い込まれた。

▽結局、このゴールが決勝点となりラツィオが1-0で勝利。劇的オウンゴール弾で4連勝を飾ったラツィオが、グループKを首位で通過した。

▽また、同日に行われたグループKもう一試合のフィテッセvsズルテ・ワレヘムは0-2でズルテ・ワレヘムが勝利。試合は開始早々の3分にボードリーのゴールでズルテ・ワレヘムが先制。

▽リードして後半を迎えたズルテ・ワレヘムは、70分にもカヤのゴールで追加点を奪うとそのまま逃げ切りに成功。今季EL初勝利を飾った。

▽この結果、ラツィオ(勝ち点12)がグループKを首位通過。ラツィオに連敗を喫したニース(勝ち点6)が2位、今節勝利したズルテ・ワレヘム(勝ち点4)が3位、フィテッセ(勝ち点1)が4位となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

インモービレ負傷交代も攻撃陣爆発のラツィオが連勝で暫定3位に浮上!《セリエA》

▽セリエA第21節、ラツィオvsキエーボが21日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのラツィオが5-1で勝利した。 ▽前節、インモービレの4ゴールの活躍でSPALに大勝したラツィオは、宿敵ローマを抜き4位でウィンターブレークに入った。そして、短い休暇明けの今節では13位のキエーボをホームで迎え撃った。 ▽試合は立ち上がりからホームのラツィオが押し込む展開に。ウイングバックの攻撃参加でサイドの深い位置を取りつつ、中央でのコンビプレーも見せながら相手の守備網攻略を目指すラツィオは9分にパローロ、20分過ぎにはマルシッチ、インモービレがGKソレンティーノのセーブを強いる。 ▽すると23分、右サイド深くで仕掛けたマルシッチがDF2枚を振り切ってボックス内に侵入。相手DFを引き付けてマイナスのパスを送ると、これをルイス・アルベルトが右足ダイレクトシュート。シュートブロックに入ったDFに当たってコースが変わったシュートがゴール左隅に決まった。しかし、この先制点で気を抜いたラツィオは相手のリスタートからラドバノビッチに前線へのフィードを許すと、これをボックス内で胸トラップしたプッチャレッリにボレーで流し込まれ、先制後最初のプレーでスコアをタイに戻された。 ▽拙い試合運びを見せてしまったラツィオだったが、抜群の破壊力を誇る攻撃陣がすぐさま勝ち越し点をもたらす。32分、左サイド深くでルリッチがマイナス気味のグラウンダーパスをボックス手前のパローロに通す。これをパローロがワンタッチで短く落とすと、最後はミリンコビッチ=サビッチが右足のダイレクトシュートでゴール左下隅に突き刺した。 ▽その後、立ち上がりから内転筋に違和感を訴えていたインモービレがプレー続行不可能となり、フェリペ・アンデルソンの投入を強いられたラツィオは前半終了間際にルーカス・レイバのスタンプでPKを取られる。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われた結果、判定が覆り1点リードのまま前半を終えることになった。 ▽迎えた後半、開始直後からプッチャレッリやステピンスキの2トップにフィニッシュの形を作られるなど、やや劣勢を強いられるラツィオ。それでも、粘り強い守備で失点を凌ぐと、68分にはルーカス・レイバの柔らかなフィードに反応したミリンコビッチ=サビッチがオフサイドラインをうまくかいくぐり見事なダイレクトボレーで後半最初のゴールを奪った。 ▽その後、ルリッチとミリンコビッチ=サビッチを下げてジョルダン・ルカク、ナニを投入して試合を締めにかかるラツィオだが、83分にはセットプレーの二次攻撃からナニの短いパスを受けたバストスがボックス手前から右足を振り抜くと、これが相手DFにディフレクトしゴール左隅に吸い込まれる。さらに86分にはカウンターで相手陣内を持ち上がったルカクのラストパスを受けたナニが豪快なシュートを突き刺し、5点目を奪取。インモービレの負傷交代というアクシデントに見舞われながらも5-1で快勝のラツィオが2連勝で暫定3位に浮上した。 2018.01.22 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

各国強豪が動向追うデ・フライ、SDは残留を期待「彼の心はラツィオに」

ラツィオのイグリ・ターレSD(スポーツディレクター)が14日、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューにおいて、DFステファン・デ・フライについて言及した。<br><br>オランダ代表DFは今シーズン終了後にラツィオとの契約満了を迎えるが、これまで同クラブから提示された新契約のサインに難色を示してきた。このためバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、インテル、ユベントスなど強豪クラブが選手の獲得に興味を示しているが、主軸選手の残留を強く望むターレSDは相次ぐオファーをけん制した。<br><br>「デ・フライ? 両者で決めることになるが、良い所まで来ている。私は彼がこれからもここでプレーしてくれることを望んでいるが、彼の希望も同じだ。彼はクラブやこの場所に愛着を感じている。彼には強豪クラブからのオファーがたくさんあるが、彼の心の中のクラブはラツィオだ。だから最終的に彼が残ってくれることを望んでいる」<br><br>デ・フライとの新契約については、「水曜日(17日)までに? 明日もあり得る。いつかになるかは問題ではないが、最終的に合意に至るだろう」と述べ、自信を見せている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.15 18:15 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが狙うルイス・アルベルトにラツィオが新契約提示へ

▽ラツィオがスペイン代表FWルイス・アルベルト(25)に対して新契約を提示する準備を行っているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ラツィオで2シーズン目を迎えたルイス・アルベルトは、セリエAで19試合6ゴールを奪うなどチームの攻撃陣をけん引している。この活躍に目を付けたバルセロナが、今冬の移籍市場で同選手獲得に向けた動きをみせているとスペイン『アス』は報じていた。 ▽しかしラツィオもルイス・アルベルトを大事な戦力として考えているようで、2021年までとなっている同選手との契約を延長しようと動き出したようだ。 ▽報道によれば、近日中にクラブの首脳陣がルイス・アルベルトとコンタクトを取り、1年間の延長をオファーすると言われている。現在は年俸120万ユーロ(約1億6000万円)だが、新契約では150万ユーロ(約2億円)にインセンティブが含まれるという。 2018.01.11 10:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオがヴェローナのウルグアイ代表DFカセレスを完全移籍で獲得

▽ラツィオは8日、エラス・ヴェローナのウルグアイ代表DFマルティン・カセレス(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽ビジャレアルやバルセロナ、ユベントス、セビージャ、サウサンプトンと多くのクラブを渡り歩いたカセレスは、2017年8月にヴェローナへと移籍。今シーズンはセリエAで14試合に出場し3ゴールを記録していた。また、ユベントス時代を含め、セリエAでは91試合に出場し7ゴールを記録している。 ▽なお、ラツィオとの契約には延長オプションもついているとのことだ。 2018.01.08 21:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオがインモービレの4発で圧勝、インモービレはシーズン20Gに到達《セリエA》

▽ラツィオは6日、セリエA第20節でSPALとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。 ▽前節インテルに引き分けた5位ラツィオ(勝ち点37/未消化1試合)が、17位SPAL(勝ち点15)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は開始5分にラツィオが先制する。左クロスの浮いたルーズボールをL・アルベルトが絶妙なトラップで処理してボックス中央に侵入。ゴール右へシュートを流し込んだ。 ▽しかし直後の6分、ボックス内のバスタが相手のボレーシュートを手で止めてしまい、PKを献上。これをアンテヌッチに決められ、試合を振り出しに戻された。 ▽それでも19分、L・アルベルトのダイレクトパスに反応してボックス左に侵入したインモービレが、ゴール右にシュートを流し込んでラツィオが勝ち越しに成功すると、26分にはミリンコビッチ=サビッチのスルーパスでボックス中央に侵入したインモービレがGKとの一対一を制して3-1と突き放した。 ▽その後、30分に右クロスのルーズボールをボックス中央のアンテヌッチにシュートを流し込まれ、1点差に詰め寄られたラツィオだったが、41分に右サイドからのバスタの左足クロスをニアサイドのインモービレがヘッドで合わせてネットを揺らし、前半だけでトリプレッタを達成。ラツィオが4-2で前半を終えた。 ▽迎えた後半開始5分、CKの流れからインモービレがこの試合4点目を奪ったラツィオは、ミリンコビッチ=サビッチとラドゥをお役御免とし、フェリペ・アンデルソンを投入する。 ▽そのラツィオはヴィヴィアーニの直接FKが左ポストを直撃してひやりとするも、J・ルカクがGKを強襲するシュートを浴びせるなど牽制。主導権を渡さずに時間を消化し、5-2で試合を終わらせた。なお、この試合で4ゴールを奪ったインモービレはシーズン20ゴールに到達している。 2018.01.07 01:14 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース