リヨンに連敗のエバートンが敗退…アタランタとリヨンが決勝T進出に近づく!《EL》2017.11.03 05:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第4節、リヨンvsエバートンが2日に行われ、ホームのリヨンが3-0で快勝した。この結果、2節を残してエバートンのグループステージ敗退が決定した。

▽エバートン、アタランタ、リヨンと欧州主要リーグの上位チームが同居した今グループステージ最激戦区のグループE。第3節終了時点では勝ち点7のアタランタが首位、勝ち点5のリヨンが2位に位置し、共に未勝利のアポロン・リマソル(勝ち点2)、エバートン(勝ち点1)が後に続く。

▽前回対戦でリヨンに敗れた最下位エバートンが必勝を期して臨んだ一戦だったが、序盤からホームのリヨンが押し込む展開が続く。23分には右サイドでデパイが上げたクロスをゴール前のトラオレが頭で合わすが、GKピックフォードが何とか弾く。このこぼれ球を拾ったフェキルがボックス左角度のないところからシュートを放つが、ここもピックフォードの好守に遭う。

▽その後もボールを保持して相手を押し込むリヨンは、36分にボックス手前で得たFKを名手デパイが直接狙うが、このシュートはややコースが甘くGKが枠外に弾き出す。一方、序盤から攻撃の形を作れないエバートンは前半終盤にアクシデントに見舞われる。空中戦の競り合いでコルネと交錯したマルティナが背中から地面に落ちた際に後頭部を強くピッチに打ち付け、意識を失う。その後、ピッチ内で治療を受けた後、頭部を固定された状態で担架に乗せられたマルティナに代わって、ベシッチが43分に投入された。

▽マルティナの負傷交代というアクシデントもあった中、結局ゴールレスのまま折り返した試合は、後半もリヨンペースが続く。それでも、グイエのシュートやルックマンの突破からのクロスでシグルドソンに決定機が訪れるなど、アウェイチームも反撃を開始する。

▽だが、時間の経過と共にエバートンを押し込むリヨンは68分、エンドンベレのスルーパスに反応したトラオレが不用意にゴールマウスから飛び出したGKピックフォードをかわして無人のゴールへ流し込み、待望の先制点を奪った。

▽さらにリヨンは76分、ゴール前に抜け出したマリアーノが競ったこぼれ球を拾ったデパイからラストパスを受けた途中出場のオアールが冷静に流し込み、試合を決定付ける2点目を奪った。

▽その後、シュナイデルランが2枚目のカードをもらい退場となったことで大勢が決した試合は、88分にもリヨンがフェリの右クロスをゴール前に飛び込んだデパイが頭で合わせ、ダメ押しの3点目を奪い、リヨンの3-0の快勝で決着した。

▽また、同日行われたグループEのもう1試合、アポロン・リマソルvsアタランタは、1-1のドローに終わった。

▽ここまで2勝1分けの無敗で首位に立つアタランタは、35分にイリチッチのPKで先制に成功する。その後もホームチームの反撃を冷静に受け流しながらリードを保つ。だが、試合終了直前の94分に右サイドからのロングクロスをゴール前のスラヤに頭で流し込まれ、土壇場で追いつかれる。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、アタランタは残り数分を耐え切れず、今節での決勝トーナメント進出を逃した。

▽この結果、グループEは首位アタランタと2位リヨンが勝ち点8で並び、勝ち点3のアポロン・リマソルがわずかながらも突破の可能性を残した。

コメント

関連ニュース

thumb

4連敗スタートのウェストハムが初勝利! ヤルモレンコが移籍後初弾含む2発などでエバートンに勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節、エバートンvsウェストハムが16日に行われ、1-3でウェストハムが勝利した。 ▽1勝3分けスタートとなったエバートンと、4連敗スタートのウェストハムの一戦。 ▽立ち上がりからエバートンが押し込む流れとなったが、11分に先制したのはウェストハム。浮き球パスに抜け出したアルナウトビッチがボックス左に侵入して中へ折り返し、ヤルモレンコが押し込んだ。 ▽ヤルモレンコの移籍後初弾で先制を許したエバートンは25分、左クロスをトスンがヘディングシュートを浴びせるも、GKファビアンスキの守備範囲に飛んでしまう。 ▽すると31分、右サイドからカットインしたヤルモレンコが左足を一閃すると、正確にコントロールされたシュートがゴール左上に決まった。 ▽2点を追う展開となったウェストハムは37分にウォルコットが個人技からシュートに持ち込むと、前半追加タイム2分、ケニーの右クロスからシグルドソンがヘディングシュートでゴール右に決めて1点差として前半を終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防が続くと、61分にウェストハムが突き放す。オビアンとのパス交換でボックス中央に侵入したアルナウトビッチがスライディングシュートを流し込んだ。 ▽その後、負傷したアルナウトビッチがプレー続行不可能となってアントニオを投入したウェストハムに対し、再び2点を追う展開を強いられたエバートンはトスンに代えてニアッセを投入。 ▽しかし、C・サンチェスを投入して守備を締めたウェストハムは、84分のニアッセのボレーシュートがバーを叩いて助かり、3-1のまま勝利。今季初勝利を手にしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 02:02 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、エバートンのマルコ・シウバ監督引き抜きの違法性を調査! 勝ち点剥奪の可能性も…

▽プレミアリーグがエバートンのマルコ・シウバ監督の引き抜きに関して不正なアプローチがあった可能性を調査しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽前ワトフォードの指揮官であるシウバ監督は、今年1月に成績不振を理由に解任された。しかし、この解任に関してはロナルド・クーマン監督解任時に後任として、シウバ監督の招へいに動いたエバートンとの不正なアプローチが影響したとも伝えられた。 ▽結局、エバートンは同時期のシウバ監督の引き抜きを諦め、サム・アラダイス監督を昨季終了までの契約で新指揮官に据えたが、シウバ監督は今季開幕前にフリーエージェントの形でエバートンの新指揮官に就任していた。 ▽ワトフォード側はシウバ監督の解任理由がエバートン側とのクラブに未申告で行われた交渉による影響だったこと。その後、エバートンが契約解除金ゼロで同監督の招へいを決めたことが不正なアプローチであると主張し、プレミアリーグ機構側に調査を依頼していたようだ。 ▽なお、今回の調査でエバートンとシウバ監督側の不正が認められた場合、ワトフォード側への賠償金の支払いおよび勝ち点剥奪などのペナルティが科される可能性があるという。 ▽だが、ワトフォードはリーグ機構側に調査を依頼している一方、クラブ間での示談交渉も行っており、最終的にクラブ間での賠償金の支払いで決着する模様だ。 2018.09.15 14:54 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートンに痛手、コールマンが再びウェールズ戦で負傷…右足の疲労骨折か

▽エバートンに所属するアイルランド代表DFシェイマス・コールマンが再びウェールズ代表戦で負傷したようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽『リバプール・エコー』が伝えるところによれば、コールマンは6日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグBグループ4のウェールズ戦(1-4で敗戦)にアイルランド代表の一員としてフル出場を果たした。だが、同試合後に右足の疲労骨折を負い、11日に行われたポーランド代表との国際親善試合の出場を回避していた。 ▽コールマンと言えば、2017年3月に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のウェールズ戦で相手DFニール・テイラーの悪質なタックルで右足を骨折し、長期離脱を強いられた過去がある。今回は相手選手との接触プレーが原因のケガではないものの、再びウェールズ戦での負傷となった。 ▽なお、コールマンの離脱期間は数週間単位と見込まれている。 2018.09.13 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ピックフォード、アリソンのミスに言及「僕なら…」

▽エバートンに所属するイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが、同業者のミスに触れた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽リバプールのブラジル代表GKアリソン・ベッカーは、1日に行われたプレミアリーグ第4節レスター・シティ戦に先発。それ以前の3試合同様、クリーンシート達成での勝利を目指した。 ▽しかし、リバプールが2-0でリードして迎えた63分、DFファン・ダイクからのバックパスを受けたアリソンは、相手FWのチェックを足技でかわしにかかったがボールをロスト。MFラシド・ゲザルに難なく決められ、開幕から続いていた無失点記録を途絶えさせてしまった。 ▽試合は辛くも2-1での勝利に終えたものの、アリソンにはやや批判的な意見が寄せられ、当人も「あれは大きく蹴るべきだった」と反省している状況だ。 ▽今夏、総額7250万ユーロ(約94億9000万円)でローマから入団したアリソンの失態について、イングランド代表の正GKピックフォードは以下のような見解を示している。 「質の高いゴールキーパーであれば、足元も上手くなければならない」 「それは僕の長所でもあり、練習を続けていることだ」 「エバートンのマルコ・シウバ新監督はそこも重視していて、プレーに出してるよ。適切な時にそれをやるかは全て意思決定に関することで、僕は自分自身を大きすぎるリスクに晒そうとは決して思わない」 「僕なら(アリソンのように)トリックを使おうとはしないよ。捕らえられたくはないし、それはリスクだ」 ▽昨夏、サンダーランドから最大3000万ポンド(約43億7000万円)の移籍金で加入したピックフォードはエバートンの守護神として活躍。さらに、ロシア・ワールドカップ(W杯)では決勝トーナメントに入ったコロンビア代表戦、スウェーデン代表戦などで圧巻のゴールキーピングを披露し、同国のベスト4進出の立役者となった。 2018.09.07 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンFWサンドロ・ラミレス、ソシエダにレンタル移籍

▽レアル・ソシエダは30日、エバートンのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(23)を1年間のレンタル移籍で加入したことを発表した。 ▽バルセロナのカンテラ出身でストライカー兼ウインガーのサンドロは2015年にトップチームへ昇格するも、世界屈指の前線のタレントを誇るトップチームで出場機会を得ることができず。その後、2016年7月にフリーで加入したマラガではリーグ戦14ゴールを挙げる活躍をみせ、昨夏エバートンに完全移籍した。 ▽しかし、エバートンではイングランドのサッカーに馴染めず、加入1年目は公式戦15試合でわずか1ゴールにとどまり、シーズン後半戦はセビージャへレンタルに出されていた。 ▽ソシエダでは29日にスペイン人FWイマノル・アギレチェ(31)が現役引退を発表しており、サンドロが同選手の後釜を担うことになる。なお、サンドロのソシエダでのデビュー戦はインターナショナルウィーク明けに本拠地アノエタで行われるリーガエスパニョーラ第4節、古巣バルセロナ戦になる模様だ。 2018.08.31 04:57 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース