リヨンに連敗のエバートンが敗退…アタランタとリヨンが決勝T進出に近づく!《EL》2017.11.03 05:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループE第4節、リヨンvsエバートンが2日に行われ、ホームのリヨンが3-0で快勝した。この結果、2節を残してエバートンのグループステージ敗退が決定した。

▽エバートン、アタランタ、リヨンと欧州主要リーグの上位チームが同居した今グループステージ最激戦区のグループE。第3節終了時点では勝ち点7のアタランタが首位、勝ち点5のリヨンが2位に位置し、共に未勝利のアポロン・リマソル(勝ち点2)、エバートン(勝ち点1)が後に続く。

▽前回対戦でリヨンに敗れた最下位エバートンが必勝を期して臨んだ一戦だったが、序盤からホームのリヨンが押し込む展開が続く。23分には右サイドでデパイが上げたクロスをゴール前のトラオレが頭で合わすが、GKピックフォードが何とか弾く。このこぼれ球を拾ったフェキルがボックス左角度のないところからシュートを放つが、ここもピックフォードの好守に遭う。

▽その後もボールを保持して相手を押し込むリヨンは、36分にボックス手前で得たFKを名手デパイが直接狙うが、このシュートはややコースが甘くGKが枠外に弾き出す。一方、序盤から攻撃の形を作れないエバートンは前半終盤にアクシデントに見舞われる。空中戦の競り合いでコルネと交錯したマルティナが背中から地面に落ちた際に後頭部を強くピッチに打ち付け、意識を失う。その後、ピッチ内で治療を受けた後、頭部を固定された状態で担架に乗せられたマルティナに代わって、ベシッチが43分に投入された。

▽マルティナの負傷交代というアクシデントもあった中、結局ゴールレスのまま折り返した試合は、後半もリヨンペースが続く。それでも、グイエのシュートやルックマンの突破からのクロスでシグルドソンに決定機が訪れるなど、アウェイチームも反撃を開始する。

▽だが、時間の経過と共にエバートンを押し込むリヨンは68分、エンドンベレのスルーパスに反応したトラオレが不用意にゴールマウスから飛び出したGKピックフォードをかわして無人のゴールへ流し込み、待望の先制点を奪った。

▽さらにリヨンは76分、ゴール前に抜け出したマリアーノが競ったこぼれ球を拾ったデパイからラストパスを受けた途中出場のオアールが冷静に流し込み、試合を決定付ける2点目を奪った。

▽その後、シュナイデルランが2枚目のカードをもらい退場となったことで大勢が決した試合は、88分にもリヨンがフェリの右クロスをゴール前に飛び込んだデパイが頭で合わせ、ダメ押しの3点目を奪い、リヨンの3-0の快勝で決着した。

▽また、同日行われたグループEのもう1試合、アポロン・リマソルvsアタランタは、1-1のドローに終わった。

▽ここまで2勝1分けの無敗で首位に立つアタランタは、35分にイリチッチのPKで先制に成功する。その後もホームチームの反撃を冷静に受け流しながらリードを保つ。だが、試合終了直前の94分に右サイドからのロングクロスをゴール前のスラヤに頭で流し込まれ、土壇場で追いつかれる。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、アタランタは残り数分を耐え切れず、今節での決勝トーナメント進出を逃した。

▽この結果、グループEは首位アタランタと2位リヨンが勝ち点8で並び、勝ち点3のアポロン・リマソルがわずかながらも突破の可能性を残した。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートンのボラシエが11カ月ぶりにトレーニング復帰

▽エバートンのコンゴ民主共和国代表FWヤニク・ボラシエ(28)が11か月ぶりにトレーニングに復帰した。クラブが公式サイトで伝えている。 ▽昨年12月に、マンチェスター・ユナイテッドとの試合で右ヒザ十字じん帯を負傷して以来戦線から離れていたボラシエ。2度の手術を乗り越え、22日のトレーニングにおよそ11カ月ぶりに参加した。先日、すでにエバートンのU-23チームで実戦復帰していたボラシエだったが、トップチームでのプレーに向けてまた一歩近づいたようだ。 ▽ボラシエは2016年夏にクリスタル・パレスから2500万ポンド(当時約35億4000万円)の移籍金で加入。昨季は右ウイングを主戦場に14試合に出場し1ゴール4アシストを記録していた。 2017.11.23 01:23 Thu
twitterfacebook
thumb

“ダイブ”のエバートンFWニアッセに2試合の出場停止処分

▽イングランドサッカー協会(FA)は22日、18日に行われたプレミアリーグ第12節、クリスタル・パレス戦で“ダイブ”したエバートンのセネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセに対して2試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ▽ニアッセは、2-2のドローに終わった18日のパレス戦に先発フル出場を果たした。同試合ではパレスが開始2分にMFジェームズ・マッカーサーのゴールで早々に先制。だが、直後の5分にはボックス内で仕掛けたニアッセが相手DFスコット・ダンと交錯し倒れると、このプレーでエバートンにPKが与えられる。これをキッカーのDFレイトン・ベインズが決めて、試合を振り出しに戻していた。 ▽このPKの場面では、DFダンがPKを避けるために足を出しに行くことを止めていたものの、ニアッセは足をかけられたように演技を行い、これが“ダイブ”にあたると、各方面で非難の声が挙がっていた。 ▽そして、FAは同試合後、ニアッセの当該行為に関して調査を開始。元マッチオフィシャル、元レフェリー、元プレーヤーの3者で構成される独立規律委員会が中継映像で確認を行ったところ、全会一致でニアッソの行為が「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」にあたると確認した。 ▽なお、“ダイブ”やシミュレーションなどが横行するイングランドサッカー界では、2017-18シーズンから「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」に対して、厳格な処分を科すことを決定した。 ▽そして、今回処分を科されるニアッセは、プレミアリーグにおいて最初の処分者となる不名誉な記録を残すことになった。 2017.11.23 01:04 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグで活躍した元ナイジェリア代表FWヤクブが現役引退

▽エバートンやポーツマスで活躍した元ナイジェリア代表FWヤクブ・アイエグベニ(35)が22日、現役引退を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』に語っている。 ▽ポーツマスやミドルスブラ、エバートンにブラックバーンなどでプレーしたセンターフォワードのヤクブは、プレミアリーグ通算252試合に出場して95ゴール16アシストをマーク。ナイジェリア代表としては57試合に出場して21ゴールを挙げ、2010年南アフリカワールドカップに出場した。 ▽2017年4月にはコヴェントリーと契約していたが、シーズン終了後に契約満了となって以降はフリーとなっていた。そのヤクブは『スカイ・スポーツ』に対して次のように語った。 「まずはこのようなキャリアを送れたことを感謝したい。ナイジェリアサッカー協会や代表のチームメートにね。代表でのプレーは思い出に残るものばかりだった」 「そして所属した各クラブにも感謝したい。監督やスタッフ、オーナー、そしてチームメートにもね。自分のキャリアを支えてくれたクラブに感謝したい」 「1997年にナイジェリアでキャリアをスタートさせた際にはこれほどの成功は考えていなかった。イングランドでのプレーは、自分を選手として人として成長させてくれた。今は新たなスタートを切るタイミングだと思ったんだ」 2017.11.23 00:33 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのオランダ人老将がエバートン監督に?

▽エバートン次期監督候補に元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のあの男の名前が急浮上した。イギリスの地元紙『リバプール・エコー』が報じた。 ▽エバートンは、成績不振により、ロナルド・クーマン監督を解任。その後、後任探しの動きが伝えられ、最近はワトフォードを率いるマルコ・シウバ監督の名前が取り沙汰されてきた。 ▽だが、エバートンの後任人事に関して、マルコ・シウバ監督に対する数回のオファーは通らなかった模様。そこで、新たにオランダ人のルイス・ファン・ハール氏(66)招へいの動きを見せているという。 ▽また、そのほかにも、ロリアンやアルジェリア代表、レンヌを率いてきたクリスティアン・グルキュフ氏や、バーンリーを指揮するショーン・ダイチェ監督やサム・アラダイス氏もリスト入りしているとみられる。 2017.11.22 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

FA、C・パレス戦で“ダイブ”したエバートンFWニアッセを処分! プレミアリーグで初の処分者に…

▽イングランドサッカー協会(FA)は21日、18日に行われたプレミアリーグ第12節、クリスタル・パレス戦で“ダイブ”したエバートンのセネガル代表FWバイェ・ウマル・ニアッセに対して処分を科すことを発表した。 ▽ニアッセは、2-2のドローに終わった18日のパレス戦に先発フル出場を果たした。同試合ではパレスが開始2分にMFジェームズ・マッカーサーのゴールで早々に先制した。だが、直後の5分にはボックス内で仕掛けたニアッセが相手DFスコット・ダンと交錯し倒れると、このプレーでエバートンにPKが与えられる。これをキッカーのDFレイトン・ベインズが決めて、試合を振り出しに戻していた。 ▽このPKの場面では、DFダンがPKを避けるために足を出しに行くことを止めていたものの、ニアッセは足をかけられたように演技を行い、これが“ダイブ”にあたると、各方面で非難の声が挙がっていた。 ▽そして、FAは同試合後、ニアッセの当該行為に関して調査を開始。元マッチオフィシャル、元レフェリー、元プレーヤーの3者で構成される独立規律委員会が中継映像で確認を行ったところ、全会一致でニアッソの行為が「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」にあたると確認した。 ▽ニアッセには現地時間21日18時までに異議申し立てを行うことができるが、この上訴が認められない場合、2試合の出場停止処分が科される見込みだ。 ▽なお、“ダイブ”やシミュレーションなどが横行するイングランドサッカー界では、2017-18シーズンから「マッチオフィシャルを故意に欺く行為」に対して、厳格な処分を科すことを決定した。 ▽そして、今回処分を科されるニアッセは、プレミアリーグにおいて最初の処分者となる不名誉な記録を残すことになった。 2017.11.22 00:01 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース