敵地でゴールレスドローのミラン、低調試合も首位キープ《EL》2017.11.03 04:57 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランは2日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループD第4節でAEKアテネとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。

▽2週間前に行われたホームでの前節AEKアテネ戦をゴールレスドローで終え、2勝1分けとした首位ミラン(勝ち点7)は、0-2と敗れた直近のユベントス戦のスタメンから大幅に6選手を変更。スソやカリニッチ、ケシエらに代わってアンドレ・シウバやムサッキオ、出場停止で欠場していたボヌッチが先発となった。

▽2位AEKアテネ(勝ち点5)に勝利すればグループステージ突破となるミランは、アンドレ・シウバとクトローネが2トップを形成し、中盤アンカーにロカテッリを配す[3-5-2]で臨んだ。そのミランは序盤の一進一退の攻防を経て、12分にガロに際どいミドルシュートを打たれてしまう。

▽その後もボールを保持しにかかるものの、シュートに持ち込むことはできず主導権を握れない。結局、リスクを冒さず低調なプレーに終始したミランは、そのままゴールレスで前半を終えた。

▽後半からクトローネに代えてスソを投入したミランは、システムを[3-4-2-1]に変更。スソの投入でアタッキングサードでの崩しのバリエーションを多少増やしたミランは、57分にモントリーボが左ポスト直撃のシュートを浴びせる。

▽しかし、この決定機以降目立ったチャンスを作れず。ケシエやカリニッチを投入したものの、こう着した試合展開を打破できずにゴールレスのまま終了。勝ち点1を持ち帰り、首位をキープしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ガットゥーゾ、2ゴールのケシエを「私の現役時代より強力」と絶賛

▽ミランは21日のセリエA第21節でカリアリに2-1で勝利した。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、MFフランク・ケシエの活躍を称えている。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。 ▽開始早々の失点で追いかける立場となったミランは36分にケシエのPKで追いつくと、42分にもケシエがゴールを決めて逆転に成功。このリードを守り抜いて連勝を飾っている。 ▽ガットゥーゾ監督は試合後、「ケシエは明らかに私の現役時代より強力だ。シーズンで7、8点決める力がある」と勝利の立役者を絶賛。その上で、「とにかく、個々ではなくチームとして前進しなければいけない。43日間で11試合を戦う日程だから、全員の力が必要になる」と、チーム全体に奮起を求めた。 ▽また、ミスがあったGKジャンルイジ・ドンナルンマについて指揮官は「たしかにミスはあった」と認めながらも、「そのあとでビッグセーブをした。ミラクルなセーブをしてくれたし、あのおかげで踏みとどまることができた。彼の今日のパフォーマンスに我々はとても満足している」と擁護している。 2018.01.22 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ケシエがドッピエッタのミラン、R・ロドリゲス退場も逆転勝利で2連勝《セリエA》

▽ミランは21日、セリエA第21節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 ▽前節クロトーネ戦をボヌッチの幸運弾で1-0と制し、リーグ戦4試合ぶりに勝利した8位ミラン(勝ち点28)は、カリニッチが先発に復帰した。 ▽前節ユベントスに善戦した16位カリアリ(勝ち点20)に対し、クロトーネ戦同様に[4-3-3]で臨んだミランは、3トップに右からスソ、カリニッチ、チャルハノールを据えた。 ▽そのミランが立ち上がりからボールを持ったが8分、最初のピンチをゴールに結びつけられる。左サイドでボールを持ったバレッラに中へ切れ込まれると、右足で打たれたシュートがゴール右に吸い込まれた。 ▽その後、負傷したサウがプレー続行不可能となったカリアリに対し、ミランは24分にケシエが左足ミドルでゴールに迫るも、GKクラーニョのファインセーブに阻まれる。 ▽29分にはサウに代わって出場していたファリアスにボックス内から決定的なシュートを浴びせられたが、GKドンナルンマが好守で凌いだ。すると34分、ミランはボックス右のカリニッチがチェッピテッリに倒されたとしてPKを獲得。これをケシエが決めて試合を振り出しに戻した。 ▽さらに42分、ボックス内のカリニッチのポストプレーに反応したケシエが左足ダイレクトでゴールに蹴り込み、ミランが前半のうちに逆転に成功した。 ▽ミランが1点をリードして迎えた後半、53分にボナヴェントゥーラがミドルシュートで追加点に迫ったが、GKクラーニョのファインセーブに阻止された。 ▽その後は一進一退の攻防で推移した中、後半半ばを過ぎて逃げ切りに入るミランは、自陣に引いてカリアリの反撃を許さない。 ▽そんな中、75分にCKの流れからパヴォレッティのボレーシュートを浴びるも、GKドンナルンマがセーブ。しかし80分、R・ロドリゲスが自陣左サイドでファラーゴと入れ替わられた際に倒したとして2枚目のイエローカードが提示され、退場となった。 ▽10人となったミランはスソに代えてアバーテを投入すると、88分にカリアリのバレッラにも2枚目のイエローカードが提示されて退場となり、数的同数となった。 ▽終了間際、CKからパヴォレッティのヘディングシュートでゴールを脅かされたミランだったが枠を外れ、直後にタイムアップ。ケシエのドッピエッタで10人同士の対決を制し、2連勝としている。 2018.01.22 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、ミラン、ローマ、バレンシア…ダルミアン争奪戦が激化か

▽マンチェスター・ユナイテッドでポジションを失っているイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)だが、同選手を求めるクラブは少なくないようだ。 ▽2015年の夏にトリノからユナイテッド入りしたダルミアンは、移籍初年度こそリーグ戦28試合に出場したが、昨シーズンはリーグ戦の出場が18試合に減少。左右のサイドバックをこなせるユーティリティ性が売りでもあるが、右サイドではDFアントニオ・バレンシア、左サイドではDFルーク・ショー、MFアシュリー・ヤングらからポジションを奪うことができず、いずれのポジションでも序列が下がっており、今シーズンのリーグ戦先発は2試合にとどまっている。 ▽そのダルミアンに関しては、ミランとバレンシアが獲得を狙っているようだが、現時点でオファーは提示していない模様。さらにユベントスも同選手の獲得に持っており、最近になってローマも関心を示しているとのことだ。ローマはレンタル移籍での獲得の望んでいるという。 ▽それぞれリーグの強豪だが、ダルミアンは移籍により再起を図ることになるのだろうか。 2018.01.21 17:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、ガットゥーゾの次はサッリか。ナポリの倍額を用意?

▽ミランは来シーズンに向けて、ナポリを率いるマウリツィオ・サッリ監督の招へいを検討しているようだ。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えた。 ▽今シーズン序盤戦から苦しんだミランは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ前監督を解任し、同クラブのレジェンドであるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督に後任を任せた。しかし、トップチームでの経験が浅いレジェンドの長期政権は考えていない模様で、当初から来シーズンに向けた「つなぎ」ではないかとみられていたところだ。 ▽ミランはチェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督を招へいしたいという野望を持っている様子だが、こちらはチャンピオンズリーグ出場権がなければ厳しいという。そこで最も強い関心を持っているのが、ナポリのサッリ監督だ。 ▽サッリ監督はナポリで175万ユーロ(約2.4億円)+ボーナスの年俸を受け取っているが、ミランは年俸300~350万ユーロ(約4~4.7億円)の条件を用意できるものとみられている。 2018.01.20 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

フランスで輝きを放つバロテッリに古巣ミランが関心か

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)に古巣ミランが関心を寄せているという。『TUTTOmercatoWEB』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ▽昨シーズンからニースでプレーするバロテッリは、加入1年目からリーグ戦23試合で15ゴールをマークすると、今シーズンもここまでのリーグ戦15試合で12ゴールを記録。2度の4試合連続ゴールなど、これまでにないハイペースでゴールを量産している。 ▽そんな絶好調のバロテッリに古巣であるミランが注目。同選手は2度のミラン移籍で公式戦77試合に出場。33ゴールを記録している。ニースとの契約は今のところ今シーズン限りとなっており、移籍金は比較的低く見積もられるかもしれない。 ▽また、ミランのレジェンドである元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏は「今の彼ならどこでだって活躍できる」と太鼓判を押しているようだ。 2018.01.19 15:37 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース