CLでアシストマークの香川真司、独誌はMOMに選出「“守備の砦”を崩せたのは彼のみ」2017.11.02 19:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ボルシア・ドルトムントの日本代表MF香川真司は1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦でアシストを記録。そのパフォーマンスは現地メディアでは高く評価され、ドイツ誌『キッカー』でもマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

決勝ラウンド進出に望みをつなぐため、ドルトムントにとって、ほぼ最後のチャンスとなったグループH第4節アポエル戦。試合は1-1の引き分けに終わり、CLグループステージ敗退が濃厚となったが、その中で香川はチャンスメークやシュートを再三試みる力強いパフォーマンスを披露した。

そして、29分にはラファエウ・ゲレイロによる先制弾をダイレクトパスでアシスト。そんな香川のプレーを、地元メディアの『WAZ』は「2」、『レヴィアシュポルト』は「2-(マイナス)」として、チーム単独トップの評価を下した。『ルールナハリヒテン』ではゲレイロに次ぐ「3」とチーム2位の採点となっている。

翌日の『キッカー』の評価でも、香川のプレーを「2.5」とチーム単独最高の評価。マッチレポートを「“守備の砦”を崩せたのは香川のみ」と題した同誌は、日本代表MFをMOMにも選出し、寸評では「ドルトムントの攻撃的アクションの大半に関与。香川のひらめきが先制ゴールの起点となった」と記した。

ピーター・ボス監督の下ではこれまでベンチスタートが多かった香川。ドルトムントには4日のブンデスリーガ第11節ではバイエルンとのビッグゲームが待っているが、オランダ人指揮官は大一番での香川のスタメン起用を検討するのだろうか。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース