千葉、大卒ルーキーDF溝渕雄志とのプロA契約締結を発表2017.11.02 11:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェフユナイテッド千葉は1日、DF溝渕雄志(23)とのプロA契約締結を発表した。溝渕は、10月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第39節大分トリニータ戦にて、プロA契約締結に必要な条件を満たした。

▽香川県出身の溝渕は、慶應義塾大学から今シーズン入団。加入初年度となる今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ10試合、天皇杯1試合に出場している。A契約を勝ち取った溝渕はクラブ公式サイトで次のようのコメントした。

「この度、プロA契約の締結を致しました。サッカーを始めてからプロ選手としての今に至るまで、多くの方に支えられ、応援して頂きました。改めまして感謝申し上げます。無論、これは一つの通過点であり、何かを成し遂げたわけではございません。目標を達成すべく、これまで以上の猛烈な努力を積み重ねて参りますので、引き続きご支援ご声援の程宜しくお願い致します」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京DF徳永悠平、来季完全移籍でJ1昇格の“地元”長崎へ! 「長崎がさらに盛り上がるように」

▽J1昇格を決めたV・ファーレン長崎は23日、FC東京に所属する元日本代表DF徳永悠平(34)の来シーズン完全移籍加入を正式発表した。 ▽長崎県生まれで国見高校出身の徳永は、2003年に早稲田大学からFC東京に入団すると、現在に至るまで14年間一筋でプレー。代表キャリアにおいては、2004年のアテネ・オリンピックや、2012年のロンドン・オリンピック(オーバーエイジとして参戦)の世代別代表を経験したほか、A代表としても9キャップを記録している。なお、通算成績はJ1リーグ358試合4ゴール、J2リーグ37試合3ゴールをマーク。今シーズンは明治安田生命J1リーグ23試合に出場している。 ▽地元長崎に“凱旋移籍”となる徳永は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「長崎を愛するファン・サポーターのみなさん、初めまして徳永悠平です。地元・長崎がさらに盛り上がるよう全力を出し尽くしたいと思っています。クラブの発展、そして勝利のためにともに闘いましょう!みなさん、来季からよろしくお願いします!」 ◆FC東京 「このたび、V・ファーレン長崎への移籍を決断しました。最大限の評価と慰留をしていただきながらも、自分の決断を尊重してくれたクラブに感謝しています。みなさんと共に勝利を喜びあったり、結果が出ず悔しい想いをしたり、様々な感情を共有できたこと、その全てが自分にとって幸せな時間だったと感じています。これからも徳永悠平を応援していただけたら嬉しいです。FC東京の更なる発展を願っています。残りの試合、東京の選手として全力で頑張ります!」 2017.11.23 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

藤枝FW三好洋央が30歳で現役にピリオド 「多くの愛情を頂いた選手生活」

▽藤枝MYFCは23日、FW三好洋央(30)の現役引退を発表した。 ▽三好は、2010年にブラウブリッツ秋田でプロデビュー後、2016年に藤枝入り。今シーズンは明治安田生命J3リーグ15試合2ゴール。通算でJ3リーグ92試合23ゴール、天皇杯2試合3ゴールをマークしている。三好はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今シーズンをもって現役を引退することを決断致しました」 「選手生活8年間決して華やかな選手生活ではありませんでしたが、たくさんの人との出会いに恵まれ、人に生かされ、人に助けられ、多くの愛情を頂いた選手生活でした。秋田で6年間、藤枝で2年間サッカー選手として一社会人としてご指導頂いた数々の監督、コーチ、チームメート、フロントスタッフ、どんな時もスタジアムで声を張り上げ私達選手の背中を押して下さったファン・サポーターの皆様本当にありがとうございました。また、いつも応援してくれた両親、兄弟には本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「サッカーを始めて23年間たくさんの仲間と汗を流し、切磋琢磨した日々は私にとってかけがえのない日々でした。常に目標を定めそれに向かってクラブ、街、ファン・サポーターが突き進む一体感は特別なものであり、幸せな時間でした。サッカーを通してお世話になったことは、新しく始まる第2の人生で私の微々たる力ではありますが少しずつ恩返ししていけたらと思っております」 「残りの現役生活を自分らしく、チームのために、全力で取り組んでチームの勝利に少しでも貢献できるように頑張っていきたいと思っております。私に関わって下さった全ての皆様本当にありがとうございました」 2017.11.23 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

富山、MF梅村晴貴の契約満了を発表 「4年間お世話になりました」

▽カターレ富山は23日、MF梅村晴貴(22)が契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないと発表した。 ▽梅村はジュビロ磐田U-18を経て2014年に富山入りすると、2015ねん7月にFCマルヤス岡崎へと期限付き移籍。2016年に富山復帰を果たしたが、今シーズンは出番がなかった。今シーズン限りで富山を去ることになった梅村はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「カターレ富山には4年間お世話になりました。J2昇格という目標の中で闘い、なかなかチームに貢献できず申し訳ありませんでした。自分自身怪我で苦しむシーズンが多く、そんな自分を応援してくださったファンやサポーターの皆様には本当に感謝しています」 「なかなか結果を出せない自分をずっと応援してくださる方々のおかげで、助けられたことがたくさんありました。18歳でカターレ富山に加入してから、成長した姿を県総で見せられなかったことが本当に悔しいです。これから、どんなかたちでも応援してくださった皆様に恩返しができるよう頑張ります」 「カターレ富山はJ3にいてはいけないチームです。必ず上へ行けると信じています。ファンやサポーターの皆様、カターレ富山の応援をよろしくお願いします。私もずっと応援しています。4年間、本当にありがとうございました」 2017.11.23 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

盛岡、DF守田創ら3選手と契約満了

▽グルージャ盛岡は23日、DF守田創(25)、MF井上丈(23)、FWキム・ホンヨン(27)の3選手が契約満了に伴い、今シーズン限りで退団すると発表した。 ▽2013年からプレーする守田は今シーズンの明治安田生命J3リーグ23試合1ゴールを記録。2015年から所属する井上は同10試合に出場した。今シーズンからプレーするキム・ホンヨンは同15試合出場をマークしている。3選手はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆守田創 「この度、契約満了により退団することになりました。岩手でのさまざまな出会いのなかで人の温かさに助けられました。我が子のように想って接してくれ、支えてくれ、応援し続けてくれた方々が僕の身近にはたくさんいました。こんなにも強い味方に恵まれていたおかげで5年間頑張ってこれました」 「チームと共にステップアップすることを志し、初年度にJ3昇格を勝ち取れたことは岩手県の成果です。ただそこからのステップをなかなか踏めていない現状、岩手のサッカー熱を加熱させられていない現実の中、志半ばで去ることになりますが、このチームの成長スピードを上回るスピードで僕も成長し、必要としてくれるチームでまたサッカー出来るようこれからも頑張っていきたいと思います」 「僕が在籍した5年間、このチームを支えてくださった関係各位の皆様本当にありがとうございました。そしてまだ今シーズンも残り2試合あります。今週末はホーム最終戦です。今年一年僕を応援してくれる人のために頑張ろうと誓いやってきました。最後、その姿をしっかり見せられるよう、これまでと変わらぬご声援よろしくお願いします。スタジアムでお待ちしています。共創。。。」 ◆井上丈 「3年間、良い時もそうでない時も本当に温かく応援して頂いて、ファン、サポーターの皆様には一言では言えない程、感謝しています。ずっと応援して頂いたにも関わらず、皆様の期待に応える充分なプレーをお見せすることができなかったのが心残りです。それでもファン、サポーターの皆様をはじめ、グルージャ盛岡に関わる全ての方々には、僕にとって本当に温かい存在でした。期待して応援してくれたこと、忘れることはありません。3年間本当にありがとうございました」 ◆キム・ホンヨン 「1年間ありがとうございました。今年僕を獲っていただいたクラブに感謝しています。ただ、結果が残せずチームの力になれなかったことはクラブやファン、サポーターの皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今年盛岡に来て素晴らしい仲間と戦えたことは僕の財産ですし、貴重な経験になりました。今年もまだ2試合あります、最後まで勝利に貢献できるように頑張ります。これからのグルージャ盛岡の発展を祈っています。ありがとうございました」 2017.11.23 15:10 Thu
twitterfacebook
thumb

群馬、元日本代表FW永井雄一郎、MF村田翔、FW盛田剛平の契約満了を発表

▽ザスパクサツ群馬は22日、FW永井雄一郎(38)とMF村田翔(30)、FW盛田剛平(41)の契約満了を発表した。 ▽永井は1997年に三菱養和SCから浦和レッズに加入してプロキャリアをスタートさせた。その後、カールスルーエ、清水エスパルス、横浜FCなどでプレー。2014年に当時関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山で1年間プレーし、2015年2月に練習生を経て群馬に入団した。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ▽村田は2017年にブリオベッカ浦安から加入。移籍1年目の今シーズンは明治安田生命J2リーグで2試合に出場した。 ▽盛田は2017年にヴァンフォーレ甲府から加入。今シーズンはJ2リーグで10試合、天皇杯で1試合出場した。 ▽今シーズン限りでの退団が決定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆永井雄一郎 「3年間、ありがとうございました。ザスパでプレーするきっかけを作ってくれた氏家GM補佐、そしてそのチャンスをくださった菅原元GM、には感謝しています。そして自分を応援してくださったサポーターの皆さん、ありがとうございました」 ◆村田翔 「1年間、ありがとうございました。尊敬できるベテラン、最高の同期、あたたかいファン・サポーターの皆様。群馬での生活、悔しい思いの方が多かったですが、最高でした!反逆のTAKE2はまだ終わっていません。また、会いましょう!」 ◆盛田剛平 「この1年間、ピッチ上でチームに全く貢献できなかったこと、ほんとに申し訳なく思います。でも、この悔しいという気持ちがある限り、また来季も現役でチャレンジしたいと思ってます。おおぎやラーメンコラボ第2弾ができないのが、ほんと悔やまれるところではありますが、皆さん、1年間ありがとうございました!! 師範盛田」 2017.11.22 19:36 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース