セリエA首位のナポリに痛手…主力DFグラムが前十字じん帯断裂か2017.11.02 10:29 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリのアルジェリア代表DFファウジ・グラムが負傷したようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が報じている。

▽ナポリは11月1日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第4節でマンチェスター・シティをサン・パオロに迎えた。先発出場を果たしたグラムだったが、1点リードで迎えた31分に負傷。元イタリア代表MFクリスティアン・マッジョとの交代を余儀なくされた。チームは、前半のうちに同点とされると最終的には2-4で敗れている。

▽『スカイ・スポーツ・イタリア』によるとグラムはヒザを負傷したようで、最悪の場合は前十字靭帯を断裂している可能性もあるという。現時点での詳細は明らかとなっておらず、2日に行われるメディカルチェック後に正式な発表が行われるだろうとしている。

▽今シーズンのグラムは、左サイドバックの主力としてリーグ戦11試合に先発出場を果たし2ゴールをマークするなど、首位に立つチームを支えていた。なお、CLでもここまで全試合に先発で出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ会長、C・ロナウドから逆オファーあったこと認める「OKと言いたかったが…」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、レアル・マドリーからユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドの獲得のチャンスがあったことを認めた。<br><br>移籍金1億ユーロでユベントスからレアル・マドリーに加わったC・ロナウドだが、同選手の代理人ジョルジュ・メンデス氏はナポリにも逆オファーを出していたと報じられていた。<br><br>イタリア『キス・ナポリ』とのインタビューに応じたデ・ラウレンティス会長はその事実を認め、財政的問題を解決するための時間がなく獲得を断念したことを明かしている。<br><br>「(メンデス氏に)『クリスティアーノを獲得するか?』と言われたよ。驚いたが、すぐにでもOKと言いたかった。しかし財政的な問題があったんだ。その獲得オペレーションの総費用は、3~4億ユーロにのぼる。メンデスには2億5000万ユーロほどを工面するために時間がほしいと言わなければならなかった」<br><br>「だがメンデスは性急な男で、交渉する時間はないと悟った。クリスティアーノ獲得は、現在ユベントスで起こっているような唯一無二の効果をもたらせる。だが、よく考えないといけないことでもあるはずだ。クリスティアーノが到着すれば、いつも彼がプレーしなくてはならず、おそらくほかの選手たちとの間に問題が生じることにもなっただろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.16 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ移籍のC・ロナウド、本命はナポリだった!?

▽今夏にレアル・マドリーからユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)。しかし、ユベントス移籍は希望したものではなかったのかもしれない。『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽C・ロナウドは10日、今夏のユベントス移籍が決定。移籍金1億1200万ユーロ(現在のレートで約147億円)が支払われ、年俸3000万ユーロ(約39億3000万円)の4年契約を締結したとみられる。 ▽だが、今夏にカルロ・アンチェロッティ現ナポリ監督とクラブの接触をスクープした『TV Luna』のカルロ・アルヴィノ記者によれば、C・ロナウドにとってユベントス移籍は妥協案だったという。 ▽カルロ・アルヴィノ記者は、「ナポリが移籍金を支払っていれば、クリスティアーノ・ロナウドは今ごろ、ナポリのジャージに袖を通していただろう」と語り、C・ロナウドの移籍舞台裏を激白した。 「ポルトガル人スターにとって、ユーベ行きは当初、プランBだった。代理人のジュルジュ・メンデスは、ナポリや会長のアウレリオ・デ・ラウレンティスと強い結びつきがある。だから、代理人はナポリに売り込みを図った。だが、彼らが支払いに難色を示したため、ユーベに移籍することになった」 2018.07.15 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリがジョルジーニョ後釜にハビ・マルティネスをリストアップ! アンチェロッティと再タッグか

▽ナポリがチェルシーに移籍したイタリア代表MFジョルジーニョ(26)の後釜としてバイエルンのスペイン代表MFハビ・マルティネス(29)の獲得を目指しているようだ。ヨーロッパ屈指の著名ジャーナリスト、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が『gianlucadimarzio.com』で伝えている。 ▽ナポリは14日、イタリア代表MFジョルジーニョ(26)が5700万ポンド(約84億円)と伝えられる高額な移籍金で前指揮官マウリツィオ・サッリ監督が新指揮官に就任したチェルシーに旅立った。 ▽ナポリはすでにベティスからスペイン人MFファビアン・ルイス(22)を獲得しており、同選手がジョルジーニョの後釜を担う予定だ。その一方で、アトレティコ・マドリーMFサウール・ニゲスを彷彿とさせる大型レフティはアンカーよりもインサイドハーフに適性があるため、中盤の底でポジショニングと展開力を武器とするジョルジーニョとはややキャラクターが異なる。 ▽その中でディ・マルツィオ氏はナポリのカルロ・アンチェロッティ監督がバイエルン時代に指導したハビ・マルティネスをジョルジーニョの後釜として獲得することをクラブ側にリクエストしているという。ただ、現時点で具体的なアプローチは行われていないようだ。 ▽なお、アンチェロッティ体制のバイエルンではセンターバックでのプレーが多かったハビ・マルティネスだが、昨季途中就任のユップ・ハインケス監督の下では再び本職のアンカーで印象的なパフォーマンスを披露した。ただ、今季から新指揮官に就任するニコ・コバチ監督の下ではポジションを約束されているかは微妙な状況だ。 2018.07.15 15:22 Sun
twitterfacebook
thumb

サッリ就任のチェルシーがナポリからMFジョルジーニョを獲得!背番号は「5」

▽チェルシーは14日、ナポリのイタリア代表MFジョルジーニョ(26)を獲得したことを発表した。契約は5年で背番号は「5」に決まっている。 ▽今夏にはマンチェスター・シティへの移籍も囁かれたジョルジーニョだが、同日に就任が発表されたマウリツィオ・サッリ監督とともにチェルシー入りを果たした。同選手はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「チェルシーに来られて完全に舞い上がっているよ。このようなチームの一員になるのは簡単なことじゃないから本当に本当に嬉しい。素晴らしいリーグでプレーできることに興奮しているよ。チームの為にあらゆるベストを尽くすよ」 ▽ヴェローナの下部組織出身のジョルジーニョは、2014年にナポリに加入。2年目から頭角を表すと、2017-18シーズンはアンカーとしてリーグ戦33試合に出場し2ゴール4アシストを記録した。 ▽なお、イギリス『BBC』によれば、移籍金は5700万ポンド(約84億円)。この移籍金には、サッリ監督とナポリの契約解除金も含まれているようだ。 2018.07.14 20:27 Sat
twitterfacebook
thumb

サッリ到着のチェルシー、ザッパコスタはナポリへ?

▽チェルシーのイタリア代表DFダビデ・ザッパコスタ(26)の、ナポリ移籍の可能性が浮上している。イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽14日にマウリツィオ・サッリ監督就任を発表したチェルシー。長い時間をかけてようやくナポリ前監督との交渉をまとめたが、アズーリとの交渉はまだ終わっていない模様だ。 ▽『デイリー・スター』は、ナポリがザッパコスタに関心を寄せていると報道。昨年の夏にトリノから加入した同選手は、手薄になっていた右サイドをカバーする人材として、リーグ戦22試合に出場。チェルシーでのデビュー戦となったチャンピオンズリーグのカラバフ戦では1ゴールを挙げた。 ▽しかし、記事によればザッパコスタはサッリ新監督の構想に入っていないようで、ナポリは2000万ポンド(約29億7000万円)の移籍金で獲得を狙っている模様。なお、同選手がトリノからチェルシーに加入した際の移籍金は2300万ポンド(当時のレートで約33億円)とみられている。 2018.07.14 19:14 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース