マドリーに快勝のスパーズ、アルデルヴァイレルトがハムストリングを負傷…2017.11.02 10:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトが、ハムストリングを負傷したようだ。『ESPN』が報じている。▽トッテナムは11月1日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第4節でレアル・マドリーをウェンブリー・スタジアムに迎えた。先発出場を果たしたアルデルヴァイレルトだったが、25分に負傷。右足のハムストリングを痛めてフランス代表MFムサ・シッソコとの交代を余儀なくされた。チームはその後、イングランド代表MFデレ・アリの2ゴールとデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがゴールを奪い、マドリーの反撃は1点に抑えて3-1と快勝した。

▽試合後、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「彼はハムストリングに違和感があった。明日には詳しい検査を行う。おそらく次の試合(5日のクリスタル・パレス戦)は難しいだろうが、詳しい結果は明日次第だ」

▽今シーズンのアルデルヴァイレルトはリーグ戦10試合すべてにフル出場を果たし、CLでも負傷したマドリー戦以外は全てでフル出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

復活のラメラが好調の秘訣語る

▽トッテナムに所属する元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラが今シーズンの好調なパフォーマンスの理由を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽2016年10月に痛めた臀部のケガの影響で1年以上を棒に振ったラメラ。昨年11月に復帰して以降も本来のパフォーマンスを披露できずにいたが、昨季プレミアリーグ最終節のレスター・シティ戦では2ゴール1アシストの活躍をみせ、良い形でシーズンを終えた。 ▽そして、今季はここまでの公式戦7試合で4ゴール2アシストと完全復活。新戦力補強ゼロのチームにあって実質2年目のブラジル代表FWルーカス・モウラと共に“新戦力”としてチームに勢いを与えている。 ▽ラメラは今季ここまでの好調な理由に関してプレシーズンにじっくりとコンディションを整えられたことを挙げている。 「コンディションが良いし多くの試合に絡めていて本当に幸せな気分だ。今は喜びを感じながらプレーできているし、プレー自体を楽しめているんだ」 「ここ最近のシーズンとの違いは夏の時期から良い状態でスタートできていることだね。昨年の夏は手術からのリハビリ段階だったからね」 「去年は11月からシーズンを始めることになったし、幾つか問題を抱えていた。手術からの復帰では普通のことだけど、今は本当に良い状態なんだ」 ▽また、以前からスロースターターとして知られる中、開幕から8戦6勝でクラブ史上最高の勝ち点18を稼いでいるプレミアリーグでの戦いに関しては、シーズン途中からの更なるブーストを期待しているようだ。 「ここ数シーズン、僕たちはシーズン半ばをとてもうまく戦えている。現在、僕たちは首位から2ポイント差の位置に付けているけど、それはとても良いことだと思う。自分たちがより良いプレーができると確信しているし、ポジティブな気持ちでいるよ」 2018.10.15 20:31 Mon
twitterfacebook
thumb

手招き? セルヒオ・ラモスがケインを褒めちぎる

▽スペイン代表は、15日に行われるUEFAネーションズリーグでイングランド代表と対戦する。レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがその一戦に先駆け、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(25)を大絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽2010年にトッテナムでプロデビュー以降、2度のプレミアリーグ得点王に輝くなど、指折りのストライカーとして名を馳せるケイン。その活躍ぶりから近年、レアル・マドリーら有力クラブの関心が囁かれ、動向に注目が集まり続けている。 ▽そのケインを擁するイングランド代表とスペイン代表の一員としてセルヒオ・ラモス。その一戦を前に、自身も所属するレアル・マドリー行きが取り沙汰されるケインについて、リーガエスパニョーラでも成功できる能力者として太鼓判を押した。 「プレミアリーグで輝く選手の大半はフィジカル的に優れた選手だが、その中にも質の高い選手もいる」 「ハリー・ケインは本当にフィジカルの強い点取り屋だけど、その中に巧みさもあって、対峙するDFを驚かせる。僕もその1人だ」 2018.10.15 11:45 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ユナイテッドも関心のDFミレンコビッチ獲得を検討

▽トッテナムがフィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽来夏の退団が有力視されるベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトの後釜を探しているトッテナムは、ボーンマスに所属するオランダ代表DFネイサン・アケ(23)と共にミレンコビッチの獲得にも関心を示しているようだ。 ▽2016年に母国のパルチザンで台頭したミレンコビッチは195cmの長身センターバック。2017年に加入したフィオレンティーナでは今年に入ってからポジションを獲得。本職はセンターバックながら今季は右サイドバックのレギュラーを務めており、ここまでリーグ戦8試合に出場し2ゴールを記録している。 ▽判断の悪さやファウルの多さなどまだまだ粗削りなプレーは目立つものの、抜群の空中戦の強さと長いストライドを生かした幅広い守備範囲、一定のボールスキルとマウリシオ・ポチェッティーノ監督好みのプレースタイルだ。 ▽ただ、ミレンコビッチに関してはアケ同様に、マンチェスター・ユナイテッドが競合に挙がっている。セルビア国内でネマニャ・ヴィディッチの後継者として期待される同選手に関しては、代表の同僚MFネマニャ・マティッチも高い評価を与えている。 2018.10.13 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

リーガへの流出阻止へ! スパーズがエリクセンにケイン級の高額オファーを掲示

▽トッテナムがデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)の流出阻止に向けて高額の契約延長オファーを掲示しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽2013年にアヤックスから加入以降、ここまで公式戦233試合に出場し57ゴール71アシストの数字を残しているエリクセン。その絶対的司令塔に関しては選手本人が加入に興味を示すバルセロナと、レアル・マドリーが関心を示している模様だ。 ▽また、2020年まで契約を残すものの、サラリー面での要求額の隔たりから半年以上契約交渉が難航しているとも伝えられている。 ▽しかし、『ムンド・デポルティボ』が伝えるところによれば、エリクセンの流出を避けたいトッテナムは今夏に新たな6年契約を結んだエースのイングランド代表FWハリー・ケイン(26)が受け取っている週給20万ポンド(約2950万円)+ボーナスというサラリーと同程度のオファーを打診しているようだ。 2018.10.13 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェルトンゲン、ハムストリングの負傷で12月まで復帰できず

▽トッテナムは11日、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンが12月まで復帰できないことを発表した。 ▽ヴェルトンゲンは9月29日に行われたプレミアリーグ第7節ハダースフィールド戦でハムストリングを負傷し、前半のみの出場となっていた。そして、その後の公式戦2試合は欠場していた。 ▽当初は4~6週間の離脱と報じられていたが、それよりも長い離脱となり、マンチェスター・シティ戦やチェルシー戦を含むプレミアリーグ5試合や、インテル戦を含むチャンピオンズリーグ(CL)3試合など、複数試合で守備の要を欠くことになった。 ▽トッテナムで主力センターバックとして不動の地位を築くヴェルトンゲンは、今シーズンここまで公式戦8試合(1得点)に出場していた。 2018.10.11 22:55 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース