モナコと引き分けた首位ベシクタシュのGS突破は次節以降に ホームで完勝のポルトが2位に浮上!《CL》2017.11.02 08:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第4節のベシクタシュvsモナコが行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽全勝で首位に立っているベシクタシュ(勝ち点9)が、いまだ未勝利で最下位のモナコ(勝ち点1)を本拠地イニョニュ・スタジアムに迎えた一戦。勝利でクラブ史上初のグループステージ突破が決まるベシクタシュは、10月17日に行われた第3節の前回対戦からスタメンを2人変更。タリスカとエルキンに代えてオズヤクプとギョクハン・ギョニュルをスタメンで起用した。

▽一方、大逆転でのグループステージ突破を狙うモナコは、前回対戦からスタメンを3人変更。負傷中のファルカオやA・トゥーレ、シディベに代えてロニー・ロペスや、ジョルジ、ラッジをスタメンで起用。[4-3-3]の布陣で3トップは右からR・ロペス、ケイタ、レマルと並べた。

▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中15分、モナコがセットプレーからチャンスを迎える。レマルの左CKをニアサイドのティーレマンスが頭で合わせるも、これはGKファブリシオが正面で弾いた。

▽対するベシクタシュは25分、クアレスマのロングパスで右サイドゴールライン際までオーバーラップしたギョクハン・ギョニュルが折り返しを供給。これを中央のトスンがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽難を逃れたモナコだが、26分にアクシデント。序盤に相手選手と接触したレマルが違和感を訴え、ヨベティッチとの負傷交代を余儀なくされた。

▽膠着状態のまま前半終盤に差し掛かると、ベシクタシュは44分に決定機。右サイドでスローインを受けたギョクハン・ギョニュルがカットインからボックス右に侵攻。フリーで右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。

▽対するモナコは、前半終了間際に相手の不用意なミスから先制に成功する。46分、相手陣内でアドリアーノのパスをカットしたモウティーニョが素早く前線に繫ぐと、バイタルエリア右で受けたR・ロペスがカットインからコントロールシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽モナコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベシクタシュ。53分、トスンのロングスルーパスでゴール前に抜け出したクアレスマがボックス内でジョルジに倒され、PKを獲得。このPKをトスンがゴール左に決めた。

▽同点に追いついたベシクタシュは、59分にも決定機。ロングスルーパスをボックス中央で受けたバベルが飛び出した相手GKをかわすも、相手DFにシュートコースを消されたバベルはラストパスを選択。これをボックス手前で受けたクアレスマがダイレクト合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

▽攻勢に出たいベシクタシュだが、立て続けにアクシデントに見舞われる。69分、相手選手へのタックルで左足を痛めたD・トシッチがメデルと交代。さらに75分には、ふくらはぎを痛めたアルスランがプレー続行不可能となり、ミトロビッチと負傷交代した。

▽一進一退の展開が続く中、ベシクタシュは90分に決定機。モナコのFKをGKファブリシオがキャッチすると、ここからカウンターを発動。右サイドをドリブルで持ち上がったタリスカのパスを受けたクアレスマがボックス右からシュートを放ったが、これは守備に戻ったモウティーニョのスライディングブロックに防がれた。

▽対するモナコは試合終了間際の93分、ヨベティッチからのパスをボックス左で受けたケイタがシュートを狙ったが、これはGKファブリシオが正面でキャッチ。結局、試合はそのまま1-1で終了。4連勝を逃したベシクタシュのグループステージ突破は、同日開催のポルトvsライプツィヒの結果次第となった。

(C)Getty Images

▽また、グループGのもう1試合、ポルトvsライプツィヒは、3-1でポルトが勝利した。試合が動いたのは13分、左CKからの混戦からエクトル・エレーラがゴールネットを揺らし、ポルトが先制に成功する。

▽ポルトのリードで迎えた後半、ライプツィヒはハルステンベルクとブルマを下げてクロステルマンとヴェルナーを投入する2枚替えを敢行。すると48分、サビツァーのパスで相手DFの裏に抜け出したヴェルナーが飛び出したGKの上を抜くループシュートで同点に追いついた。

▽同点とされたポルトだが、61分に反撃。右サイドでFKを獲得すると、A・テレスがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだダニーロがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功。

▽さらにポルトは、試合終了間際の90分にも途中出場のM・ペレイラがゴールネットを揺らし、3-1で試合終了。

▽この結果、首位ベシクタシュのグループステージ突破は次節以降に持ち越しが決定。また、ホームで完勝したポルト(勝ち点6)がグループ2位に浮上。ライプツィヒ(勝ち点4)が3位、モナコ(勝ち点2)が4位となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:バイエルン 5-0 ベシクタシュ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バイエルンvsベシクタシュが20日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 26 ウルライヒ 5.5 1本枠内シュートをセーブ DF 32 キミッヒ 6.0 後半に入って攻撃に比重をかけて3点目をアシスト 17 J・ボアテング 5.5 さほど仕掛けられる場面はなかった 5 フンメルス 6.0 前半は軽い対応が何度かあったが、攻撃面で存在感 27 アラバ 6.0 先制点の場面ではゴール前に絡んだ MF 11 ハメス・ロドリゲス 5.5 正確なキックで幾つか決定機演出も前半終了間際に負傷交代 (→ロッベン 6.0) 右サイドで起点に。後半の攻勢の要因に 8 ハビ・マルティネス 5.5 タリスカとヴァグネル・ラブにやや苦戦も耐える 23 ビダル 6.0 攻守にさぼらず (→トリッソ -) FW 25 ミュラー 7.5 貴重な先制弾を決め、ダメ押しの3点目を決めた。計4ゴールに絡む 9 レヴァンドフスキ 7.0 ヴィダを退場に追い込み、追加点をアシスト。そしてダメ押しの4、5点目を挙げる 29 コマン 6.5 先制点をこじ開ける突破を成功させ、追加点をゲット (→リベリ -) 監督 ハインケス 6.5 数的優位をしっかりと生かして1stレグで勝負を決めた。ミュラーとコマンの起用も大成功 ▽ベシクタシュ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ファブリシオ 5.0 1本ビッグセーブも5失点 DF 3 アドリアーノ 5.0 失点場面ではコマンのドリブルに対応できず 5 ペペ 5.5 ディフェンスリーダーとしてできる限りのことはしていた 21 ヴィダ 5.0 この冬加入の新戦力。退場はハッチンソンのミスパスが原因 88 エルキン 5.0 守備に追われた。後半はロッベンの前に防戦一方 (→ギョクハン・ギョニュル 5.0) 特に目立ったプレーはなし MF 12 メデル 5.5 ヴィダ退場後はセンターバックでプレー。レヴァンドフスキとのミスマッチも奮闘 (→アルスラン -) 94 タリスカ 5.5 数的同数時には一定のキープ力を見せるも、10人となってボランチに下がって以降は存在感を失った 13 ハッチンソン 4.5 痛恨のミスパスでヴィダを退場に追い込んだ FW 7 クアレスマ 5.5 前半は何度かカウンターで仕掛ける局面があったが、後半は厳しかった 30 ヴァグネル・ラブ 6.0 エバートンに移籍したトスンの代役として先発。アジリティと技術を生かして前線で起点となった (→D・トシッチ 5.0) ミュラーを外して失点に関与 8 バベル 5.0 グループステージでは絶好調だったが、今日は何もできず 監督 ギュネシュ 5.0 勇敢に戦う意図は見えていたが、退場者の影響でプラン崩壊 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミュラー(バイエルン) ▽2ゴールを奪い、2点を演出。神出鬼没な持ち前のプレーでベシクタシュ守備陣を切り裂いた。 バイエルン 5-0 ベシクタシュ 【バイエルン】 ミュラー(前43) コマン(後7) ミュラー(後21) レヴァンドフスキ(後34) レヴァンドフスキ(後43) 2018.02.21 06:41 Wed
twitterfacebook
thumb

ミュラー躍動のバイエルンが10人のベシクタシュに5発完勝! ベスト8進出をほぼ手中に《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バイエルンvsベシクタシュが20日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。 ▽パリ・サンジェルマンとの一騎打ちとなったグループBを2位で通過したバイエルンはブンデスリーガで首位を独走中。名伯楽ハインケス監督就任でチーム状態がV字回復したチームは2位ドルトムントに19ポイント差を付け、3月中の優勝が確実な情勢となっている。守護神ノイアー以外にケガ人がいない磐石のチームは、ロッベンとリベリをベンチスタートとし、ミュラーとコマンをウイングに起用した。 ▽一方、ポルトやライプツィヒ、モナコといった実力伯仲のグループGを4勝2分けの無敗で首位通過し、クラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たしたベシクタシュは、トルコリーグで首位のイスタンブール・バシャクシェヒルと5ポイント差の4位と、まずまずのチーム状態を維持。グループステージで4ゴールを挙げたエースFWのトスンがエバートンに引き抜かれた中、新戦力のヴァグネル・ラブがスタメンとなった。 ▽ベシクタシュが自陣に引くことなく勇敢な戦いを選択したため、一進一退の攻防で試合は立ち上がっていく。最前線のヴァグネル・ラブとトップ下のタリスカのキープ力を生かしてベシクタシュは攻撃に繋げていった。 ▽一方、前に出てくるベシクタシュを相手にバイエルンはミュラーのヘディングシュートやコマンのカットインシュートなどでゴールに迫ると、16分に数的優位となった。レヴァンドフスキがハッチンソンのパスミスを拾って突進。するとヴィダにボックス際で後方から倒され、ヴィダには一発レッドカードが提示された。 ▽10人となったベシクタシュは選手交代をせずにボランチのメデルをセンターバックに下げて対応。そんな中、19分に決定機。ヴァグネル・ラブがフンメルスを突破してボックス内へ。シュートに持ち込んだが、枠の上に外してしまった。 ▽ひやりとしたバイエルンが数的優位を生かしてハーフコートゲームを展開すると、30分にビッグチャンス。CKの流れから左サイドのハメス・ロドリゲスのアーリークロスをフンメルスがドンピシャのヘディングシュート。しかし、GKファブリシオのビッグセーブに阻まれた。 ▽すると39分、ベシクタシュにもチャンス。ロングカウンターからクアレスマが個人技でフンメルスを突破してボックス右へ侵入。角度の厳しい位置からシュートを放ってGKウルライヒを強襲した。 ▽しかし43分、バイエルンが順当に先制する。左サイドをコマンが突破してマイナスのクロスをゴールライン際から上げると、アラバに当たってゴールエリア左にいたミュラーのもとへ。ミュラーはすかさず反転シュートをゴールに流し込んだ。先制後、ハメス・ロドリゲスが負傷したのかロッベンとの交代となったバイエルンが1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半開始5分、レヴァンドフスキの直接FKが右ポストを直撃したバイエルンはその2分後に追加点を奪いきる。ミュラーのスルーパスでボックス右のスペースを突いたレヴァンドフスキがマイナスに折り返し、最後はコマンが難なく蹴り込んだ。 ▽その後もロッベンの右サイドを起点に攻勢を続けると66分、キミッヒの右サイドからのクロスをニアのミュラーがボレーで蹴り込んで3-0とした。さらに79分、フンメルスのミドルシュートのルーズボールをレヴァンドフスキが詰めて4-0としたバイエルンは、88分にミュラーのアシストからレヴァンドフスキが決めて5発圧勝。 ▽ベシクタシュのホームで行われる2ndレグを前にバイエルンがベスト8進出を決定付けている。 2018.02.21 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】ドイツ王者に初決勝T進出ベシクタシュが挑戦《バイエルンvsベシクタシュ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、バイエルンvsベシクタシュが日本時間20日28:45にキックオフされる。ドイツ王者バイエルンにクラブ史上初めてグループステージ突破を果たしたベシクタシュが挑戦する一戦だ。 ▽パリ・サンジェルマンとの一騎打ちとなったグループBを2位で通過したバイエルンはブンデスリーガで首位を独走中。名伯楽ハインケス監督就任でチーム状態がV字回復したチームは2位ドルトムントに19ポイント差を付け、3月中の優勝が確実な情勢となっている。守護神ノイアー以外にケガ人がいない磐石のチーム状態で、クジ運に恵まれたベシクタシュ撃破を目指す。 ▽一方、ポルトやライプツィヒ、モナコといった実力伯仲のグループGを4勝2分けの無敗で首位通過し、クラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たしたベシクタシュは、トルコリーグで首位のイスタンブール・バシャクシェヒルと5ポイント差の4位と、まずまずのチーム状態を維持。ただ、グループステージで4ゴールを挙げたエースFWのトスンがエバートンに引き抜かれており、代役のネグレトと新戦力のバグネル・ラブにトスンの穴を埋める活躍が求められる。 <div style="text-align:center;">◆バイエルン◆ 【4-3-3】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180219_42_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽バイエルン予想スタメン GK:ウルライヒ DF:キミッヒ、J・ボアテング、フンメルス、アラバ MF:ビダル、ハビ・マルティネス、ハメス・ロドリゲス FW:ロッベン、レヴァンドフスキ、リベリ 負傷者: GKノイアー 出場停止者:なし ▽チアゴが戦列に戻っており、ノイアー以外に負傷者はいない。ロッベンではなくミュラーが、ビダルではなくトリッソが起用される可能性がある。 <div style="text-align:center;">◆ベシクタシュ◆ 【4-2-3-1】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180219_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ベシクタシュ予想スタメン GK:ファブリシオ DF:ギョクハン・ギョニュル、メデル、ペペ、アドリアーノ MF:オズヤクプ、ハッチンソン MF:クアレスマ、タリスカ、バベル FW:ネグレド 負傷者:MFギョクハン・トレ 出場停止者:なし ▽主力にケガ人はいない。クアレスマではなくレンスが、ネグレドではなくバグネル・ラブが起用される可能性がある。 ★注目選手 ◆バイエルン:FWロベルト・レヴァンドフスキ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180219_38_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽バイエルンの注目選手は絶対的エースストライカーのレヴァンドフスキだ。ブンデスリーガではリーグタイ記録となるホーム戦11試合連続ゴールを決めるなど、相変わらずの安定した得点力を発揮している。直近のヴォルフスブルク戦では途中出場で追加タイムに決勝ゴールとなるPK弾を決め、コンディションは万全の状態。選手層の厚いバイエルンではあるものの、レヴァンドフスキは唯一代えの利かない存在。ベシクタシュ戦でも抜群のフィニッシュワークとポストワークで決定的な仕事を果たすはずだ。 ◆ベシクタシュ:DFペペ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180219_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、格上との対戦で劣勢が確実のベシクタシュとしては守備陣の踏ん張りがホームで行われる2ndレグに望みを繋げられるかのポイントとなる。その中心となるのが今季レアル・マドリーから加入し、ベシクタシュのディフェンスリーダーとなっているペペだ。レアル・マドリー時代にはドルトムント所属時代のレヴァンドフスキに痛い目に遭っているペペだが、リベンジを果たせるか。 2018.02.20 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

本田元同僚のヴァグネル・ラヴ、ベシクタシュへ!

▽ベシクタシュは29日、アランヤシュポルに所属する元ブラジル代表FWヴァグネル・ラヴ(33)の加入を発表した。契約期間は2019-20シーズン終了までとなる。 ▽ラヴは、パルメイラスでのプロデビューを経て、2004年からCSKAモスクワ入り。FW本田圭佑(現パチューカ)と共に共闘したことで日本でもお馴染みの選手だ。 ▽その後、パルメイラス、フラメンゴ、CSKAモスクワ、山東魯能、コリンチャンス、モナコを渡り歩き、2016年夏からアランヤシュポルに活躍の場を移した。 2018.01.30 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アランヤシュポルでゴール量産の元ブラジル代表FWヴァグネル・ラブがベシクタシュへ移籍

▽ベシクタシュは25日、トルコ・スーパーリーグのアランヤシュポルに所属する元ブラジル代表FWヴァグネル・ラブ(33)の獲得を発表した。 ▽ヴァグネル・ラブは、パルメイラスでキャリアをスタート。その後、CSKAモスクワ、フラメンゴ、山東魯能、コリンチャンス、モナコでプレー。2016年夏にアランヤシュポルに移籍し、昨季はトルコ・スーパーリーグで28試合に出場して23ゴール、今季も14試合の出場で10ゴールとゴールを量産していた。 ▽2004年にデビューしたブラジル代表では25試合に出場して9ゴールを記録していた。 ▽移籍先のベシクタシュはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を果たし、1回戦ではバイエルンと対戦することが決まっている。 2018.01.26 05:19 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース