モナコと引き分けた首位ベシクタシュのGS突破は次節以降に ホームで完勝のポルトが2位に浮上!《CL》2017.11.02 08:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第4節のベシクタシュvsモナコが行われ、1-1の引き分けに終わった。▽全勝で首位に立っているベシクタシュ(勝ち点9)が、いまだ未勝利で最下位のモナコ(勝ち点1)を本拠地イニョニュ・スタジアムに迎えた一戦。勝利でクラブ史上初のグループステージ突破が決まるベシクタシュは、10月17日に行われた第3節の前回対戦からスタメンを2人変更。タリスカとエルキンに代えてオズヤクプとギョクハン・ギョニュルをスタメンで起用した。

▽一方、大逆転でのグループステージ突破を狙うモナコは、前回対戦からスタメンを3人変更。負傷中のファルカオやA・トゥーレ、シディベに代えてロニー・ロペスや、ジョルジ、ラッジをスタメンで起用。[4-3-3]の布陣で3トップは右からR・ロペス、ケイタ、レマルと並べた。

▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中15分、モナコがセットプレーからチャンスを迎える。レマルの左CKをニアサイドのティーレマンスが頭で合わせるも、これはGKファブリシオが正面で弾いた。

▽対するベシクタシュは25分、クアレスマのロングパスで右サイドゴールライン際までオーバーラップしたギョクハン・ギョニュルが折り返しを供給。これを中央のトスンがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽難を逃れたモナコだが、26分にアクシデント。序盤に相手選手と接触したレマルが違和感を訴え、ヨベティッチとの負傷交代を余儀なくされた。

▽膠着状態のまま前半終盤に差し掛かると、ベシクタシュは44分に決定機。右サイドでスローインを受けたギョクハン・ギョニュルがカットインからボックス右に侵攻。フリーで右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。

▽対するモナコは、前半終了間際に相手の不用意なミスから先制に成功する。46分、相手陣内でアドリアーノのパスをカットしたモウティーニョが素早く前線に繫ぐと、バイタルエリア右で受けたR・ロペスがカットインからコントロールシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽モナコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベシクタシュ。53分、トスンのロングスルーパスでゴール前に抜け出したクアレスマがボックス内でジョルジに倒され、PKを獲得。このPKをトスンがゴール左に決めた。

▽同点に追いついたベシクタシュは、59分にも決定機。ロングスルーパスをボックス中央で受けたバベルが飛び出した相手GKをかわすも、相手DFにシュートコースを消されたバベルはラストパスを選択。これをボックス手前で受けたクアレスマがダイレクト合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

▽攻勢に出たいベシクタシュだが、立て続けにアクシデントに見舞われる。69分、相手選手へのタックルで左足を痛めたD・トシッチがメデルと交代。さらに75分には、ふくらはぎを痛めたアルスランがプレー続行不可能となり、ミトロビッチと負傷交代した。

▽一進一退の展開が続く中、ベシクタシュは90分に決定機。モナコのFKをGKファブリシオがキャッチすると、ここからカウンターを発動。右サイドをドリブルで持ち上がったタリスカのパスを受けたクアレスマがボックス右からシュートを放ったが、これは守備に戻ったモウティーニョのスライディングブロックに防がれた。

▽対するモナコは試合終了間際の93分、ヨベティッチからのパスをボックス左で受けたケイタがシュートを狙ったが、これはGKファブリシオが正面でキャッチ。結局、試合はそのまま1-1で終了。4連勝を逃したベシクタシュのグループステージ突破は、同日開催のポルトvsライプツィヒの結果次第となった。

(C)Getty Images

▽また、グループGのもう1試合、ポルトvsライプツィヒは、3-1でポルトが勝利した。試合が動いたのは13分、左CKからの混戦からエクトル・エレーラがゴールネットを揺らし、ポルトが先制に成功する。

▽ポルトのリードで迎えた後半、ライプツィヒはハルステンベルクとブルマを下げてクロステルマンとヴェルナーを投入する2枚替えを敢行。すると48分、サビツァーのパスで相手DFの裏に抜け出したヴェルナーが飛び出したGKの上を抜くループシュートで同点に追いついた。

▽同点とされたポルトだが、61分に反撃。右サイドでFKを獲得すると、A・テレスがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだダニーロがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功。

▽さらにポルトは、試合終了間際の90分にも途中出場のM・ペレイラがゴールネットを揺らし、3-1で試合終了。

▽この結果、首位ベシクタシュのグループステージ突破は次節以降に持ち越しが決定。また、ホームで完勝したポルト(勝ち点6)がグループ2位に浮上。ライプツィヒ(勝ち点4)が3位、モナコ(勝ち点2)が4位となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ベシクタシュ、DFペペの退団を発表…相互合意により

▽ベシクタシュは17日、ポルトガル代表DFペペ(35)との契約解除について相互に合意したことを発表した。 ▽ペペは、2017年7月にレアル・マドリーからベシクタシュに完全移籍。チームの最終ラインを支える存在として、今シーズンもここまでリーグ10試合3ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)にも3試合に出場していた。 ▽しかし先日、トルコ『ヒュッリイェト』がペペの双方合意での退団が近付いていると報道。クラブが財政難に苦しんでいるためだ。 ▽また、今回退団が発表されたペペに対しては、古巣のポルトがオファーを出しているという。さらに、中国クラブやプレミアリーグのウォルバーハンプトンからの興味も報じられている。 2018.12.18 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表DFペペ、ベシクタシュ退団でプレミア移籍か?

▽ベシクタシュに所属するポルトガル代表DFぺぺ(35)だが、どうやらチームを去ることになるようだ。トルコ『ヒュッリイェト』が報じた。 ▽マリティモやポルト、レアル・マドリーでプレーしたぺぺは、2017年7月にベシクタシュへと完全移籍。チームの最終ラインを支える存在として活躍していた。 ▽今シーズンもここまでリーグ戦で10試合に出場し3ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグにも3試合に出場していた。しかし、チームと退団する方向で現在交渉を進めているとのこと。双方合意での退団が近いという。 ▽そんなぺぺには、古巣であるポルトがオファーを出したとのこと。さらには、多くの中国クラブも獲得に乗り出したようだ。しかし、ここにきてプレミアリーグのウォルバーハンプトンが、ぺぺの獲得を目指して動き出したようだ。なお、ぺぺはウォルバーハンプトンへの移籍に関しても考慮するとのことだ。 ▽ベシクタシュは、ぺぺの他、ヴィッセル神戸入りが噂される元ブラジル代表DFアドリアーノ、リバプールからレンタル移籍で加入しているGKロリス・カリウスなど主力選手の退団が報じられている。 2018.12.17 22:58 Mon
twitterfacebook
thumb

長友もびっくり! ダービーマッチ前日にガラタサライサポ4万人が集結!

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、ダービーマッチ前に行った公開練習での光景に驚愕している。 ▽トルコ・スーパーリーグで現在3位に位置するガラタサライ(勝ち点24)は2日、6位・ベシクタシュ(勝ち点21)とのダービーマッチを迎える。この一戦に向けてガラタサライは、ホームスタジアムでの公開練習を実施。すると、スタジアムは4万人以上のファン・サポーターで埋め尽くされ、多くの発煙筒で真っ赤に染まった。 ▽これには長友も驚きを隠せず。自身のツイッター(@YutoNagatomo5)でその光景と共に「試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。熱量が異次元。選手冥利に尽きる」と投稿している。 <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。<br>熱量が異次元。<br>選手冥利に尽きる。<br>Hepinize çok teşekkürler,mükemmel bir anı oldu hepimiz için...Thanks to all,was a perfect memory for all of us...<a href="https://twitter.com/Galatasaray?ref_src=twsrc%5Etfw">@Galatasaray</a> <a href="https://twitter.com/GalatasaraySK?ref_src=twsrc%5Etfw">@GalatasaraySK</a> <a href="https://t.co/yFTulyJ9pg">pic.twitter.com/yFTulyJ9pg</a></p>&mdash; Yuto Nagatomo | 長友佑都 (@YutoNagatomo5) <a href="https://twitter.com/YutoNagatomo5/status/1068945053463257088?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年12月1日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2018.12.02 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アドリアーノの神戸入りが成立か? トルコメディアが報じる

▽トルコ『ハベル』が、かつてバルセロナでプレーしベシクタシュに所属するブラジル代表DFアドリアーノ(34)が、ヴィッセル神戸と契約を結んだと発表した。 ▽アドリアーノはコリチーバでキャリアをスタートさせると、2005年1月にセビージャへと移籍。2010年7月にバルセロナへと完全移籍した。バルセロナでは、左サイドバックとしてチャンピオンズリーグ2回、リーガエスパニョーラ4回、コパ・デル・レイ3回の優勝を経験。2016年7月にベシクタシュへと完全移籍していた。 ▽ベシクタシュでも2016-17シーズンにトルコ・スーパーリーグを制し、公式戦94試合に出場し4ゴール9アシストを記録。しかし、今シーズン限りで契約が満了を迎えることとなっていた。 ▽『ハベル』によると、契約満了前の2019年1月にアドリアーノは神戸に加入するとのこと。神戸は100万ユーロ(約1億3000万円)の移籍金を支払うことになるとのことだ。 ▽神戸の左サイドバックは、ムアントン・ユナイテッドから期限付き移籍中のタイ代表DFティーラトン・ブンマタン(28)がレギュラーとしてプレーしている。バルセロナ時代のチームメイトである元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの存在も、移籍の後押しになったようだ。 2018.11.15 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

トルコでも批判集中のカリウスをベジクタシュ会長が擁護…完全移籍での買い取りも示唆

リバプールからベジクタシュにレンタル移籍中のドイツ人GKロリス・カリウスは、トルコで不用意なプレーを見せたことで、批判の声が集中。だが、ベジクタシュ幹部がカリウスを擁護しているようだ。『スカイスポーツ』が報じた。<br><br>ベジクタシュ会長のフィクレ・オルマン氏はトルコメディアのインタビューを介して「カリウスについて、我々がレンタルの打ち切りを検討しているといった報道はナンセンスだ」と述べている。<br><br>「カリウスは素晴らしい仕事をしているし、ゴールを守ってもらうにふさわしい内容のプレーを見せている。完全移籍で迎え入れることも一つの選択肢として考えているよ」<br><br>昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝、レアル・マドリーvsリバプール戦ではスタメン出場したカリウス。だが、この試合では51分にボール処理をミスし、カリム・ベンゼマに先制ゴールを献上した。カリウスは83分にギャレス・ベイルの無回転ミドルをディフレクトできず、大舞台で2失点に絡むという失態を見せていた。<br><br>今季はベジクタシュに期限付き移籍を果たしたカリウスだったが、10月に行われたUEFAヨーロッパリーグ、マルメvsベジクタシュでは、スコアレスで迎えた53分にはポジショニングミスから失点を招いてしまう。0-2で敗れる一因になったとして、批判が集中していた。<br><br>カリウスはここまで8試合に先発し、クリーンシートで終えたのはわずか1試合。直近のシヴァスポル戦では負傷離脱していたこともあり、GKトルガ・ゼンギンが正GKを務めた。<br><br>トルコでも十分なパフォーマンスを見せられず、批判が集中しているカリウス。だが、ベジクタシュ陣営はカリウスを擁護する姿勢を見せており、長い目でカリウスを見守っていく意向を示している。カリウスは2年間のレンタルでベジクタシュに加わったが、トルコで自身の評価を改めて高めることができるのか、真価が問われる状況が続いている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.13 22:31 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース