モナコと引き分けた首位ベシクタシュのGS突破は次節以降に ホームで完勝のポルトが2位に浮上!《CL》2017.11.02 08:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第4節のベシクタシュvsモナコが行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽全勝で首位に立っているベシクタシュ(勝ち点9)が、いまだ未勝利で最下位のモナコ(勝ち点1)を本拠地イニョニュ・スタジアムに迎えた一戦。勝利でクラブ史上初のグループステージ突破が決まるベシクタシュは、10月17日に行われた第3節の前回対戦からスタメンを2人変更。タリスカとエルキンに代えてオズヤクプとギョクハン・ギョニュルをスタメンで起用した。

▽一方、大逆転でのグループステージ突破を狙うモナコは、前回対戦からスタメンを3人変更。負傷中のファルカオやA・トゥーレ、シディベに代えてロニー・ロペスや、ジョルジ、ラッジをスタメンで起用。[4-3-3]の布陣で3トップは右からR・ロペス、ケイタ、レマルと並べた。

▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中15分、モナコがセットプレーからチャンスを迎える。レマルの左CKをニアサイドのティーレマンスが頭で合わせるも、これはGKファブリシオが正面で弾いた。

▽対するベシクタシュは25分、クアレスマのロングパスで右サイドゴールライン際までオーバーラップしたギョクハン・ギョニュルが折り返しを供給。これを中央のトスンがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽難を逃れたモナコだが、26分にアクシデント。序盤に相手選手と接触したレマルが違和感を訴え、ヨベティッチとの負傷交代を余儀なくされた。

▽膠着状態のまま前半終盤に差し掛かると、ベシクタシュは44分に決定機。右サイドでスローインを受けたギョクハン・ギョニュルがカットインからボックス右に侵攻。フリーで右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。

▽対するモナコは、前半終了間際に相手の不用意なミスから先制に成功する。46分、相手陣内でアドリアーノのパスをカットしたモウティーニョが素早く前線に繫ぐと、バイタルエリア右で受けたR・ロペスがカットインからコントロールシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽モナコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベシクタシュ。53分、トスンのロングスルーパスでゴール前に抜け出したクアレスマがボックス内でジョルジに倒され、PKを獲得。このPKをトスンがゴール左に決めた。

▽同点に追いついたベシクタシュは、59分にも決定機。ロングスルーパスをボックス中央で受けたバベルが飛び出した相手GKをかわすも、相手DFにシュートコースを消されたバベルはラストパスを選択。これをボックス手前で受けたクアレスマがダイレクト合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

▽攻勢に出たいベシクタシュだが、立て続けにアクシデントに見舞われる。69分、相手選手へのタックルで左足を痛めたD・トシッチがメデルと交代。さらに75分には、ふくらはぎを痛めたアルスランがプレー続行不可能となり、ミトロビッチと負傷交代した。

▽一進一退の展開が続く中、ベシクタシュは90分に決定機。モナコのFKをGKファブリシオがキャッチすると、ここからカウンターを発動。右サイドをドリブルで持ち上がったタリスカのパスを受けたクアレスマがボックス右からシュートを放ったが、これは守備に戻ったモウティーニョのスライディングブロックに防がれた。

▽対するモナコは試合終了間際の93分、ヨベティッチからのパスをボックス左で受けたケイタがシュートを狙ったが、これはGKファブリシオが正面でキャッチ。結局、試合はそのまま1-1で終了。4連勝を逃したベシクタシュのグループステージ突破は、同日開催のポルトvsライプツィヒの結果次第となった。

(C)Getty Images

▽また、グループGのもう1試合、ポルトvsライプツィヒは、3-1でポルトが勝利した。試合が動いたのは13分、左CKからの混戦からエクトル・エレーラがゴールネットを揺らし、ポルトが先制に成功する。

▽ポルトのリードで迎えた後半、ライプツィヒはハルステンベルクとブルマを下げてクロステルマンとヴェルナーを投入する2枚替えを敢行。すると48分、サビツァーのパスで相手DFの裏に抜け出したヴェルナーが飛び出したGKの上を抜くループシュートで同点に追いついた。

▽同点とされたポルトだが、61分に反撃。右サイドでFKを獲得すると、A・テレスがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだダニーロがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功。

▽さらにポルトは、試合終了間際の90分にも途中出場のM・ペレイラがゴールネットを揺らし、3-1で試合終了。

▽この結果、首位ベシクタシュのグループステージ突破は次節以降に持ち越しが決定。また、ホームで完勝したポルト(勝ち点6)がグループ2位に浮上。ライプツィヒ(勝ち点4)が3位、モナコ(勝ち点2)が4位となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月11日は、日本代表MF本田圭祐の元同僚ストライカーのバースデー!

◆ヴァグネル・ラブ 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1984/6/11 ポジション:FW クラブ:ベシクタシュ 身長:171㎝ 体重:72kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月11日は、ベシクタシュの元ブラジル代表FWヴァグネル・ラブだ。 ▽リオデジャネイロ出身のラブはパルメイラスでプロとしてのキャリアをスタートさせた点取り屋は、2004年夏にCSKAモスクワに完全移籍。合間に母国クラブへのレンタル移籍などを挟みつつも、2013年夏に山東魯能に完全移籍するまで公式戦244試合120ゴール52アシストを記録し、UEFAカップ(旧ヨーロッパリーグ)での優勝1度を含む14度のタイトル獲得に大きく貢献した。2010年冬からの3年間は日本代表MF本田圭佑の同僚であったことでも有名だ。 ▽ブラジル人選手に頻繁にみられる例に漏れず、この選手の登録名『ヴァグネル・ラブ』は本名ではない。『ヴァグネル・シウヴァ・デ・ソウザ』というのが正式な名前だが、登録名に付いている“ラブ”にはある理由が存在している。パルメイラスのユース時代、合宿所に居た同選手は女性を連れ込み、そのことが監督に露見。チームメイトが会長に懇願してくれたためにクビは回避したものの、このエピソードがあったためにセクシャルな意味合いを込めて“ラブ”の愛称で呼ばれるようになった。 ※誕生日が同じ主な著名人 カイ・ハフェルツ(サッカー選手/レバークーゼン) ダビデ・ザッパコスタ(サッカー選手/チェルシー) ゴンサロ・カストロ(サッカー選手/ドルトムント) 太田吉彰(サッカー選手/ジュビロ磐田) 脇坂泰斗(サッカー選手/川崎フロンターレ) 松田天馬(サッカー選手/湘南ベルマーレ) 西本雅崇(サッカー選手/セレッソ大阪) チェ・ジウ(女優) 沢口靖子(女優) 新垣結衣(女優) 山口もえ(タレント) 田中理恵(体操選手) アンディ・オロゴン(格闘家) 佐々木彩夏(アイドル/ももいろクローバーZ) ムーディ勝山(お笑い芸人) 2018.06.11 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュに罰金…理由の1つは「猫」

▽トルコの名門・ベシクタシュが、思わぬ理由で罰金を科されてしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽罰金の対象となったのは、3月に行われたチャンピオンズリーグの試合。ラウンド16のバイエルン戦での出来事だった。 ▽ベシクタシュのホームで行われた試合では、物がピッチに投げ込まれるなど、様々な問題行為があり、3万ポンド(約443万円)の罰金が科されることとなった。 ▽その中の理由の1つが、猫の乱入だ。試合の後半、ピッチ内に一匹の猫が乱入。これにより、試合が一時中断される事態となっていた。 ▽ちなみに、3月のチャンピオンズリーグでは、ローマも罰金を科されている。シャフタール・ドネツク戦にて、ローマがリードしている時にボールボーイが時間を浪費し、プレーを侵害した件が問題となった。 2018.06.07 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア希望じゃないの? タリスカ、同僚にローマ移籍を宣言

▽ベシクタシュに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)の移籍先はローマで落ち着く様相だ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽今シーズン限りでのベシクタシュ退団が明るみになったタリスカ。以前からプレミアリーグ行きを希望しているとみられ、リバプールを筆頭にイングランドの数クラブが行き先の候補として取り沙汰されてきた。 ▽だが、そのタリスカはベシクタシュ同僚に対して「僕はイタリアでキャリアを続ける。ローマ移籍の条件に目を通した。ここで素晴らしい2年間を過ごしたが、今こそ別れを告げるときだ」と話したという。 ▽タリスカは、2016年夏にベンフィカからベシクタシュにローン移籍。ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそら落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 2018.05.25 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

タリスカ、リバプール移籍で決まり?

▽ベシクタシュに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)にリバプール移籍の可能性が高まった。 ▽タリスカは2016年夏にベンフィカからベシクタシュにローン移籍。ロシア・ワールドカップに臨むブラジル代表入りこそ逃したものの、今シーズンはリーグ優勝を争うチームの主力として、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。 ▽ポルトガル『Record』によれば、シェノル・ギュネシュ監督は19日に行われたトルコ・スーパーリーグ最終節終了後、「タリスカの退団は冬の中断期間中に決まったこと。残念に思う。彼は(他クラブと)もう合意してしまった」と話したという。 ▽さらに、タリスカの移籍先についても「(今冬の移籍市場でベシクタシュからエバートンに移籍した)シェンク・トスンのライバルになるかもしれない」と述べ、エバートンの宿敵リバプール行きを示唆した模様だ。 2018.05.20 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

広州富力がベシクタシュのセルビア代表DFトシッチと2年半契約

▽中国スーパーリーグの広州富力は18日、ベシクタシュのセルビア代表DFデュシュコ・トシッチ(33)の獲得を発表した。契約期間は2年半とのことだ。 ▽D・トシッチは、ソショーやブレーメン、ポーツマス、QPR、レッドスター・ベオグラード、レアル・ベティスなど多くのクラブを渡り歩き、2012年7月にトルコのゲンチレルビルリイへと移籍。2015年7月にベシクタシュへと移籍していた。 ▽ベシクタシュでは、センターバックのレギュラーとして活躍。今シーズンはトルコ・スーパーリーグで25試合に出場し5ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグでも7試合に出場していた。 ▽広州富力は、同じセルビアのドラガン・ストイコビッチ監督が指揮を執っており、今シーズンはここまで中国スーパーリーグで7位につけている。 2018.05.19 09:40 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース