モナコと引き分けた首位ベシクタシュのGS突破は次節以降に ホームで完勝のポルトが2位に浮上!《CL》2017.11.02 08:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第4節のベシクタシュvsモナコが行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽全勝で首位に立っているベシクタシュ(勝ち点9)が、いまだ未勝利で最下位のモナコ(勝ち点1)を本拠地イニョニュ・スタジアムに迎えた一戦。勝利でクラブ史上初のグループステージ突破が決まるベシクタシュは、10月17日に行われた第3節の前回対戦からスタメンを2人変更。タリスカとエルキンに代えてオズヤクプとギョクハン・ギョニュルをスタメンで起用した。

▽一方、大逆転でのグループステージ突破を狙うモナコは、前回対戦からスタメンを3人変更。負傷中のファルカオやA・トゥーレ、シディベに代えてロニー・ロペスや、ジョルジ、ラッジをスタメンで起用。[4-3-3]の布陣で3トップは右からR・ロペス、ケイタ、レマルと並べた。

▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中15分、モナコがセットプレーからチャンスを迎える。レマルの左CKをニアサイドのティーレマンスが頭で合わせるも、これはGKファブリシオが正面で弾いた。

▽対するベシクタシュは25分、クアレスマのロングパスで右サイドゴールライン際までオーバーラップしたギョクハン・ギョニュルが折り返しを供給。これを中央のトスンがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽難を逃れたモナコだが、26分にアクシデント。序盤に相手選手と接触したレマルが違和感を訴え、ヨベティッチとの負傷交代を余儀なくされた。

▽膠着状態のまま前半終盤に差し掛かると、ベシクタシュは44分に決定機。右サイドでスローインを受けたギョクハン・ギョニュルがカットインからボックス右に侵攻。フリーで右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。

▽対するモナコは、前半終了間際に相手の不用意なミスから先制に成功する。46分、相手陣内でアドリアーノのパスをカットしたモウティーニョが素早く前線に繫ぐと、バイタルエリア右で受けたR・ロペスがカットインからコントロールシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽モナコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベシクタシュ。53分、トスンのロングスルーパスでゴール前に抜け出したクアレスマがボックス内でジョルジに倒され、PKを獲得。このPKをトスンがゴール左に決めた。

▽同点に追いついたベシクタシュは、59分にも決定機。ロングスルーパスをボックス中央で受けたバベルが飛び出した相手GKをかわすも、相手DFにシュートコースを消されたバベルはラストパスを選択。これをボックス手前で受けたクアレスマがダイレクト合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

▽攻勢に出たいベシクタシュだが、立て続けにアクシデントに見舞われる。69分、相手選手へのタックルで左足を痛めたD・トシッチがメデルと交代。さらに75分には、ふくらはぎを痛めたアルスランがプレー続行不可能となり、ミトロビッチと負傷交代した。

▽一進一退の展開が続く中、ベシクタシュは90分に決定機。モナコのFKをGKファブリシオがキャッチすると、ここからカウンターを発動。右サイドをドリブルで持ち上がったタリスカのパスを受けたクアレスマがボックス右からシュートを放ったが、これは守備に戻ったモウティーニョのスライディングブロックに防がれた。

▽対するモナコは試合終了間際の93分、ヨベティッチからのパスをボックス左で受けたケイタがシュートを狙ったが、これはGKファブリシオが正面でキャッチ。結局、試合はそのまま1-1で終了。4連勝を逃したベシクタシュのグループステージ突破は、同日開催のポルトvsライプツィヒの結果次第となった。

(C)Getty Images

▽また、グループGのもう1試合、ポルトvsライプツィヒは、3-1でポルトが勝利した。試合が動いたのは13分、左CKからの混戦からエクトル・エレーラがゴールネットを揺らし、ポルトが先制に成功する。

▽ポルトのリードで迎えた後半、ライプツィヒはハルステンベルクとブルマを下げてクロステルマンとヴェルナーを投入する2枚替えを敢行。すると48分、サビツァーのパスで相手DFの裏に抜け出したヴェルナーが飛び出したGKの上を抜くループシュートで同点に追いついた。

▽同点とされたポルトだが、61分に反撃。右サイドでFKを獲得すると、A・テレスがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだダニーロがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功。

▽さらにポルトは、試合終了間際の90分にも途中出場のM・ペレイラがゴールネットを揺らし、3-1で試合終了。

▽この結果、首位ベシクタシュのグループステージ突破は次節以降に持ち越しが決定。また、ホームで完勝したポルト(勝ち点6)がグループ2位に浮上。ライプツィヒ(勝ち点4)が3位、モナコ(勝ち点2)が4位となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ベシクタシュが首位でクラブ史上初の決勝トーナメント進出! ポルトは2位キープで最終節へ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第5節、ベシクタシュvsポルトが21日にイニョニュ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。この結果、グループ首位を確定させたベシクタシュがクラブ史上初の決勝トーナメント進出を果たした。 ▽ここまで唯一無敗の首位ベシクタシュ(勝ち点10)は、前節のモナコ相手のドローによって2節を残しての突破を逃したが、今節での突破が濃厚だ。引き分け以上で首位通過が決定するこの一戦に向けては、ペペやアドリアーノ、クアレスマ、バベル、トスンなど現状のベストメンバーを起用した。 ▽一方、ベシクタシュと共に混戦のグループGを抜け出したい2位ポルト(勝ち点6)は今節での勝利と、3位のライプツィヒ(勝ち点4)が敗戦した場合、最終節を残しての突破が決まる。最低でも勝ち点1を持ち帰りたいこの一戦では、カシージャスを引き続きベンチに置きジョゼ・サを起用。また、古巣対戦のアブバカルやブラヒミ、ダニーロ、エクトル・エレーラなど、主力が揃ってスタメン入りした。 ▽ホームの大歓声を後押しに立ち上がりからバベルとクアレスマの両翼の個人技を生かして相手を押し込むベシクタシュ。19分にはバベルが無回転の強烈なミドルシュートを放つが、枠を捉えたボールはGKジョゼ・サが何とか弾き出す。 ▽一方、守勢が続くポルトだったが、セットプレーからファーストチャンスをゴールに結びつける。29分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でサインプレーから右サイドのスペースに抜け出したリカルド・ペレイラがグラウンダーで折り返す。これをゴール前のフェリペが右足のダイレクトシュートで突き刺した。 ▽ホームで先制を許す厳しい展開を強いられたベシクタシュだが、33分にアドリアーノからのクロスをボックス右で巧みなトラップで収めたクアレスマが右足のシュート。だが、これは相手GKの好守に遭う。それでも、41分には左サイドでDF2枚をドリブルで抜き去ったトスンがボックス左に持ち込み、ゴール前にフリーで走り込んだタリスカにラストパス。これをポルトガル代表FWが難なく流し込んだ。 ▽1-1のイーブンで折り返した試合は、後半に入って完全にホームチームのペースに。前半同様にバベルとクアレスマの個人技が猛威を振るうが、やや後方に重心を置いたポルトも水際で失点を防ぐ。 ▽58分には左サイドからカットインしたバベルが見事なミドルシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。さらに61分には同じくボックス左で仕掛けたクアレスマがゴール左隅を捉えた強烈なシュートを放つが、今度はGKジョゼ・サの好守に阻まれた。 ▽一方、前半以上に押し込まれる展開でもカウンターから幾度かチャンスを作るポルトは、 58分にリカルド・ペレイラの折り返しからゴール前のアブバカルが古巣のゴールに迫るが、右足アウトにかけたシュートは枠の左に外れた。 ▽60分過ぎまでは互いに攻め合うオープンな展開が続いた試合だったが、時間の経過と共に互いの利点を考えてか、1-1のスコアをキープしようと、やや消極的なプレーが目立ち始める。試合終盤には互いに交代カードを切っていくが、流れに変化はなし。 ▽結局、試合は1-1のままタイムアップを迎え、勝ち点を11ポイントに積み上げたベシクタシュの首位が確定。最終節を残して決勝トーナメント進出を果たしたベシクタシュは、ガラタサライ、フェネルバフチェに続きトルコ勢として3チーム目となるCL決勝トーナメント進出チームとなった。一方、敵地で最低限の勝ち点1を手にしたポルトは2位の座をキープしたまま、最終節のモナコ戦での決勝トーナメント進出を目指すことになった。 2017.11.22 04:07 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ容認か フェライニ、来冬にベシクタシュ移籍へ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)に来年1月のベシクタシュ移籍が内定したようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督の下、出場機会を増やす中で印象的なパフォーマンスを続けるフェライニ。だが、ユナイテッドとの現行契約が今シーズン限りとなっているベルギー人長身MFを巡っては、以前から延長交渉の難航と来冬のベシクタシュ行きが取り沙汰されてきた。 ▽そして、今回の『ミラー』によれば、モウリーニョ監督はフェライニに対して来冬のベシクタシュ行きを容認。ユナイテッドとの現行契約が満了を迎える前に、フェライニを移籍金800万ポンド(約11億9000万円)に還元することでベシクタシュと合意に至ったという。 ▽なお、プレミアリーグの覇権奪回を狙うモウリーニョ監督は、来冬のフェライニ売却に伴い、代役候補もリストアップしている模様。現時点で、シャフタールに所属するブラジル代表MFフレッジ(24)の動向を追っているとみられる。 2017.11.12 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

フェライニが欲しい! ベシクタシュ取締役、関心明言

▽ベシクタシュ側がマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)に対する関心を認めた。イギリス『FourFourtwo』が報じた。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督の下、印象的なパフォーマンスを披露するフェライニ。今シーズン限りでユナイテッドとの契約が満了を迎えるが、難航が取り沙汰されており、そこにベシクタシュの関心も浮上している。 ▽ベジクタシュで取締役を務めるメティン・アルバイラク氏は、フェライニ獲得の噂について、次のように言及。“アフロマン”に対する関心を公言した。 「フェライニは我々のリストに入っている。彼とサインするために力を尽くしているよ」 「彼は我々が調査した唯一の選手じゃない。我々のスカウティングチームは、この週末だけで20試合をチェックした」 「補強プランは決して終わったわけじゃなく、常に動いている。数選手の動向を注視しているんだ」 「クラブはトルコ国内とヨーロッパでもプランがあって交渉がある。今冬か、あるいはシーズン後に数選手と契約したい」 2017.11.08 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

言わなきゃいいのに…ペペがマドリディスタをディスる

▽ベシクタシュのポルトガル代表DFペペは、古巣のサポーターと比較してベシクタシュサポーターの声援に好印象を抱いているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽2016-17シーズン限りで10シーズンを過ごしたレアル・マドリーを退団したペペは、トルコのベシクタシュへと活躍の場を移した。そのベシクタシュでも主力として活躍している。 ▽インタビューに応じたペペは、新天地での熱烈なサポーターたちの声援に対して、驚きと好印象を持っているようだ。 「ベシクタシュのファンはとても情熱的なんだ。フィールドに立つと、スタンドからは騒音のような凄まじい声援が送られる。いつも驚いているよ」 ▽ここまでは、ベシクタシュのサポーターたちを称えるコメントだったが、余計な一言で古巣のサポーターの逆鱗に触れるかもしれない。 「おそらくマドリーのファンにはうるさい話かもしれないけれど、彼らはいつも情熱を届けていると言っていたが、僕にはそう感じられなかった」 2017.11.07 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

フェライニのユナイテッド退団濃厚か…先日のPSGに続き今度はベシクタシュと交渉?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニ(29)のユナイテッドでのキャリアは終わりに近づいているようだ。イギリス『デイリー・スター』が、同選手のイスタンブール目撃情報を伝えている ▽クラブとの契約が今季限りとなっているフェライニは、今シーズンにジョゼ・モウリーニョ監督の下で印象的なパフォーマンスを披露している。モウリーニョ監督はフェライニを必要としているようだが、選手側はクラブからの最初のオファーを拒絶したと、先日にイギリス『テレグラフ』は伝えていた。 ▽そのフェライニに関しては先月、ベルギーのブリュッセルに滞在中だったパリ・サンジェルマン(PSG)の宿泊先を訪問し、移籍に向けた交渉を行ったとの報道がなされていた。 ▽そして、今回フェライニは以前から有力な移籍先の1つに挙がっているベシクタシュが本拠地を置くイスタンブールに現れたことが、いくつかの『ツイッター』の目撃情報によって発覚した。 ▽現在、負傷離脱中のフェライニだが、イスタンブールは縁もゆかりもない土地であり、今回のイスタンブール訪問はベシクタシュ移籍に向けた事前交渉という見方が強まっている。 ▽その一方で、『ツイッター』上に投稿された人物がフェライニ本人である確証は取れておらず、フェイクニュースの可能性も否定できないようだ。 ◆フェライニ本人? https://twitter.com/BesiktasTalk/status/925741198286970880 ◆こちらの画像は本人っぽい? https://twitter.com/BesiktasTalk/status/925743712692527104 2017.11.02 02:53 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース