モナコと引き分けた首位ベシクタシュのGS突破は次節以降に ホームで完勝のポルトが2位に浮上!《CL》2017.11.02 08:03 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第4節のベシクタシュvsモナコが行われ、1-1の引き分けに終わった。

▽全勝で首位に立っているベシクタシュ(勝ち点9)が、いまだ未勝利で最下位のモナコ(勝ち点1)を本拠地イニョニュ・スタジアムに迎えた一戦。勝利でクラブ史上初のグループステージ突破が決まるベシクタシュは、10月17日に行われた第3節の前回対戦からスタメンを2人変更。タリスカとエルキンに代えてオズヤクプとギョクハン・ギョニュルをスタメンで起用した。

▽一方、大逆転でのグループステージ突破を狙うモナコは、前回対戦からスタメンを3人変更。負傷中のファルカオやA・トゥーレ、シディベに代えてロニー・ロペスや、ジョルジ、ラッジをスタメンで起用。[4-3-3]の布陣で3トップは右からR・ロペス、ケイタ、レマルと並べた。

▽試合は序盤から一進一退の攻防が続いたが、互いにノーチャンスのまま時間が経過。そんな中15分、モナコがセットプレーからチャンスを迎える。レマルの左CKをニアサイドのティーレマンスが頭で合わせるも、これはGKファブリシオが正面で弾いた。

▽対するベシクタシュは25分、クアレスマのロングパスで右サイドゴールライン際までオーバーラップしたギョクハン・ギョニュルが折り返しを供給。これを中央のトスンがダイレクトで合わせたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。

▽難を逃れたモナコだが、26分にアクシデント。序盤に相手選手と接触したレマルが違和感を訴え、ヨベティッチとの負傷交代を余儀なくされた。

▽膠着状態のまま前半終盤に差し掛かると、ベシクタシュは44分に決定機。右サイドでスローインを受けたギョクハン・ギョニュルがカットインからボックス右に侵攻。フリーで右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。

▽対するモナコは、前半終了間際に相手の不用意なミスから先制に成功する。46分、相手陣内でアドリアーノのパスをカットしたモウティーニョが素早く前線に繫ぐと、バイタルエリア右で受けたR・ロペスがカットインからコントロールシュート。これがゴール左隅に決まった。

▽モナコのリードで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはベシクタシュ。53分、トスンのロングスルーパスでゴール前に抜け出したクアレスマがボックス内でジョルジに倒され、PKを獲得。このPKをトスンがゴール左に決めた。

▽同点に追いついたベシクタシュは、59分にも決定機。ロングスルーパスをボックス中央で受けたバベルが飛び出した相手GKをかわすも、相手DFにシュートコースを消されたバベルはラストパスを選択。これをボックス手前で受けたクアレスマがダイレクト合わせたが、シュートは枠の上に外れた。

▽攻勢に出たいベシクタシュだが、立て続けにアクシデントに見舞われる。69分、相手選手へのタックルで左足を痛めたD・トシッチがメデルと交代。さらに75分には、ふくらはぎを痛めたアルスランがプレー続行不可能となり、ミトロビッチと負傷交代した。

▽一進一退の展開が続く中、ベシクタシュは90分に決定機。モナコのFKをGKファブリシオがキャッチすると、ここからカウンターを発動。右サイドをドリブルで持ち上がったタリスカのパスを受けたクアレスマがボックス右からシュートを放ったが、これは守備に戻ったモウティーニョのスライディングブロックに防がれた。

▽対するモナコは試合終了間際の93分、ヨベティッチからのパスをボックス左で受けたケイタがシュートを狙ったが、これはGKファブリシオが正面でキャッチ。結局、試合はそのまま1-1で終了。4連勝を逃したベシクタシュのグループステージ突破は、同日開催のポルトvsライプツィヒの結果次第となった。

(C)Getty Images

▽また、グループGのもう1試合、ポルトvsライプツィヒは、3-1でポルトが勝利した。試合が動いたのは13分、左CKからの混戦からエクトル・エレーラがゴールネットを揺らし、ポルトが先制に成功する。

▽ポルトのリードで迎えた後半、ライプツィヒはハルステンベルクとブルマを下げてクロステルマンとヴェルナーを投入する2枚替えを敢行。すると48分、サビツァーのパスで相手DFの裏に抜け出したヴェルナーが飛び出したGKの上を抜くループシュートで同点に追いついた。

▽同点とされたポルトだが、61分に反撃。右サイドでFKを獲得すると、A・テレスがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだダニーロがヘディングで流し込み、勝ち越しに成功。

▽さらにポルトは、試合終了間際の90分にも途中出場のM・ペレイラがゴールネットを揺らし、3-1で試合終了。

▽この結果、首位ベシクタシュのグループステージ突破は次節以降に持ち越しが決定。また、ホームで完勝したポルト(勝ち点6)がグループ2位に浮上。ライプツィヒ(勝ち点4)が3位、モナコ(勝ち点2)が4位となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ネグレド、アル・ナスルへ完全移籍…元フランス代表MFキャバイエと同僚に

▽UAEのアル・ナスルは18日、ベシクタシュから元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間。背番号は「11」を着用する。 ▽スペイン代表として21キャップを誇るネグレドは、これまでアルメリア、セビージャ、マンチェスター・シティ、バレンシア、ミドルズブラなどでプレー。2017年8月に加入したベシクタシュでは、昨シーズン公式戦43試合15ゴール9アシストという成績を残した。また、今シーズンはここまで公式戦6試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。 ▽なお、現在アル・ナスルには元フランス代表MFヨアン・キャバイエも所属している。 2018.09.19 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エジルに来冬トルコ移籍の可能性浮上

▽アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(29)に、フェネルバフチェ移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽エジルは、今年1月にアーセナルと2021年までの3年契約を締結。その際には、週給が推定35万ポンド(約5000万円)に上昇したことが伝えられていた。しかし、今シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ新監督の下では、好パフォーマンスを披露することができず。プレミアリーグ第4節終了時点で出場は3試合、そのうちフル出場は1試合のみだ。ゴールやアシストは記録されていない。 ▽トルコ『Fotomac』によると、こうした苦境にあるエジルをフェネルバフチェが注視。1月の獲得を目指しているようだ。なお、エジル当人がアーセナル退団を望んでいるかは確認できていない。『デイリー・メール』は、獲得の場合には少なくとも移籍金4200万ポンド(約60億円)が必要になるだろう、と報じている。 ▽エジルは、3-1で勝利したプレミアリーグ第3節ウェストハム戦ではベンチにも入れず。エメリ監督は病欠と主張していたが、エジルとの関係悪化も疑われている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.11 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リャイッチ、ベシクタシュへ買い取り義務付きレンタル移籍

▽ベシクタシュは8月31日、トリノのセルビア代表FWアデム・リャイッチ(26)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。 ▽パルチザン出身のアタッカーであるリャイッチは、フィオレンティーナ、ローマ、インテルとセリエAの強豪クラブを経て、2016年夏にトリノへ移籍。トリノでは公式戦65試合に出場して18ゴール24アシストを記録し、主力として活躍していた。 ▽しかし、今年1月にワルテル・マッツァーリ監督が就任して以降はベンチを温める機会が増え、今季もここまでの2試合、ベンチスタートとなっていた。 2018.09.01 00:04 Sat
twitterfacebook
thumb

オリジ、新天地はトルコに?

▽ベシクタシュが、リバプールに所属するベルギー代表FWディヴォク・オリジ(23)の獲得可能性を模索しているようだ。イギリス『リバプール・エコー』の情報を基に、イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽リバプールを指揮するクロップ監督はFWロベルト・フィルミノをファーストチョイスにしており、今シーズンのオリジはここまでのプレミアリーグ3試合全てでベンチ外になっている。そのため同選手は今夏のリバプール退団を希望しているようだ。 ▽そんなオリジに対し、これまではドルトムントからの強い関心が報じられていた。しかし、同チームがバルセロナからスペイン代表FWパコ・アルカセル(24)を獲得したこともあり、期待薄となっている。また、リバプールが移籍金2700万ユーロ(約35億円)を要求しているのに対し、ドルトムントがレンタルでの獲得を望んでいたことも交渉難航の一因のようだ。 ▽したがって、リバプールは完全移籍での放出を望んでいるとされており、ベシクタシュはその候補の1つとして報じられている。とはいえ、FWドミニク・ソランケに囁かれているレンジャーズへのレンタル移籍が許されれば、オリジ残留の芽もあるようだ ▽オリジは、2014年夏にリールからリバプールに加入したが、ここまでスタメンの座を奪い切ることはできず。昨季はヴォルフスブルクにレンタル移籍しており、リーグ戦31試合で6ゴールをマークしていた。 2018.08.30 20:44 Thu
twitterfacebook
thumb

CL準優勝GKカリウスのベシクタシュ加入が正式発表! 2年間のレンタル

▽リバプールは25日、ドイツ人GKロリス・カリウス(25)がベシクタシュにレンタルで加入したことを発表。契約期間は2年間となる。 ▽カリウスは、2016年にマインツからリバプールに加入。昨シーズンは守護神を務めて公式戦33試合に出場したが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝という大舞台でレアル・マドリーを相手に2失点に絡むミスを犯し、評価を急落させた。 ▽また、リバプールには今夏、ローマからブラジル代表GKアリソン・ベッカーがGK歴代最高額で入団。押し出される形でカリウスがクラブを出ることとなった。 ▽カリウスの放出に関し、ユルゲン・クロップ監督はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ユルゲン・クロップ監督 「昨日別れの挨拶をしたよ。彼は(ベシクタシュでのプレーを)本当に楽しみにしている。それは良いことだ。彼にとって良いことだと、本当に思うよ」 「ロリス(・カリウス)は、素晴らしいゴールキーパー世代の中にあっても、ファンタスティックなゴールキーパーだ。多くの人々が、アリソンが直近3試合で好調を見せた、私たちの改善した守備について話している。だが、これまで本当に良かった時の多くの試合で彼(アリソン)はここに居なかった。ゴールにはロリスが居て、彼は多くの貢献をしてくれた」 「ベシクタシュのチームを見たけど、彼らは経験豊富なチームだ。トルコのリーグで優勝できるチャンスにあって、クールだね。今では、彼らには本当に良いゴールキーパーが居る。私は彼に関して本当に満足しているし、彼も沢山の出場機会を得てとても幸せだった。全てがグッドだ」 「そして、私たちにはシモン・ミニョレが居る。素晴らしいことだ。私たちにとって完璧なゴールキーパーだよ。それが今の状況だ。加えて、2人の子供たち(下部組織所属のGKカミル・グラバラ、カオイムヒン・ケレハー)ももちろん居る」 2018.08.26 08:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース