大阪が圧巻の10発爆勝で連敗ストップ!《DUARIG Fリーグ-JSPORTSシリーズ-》2017.10.21 22:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽21日にDUARIG Fリーグ2017/2018第22節6クラブ共同開催のJSPORTSシリーズ3試合が大阪中央体育館で行われた。

◆バルドラール浦安vsバサジィ大分
▽試合は前半立ち上がり早々、浦安のオウンゴールでバサジィ大分が先制すると、23分にFP原田浩平、31分にFP田村龍太郎、38分にFP仁部屋和弘の連続ゴールでバルドラール浦安を突き放し。終盤にFP青山竜也の一発を被弾した大分だが、その直後にFP白方秀和のゴールでトドメを刺し、浦安に5-1で快勝した。

◆シュライカー大阪vsエスポラーダ北海道
▽試合は、前半開始早々の3分にFP田村友貴の一発で先制したシュライカー大阪のゴールラッシュとなる。FPヴィニシウス、FP佐藤亮、FP仁井貴仁、FP芝野創太、FPチアゴ、FP相井忍の連続ゴールで前半のうちに北海道を大きく突き放すと、後半にも3発。終盤に1点を返された大阪だが、10-1の快勝劇で連敗を「3」で止めた。

◆ペスカドーラ町田vsデウソン神戸
▽試合は4分にエースのFP森岡薫がゴールを決め、ペスカドーラ町田が先制するが、デウソン神戸も14分にFP森脩の一発で同点に。迎えた後半の26分にFP稲田瑞穂のゴールで一時逆転に成功した神戸だったが、30分に森岡がこの試合2ゴール目を決め、町田が追いついた。結局、試合は2-2のまま終了。痛み分けに終わっている。

コメント

関連ニュース

thumb

加入選手たちが新シーズンに向けた抱負!! オールドルーキー梅崎は「新たな思いで挑戦しに来ました」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し意気込みを語った。 5.MF小林祐介<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「こんにちは、はじめまして。柏レイソルから来ました、小林祐介です。プロになって初めての移籍で色々と不安はありますが、相当な覚悟を持ってこのチームに挑戦しに来たのでまた、それが伝わるようなプレーをして、チームの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」 7.MF梅崎司<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさんこんにちは。浦和レッズから移籍して来ました梅崎司です。10年間、浦和レッズでプレーしました。良い部分、辛く苦しい経験もして来ましたが、そんな思いを全部ひっくるめて、今年から新たな思いで挑戦しに来ました。自分自身の成長のため。まだまだ伸びると思っています。伸びてこのチームに還元できるようにやっていきたいと思います」 8.DF大野和成<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさんこんにちは。アルビレックス新潟から来ました大野和成です。またベルマーレでプレーできることを嬉しく思います。ベルマーレにいた頃よりも色々な経験をして帰って来たつもりです。ベルマーレの成長とともに、今度はチームを勝たせられるように精一杯頑張ります。よろしくお願いします」 18.MF松田天馬<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「鹿屋体育大学から来ました松田天馬です。今シーズンはプロ1年目ですが湘南の顔になれるように日々努力していきたいと思います。よろしくおねがいします」 19.FWアレン・ステバノヴィッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「ハジメマシテ、アレンステファノピッチデス。セルビアのパルチザンから来ました。自分の力を発揮してチームに貢献していきたいと思います。チームメート、スタッフとともに戦っていきたいと思います。あとはしっかりと良い結果を出して、サポーターのみなさんと喜び合いたいと思っています。よろしくお願いします」 20.DF坂圭祐<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「初めまして、順天堂大学から加入しました坂圭祐です。自分は小さいですがセンターバックです。特徴はジャンプ力を活かしたヘディングやカバーリングです。それを一年目から出せるように頑張って行きたいです。また、背番号は20番で去年は坪井選手がつけていました。坪井選手は四中高の大先輩でその先輩の背番号をつけられることは大変光栄です。坪井選手に負けないような選手になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 21.GK富居大樹<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさんこんにちは。モンテディオ山形から加入しました富居大樹です。ベルマーレという偉大なクラブに加入できて大変嬉しく思いますし、ベルマーレには若い選手がたくさんいるので、ピッチ内外で引っ張るなど貢献できれば良いなと思います。よろしくお願いします」 26.FW山口和樹<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「こんにちは。国士舘大学から加入しました山口和樹です。みなさん見ての通り、僕は身長はとても小さいですが、ピッチ上ではすばしっこく動いて、ゴールやアシストなどゴールに直結するプレーを出して、小さくてもできるところを見せていきたいと思っています。よろしくお願いします」 27.FW鈴木国友<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>みなさんこんにちは。桐蔭横浜大学から加入しました鈴木国友です。アカデミー時代からお世話になった湘南に、少し遠回りはしてしまいましたが、戻ってこられて嬉しく思います。また、自分のサッカー人生の始まりを、この大好きな湘南ベルマーレでスタートできることを嬉しく思っています。自分を受け入れてくれた湘南ベルマーレには本当に感謝しているので、結果という形で貢献できるように頑張ります」 32.MF新井光<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさんこんにちは。市立長野高校から加入しました新井光です。プロ1年目ですがしっかりと積極的にプレーして、試合に出てチームに少しでも貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」 33.GK真田幸太<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさんこんにちは。湘南ベルマーレユースから昇格した真田幸太です。ジュニアユース、ユースを湘南ベルマーレで過ごし、憧れであったトップチームに昇格できて嬉しく思います。自分の特徴である身長を活かしたダイナミックなプレーで観客を沸かし、チームを助けられるようなプレーをしたいと思います。よろしくお願いします」 41.MFミキッチ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_20_tw12.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「ミナサンコンニチハ。9シーズンをサンフレッチェ広島で過ごしました。まだサッカーを勉強したい、学びたいという気持ちが強くあります。ここに来た1つの大きな理由として、スタッフと話し合う中で彼らのビジョンに、私の考えが一致したことが大きかったです。今までの経験や持っているものをここでしっかりと伝えて貢献していきたいと思っています。一丸となって成功を掴み取り、シーズン後に喜び合いたいと思っています」 2018.01.18 19:11 Thu
twitterfacebook
thumb

新F2リーグは新加盟2クラブを含む8チームで構成 入れ替え戦も実施《Fリーグ》

▽日本フットサル連盟(JFF)は18日、Fリーグ 2018/19シーズン概要発表記者会見を行った。 ▽JFFは、18/19シーズンから新たにディビジョン2(F2)を新設し、現在まで開催しているFチャレンジリーグ(準加盟リーグ)を発展的に解消するだけでなく、地域・都道府県フットサルリーグ所属チームが将来Fリーグ参画を目指し活動できるよう「Fリーグを頂点にしたフットサルリーグピラミッド構造の構築」に向けて取り組んでいくことを発表した。 ▽F2に参加するクラブは、昨シーズンはFリーグディビジョン1(F1)に所属していたデウソン神戸に、Fチャレンジリーグ2017/2018参加クラブであるボアルース長野、ヴィンセドール白山、広島エフ・ドゥ、ポルセイド浜田。さらに、Fチャレンジリーグ2016/2017参加クラブのトルエーラ柏に加え、新シーズンからFリーグに新規加盟するボルク北九州とY.S.C.C.横浜の計8チームとなる。将来的に、8チームから12チームに増設する計画も立てていることも明らかにされた。 ▽F2創設に伴い、F1・F2による入れ替え戦が実施されることも発表された。また、F2加盟クラブが12チームになったのち、全国9つの地域のフットサルリーグに参加するクラブとの入れ替え戦が行われる予定であることも併せて伝えている。 ▽デウソン神戸のF2参加の理由については、JFFの小倉純二会長によると「クラブ側からの要望があったためです。F2で一度立て直しを図るとともに、F2での中心的な役割を担うことも目的としています」とのこと。 ▽また、デウソン神戸が抜けたF1には、新たな取り組みの1つであるFリーグ選抜が参加する。Fリーグ選抜は、「若手選手の育成」に関わる具体的な取り組みとして、2018/2019シーズン、2019/2020シーズンの2年間限定で編成される。 ▽その具体的な編成方法については明らかになっていないものの、現時点では21歳~22歳の間の選手を中心とする考えがある模様。在学中の選手に対しては休学を要求することもあり得るという。また、選抜の仕方は、ある程度のスパンを設けてその間選手をレンタルする形を取る方針だという。なお、ホームタウンは名古屋市となる。 ◆2018/2019シーズンリーグ戦チーム編成 ※1.()はホームタウン 《Fリーグディビジョン1》 エスポラーダ北海道(北海道札幌市) ヴォスクオーレ仙台(宮城県仙台市) バルドラール浦安(千葉県浦安市) フウガドールすみだ(東京都墨田区) 立川・府中アスレティックFC(東京都立川市および府中市) ペスカドーラ町田(東京都町田市) 湘南ベルマーレ(神奈川県小田原市) アグレミーナ浜松(静岡県浜松市) 名古屋オーシャンズ(愛知県名古屋市) シュライカー大阪(大阪府大阪市) バサジィ大分(大分県大分市) Fリーグ選抜(愛知県名古屋市) 《Fリーグディビジョン2》 トルエーラ柏(千葉県柏市) Y.S.C.C.横浜(神奈川県横浜市) ボアルース長野(長野県長野市) ヴィンセドール白山(石川県白山市) デウソン神戸(兵庫県神戸市) 広島エフ・ドゥ(広島県広島市) ポルセイド浜田(島根県浜田市)※2.F2加盟に伴いチーム名を浜田フットサルクラブHNTから変更 ボルクバレット北九州(福岡県北九州市) ※3.F2加盟に伴いチーム名をボルク北九州から変更 2018.01.18 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

18/19シーズンの概要が発表! ディビジョン2創設に伴い新たに7クラブが加盟《Fリーグ》

▽日本フットサル連盟(JFF)は18日、Fリーグ 2018/19シーズン概要発表記者会見を行った。 ▽JFFはフットサル中期ビジョン実現に向けた取り組みとして、2018シーズンより既存の12クラブに加え、新設するFリーグディビジョン2(F2)への7クラブの加盟を承認し、Fリーグ加盟クラブが全19クラブになることを発表した。 ▽フットサル日本代表が2016年のFIFAフットサルワールドカップコロンビア大会に出場できなかった背景から、日本サッカー協会(JFA)とJFF、さらには地域・各都道府県のフットサル連盟が一丸となって、リーグ10年目となった16-17シーズンから2020年大会に向けて「Fリーグの再起・再生」に向け、「フットサル中期ビジョン」を策定。選手強化のためのチーグ戦運営、Fリーグを頂点にした日本・地域・都道府県フットサルリーグピラミッド構造の構築など、ビジョンの実現に向けて様々な取り組みが行われている。 ▽2018/2019シーズンから新たに導入される取り組みとして、“Fリーグクラブライセンスの導入”、“Fチャレンジリーグの発展的解消とF2の創設”が挙げられた。また、それに伴い、現在の12クラブに新たに7クラブの加盟、F1・F2による入れ替え戦の実施、若手選手強化のためのFリーグ選抜の編成も合わせて発表された。 2018.01.18 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

歴史に残る名勝負!! 町田が湘南とのダービーマッチを制して決勝へ!! 《DUARIG Fリーグ》

▽13日にDUARIG Fリーグ2017/2018プレーオフ準決勝、ペスカドーラ町田vs湘南ベルマーレの境川決戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、3-2で町田が勝利した。 ▽名古屋オーシャンが待つ決勝への切符を賭けた一戦は、町田と湘南による境川決戦となった。両チームは15年前に行われた全日本フットサル選手権の準決勝で、湘南の前身であるロンドローナと町田の前身であるカスカベウとして駒沢体育館で対戦。関東リーグで無敗だったカスカベウを延長戦の末にロンドリーナが下し、そのまま日本一に輝いている。 ▽Fリーグ参入後は長らく町田が湘南をリードしてきたが、今シーズンは湘南がクラブ史上初となるプレーオフに進出。さらに今シーズンの両チームの対戦は1勝1分け1敗と五分となっている。名古屋への挑戦権を決める大事な一戦でもあるが、ライバルチームとの勝敗を決する一戦としても注目を集めた。 ▽両チームの大応援団が声援を送る中で迎えたキックオフは、お互いにフルスロットルでの入りとなった。すると1分、中央でボールを持ったFP森岡薫がそのまま右サイドに流れながら右足を強振。これがゴールネットに突き刺さって、町田が最初のチャンスでスコアを動かした。さらに7分にはFKのチャンスから森岡、FPダニエル・サカイと繋いで最後はセグンドのFP滝田学が押し込んだ。その後は球際で激しさを見せると、サポーターも巻き込んでボルテージが上がって行く。迎えた18分、交錯したプレーでやや町田の足が止まった瞬間を見逃さず、キックインから浦上が右サイドから右足を一閃。これがゴールネットに突き刺さり、湘南が前半のうちに1点を返した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180114_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すると後半は追いかける湘南が町田ゴールに襲いかかるがチャンスを逸していると、28分にダニエル・サカイが体勢を崩しながらもシュートをねじ込み町田が3点目を奪った。逆転での勝ち上がりのためには3点が必要となった湘南は、その後もチャンスこそ作るがゴールが遠い。さらに36分には5ファウルと後がなくなる。迎えた37分からFP本田真琉虎洲をGKに置いたパワープレーに出る。すると39分にはFPロドリゴ、FP小門と繋いで最後は本田が押し込んで1点を返す。 ▽このゴールに湘南サポーターも多いに沸き、湘南も勢いに乗る。得点直後から今度はFP鍛代元気をGKに置くパワープレーに移行し、後2点を目指した。しかし町田もマイボール時にピッチを広く使ったパス回しで時間を使って行く。最後まで湘南がボールを奪いにかかったが、そのまま試合終了のホイッスル。町田がダービーマッチを制して、名古屋の待つ決勝へと駒を進めた。 ▽試合後の会見では「サポーターが素晴らしい雰囲気を作ってくれた」(岡山孝介監督/ペスカドーラ町田)、「(前日の試合に引き続き)サポーターは今日も素晴らしかった」(奥村敬人監督/湘南ベルマーレ)とそれぞれの指揮官が感謝の気持ちを述べた。また勝利した町田の森岡薫は古巣である名古屋との決勝について「特別な気持ちはない」とすでに戦闘モード。一方敗れた湘南の刈込真人選手は「素晴らしい雰囲気を作ってくれたからこそ、勝利を届けたかった」と涙ながらに語った。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ 2-2 フウガドールすみだ ▽1月14日(日) シュライカー大阪 4-9 フウガドールすみだ ペスカドーラ町田 3-2 湘南ベルマーレ ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田(16:30) 2018.01.14 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

大阪が自慢の攻撃力を発揮!! 退任する木暮監督を白星で送り出す《DUARIG Fリーグ》

▽14日にDUARIG Fリーグ2017/2018 4/5位決定戦のフウガドールすみだvsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、9-4で大阪が勝利した。 ▽前日のプレーオフ1回戦に敗れたすみだと大阪が、年間順位を決める一戦に臨んだ。前半からお互いにアクセル全開で打ち合う。大阪が4分にキックインからFPチアゴがネットを揺らせば、すみだも直後の5分にFP岡山和馬がゴール。その後もゴールを奪い合い4-3と大阪がリードして前半を終える。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180114_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すると後半は一転して大阪がゴールラッシュとなる。21分にFP小曽戸允哉、24分にFP加藤未渚実がゴール。結局、試合は9-4と大阪が大差をつけて木暮監督の最終戦を白星で送り出した。 ▽この試合、ベンチで笑顔が印象的だった木暮賢一郎監督は「4/5位決定戦の中で何もない試合。その中で選手たちには唯一、楽しんでポテンシャルを解放した景色を見せて欲しいということを要求した」とコメント。普段はベンチで一切笑顔を見せなかった指揮官の本音を吐露した。一方大敗を喫したすみだの須賀雄大監督は「結果は受け止めますがクラブとしての挑戦としては悲観すべきことではない」と前を向いた。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ 2-2 フウガドールすみだ ▽1月14日(日) フウガドールすみだ 4-9 シュライカー大阪 ペスカドーラ町田 vs 湘南ベルマーレ(17:30)――[2] ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) 2018.01.14 17:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース