レスター指揮官、同点ゴールのマフレズ称賛! 降格圏内転落も巻き返し誓う2017.10.17 09:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督は、WBA戦を振り返り、今後の巻き返しを誓っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。▽レスターは16日、プレミアリーグ第8節でWBAとのホーム戦に臨んだ。開幕後、1勝しかできていないレスターにとっては、きっちりと白星を飾りたい一戦だったが、63分にWBAのシャドリに直接FKを決められ、先制を許してしまう。それでもレスターは80分、左サイドからのクロスの落としをボックス右で受けたマフレズが胸トラップから右足を一閃して試合を振り出しに戻した。しかしその後、レスターは逆転ゴールを奪えずドロー決着。降格圏内である18位に後退した。

▽シェイクスピア監督は試合後、同点ゴールを奪ったマフレズについて称賛している。また、降格圏内に転落したことについて「このリーグの監督をやっていれば誰にでも起こること」とコメントし、今後の巻き返しを誓った。

「マフレズにはゴールの直前に大きなチャンスがあった。しかし、決めきることができず、がっかりしていた。それでも、ゴールを決めたシーンでのファーストタッチは素晴らしかったよ。その後も、自分の才能を発揮していたね」

「苦手な右足でのシュートだったがよく抑えることができていたと思う。何より喜ばしいことは彼がゴールを狙い続けたことなんだ」

「(降格圏内に転落したことについて)プレミアリーグやこのリーグの監督をやっていれば誰にでも起こることだ。一生懸命プレーし、激しいトレーニングをやっていくことがフットボールの本質でもある。我々は変わっていけると思っているし、そのための勝利が必要だ。きっと、我々が順位を上げていくことを見てもらえると思うよ」

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎慎司にガラタサライ関心報道

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司(32)にガラタサライ移籍の可能性が急浮上した。トルコ『Haber Turk』が報じた。 ▽2015年夏にレスター・シティ入りした岡崎。その加入初年度にプレミアリーグ優勝を経験したが、近年は故障にも苛まれ、今シーズンのプレミアリーグでここまで4回の途中出場にとどまっている。その岡崎は今シーズン限りでレスターとの契約が満了の見込み。そのため、去就が慌ただしくなりつつある。 ▽その中、日本代表で同僚のDF長友佑都も籍を置くガラタサライがファティ・テリム監督の意向を受け、岡崎に関心。既にコンタクトを図ったという。なお、現在の岡崎であれば、推定200万ユーロ(約2億5000万円)で契約可能とみられる。 ▽年齢的に古巣の清水エスパルスを含め、2010年以来のJリーグ帰還にも期待が集まり始める岡崎。ガラタサライ側はモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを売却して獲得に乗り出す気概だというが、果たして…。 2018.10.11 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、3度目のプレミアへ? フルアムが興味

▽フルアムが、イタリア人のクラウディオ・ラニエリ氏(66)の新監督就任を考慮しているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽今季からプレミアに昇格したフルアムは現在スラビシャ・ヨカノビッチ監督が指揮を執っている。同監督は2015年12月にフルアムの監督に就任すると、それまでチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で残留争いをしていたチームを2016-17シーズンは6位、昨季は3位で終え、プレーオフを制して見事にプレミア昇格に導いた。 ▽しかし、プレミア初挑戦のヨカノビッチ監督の下、フルアムは第8節を終えた時点で1勝2分け5敗で17位に位置。失点数もリーグワーストの「21」と、5シーズンぶりとなったプレミアの洗礼を受けている。 ▽この不振を受けて、ヨカノビッチ監督の後任候補に挙がっているのがラニエリ氏だ。同氏はこれまでチェルシーとレスター・シティで2度プレミアクラブを指揮。レスターでは2015-16シーズンにクラブ創設133年目にして初のトップリーグタイトルをもたらし、後世に語り継がれる奇跡を起こした。直近では、昨シーズンにナントを率いていたが、1年で退任。現在はフリーの身となっている。 2018.10.10 18:56 Wed
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場も、10人のレスターがシグルドソンのスーパーゴールに沈む《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、レスター・シティvsエバートンが6日に行われ、2-1でエバートンが勝利した。レスターの岡崎慎司は86分からプレーしている。 ▽第7節を終えた時点で4勝3敗の8位レスターと、2勝3分け2敗の11位エバートンが対戦。現在リーグ戦2連勝、カップ戦を含めると3連勝と好調のレスターは、リーグ戦2試合連続ゴール中のヴァーディや、イングランド初招集がかかったマディソンが先発出場。 ▽対するエバートンは公式戦ここ5試合で1勝のみ。直近のEFLカップのサウサンプトン戦はPK戦の末に敗退となった。それでもリーグ戦連勝を狙う今節は、フランス代表に復帰したズマとリュカ・ディーニュが揃って先発。ブラジル代表リシャルリソンもスタメンに名を連ねた。 ▽試合を動かしたのはそのリシャルリソン。7分、左サイドを侵略したベルナールがリカルド・ペレイラ、アマルティをドリブルで華麗にかわしクロスを供給。これに、ファーサイドでフリーとなっていたリシャルリソンがダイレクトで押し込んでエバートンが先制に成功した。 ▽エバートンは30分に今度はウォルコットがゴールに迫る。チルウェルへの相手のパスをカットしたウォルコットは勢いに乗ってボックスへ侵攻。躱しにかかったマグワイアの肩にぶつかり倒れるが笛は鳴らなかった。 ▽レスターがゴールに近づいたのは34分のこと。DFからのロングボールでヴァーディが一気に最終ラインを抜け出すも、シュートはGKに弾かれ枠の外へ。しかしその6分後、レスターは得意のカウンターで同点とする。 ▽相手のCKの場面、GKシュマイケルが弾き出したボールをリカルド・ペレイラがカウンターにつなげると、ピッチ中央でヴァーディとのワンツーで最終ラインを突破。そのままゴール前に侵入し、冷静にシュートを流し込んだ。さらにエバートンは43分にもヴァーディがヘディングシュートでゴールに迫ったが枠に飛ばせず、試合は同点で折り返した。 ▽後半、ヴァーディの突破やチルウェルのシュートなどで優位に進めていたレスターだったが、63分にモーガンが後ろからのタックルで足をかけてしまいイエローカード。これが2枚目となり、退場処分となってしまった。 ▽1人少なくなったレスターはその後、イヘアナチョを下げてオルブライトンを投入。攻撃的な交代カードを切る。しかし、主導権はエバートンに渡る。 ▽73分、相手が1人少なくなったことでフリーでボールを持つ機会が多くなったシグルドソンは、フェイントで相手を躱して左足を振り抜く。これは惜しくも枠の右へ外れてしまうものの、迎えた77分、敵陣中央ででパスを受けたシグルドソンは、華麗なターンでマークにきたマディソンを躱して、ボックス手前から右足一閃。強烈なドライブがかかったシュートはゴール左上に突き刺さり、エバートンが勝ち越しゴールを奪った。 ▽1点ビハインドのレスターは86分、ここでリカルド・ペレイラを下げて岡崎を投入。後半アディショナルタイムの92分にはCKからアマルティがヘディングシュートを放つも枠の外。エバートンは残っていた2つの交代枠を巧みに使い時間を消費。 ▽結局、レスターに1点をもぎ取る体力は残っておらず、2-1で居合終了。エバートンがリーグ戦2連勝とした一方で、レスターはリーグ戦では3試合ぶりの黒星となり、連勝もストップした。 2018.10.07 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤が途中出場も岡崎は出場せず、ニューカッスルはレスターに敗れて未勝利継続《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、ニューカッスルvsレスター・シティが29日に行われ、0-2でレスターが勝利した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は69分からプレーし、レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ここまで2分け4敗で未勝利が続くニューカッスルと、3勝3敗のレスターによる日本人所属クラブ対決。 ▽試合は29分に動く。CKの流れでマグワイアの放ったシュートをボックス内のイェドリンが手を使って止め、レスターにPKが与えられた。このPKをヴァーディが決めてレスターが先制する。 ▽ゴールレスで迎えた後半、69分にアヨセ・ペレスに代わって武藤が投入される。その武藤は71分、敵陣でボールを奪って右サイドからクロスを上げ、チャンスを生みかける。 ▽しかし73分、右CKからマグワイアがヘディングシュートを叩き込んでレスターがリードを広げた。 ▽2点を追うニューカッスルだったが、なかなかチャンスを生み出せない。武藤も良い形でボールを受けられず苦戦していた中、88分にマーフィーがミドルシュートを浴びせるもわずかに枠を外れ、0-2で終了。ニューカッスルの未勝利が続いている。 2018.09.30 04:38 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターFWグレイ、最大5週間の離脱で岡崎にチャンスか

▽レスター・シティのイングランド代表FWデマライ・グレイが最大5週間の離脱となるようだ。レスターを率いるクロード・ピュエル監督が明かしている。 ▽グレイは25日に行われたEFLカップ3回戦のウォルバーハンプトン戦で61分からFW岡崎慎司に代わって出場していたが、足首を捻挫したとのことだ。ピュエル監督によれば最低でも3週間、最大で5週間の離脱になるという。 ▽グレイは今季プレミアリーグ5試合に先発。主力としてプレーし、1ゴールを挙げていた。今後レスターは10月の代表ウィーク前にニューカッスル戦とエバートン戦を戦うが、ライバルの一人であるグレイの離脱によって岡崎に出場のチャンスが巡ってくる可能性があるかもしれない。 2018.09.28 01:17 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース