原口元気所属ヘルタ、トランプ米大統領に反旗 シャルケ戦でヒザつきパフォ2017.10.15 10:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがアメリカのドナルド・トランプ大統領に反旗を翻した。

▽トランプ大統領は先日に自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、黒人に対する暴力根絶の意味を込めたナショナルフットボールリーグ(NFL)の選手のヒザをつくパフォーマンスに対して、「国歌時に起立しないNFL選手はクビにすべき」とツイート。このつぶやきが物議を醸しているところだ。

▽広まるアメリカ大統領に対する反発にサッカー界からヘルタも続いた。ヘルタは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦で、試合前に先発組でNFLのコリン・キャパニックが始めたヒザをついたパフォーマンスを実施。さらに、クラブ公式ツイッター(@HerthaBSC)で次のような声明を発表した。

「ヘルタ・ベルリンは寛容と責任を支持する! 寛容なベルリンのために、世界に対して永遠にオープンな立場であり続ける!」

コメント

関連ニュース

thumb

原口途中出場のヘルタ、ゼルケのドッペルパックで初勝利《EL》

▽ヘルタ・ベルリンは2日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第4節でゾリャをホームに迎え、2-0で勝利した。ヘルタのMF原口元気は58分から出場している。 ▽アウェイでの前節ゾリャ戦を1-2と敗れて1分け2敗となった最下位ヘルタは、2-1と勝利した直近のハンブルガーSV戦のスタメンから大幅に8選手を変更。カルーとペカリーク、シュタルクのみ引き続きスタメンとなって、イビセビッチやプラッテンハールト、シェルブレらはベンチスタートとなった。 ▽2位のゾリャ(勝ち点6)に対し、ゼルケを1トップに2列目に右からエスヴァイン、ドゥダ、カルーと並べる[4-2-3-1]で臨んだヘルタは勝利が必須のため、立ち上がりからハイプレスをかけていく。 ▽アグレッシブな入りを見せたヘルタは5分にカルーが、10分にエスヴァインがそれぞれ枠内シュートを浴びせると、16分に先制する。ミッテルシュタッドのボックス左からの正確なクロスをゼルケが頭で押し込んだ。 ▽その後、29分にルニョフのコントロールシュートでゴールを脅かされたヘルタだったが、ハーフタイムにかけても主導権を渡さずにボールを保持し、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、50分にゼルケが枠内シュートを浴びせたヘルタは、58分にカルーに代えて原口をそのまま左サイドに投入した。その後、守勢に回っていたヘルタだったが、73分に突き放す。 ▽相手のサイドチェンジをカットしたエスヴァインがスルーパスを供給。ゼルケが受け、GKをかわしてシュートを流し込んだ。そのまま2-0で勝利したヘルタが今大会初勝利を飾っている。 ▽グループJもう一試合のビルアオvsエステルンド(勝ち点7)は1-0でビルバオ(勝ち点5)が勝利し、混戦模様となっている。 2017.11.03 07:14 Fri
twitterfacebook
thumb

セットプレー2発で原口不在のヘルタが、酒井高&伊藤のHSVに勝利!《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第10節、ヘルタ・ベルリンvsハンブルガーSV(HSV)が28日に行われ、2-1でヘルタ・ベルリンが勝利した。 ▽公式戦7試合勝利がない12位のヘルタ・ベルリンと、こちらも7試合未勝利の16位のHSVが激突した一戦。ホームのヘルタ・ベルリンは第8節のシャルケ戦で退場処分を受けた原口は2試合の出場停止で、この試合も招集外となった。対するHSVは、酒井が先発入り。伊藤はベンチスタートとなった。 ▽ファーストシュートはヘルタ・ベルリン。左サイドの深い位置からスローインでリスタートすると、虚を突いてレキクが狙うが枠を捉えられなかった。一方のHSVは11分、左サイドのクロスにハーンがヘディングシュートでトライ。しかしこれは枠を外してしまう。 ▽試合が動いたのは17分。右CKを得たヘルタ・ベルリンは、プラッテンハールトがクロスを送ると、合わせたのはシュタルク。打点の高いヘディングで巧く軌道をずらしゴールの左に流し込んだ。 ▽先制を許したHSVは、29分にドウグラスがボックス左からゴールに迫る。シュートはゴール左上隅を捉えていたが、GKヤルシュテインに弾き出された。 ▽迎えた後半、ヘルタ・ベルリンが再びCKから得点を奪う。50分、ヴァイザーの右CKに、上手くDFの間に入ったレキクが頭で合わせ2点目。 ▽さらに厳しい試合展開となったHSVは56分にエクダルとウッドを下げて、アルプと伊藤を同時投入。前線の活性化を図った。するとこの交代が功を奏す。 ▽73分、右サイドの伊藤のスルーパスでボックス右に侵入した味方のクロスをマフライが頭で折り返す。それをアルプが右足で合わせると、シュートは左ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽1点差に詰め寄ったHSVだが、追加点は奪えずそのままタイムアップ。セットプレーでの2点を守り切ったヘルタ・ベルリンが2-1で勝利し、今季3勝目を手にした。 2017.10.29 00:47 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫途中出場のケルンがヘルタに快勝! 原口は出場せず… 浅野PK獲得のシュツットガルトが3回戦進出《DFBポカール》

▽DFBポカール2回戦、ヘルタ・ベルリンvsケルンが25日に行われ、1-3でケルンが快勝した。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りも出場せず、ケルンのFW大迫勇也は78分から出場している。 ▽直近のフライブルク戦を1-1と引き分け公式戦6試合勝利のないヘルタ・ベルリンと、リーグ戦とヨーロッパリーグで未勝利が続くケルンの不調同士の一戦。 ▽フライブルク戦を出場停止で欠場し、次節ハンブルガーSV戦も出場停止となる原口と、大迫は共にベンチスタートとなった。 ▽互いに慎重な入りとなった中、ヘルタは15分にプラッテンハールトが直接FKでゴールに迫ると、続く20分にもボックス手前右で得たFKをプラッテンハールトが直接狙ってGKホルンを強襲した。 ▽前半半ば以降、ポゼッションを高めたヘルタは、33分にルーズボールをゴール正面のペカリークが左足ボレーで狙うも、強烈なシュートはGKホルンにセーブされた。 ▽すると35分、ケルンが最初のチャンスを活かして先制した。ビッテンコートのシュートをゴールエリア左のカルーが頭で折り返すと、最後はSツォラーが右足で押し込んだ。さらに43分、左CKからマローがうまくボレーで押し込んで2-0と突き放し、前半を終えた。 ▽迎えた後半も良い流れを継続したケルンは64分に決定的な3点目を奪う。S・ツォラーのループシュートは右ポストに嫌われたものの、ルーズボールをクレメンスが押し込んだ。 ▽その後、69分に左CKの流れからシュタルクが頭で押し込んで1点を返したヘルタだったが、それ以上の反撃は見せられずに完敗となった。一方、勝利したケルンは今季の公式戦においてDFBポカール1回戦に続く2勝目をようやく挙げている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171026_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、シュツットガルトは、カイザースラウテルンとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。FW浅野拓磨はフル出場している。[3-4-3]の右ウイングで先発した浅野は、1点ビハインドで迎えた19分、ボックス中央へ侵入しかけたところで相手選手に倒されPKを獲得。これをギンチェクが決めてシュツットガルトが1-1とした。 ▽そして66分、浅野が右サイドのベックにつなぐと、クロスを受けたボックス右のアルコがゴール左へシュートを流し込んで2-1としたシュツットガルトは、テロッデのゴールも生まれて3-1で勝利している。 ▽その他、25日開催のDFBポカール2回戦結果は以下の通り。 オスナブリュック 2-3 ニュルンベルク ヴォルフスブルク 1-0 ハノーファー ライプツィヒ 1-1(PK4-5) バイエルン フライブルク 3-1 ディナモ・ドレスデン ヤーン・レーゲンスブルク 2-5 ハイデンヘイム ブレーメン 1-0 ホッフェンハイム 2017.10.26 03:39 Thu
twitterfacebook
thumb

低調ヘルタが公式戦5戦未勝利でグループ最下位に転落…《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループJ第3節のゾリャvsヘルタ・ベルリンが19日に行われ、2-1でゾリャが勝利した。ヘルタの日本代表FW原口元気はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽前節エステルンドに惜敗した3位ヘルタ(勝ち点1)が、2位ゾリャ(勝ち点3)のホームに乗り込んだ一戦。EL初勝利を目指すヘルタは、直近に行われたシャルケ戦からスタメンを5人変更。カルーや原口、シェルブレらをベンチに置き、ゼルケやラザロ、エスヴァインらを先発で起用した。 ▽試合は立ち上がりから膠着状態が続いた中、39分にようやくゾリャに決定機。左クロスの流れたボールをボックス右に駆け上がったオパナセンコが胸トラップからダイレクトで折り返すも、ゴール前で受けたイウリのシュートは枠の左に逸れた。 ▽さらにゾリャは42分、ボックス右手前でルニョフがシュタルクに倒されFKを獲得。このFKをシラスが直接狙うと、低弾道のシュートが壁の間を抜けゴール右に突き刺さった。 ▽迎えた後半、1点を追うヘルタが先にチャンスを迎える。56分、プラッテンハールトの左CKをニアサイドに走り込んだゼルケが頭で流し込んだ。勝ち越しを狙うヘルタは、58分にゼルケとエスヴァインを下げてカルーとイビセビッチを投入する2枚替えを敢行した。 ▽対するゾリャは、60分に決定機。スコツスキのロングパスで相手DFの裏に抜け出したカラバエフが相手GKとの1対1を迎えたが、シュートはGKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽決定機を逃したゾリャは、63分にハラティンを下げてアンドリェフスキを投入。さらに67分にプライマに代えてスヴァトクをピッチに送り出した。すると79分、スコツスキの縦パスで右サイドを抜け出したカラバエフがボックス右深くから侵攻。折り返しをゴール前のスヴァトクがヒールシュートで流し込んだ。 ▽試合終盤、同点ゴールを狙うヘルタが猛攻を見せるも、91分にカルーが迎えた決定機もシュートはゴール右に逸れる。結局、試合はそのまま2-1で終了。格下相手に痛恨の敗戦を喫したヘルタは、公式戦5試合未勝利。また、グループステージ3試合を終え1分け2敗でグループJ最下位に転落した。 2017.10.20 04:34 Fri
twitterfacebook
thumb

一発退場の原口元気、問題は“意気込みすぎ”?ヘルタ指揮官や強化部長が再度指摘

ヘルタ・ベルリンは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦を0-2で落とした。パル・ダルダイ監督やミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は、一発退場となったFW原口元気のプレーを擁護しつつ、同選手の「過剰なモチベーション」を問題視している。<br><br>前節バイエルン・ミュンヘン戦で見事なドリブルからアシストを記録し、王者から勝ち点1獲得に貢献した原口。シャルケ戦でも先発出場を果たすが、スコアレスの状況で迎えた前半終了間際にはボールを失いリカバーを試みると、スライディングがシャルケFWギド・ブルクシュタラーの右足に。主審はこのファウルに迷うことなく、レッドカードを提示。同選手にとって、ブンデスリーガ90試合目にて初の退場処分となった。<br><br>ドイツ誌『キッカー』が伝えたコメントによると、プレーツSDは試合後、「退場者を出すまで試合はオープンだった」と言及。原口の退場が試合の流れを大きく変えたとした。そのファウルについては「過剰なモチベーション、そして疲労のミックスによるもの。ゲンキが担当するサイドでたくさん走っていたのでね」と話す同SDは「彼は遅れてしまった。アンラッキーで不要だったが、ゲンキは意図的なファウルをするようなタイプじゃない」と続けた。<br><br>また過去にも「意気込み過ぎる」ことを理由に原口を先発メンバーから外したことがあるダルダイ監督だが、近々に同選手と話し合う予定であることを明かしている。そして、「モチベーションがあり余っている選手を引き止めるのは難しい」ともはや&ldquo;制御不可能&rdquo;となるリスクへの懸念を口にし、「ゲンキは以前もそういう時がよくあった」と述べた。<br><br>なお、マッチレポートでも「原口のブルクシュタラーへのタックルが試合を左右した」と記した『キッカー』は原口に最低点「6」をつけている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.16 23:33 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース