原口元気所属ヘルタ、トランプ米大統領に反旗 シャルケ戦でヒザつきパフォ2017.10.15 10:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがアメリカのドナルド・トランプ大統領に反旗を翻した。

▽トランプ大統領は先日に自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、黒人に対する暴力根絶の意味を込めたナショナルフットボールリーグ(NFL)の選手のヒザをつくパフォーマンスに対して、「国歌時に起立しないNFL選手はクビにすべき」とツイート。このつぶやきが物議を醸しているところだ。

▽広まるアメリカ大統領に対する反発にサッカー界からヘルタも続いた。ヘルタは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦で、試合前に先発組でNFLのコリン・キャパニックが始めたヒザをついたパフォーマンスを実施。さらに、クラブ公式ツイッター(@HerthaBSC)で次のような声明を発表した。

「ヘルタ・ベルリンは寛容と責任を支持する! 寛容なベルリンのために、世界に対して永遠にオープンな立場であり続ける!」
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドとアーセナルがヘルタの” クロース2世”に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ヘルタ・ベルリンに所属するU-21ドイツ代表MFアルネ・マイアー(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用してイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ヘルタ下部組織出身のマイアーは、広い視野と足元の技術を生かしたプレーを武器にアンカーを主戦場にするプレーメーカ―だ。2016-17シーズンにトップチームデビュ―を果たし、翌年にはブンデスリーガ17試合に出場。今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場を果たしており、"クロース2世"と評されるほど評価を高めている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はフランス代表MFポール・ポグバ(25)ら中盤のプレーヤーに不満を募らせていることから新戦力として、そのマイアーに興味を示しているようだ。また、アーセナルのウナイ・エメリ監督も、公式戦21試合無敗と好調を保っているが、チームの強化を望み、マイアーに目を光らせているという。 ▽一方で、ヘルタはマイアーの契約解除金を1500万ポンド(約21億3000万円)に設定している模様。しかし、獲得するにはそれ以上の移籍金を支払わなければならない可能性が高いとみられる。 2018.12.11 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、フル出場の長谷部が失点関与で2連敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節ヴォルフスブルクに1-2と競り負けて8試合ぶりの黒星を喫した5位フランクフルト(勝ち点23)は、長谷部が引き続き3バックの中央で先発となった。 ▽7位ヘルタ・ベルリン(勝ち点20)に対し、押し込まれる入りとなったフランクフルトは10分、ボックス右からアラーが左ポストを掠めるシュートを浴びせる。その後もポゼッションされたフランクフルトだったが、徐々に盛り返し、互角の攻防で推移していった。 ▽28分には右クロスのルーズボールをボックス内のコスティッチが右足でシュートしたが、威力を欠いてGKにセーブされた。 ▽しかし、ハーフタイムにかけても押し込まれたフランクフルトは40分に先制される。長谷部がグルイッチに競り負けてヘディングシュートを叩き込まれた。 ▽迎えた後半開始7分、フランクフルトに同点のチャンス。左クロスに対し、ヨビッチがボレー。枠を捉えていたが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽その後は自陣に引くヘルタに対し、思うように攻撃の形を作れず時間だけが経過してしまう。終盤にかけてフランクフルトが攻勢に出たが、最後までゴールを割れずにタイムアップ。2連敗となった。 2018.12.09 04:24 Sun
twitterfacebook
thumb

原口が古巣ヘルタ戦で途中出場もハノーファー敗戦、ここ5試合で4敗目《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは1日、ブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-2で敗れた。ハノーファーのFW原口元気は66分から出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ボルシアMG戦を1-4で大敗した16位ハノーファー(勝ち点9)は、古巣対戦となる原口が3試合連続ベンチスタートとなり、負傷明けの浅野もベンチ入りした。 ▽8位ヘルタ・ベルリン(勝ち点17)に対し、ハノーファーは44分にCKからトルナリガのヘディングシュートで先制されてしまう。 ▽低調な前半を終えて、66分にハノーファーは原口を左サイドに投入。しかし73分、イビセビッチにヘディングシュートを決められてリードを広げられてしまう。 ▽終盤にかけても前がかったハノーファーは81分にチャンス。フュルクルクのスルーパスでボックス左に抜け出したウェイダントがシュート。しかし、GKヤルシュテインにセーブされた。 ▽結局、このまま0-2で敗戦。ハノーファーはここ5試合で4敗目を喫し、不振が続いている。 2018.12.02 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン、シュタルク&クランターが年内欠場へ

▽ヘルタ・ベルリンは14日、ドイツ人DFニクラス・シュタルクとドイツ人DFルーカス・クランターが負傷により年内の試合を欠場することを明かした。 ▽センターバックのレギュラーであるシュタルクは、10日に行われたデュッセルドルフ戦で中足骨を痛め、25分に交代していた。診断によると強い打撲で安静が必要とのことだ。一方、右サイドバックのバックアッパーであるクランターは練習中に太ももの筋肉を断裂したと明かした。共に年内のブンデスリーガ6試合を欠場することになる。 ▽シュタルクは今季ここまで10試合に先発し、8位に付けていたヘルタの主力として活躍していた。 2018.11.15 01:41 Thu
twitterfacebook
thumb

今季初得点の宇佐美貴史「左足はダメダメだけど、決めることができた」

現地時間10日に行われたブンデスリーガ第11節、デュッセルドルフvsヘルタは宇佐美貴史の先制点もあり、4-1でデュッセルドルフが勝利を収めた。<br><br>今季2勝目を飾ったヘルタ戦について、宇佐美が次のように振り返っている。ドイツ『express』が伝えた。<br><br>「(ゴール直前の)最初のタッチがスーパーでしたね。左足でシュートを打つと、練習でもダメダメなんですが。昨シーズン(後半戦の)ザンクト・パウリ戦で決めた時も左でしたけどね。うまく決めることができた」<br><br>また、宇佐美は「僕のゴールはチームにとって重要なものだったと思う。いつだって勇敢に戦い、助け合うのが僕らのサッカーです。これを続けていけば、きっと順位ももっと上に行けるはず。6連敗したときはどん底で、チームの雰囲気も良くなかった。だけどその時に比べれば今はずっと良くなった。ようやく良い週末を過ごすことができた」と続け、チームの状況が好転しつつあると強調している。<br><br>記事では「指揮官フリードヘルム・フンケルは、宇佐美を第6節ニュルンベルク戦で出場させたあと&ldquo;タカはまだ良くない&rdquo;と振り返っていた。だが、その時とは状況が異なり、宇佐美は今やレギュラーの座だ」と、宇佐美が現在デュッセルドルフの先発に定着していると紹介した。<br><br>デュッセルドルフは現在2勝2分け7敗の17位と、降格圏から脱することができていない。果たして宇佐美は代表ウィーク明けも活躍を見せることができるのか。次節、デュッセルドルフは24日、アウェーで昨季王者バイエルンと激突する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.14 08:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース