原口元気所属ヘルタ、トランプ米大統領に反旗 シャルケ戦でヒザつきパフォ2017.10.15 10:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンがアメリカのドナルド・トランプ大統領に反旗を翻した。

▽トランプ大統領は先日に自身のツイッター(@realDonaldTrump)で、黒人に対する暴力根絶の意味を込めたナショナルフットボールリーグ(NFL)の選手のヒザをつくパフォーマンスに対して、「国歌時に起立しないNFL選手はクビにすべき」とツイート。このつぶやきが物議を醸しているところだ。

▽広まるアメリカ大統領に対する反発にサッカー界からヘルタも続いた。ヘルタは14日に行われたブンデスリーガ第8節のシャルケ戦で、試合前に先発組でNFLのコリン・キャパニックが始めたヒザをついたパフォーマンスを実施。さらに、クラブ公式ツイッター(@HerthaBSC)で次のような声明を発表した。

「ヘルタ・ベルリンは寛容と責任を支持する! 寛容なベルリンのために、世界に対して永遠にオープンな立場であり続ける!」

コメント

関連ニュース

thumb

原口元気、ハノーファーと3年契約…ドイツ『キッカー』報道

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(27)のハノーファー移籍が決定的な様相だ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽長らくプレミアリーグ行きに憧れを抱いてきた原口に対して、今シーズン途中からレンタルで加わったデュッセルドルフも完全移籍での獲得に乗り出していたようだが、ハノーファーが2021年までの3年契約+移籍金400万ユーロ(約5億1000万円)でロシア・ワールドカップ(W杯)後の価値高騰を目論むヘルタ・ベルリンと大会前に合意に達したという。 ▽2014年夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンに加入した原口は今年1月、出場機会を求めてブンデスリーガ2部のデュッセルドルフにレンタル移籍。日本代表FW宇佐美貴史と共に主力を張り、2部優勝と1部昇格に貢献した。14日に開幕するロシアW杯の日本代表メンバー入りも果たしており、本大会での活躍に期待が集まっているところだ。 ▽なお、ハノーファーは今夏、アーセナルからシュツットガルトにレンタル移籍中の日本代表FW浅野拓磨の加入を発表している。 2018.06.11 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

原口元気、W杯前にもハノーファー移籍か

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(27)にハノーファー移籍の可能性が高まっているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ▽ハノーファーは300万ユーロ(約3億8000万円)のオファーを提示。だが、最終的に、ヘルタ・ベルリン側の要求額500万ユーロ(約6億4000万円)で合意に達した模様。14日に開幕するロシア・ワールドカップ前にも移籍成立の可能性があるという。 ▽2014年夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンに加入した原口は今年1月、出場機会を求めてブンデスリーガ2部のデュッセルドルフにレンタル移籍。日本代表FW宇佐美貴史と共に主力を張り、2部優勝と1部昇格に貢献した。 ▽なお、ハノーファーは今夏、アーセナルからシュツットガルトにレンタル移籍中の日本代表FW浅野拓磨の加入を発表している。 2018.06.05 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨加入のハノーファー、原口元気にも関心か

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(27)にハノーファーが目を光らせているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽原口は今年1月、出場機会を求めて日本代表FW宇佐美貴史の所属するディッセルドルフにレンタル移籍。宇佐美と共に主力を張り、1部昇格となるブンデスリーガ2部優勝に貢献した。ディッセルドルフはアウグスブルクからレンタル加入した宇佐美と共に原口の完全移籍による残留を希望しているとみられる。 ▽しかし、ヘルタ・ベルリン側はロシア・ワールドカップの日本代表入りを果たした原口の市場価値高騰に期待している模様。活躍次第で潤沢な資金力を持つプレミアリーグ勢からの関心を惹きつける可能性だけでなく、契約延長も選択肢として含んでいるという。 ▽なお、ヘルタ・ベルリンとの契約を2019年まで残す原口の推定年俸は200万ユーロ(約2億5000万円)。移籍金も500万ユーロ(約6億3000万円)が見込まれ、今夏に日本代表FW浅野拓磨をレンタルで獲得したハノーファーにそれを賄うだけの財力があるかが移籍実現への焦点になる様相だ。 2018.06.01 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

原口元気、夏以降の去就については考えず…「眼中にあるのはW杯のみ」

ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気は、今夏以降の去就については考えていないようだ。ドイツ紙『ベルリーナ・クリーア』がコメントを伝えた。<br><br>原口は今年1月にヘルタとの契約を1年延長し、宇佐美貴史らもレンタルで加わっていた2部のデュッセルドルフに今夏までの期限付きで移籍した。フリードヘルム・フンケル監督が率いるチームで自信を取り戻し、宇佐美とともにフォルトゥナの1部昇格に大きく貢献している。<br><br>「昇格と1位の順位は僕の選手生活のなかでも大きな出来事」と今季を振り返った原口は、デュッセルドルフ市内で開催された昇格パーティーでのファンの声援に「人生であのようなことを体験したことがないです」とその時覚えた感動を語った。<br><br>一方、フォルトゥナが完全移籍での原口獲得を試みると見られるなか、ヘルタのパル・ダルダイ監督は「ゲンキをここに歓迎する」と発言。夏のロシア・ワールドカップ(W杯)での活躍次第で市場価値が跳ね上がる可能性もあり、ヘルタにとっては、原口の売却を急ぐ必要がないことと、必ずしも放出することが既定路線ではない考えもうかがわせている。<br><br>しかし、本人にとっては目標はただ一つだ。半年間2部でプレーしたことについて「目標がありますから、そう決めました」と説明する原口だが、今後については「今はまったく将来のことは考えていませんよ。眼中にあるのはW杯のみです」とコメントした。本人もクラブと同様、夏以降の去就については選択肢が広がるかもしれないW杯後に決めたいようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.05.24 23:01 Thu
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、ヘルタ・ベルリンからFWシーバーを完全移籍で獲得

▽アウグスブルクは22日、ヘルタ・ベルリンからFWジュリアン・シーバー(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となる。 ▽シュツットガルトの下部組織で育ったシーバーは2008年にコットブス戦でプロデビューを果たすと、2012年の夏にドルトムントへ移籍。しかし、ドルトムントではポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(現バイエルン所属)とのポジション争いに敗れ、出場機会に恵まれず、2014年の夏にヘルタ・ベルリンへ移籍。 ▽ヘルタ・ベルリンでは、加入初年度からレギュラーで活躍するも度重なるケガに泣かされ、在籍4シーズンで公式戦51試合に出場に留まった。今季は2度のケガに見舞われながらもブンデスリーガ16試合で7ゴールを記録していた。 ▽新シーズンからアウグスブルクでプレーすることが決定したシーバーは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「アウグスブルクが今後の目標達成のために僕を信頼し、3年契約を提示してくれたことがとても嬉しいね。僕はこれからもアウグスブルクがブンデスリーガで成功を続ける助けになりたいと思っているよ」 ▽なお、シーバーとヘルタ・ベルリンは、今シーズン限りで契約が満了を迎えるため、フリーでの移籍となる。 2018.05.23 02:50 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース