インテル主将イカルディ、SNSでの愛犬名募集が話題に 採用者にユニフォームがプレゼント2017.10.14 10:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディのある行動が話題を呼んでいる。イギリス『FourFourTwo』が報じた。

▽イカルディは13日、青い瞳が特徴的な子犬の写真を自身のインスタグラム(mauroicardi)に投稿。ユーザーから新たに飼い始めた愛犬の名前を募集し、すでに16万のいいねが押されている。

▽ちなみに、インテル主将は採用者にプレゼントとして、インテルのユニフォーム贈呈を約束している。応募してみてはいかがだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

CB2人のゴールでインテルが最下位ベネヴェントに勝利《セリエA》

▽インテルは24日、セリエA第26節でベネヴェントを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、2-0で勝利した。 ▽前節ジェノア戦を主力3選手の負傷欠場もあって完敗した5位インテル(勝ち点48)は、ペリシッチが先発に戻り、イカルディとミランダがベンチスタートとなった。そしてラフィーニャが移籍後初先発を飾った。 ▽最下位ベネヴェント(勝ち点10)に対し、立ち上がりからボールを保持したインテルだったが、細かなミスパスやキックミスが目立ち、思うようにフィニッシュにつなげることができない。 ▽すると28分、個人技のあるギリャルメに持ち上がられ、ボックス左のコーダにGKハンダノビッチが強襲される。その後もショートカウンターで揺さぶられたインテルは低調な内容が続き、枠内シュート0本でハーフタイムに入った。 ▽前半を終えて大ブーイングを浴びたインテルは後半もギアが上がらない。そんな中54分、ヴェシーノがミドルシュートでこの試合初のオンターゲットを記録。その後、スルーパスでコーダにディフェンスライン裏を取られて決定的なシュートを許したインテルだったが、エデルのループシュートでゴールに近づくと、66分に均衡を破った。カンセロの右CKをニアのヴェシーノが頭で逸らし、ファーサイドのシュクリアルがヘッドで押し込んだ。 ▽さらに3分後、右サイド低い位置からのカンセロのFKをラノッキアがダイビングヘッドで押し込み、一気に追加点を奪った。 ▽効率の良いゴールでベネヴェントを突き放したインテルは、終盤にかけて危なげなく時間を消化。81分にヴィオラに2枚目のイエローカードが出されて退場となったベネヴェントに対し、2-0で勝利した。 2018.02.25 06:41 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルのエース夫人が激怒「全て根拠のないウソ!」

▽インテルFWマウロ・イカルディの妻であるワンダ・ナラが、自身のSNSで怒りを爆発させた。 ▽ワンダ・ナラはイカルディの妻でありながら、同選手の代理人を務めている。インテルのエースは移籍や契約延長の話題もあり、注目を集めている夫婦だ。 ▽「私と私の家族について、最近多くのウソが飛び交っています。普段は反応しないことにしていますが、今回は問題が特に重大だから説明しなければいけません」とワンダ・ナラ。「全てウソで根拠のない悪意です!」と主張し、「私はまず、5人の子供の母で、ずっと彼らと一緒です。それに一人の妻です。マウロの妻なのです。そういった全てのウソのあと、私は家族と自分を保護しなければいけません。なので、弁護士に委ねることにしました」と記した。 ▽イタリアの一部メディアは最近、イカルディとワンダ・ナラの関係悪化を伝えている。ワンダ・ナラが夫の同僚であるMFマルセロ・ブロゾビッチと不倫関係にあるのではないかとも報じられていた。 2018.02.25 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

イカルディがベネヴェント戦の招集メンバー入り、ペリシッチとミランダも復帰

▽インテルは23日、翌日に行われるセリエA第26節ベネヴェント戦に向けた招集メンバーを発表した。 ▽メンバーの中には今季18ゴールを挙げているもののここ3試合負傷により欠場が続いていたエースのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが入った。また、0-2と敗れた前節ジェノア戦を同じく負傷で欠場していたクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ、ブラジル代表DFミランダも戦列に復帰している。 ▽インテルはリーグ戦ここ10試合でわずか1勝と泥沼に陥り、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に順位を落としている。 2018.02.24 01:52 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディに「2つのビッグクラブが興味」。妻が明かす

▽インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディに対して、2つのビッグクラブが興味を示しているという。同選手の妻であり代理人を務めているワンダ・ナラさんが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽インテルのエースであるイカルディに対しては、以前からレアル・マドリーからの関心が噂になっているほか、パリ・サンジェルマン(PSG)なども獲得に動いていると言われている。 ▽クラブとの契約延長について問われたワンダ・ナラさんは「電話で話してはいるけど、まだ直接は(インテル幹部に)会っていないの。彼は私の考えを知っているし、私は彼とクラブの意向を知っているわ」とコメントした。 ▽その上で「最近では、2つのビッグクラブがマウロに対する評価を示してきたわ。私の仕事は彼の未来をみること。話を聞いて、少なくとも条件や状況を評価することは必要よ」と語り、移籍の可能性を否定はしなかった。 ▽ワンダ・ナラさんは具体的なクラブ名を出さなかったが、魅力的なオファーが届く可能性はある。インテルとしては、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を得られるかが、イカルディ慰留の一つのカギになるかもしれない。 2018.02.22 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都の代役はインテル時代のライバル?ガラタサライがサントンに関心か

長友佑都が活躍するガラタサライは、シーズン終了後にまたもインテルからサイドバックを獲得するのかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。<br><br>ガラタサライは、移籍市場最終日にインテルから長友を今季終了までの期限付き移籍で獲得した。日本代表DFは、加入から4試合連続で先発。その活躍に、複数のトルコメディアが特集を組むなど、ファティ・テリム監督の信頼だけでなく、早くも地位を確立している。<br><br>しかし選手の代理人は、今季終了後にインテルへ戻ることを明言しているため、ガラタサライは左サイドバックを引き続き探しているという。<br><br>そこでトルコの強豪は、今季ネラッズーリで長友と熾烈なポジション争いを繰り広げたDFダビデ・サントンに関心を示しているようだ。パフォーマンスにサポーターから批判の声もあがっているイタリア人DFには、他にもレアル・ベティスが獲得を狙っているという。<br><br>『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、「下部組織出身のサントンをチームに残すことは、有益になる」としているが、ガラタサライとインテルで再びサイドバックの取引が行われるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.02.22 12:30 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース