チリ代表がW杯出場逃したのは必然? 前指揮官サンパオリは2年前から警鐘2017.10.13 18:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コパ・アメリカ・センテナリオ王者がワールドカップ(W杯)の出場権を逃したのは、必然だったのかもしれない。前指揮官であり、今はアルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリが過去に警鐘を鳴らしていた。スペイン『アス』が報じている。

▽サンパオリ監督は、2012年にチリ代表の指揮官に就任し、2015年に行われたコパ・アメリカでは、大会初優勝に導いた。しかし2016年1月にチリサッカー連盟から契約の解消が発表され、同年6月にはセビージャの指揮官に就任。2017年からはアルゼンチン代表監督を務めている。

▽サンパオリ監督が去った後もチリ代表は、2016年のコパ・アメリカ・センテナリオで優勝を果たすなど結果を残してきた。しかし来年行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権がかかった南米予選の最終節でブラジル代表に0-3と完敗。この結果、前節まで3位だったものの最終節を終えて6位となり、W杯出場は叶わなかった。

▽『アス』によると、チリ代表のこの事態は以前から予見できたという。アルゼンチン代表を率いてロシアW杯の出場権を獲得したサンパオリ監督は、2015年の時点でチーム内に蔓延する“気の緩み”を指摘していたようだ。

「アルトゥーロ・ビダルは医者を必要とするレベルだ。それほどお酒が大好きで、自己管理ができていない。以前にリマから戻る飛行機の中で、彼は私にビールを差し出して『飲むか?』と聞いてきた。私はそれを断ったが、彼はさらにウイスキーも手にしていた」

「ガリー・メデルは外出して楽しい時間を過ごしてきた。もうお酒は飲めないようだったね。エドゥアルド・バルガスは、チリに戻ってくるたびに酷い有様になっていた。マティアス・フェルナンデスは、もはや代表チームでプレーすべきレベルではなかった」

「マウリシオ・ピニージャに至っては、常にパーティーのことしか頭にない。アレクシス・サンチェスはヘッドホンを携帯し、食事の時ですら話をしない」

▽さすがにこんな代表ではW杯出場を逃したとしても仕方ないだろう――。

コメント

関連ニュース

thumb

指揮官がブラジル代表のW杯メンバー15名を発表…ネイマール、ジェズス、コウチーニョら

▽ブラジル代表のチッチ監督が、ロシア・ワールドカップに臨むブラジル代表メンバーの一部を明かした。ブラジル『UOL Esporte』が報じた。 ▽開幕まで4カ月を切った、ロシア・ワールドカップ。2014年に行われた自国開催のワールドカップで悪夢を見たブラジル代表は、2002年の日韓ワールドカップ以来の優勝を目指して戦う。 ▽チッチ監督は、『UOL Esporte』のインタビューで選手リストの一部が決まっているとコメント。15名の名前を明かした。 GK アリソン(ローマ/イタリア) DF ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン/フランス) チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン/フランス) マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス) マルセロ(レアル・マドリー/スペイン) ミランダ(インテル/イタリア) MF ウィリアン(チェルシー/イングランド) フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ/イングランド) フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン) パウリーニョ(バルセロナ/スペイン) カゼミロ(レアル・マドリー/スペイン) レナト・アウグスト(北京国安/中国) FW ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス) ロベルト・フィルミノ(リバプール/イングランド) ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ/イングランド) ▽最多は、パリ・サンジェルマンの4名。レアル・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・シティから2名ずつ。リバプール、チェルシーローマ、インテル、北京国安から1名ずつが選ばれている。 ▽ネイマールやフィリペ・コウチーニョ、チアゴ・シウバなど主力選手の名前が並び、2017年11月に行われた日本代表戦に出場したメンバーからも8名がリスト入り。一方で、マンチェスター・シティのGKエデルソンやユベントスのDFアレックス・サンドロ、MFドウグラス・コスタなどの名前はなく、8名はまだ決まっていないようだ。 ▽また、アリソン、ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、ミランダ、マルセロ、カゼミロ、レナト・アウグスト、パウリーニョ、コウチーニョ、ネイマール、ガブリエウ・ジェズスは11名として名前を挙げており、15名の中でも主力と考えて良いかもしれない。 ▽なお、ワールドカップメンバーの締め切りは6月4日。残り4カ月で大きな変化があるのか、残りの選手がどうなるのかに注目が集まる。 2018.02.17 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯開催地ロシア、“思わぬ敵”の登場で運営危機に

▽今夏に幕開けするロシア・ワールドカップ(W杯)だが、思わぬ敵の登場により、大会そのものの運営が危機に晒されているようだ。イギリス『FourFourTwo』が伝えている。 ▽思わぬ敵とは、イナゴだ。伝えられるところによれば、ロシア南部の100万ヘクタールの土地周辺にイナゴが大量発生。スタジアムがあるボルゴグラードもそのうちの1つだという。 ▽ロシア農林水産省のピョートル・チェクマレフ氏は「我々はイナゴの対処法を学んできた。今年はイナゴのために、世界中にスキャンダルを晒すわけにはいかない」とコメントしている。 ▽なお、ロシアW杯はモスクワやサンクトペテルブルクを含む11都市12会場で開催。6月14日に行われるグループA第1節のロシア代表vsサウジアラビア代表で開幕を告げる。 2018.02.02 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド、ロシアW杯直前にナイジェリア、コスタリカとの強化試合が決定

イングランド代表は、今夏に行われるロシア・ワールドカップの強化試合としてナイジェリア代表、コスタリカ代表と対戦することが決まった。<br><br>イングランドはロシアW杯で、ベルギー、チュニジア、パナマと同じグループGに。初戦は6月18日のチュニジア戦となるが、その直前の2日にナイジェリア戦、7日にコスタリカ戦が行われることが決定したようだ。<br><br>イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督は、仮想チュニジア、パナマと呼べる相手とのマッチングが実現したことを喜んでいる。<br><br>「我々はアフリカ、中南米のチームとワールドカップで戦うため、ナイジェリア、コスタリカとの対戦を決めた。チームを異なるスタイル、異なる経験にさらしたい」<br><br>比較的恵まれた組に入ったイングランド。それでもユーロ2016の失態を繰り返さないため、準備に余念はなさそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.11 12:53 Thu
twitterfacebook
thumb

モスクワでクリスティアーノ・ロナウドが氷付けに?!

▽ロシアのモスクワで、氷で作られたクリスティアーノ・ロナウドの像が建てられたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽世界的スターであるC・ロナウドはこれまでにも自身を模した像が建てられてきた。いくつかある中で、昨年3月に生まれ故郷であるマデイラ島の空港に設置された胸像はあまりにも似てなさ過ぎて世界中に波紋を広げた。 ▽今回作られた像は、今年6月に開催が迫ったロシア・ワールドカップを記念して作られたもので、他にもおよそ40体のサッカーに関連した氷の彫刻が作られるという。また、この新たなC・ロナウド像はモスクワのポクロンナヤの丘にある勝利広場で行われる氷の彫刻祭でお披露目されるようで、加えて、ワールドカップに出場するスペインやポルトガルなどの国々にも貸しだされる予定とのことだ。 2018.01.06 01:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ペルーの大エース、W杯出場OK! FIFA、薬物陽性ゲレーロの処分軽減を発表

▽国際サッカー連盟(FIFA)は20日、フラメンゴに所属するペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(33)の処分軽減を発表した。 ▽FIFAは当初、薬物の陽性反応が確認されたゲレーロに対して、1年間の出場停止処分を決定。だが、選手の「過失の程度を考慮」した末、処分期間を6カ月に軽減した。これにより、ペルー代表で主将を務めるゲレーロは来年6月に開幕するロシア・ワールドカップ(W杯)出場が可能となる。 ▽1982年以来のW杯出場となるペルー代表は、グループCに入り、フランス代表、オーストラリア代表、デンマーク代表と対戦する。 2017.12.21 09:15 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース