元リバプールのレドナップ氏がクロップにプレッシャー「もしユナイテッドに敗れれば…」2017.10.13 18:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてリバプールでプレーした元イングランド代表MFのジェイミー・レドナップ氏が、ノースウェスト・ダービーを前にユルゲン・クロップ監督にプレッシャーをかけている。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。

▽現役時代にリバプールやトッテナムでプレーしたレドナップ氏。1990-91シーズンから12シーズンを過ごしたリバプールでは公式戦308試合に出場して36ゴールを奪うなど主力として活躍。FAカップやリーグカップを制した。

▽そんなレドナップ氏は、14日に行われるプレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッドとのノースウェスト・ダービーについてコメント。3勝3分け1敗と調子の上がらないリバプールが、宿敵であるユナイテッドに負けるようなことになればクロップ監督に大きなプレッシャーがかかるだろうと語った。

「今度の試合は、リバプールにとってシーズンの悪い流れを断ち切るものにしたい。しかし、彼らが巻けるようなことになれば…。そろそろクロップにプレッシャーがかかってくるだろうね。良い点を挙げるとすれば、(2015-16シーズン途中に解任された)ブレンダン・ロジャーズの時よりもポイントが良いことだ」

「ただ、何よりも今度の試合は彼らにとって大事なものになる。そもそも、ユナイテッドには負けたくないものだ。それはいつのシーズンでも同じさ」

コメント

関連ニュース

thumb

自慢の攻撃陣不発のリバプールが痛恨の2戦連続ドロー《プレミアリーグ》

▽リバプールは13日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第17節でWBAと対戦し、0-0のドローに終わった。 ▽前節、微妙なPKの判定もあり宿敵エバートンとの“マージーサイド・ダービー”を1-1のドローで終えた4位のリバプール(勝ち点30)だが、リーグ戦6試合無敗と好調を継続。2試合ぶりの勝利を目指す中2日での今節は、降格圏の18位に低迷するWBA(勝ち点13)をホームで迎え撃った。エバートン戦からの先発変更は6点。GKに今季2度目のリーグ戦出場となるカリウス、右サイドバックはジョー・ゴメスに代わってアーノルド、中盤はミルナー、ヘンダーソン、チェンバレンからジャン、コウチーニョ、ワイナルドゥムのユニットに入れ替え、前線はソランケに代えてフィルミノをサラー、マネと共に組ませた。 ▽パーデュー体制に変更も守備的な入りを見せたWBAに対して、立ち上がりから攻勢を仕掛けるリバプール。だが、連戦の影響かサラーやマネがキレを欠く攻撃は人海戦術で守る相手の守備をなかなか破れない。 ▽17分には右サイドで仕掛けたサラーからの斜めのスルーパスに抜け出したフィルミノが左足のダイレクトシュートでゴールを狙うが、これはわずかに枠の右に外れる。すると、その後は決定機さえも作れない苦しい時間が続く。逆に、30分にはバイタルエリアで前を向いた相手FWロブソン=カヌに決定的なシュートを許すが、これはクロスバーの上部を叩き枠外に外れる。結局、前半は0-0のスコアで終了した。 ▽後半に入っても試合展開に大きな変化はなし。51分にはWBAの右CKでクリホヴィアクのクロスをファーのヤコブに頭で合わせられるが、これはGKカリウスの好守で凌ぐ。その後もリバプールはセットプレーでワンチャンスを狙うWBAの攻撃に苦戦が続く。 ▽後半半ばを過ぎても膠着状態が続く中、選手交代で流れを変えたいクロップ監督は76分、マネとワイナルドゥムを下げてソランケとチェンバレン、80分にはアーノルドに代えてジョー・ゴメスを投入。すると82分、リバプールにこの試合最大の決定機が訪れる。右サイド深くでゴメスが低いクロスを入れると、これをゴール前に飛び込んだソランケが身体ごとゴールに押し込む。しかし、この日一番の盛り上がりを見せたリバプールサポーターの歓声は、この直後にため息へと変わる。主審はゴール場面に関してソランケのハンドを取り、ゴールを取り消しとした。 ▽“神の手”ゴールが認められず、意気消沈となったこの日のリバプールの攻撃陣に残り時間でWBAの堅守を崩し切る力は残っておらず、試合は0-0のままタイムアップ。前節のダービーに続いて自慢の攻撃陣が機能しなかったリバプールは、痛恨の2戦連続ドローでチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落した。 2017.12.14 07:54 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループE総括】S・モスクワ粘るもリバプールとセビージャが順当突破

▽結果的にはリバプールとセビージャの両本命が順当に決勝トーナメント進出を果たした。スパルタク・モスクワは最終節まで突破の可能性を残したが、一歩及ばなかった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/得失点] 1:リバプール[12/17] 2:セビージャ[9/0] 3:スパルタク・モスクワ[6/-4] 4:マリボル[3/-13] ◆脆弱守備陣も破壊力でねじ伏せる~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_66_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりにCL参戦を果たしたリバプールが首位通過を果たした。セビージャとは優勢に試合を運びながら2戦ともに引き分けに終わったが、連戦のマリボル戦を大勝してグループの主導権を握ると、最終節のS・モスクワ戦を圧巻の7発で締めた。失点がややかさんだが、サラーが加わった攻撃陣が脆弱な守備を上回る攻撃力でねじ伏せ、首位通過となった。 ◆何とか2年連続ベスト16~セビージャ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_67_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽多くの新戦力を迎え入れ、ベリッソ新監督の下で期待されたセビージャだったが、苦戦が続いた。リバプールにこそ劣勢ながら勝ち点2をもぎ取ったが、第3節ではS・モスクワに1-5と大敗し、最終節マリボル戦は引き分けと苦しい試合の連続だった。大観衆の声援を受けられるサンチェス・ピスファンで2勝したことが、2年連続ベスト16進出を決められた要因だった。 ◆2強の牙城を崩すには至らず~スパルタク・モスクワ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_68_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽14年ぶりにロシア王者となり、5シーズンぶりにCL参戦を果たしたS・モスクワは、2強の牙城を崩すには至らなかった。セビージャに大勝し、リバプールに引き分ける地力を見せはしたが、グループ最弱のマリボルに2戦とも引き分けているようではグループステージ敗退は仕方のない結果だった。 ◆3引き分けで爪痕残す~マリボル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_69_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3シーズンぶりのCL参戦に漕ぎ着けたスロベニア王者は、このグループにおいて一定の存在感を示した。グループ最弱として臨んだが、S・モスクワ、セビージャに引き分け、単なるかませ犬でなかったことを示した。 2017.12.13 18:04 Wed
twitterfacebook
thumb

欲しがるマドリー、サラー獲得に向けてあの期待の若手を差し出す!?

▽レアル・マドリーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽サラーは今夏の移籍市場でローマからリバプールへ4200万ユーロで加入。すると加入直後からポジションを掴み、リーグ戦とチャンピオンズリーグでは22試合で18ゴール4アシストと結果を残している。 ▽この活躍を受けて、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はサラーをマドリ―に引き込む動きを見せているようだ。来年2月に33歳を迎えるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドや負傷がちのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)らに変わる存在として考えているという。 ▽また、移籍金に関してはリバプールが要した4200万ユーロ以上の金額が必要とふんでいる。そこで驚くことにカンテラ出身であるスペイン代表FWルーカス・バスケス(26)を差し出して、移籍金の引き下げを考えているようだ。 ▽ルーカス・バスケスは、今シーズンのリーグ戦で13試合に出場し1ゴールをマーク。決して多くはない出場機会ながらも、そのプレーぶりはジネディーヌ・ジダン監督から高い評価を受けている。2021年までマドリ―と契約を結んでいるが、会長の決断によりマドリーを去ることになるのだろうか。 2017.12.13 15:47 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、プレミア得点リーディング快走中の大化けWG獲得へ?

▽レアル・マドリーが、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Don Balon』が伝えている。 ▽サラーは今季、ローマからリバプールに移籍。セリエAのフィオレンティーナやローマで活躍していたとはいえ、2014年に在籍していたチェルシーではいいところなく花が咲かなかったため、この移籍には懐疑的な見方もあった。 ▽しかし、蓋を開けてみれば、サラーはローマ時代以上のパフォーマンスを披露し、リバプールで絶対的な存在となっている。今季、公式戦では24試合19得点6アシストを記録。プレミアリーグでは13ゴールを挙げており、得点リーディングを快走している。 ▽『Don Balon』によれば、サラーに対してメガクラブのレアル・マドリーが興味を示しているという。レアル・マドリーは、今季リーグ戦13試合で1得点と結果を残せていないFWルーカス・バスケスの譲渡に金銭を加える形でリバプールへのオファーを考えているとのことだ。 2017.12.12 20:44 Tue
twitterfacebook
thumb

サラーがBBCアフリカ年間最優秀選手賞を初受賞

▽イギリス『BBC』は11日、リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが2017年のBBCアフリカ年間最優秀選手賞を受賞したことを発表した。 ▽1992年度からスタートしたアフリカ大陸出身の現役サッカー選手に与えられる同賞は、世界中のサッカーファンによるインターネット投票によってノミネートされた5人の現役選手の中から選ばれる。 ▽2017年6月にローマからリバプールへ加入したサラーは、ここまでリーグ戦全試合に出場し、13ゴール4アシストをマーク。また、エジプト代表ではキャプテンとしてチームをまとめると、アフリカネイションズカップ2017準優勝に加え、エジプトを7大会ぶり3度目のワールドカップ出場に導いた。 ▽なお、最終選考には、サラーの他、ドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンやリバプールで共にプレーするセネガル代表MFサディオ・マネ、ライプツィヒのギニア代表MFナビ・ケイタ、チェルシーのナイジェリア代表FWヴィクター・モ-ゼスがノミネートされていた。 ▽今回の受賞についてサラーはBBCのインタビューで以下のように喜びを語っている。 「この賞を受賞できてとても嬉しいね。ただこの賞は、僕だけの力で獲得できたものではないんだ。リバプールやローマ、代表でのチームメイトに感謝しなければいけないね」 2017.12.12 06:29 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース