元リバプールのレドナップ氏がクロップにプレッシャー「もしユナイテッドに敗れれば…」2017.10.13 18:08 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてリバプールでプレーした元イングランド代表MFのジェイミー・レドナップ氏が、ノースウェスト・ダービーを前にユルゲン・クロップ監督にプレッシャーをかけている。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。

▽現役時代にリバプールやトッテナムでプレーしたレドナップ氏。1990-91シーズンから12シーズンを過ごしたリバプールでは公式戦308試合に出場して36ゴールを奪うなど主力として活躍。FAカップやリーグカップを制した。

▽そんなレドナップ氏は、14日に行われるプレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッドとのノースウェスト・ダービーについてコメント。3勝3分け1敗と調子の上がらないリバプールが、宿敵であるユナイテッドに負けるようなことになればクロップ監督に大きなプレッシャーがかかるだろうと語った。

「今度の試合は、リバプールにとってシーズンの悪い流れを断ち切るものにしたい。しかし、彼らが巻けるようなことになれば…。そろそろクロップにプレッシャーがかかってくるだろうね。良い点を挙げるとすれば、(2015-16シーズン途中に解任された)ブレンダン・ロジャーズの時よりもポイントが良いことだ」

「ただ、何よりも今度の試合は彼らにとって大事なものになる。そもそも、ユナイテッドには負けたくないものだ。それはいつのシーズンでも同じさ」

コメント

関連ニュース

thumb

メッシがサラー獲得をクラブに進言! 今夏最大のビッグディールなるか

▽バルセロナがリバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に動き出したようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)の獲得に動いていたバルセロナだが、グリーズマンは先日にアトレティコ残留を明言し、最終的に獲得交渉は空振りに終わった。 ▽この状況を受けてクラブは同選手に代わる補強選手として同じレフティのサラーをリストアップ。『ミラー』はスペイン方面からの情報として、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今夏の移籍市場でサラーを獲得するよう、クラブに進言していると伝えた。 ▽また、先日にはバルセロナがすでにサラーの代理人とコンタクトを取っているとの報道も出ており、今後移籍に向けた交渉が本格的にスタートする模様だ。 ▽なお、イギリスの大手ブックメイカー『Ladbrokes』の関係者は先日、「今夏、サラーがリバプールを離れる場合、レアル・マドリーとバルセロナの一騎打ちになるはずだ。そして、勝者はバルセロナになる可能性が高い」と、今後の見通しに関して語っていた。 ▽昨夏、ローマからリバプールに加入し1年目でプレミアリーグの個人タイトルを総なめにしたサラーの移籍金に関しては最低1億ポンド(約147億円)が必要となる模様だ。 2018.06.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル行きとうわさのマネ、将来は分からないが「リヴァプールでとてもハッピー」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネは、レアル・マドリー移籍が取り沙汰される中、リバプールで幸せだと強調した。<br><br>2016年にサウサンプトンからリバプールに加入したマネは、以降2シーズンでコンスタントに活躍を残し、今季はモハメド・サラーとロベルト・フィルミーノとともに攻撃陣をけん引し、チャンピオンズリーグ(CL)決勝に進出に貢献。セネガル代表としても活躍した同選手は、2002年大会以来4大会ぶりのワールドカップ出場権を母国にもたらした。<br><br>この活躍を受け、先日からスペインのメディアが報じるようにレアル・マドリーが獲得に関心を寄せ、移籍成立間近まで近づいていたマネだが、リバプールとの契約を全うする考えをオーストリア『Salzburger Nachrichten』に示した。<br><br>「リバプールでとてもハッピーで、僕の契約はさらに3年間残っている。しかし、将来何が起きるかは誰にも分からない。僕はトロフィー獲得を求めている。特にCLのタイトルを取りたい」<br><br>今季のマネは、CL決勝でレアル・マドリーに屈してあと一歩のところで悲願のビッグイヤー獲得を逃した。この敗戦を乗り越えるのは相当厳しいものだったと認めた同選手だが、今はセネガル代表として迎える、2018FIFAワールドカップ・ロシアのことだけに集中している。<br><br>「正直言って、あの敗戦を簡単に拭い去ることはできなかった。チーム全体がCLのタイトルを目指したが、あの日はレアル・マドリーが優れたチームだった。僕たちは世界のベストチームに負けたんだ。でも、今はセネガルでプレーする時が来て、良いワールドカップにしたいと思う。それが今僕が考えていることだ」<br><br>マネを擁するセネガル代表は、19日にポーランド代表、24日に日本代表、28日にコロンビア代表と対戦する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.14 18:52 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月12日は、ブラジル代表の至宝、絶頂期を迎えるバルサ史上最高額のゲームメーカー

◆フィリペ・コウチーニョ・コレイア 【Profile】 国籍:ブラジル 誕生日:1992/6/12 ポジション:MF クラブ:バルセロナ 身長:171㎝ 体重:68kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月12日は、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョだ。 ▽現在バルセロナに所属するコウチーニョ。バスコ・ダ・ガマでプロデビューする前から欧州のビッグクラブから関心が寄せられ、2010年にインテルに移った。2012年1月から半年間はエスパニョールにレンタル移籍。その1年後の2013年1月に、リバプールに完全移籍することに。移籍金は800万ユーロだった。 ▽リバプールでの活躍は目覚ましく、加入した2012-13シーズンの半年間だけで13試合3ゴール7アシストを記録した。その後も中心選手として活躍したコウチーニョはゴール・アシストを量産。公式戦201試合で54ゴール45アシストという成績を残した。 ▽そして今年1月、1億2000万ユーロに出来高4000万ユーロというクラブ史上最高額の移籍金でバルセロナに完全移籍。18試合で8ゴール5アシストと、ここでも実力を存分に発揮した。第37節のレバンテ戦ではハットトリックを達成している。 ▽2日後に迫ったロシア・ワールドカップのブラジル代表メンバーにも選出され、今まさに絶頂期を迎えているコウチーニョ。2002年以来の優勝に導くのはコウチーニョかもしれない。 ※誕生日が同じ主な著名人 アンネ・フランク(『アンネの日記』著者) 宮本浩次(ミュージシャン/エレファントカシマシ) 松井秀樹(元メジャーリーガー) トーマス・セーレンセン(サッカー選手/メルボルン) 釈由美子(女優) ディエゴ・ミリート(元サッカー選手) 杉原杏璃(グラビアアイドル) 丸高愛実(グラビアアイドル) 2018.06.12 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、躍進バーンリーからイングランド代表GK獲得か

▽リバプールがバーンリーに所属するイングランド代表GKニック・ポープ(26)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽リバプールは現在GKシモン・ミニョレとGKロリス・カリウスの不安定なパフォーマンスによって、新たな守護神探しが急務となっている。そんな中、今シーズンバーンリーのプレミアリーグ7位という躍進を支えたポープ獲得に向けて移籍金1500万ポンド(約22億円)のオファーを提示する可能性があるようだ。 ▽ポープは2016年7月にリーグ1(イングランド3部相当)のチャールトン・アスレティックからバーンリー入り。加入初年度はリーグ戦での出場はなかったが、今シーズンはプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦でイングランド代表GKトム・ヒートンの負傷によって途中から出場し、プレミアリーグデビューを飾った。 ▽以降、バーンリーのゴールを守り続け、12度のクリーンシートを達成。この活躍が認められ、2018年3月にイングランド代表に初選出され、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むイングランド代表メンバーにも名を連ねた。6月7日に行われた国際親善試合のコスタリカ代表戦で途中出場して代表デビューを飾っている。 2018.06.10 11:54 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがフェキル獲得に失敗…リヨン公式が交渉終了を宣言

▽フランス代表FWナビル・フェキル(24)を巡るリバプールとリヨンの交渉が完全に決裂した。リヨンが9日、クラブ公式サイトでリバプールとの交渉打ち切りを宣言した。 ▽前日にフェキルのリバプール加入報道を完全否定したリヨンはその翌日にクラブ公式サイトを通じて、リバプールとの交渉終了を宣言した。 「クラブはナビル・フェキルの移籍に関するリバプールとの交渉が失敗に終わったことを発表する。同時に今夜(9日)の20時をもって交渉を打ち切ることを決めた」 ▽なお、フランス『RMC Sport』の伝えるところによれば、フェキル自身はすでにメディカルチェックをパスしていたものの、リバプールが6000万ユーロ(約77億円)に設定されていた移籍金の減額を要求したことがリヨンの逆鱗に触れて急転直下の移籍不成立となったようだ。 ▽リヨンの下部組織出身のフェキルは2013年にトップチームデビュー。卓越した左足のテクニック、溢れる攻撃センスを武器に2列目を主戦場にリヨンの攻撃陣をけん引してきた。“フランスのメッシ”と評される逸材は、今季の公式戦40試合に出場し23ゴール8アシストを記録していた。 ▽今夏、リヨンを旅立つことが決定的とみられていた同選手だが、来シーズンいっぱいはクラブに残留する見込みだ。 2018.06.10 05:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース