香川真司の華麗ループが9月のブンデスリーガ月間ベストゴールに選出!2017.10.13 12:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月の月間ベストゴールにドルトムント日本代表MF香川真司のループシュートが選ばれたことを発表した。

▽月間ベストゴールは、Facebookを通じてファンが投票して選ぶもの。香川が、ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦で決めた華麗なループシュートが見事に選ばれた。

▽23分、ボックス内右深くに侵入したオーバメヤンがマイナスのパス。これをヤルモレンコが繋ぐと、走り込んだ香川がGKの意表を突くループシュート。これがネットを揺らし、ドルトムントは2-1と勝ち越し、勝利を収めていた。

▽香川のゴールは全体の43%の票を獲得し、2位のカイウビー(アウグスブルク)の14%に大きな差をつけて選出された。9月の月間ベストゴール投票結果は以下の通り。

香川真司(ドルトムント)─43%
カイウビー(アウクスブルク)─14%
チャルレス・アランギス(レーバークーゼン)─10%
セバスティアン・アラー(フランクフルト)─8%
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)─8%
ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)─7%
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)─4%
ナビ・ケイタ(ライプツィヒ)─3%
レオン・ゴレツカ(シャルケ)─2%
マクシミリアン・フィリップ(ドルトムント)─1%

コメント

関連ニュース

thumb

インゴルシュタットMF関根貴大が元SKE48で浦和ファンの金子栞さんとの結婚を発表「生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」

▽インゴルシュタットのMF関根貴大(22)が、自身のツイッター(@sktk10)を通じて結婚を発表した。お相手はタレントで女性アイドルグループSKE48の元メンバーである金子栞さん(22)との事だ。 ▽関根は、浦和レッズのジュニアユース、ユースト経て2014年にトップチームへと昇格。1年目から出場機会を得ると、2017年8月にドイツ2部のインゴルシュタットへと移籍していた。また、世代別の日本代表を経験している。 ▽金子さんは埼玉県さいたま市出身で、関根の古巣でもある浦和のファンとしても知られている。2010年にSKE48のオーディションに合格。2014年4月にSKE48を卒業していた。関根は自身のツイッターで結婚を報告した。 「この度、私事で恐縮ですが、かねてよりお付き合いしてまいりました、タレントの金子栞さんと入籍いたしましたのでご報告させて頂きます。良い時期も苦しい時期も近くで支えてくれ、初めての海外挑戦の決断も尊重してくれた彼女と生涯を共にしたいと素直に思い結婚を決意しました」 「これからは、二人で力を合わせていつまでも明るく楽しい家庭を築いて行きたいと思っています」 「半年前にドイツに渡り、中々試合に絡めない悔しい状況が続いていますが、自ら望んでいた世界」 「レベルの厳しい環境に身を置き、サッカー選手としてここからが本当に勝負だと思っています」 「奥さんや応援して頂いている皆さんを笑顔にできるように頑張りますので引き続き応援宜しくお願いします!」 2018.01.22 21:29 Mon
twitterfacebook
thumb

豪快ミドルの堂安律を地元メディアも称賛…ファン投票ではチーム最高点に

エールディビジ第19節は21日に行われ、フローニンヘンはヴィレムと1-1で引き分けた。この試合で先制ゴールを奪ったMF堂安律を、現地メディアも称賛している。<br><br>2018年初戦となった敵地での一戦で、堂安は3試合ぶりに先発出場。すると14分、ペナルティエリア手前でパスを受けると、左足を振り抜きニアハイを撃ち抜くシュートを叩き込んだ。<br><br>このゴールを、地元メディアも称賛。オランダ紙『AD』は、「ドウアン・リツがチームのファーストシュートを沈めた。エリア外からの強烈なシュートは、見事な弧を描いた美しいゴールだった」と評している。<br><br>また、『voetbalzone』によるファン投票では、チーム最高点となる「6」を高評価を受けている。<br><br>過去2試合は先発から外れていた堂安だったが、これで2戦連続の得点。欧州初挑戦のオランダで、19歳の若武者が評価を着実に高めている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.22 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

先発の久保裕也、ここ4試合不発 ヘントは再開初戦を快勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは21日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第22節でホームにロケレンを迎え、3-0と快勝した。久保はフル出場。4試合でゴールから遠ざかる結果に終わった。 ▽リーグ再開初戦で2試合ぶりの白星を狙うヘントは、前半終了間際の44分、久保も反応したゴール前のこぼれ球をヤレムチュクがシュート。これが相手にディフレクトして吸い込まれ、ヘントが先制する。 ▽リードしたヘントは63分、ヤレムチュクが右足のシュートを落ち着いて沈めて2-0。86分にはチャクベターゼが勝負の行方を決する3ゴール目を決めた。結局、試合はヘントが快勝。2試合ぶりの白星を手にしている。 ヘント 3-0 ロケレン 【ヘント】 OG(前44) ヤレムチュク(後18) チャクベターゼ(後41) 2018.01.22 08:10 Mon
twitterfacebook
thumb

井手口陽介、途中出場で欧州デビュー! チームは黒星《リーガエスパニョーラ2部》

▽今冬にガンバ大阪からクルトゥラル・レオネサ(スペイン)に活躍の場を移した日本代表MF井手口陽介が新天地デビューを果たした。 ▽クルトゥラル・レオネサは21日、リーガエスパニョーラ2部第23節のオサスナとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。遠征メンバーに帯同した井手口はベンチスタート。79分に途中出場を果たしている。 ▽井手口は、チームが1点を追いかける展開の79分に途中出場。88分に移籍後初のイエローカードを受けたが、82分に自陣からの正確なロングフィードで攻撃のリズム構築に務めるなど、一定の活躍を披露した。 ▽しかし、クルトゥラル・レオネサは反撃実らず、1-2で敗戦。3試合ぶりの黒星を喫した。なお、次節は28日に行われ、ホームでセビージャ・アトレティコと対戦する。 オサスナ 2-1 クルトゥラル・レオネサ 【オサスナ】 メリダ(前45+2) ラッソ(後14) 【クルトゥラル・レオネサ】 ジョセフ・サネ(後22) 2018.01.22 07:55 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルvsローマの不調上位対決は痛み分け…長友は出場機会なし《セリエA》

▽セリエA第21節、インテルvsローマが21日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、1-1のドローに終わった。なお、インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽リーグ戦5試合未勝利で急失速の3位インテル(勝ち点42)は、前節フィオレンティーナと引き分けてウィンターブレークに突入。短い休暇を経て迎えた今節では強豪ローマをホームに迎えてリーグ6試合ぶりの勝利を目指した。今回のビッグマッチに向けては負傷明けのミランダが復帰し、ダンブロージオの代役にカンセロが起用された以外、現状のベストメンバーが揃った。なお、左サイドバックは引き続きサントンが務め、長友はベンチスタートとなった。 ▽一方、リーグ3戦未勝利でトップ4圏外の5位に転落したローマ(勝ち点39)は、前節アタランタにホームで敗れてウィンターブレークに突入。さらに、今冬の移籍市場ではナインゴラン、ゼコ、エメルソン・パルミエリに相次いで引き抜きの噂が出るなど、チーム状態は芳しくない。難敵インテル撃破で流れを変えたいローマだが、ウィンターブレーク中に負傷したゴナロン、デ・ロッシ、ペロッティの主力3人が招集外となり、ジェルソンとペッレグリーニの若手2選手が代役を担い、チェルシー移籍が噂される主砲ゼコは最前線で起用された。 ▽ウィンターブレーク明けで休養十分の両チームは立ち上がりからハイプレッシャーを掛け合うインテンシティの高い攻防を繰り広げる。左ウイングに入るナインゴラン、左のインサイドハーフに入るジェルソンがファジーなポジショニングで中盤のプレス強度を保ちつつ、攻撃ではうまく浮いてボールを引き出すローマは徐々に主導権を掴む。7分にはナインゴランのサイドチェンジに抜け出した右サイドのエル・シャーラウィが果敢にシュートを狙うが、これは精度を欠く。 ▽一方、密度と強度の高い相手の中盤攻略に手を焼くインテルは後方からの長いボールや要所でプレスをいなしては、3トップをスペースに走り込ませて手数をかけない攻撃を展開。15分にはカンドレーバのミドルシュート、17分には右サイド深くでカンセロが上げたクロスをファーで競り勝ったペリシッチが頭で合わすが、いずれも枠を捉え切れない。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、互いになかなか決定機まで持ち込めない。28分にはインテルが右CKの二次攻撃からカンドレーバの右クロスがファーに流れると、これを拾ったペリシッチが冷静にフェイントでDFを外してニアを狙ったシュート。しかし、これはGKアリソンの好守に阻まれる。こぼれ球に反応したボルハ・バレロのシュートもDFのブロックに阻まれた。 ▽すると、直後の31分にローマが意外な形から先制点を奪う。GKアリソンからのロングフィードに反応した右サイドのエル・シャーラウィが最終ライン裏へ抜け出すと、DFサントンの緩慢な対応も重なり、このままボックス内でGKとの一対一に。ややボールコントロールが大きくなったものの飛び出したGKハンダノビッチの直前でチップキック。これが無人のゴールネットを揺らした。最高の時間帯に先制点を奪ったローマはその後もプレスの勢いを緩めず相手をけん制しつつ、イカルディに抜け出された2度のピンチは守備陣の冷静な判断で凌ぎ、前半を1点リードで終えた。 ▽迎えた後半、先に動きを見せたのはビハインドを追うインテル。前半相手のハイプレスに苦戦していたガリアルディーニを下げてブロゾビッチをハーフタイム明けに投入。また、前半終盤から変更していたボルハ・バレロをアンカーに落とす[4-3-3]の布陣を継続した。 ▽前半同様に中盤で潰し合う展開が続く中、徐々にローマの運動量が落ち始めたことでインテルがボールを保持する時間が増える。62分にはセットプレーの二次攻撃からカンドレーバが強烈なミドルシュートを放つが、これはGKアリソンの守備範囲に飛んだ。 ▽何とか流れを変えたいインテルはカンドレーバ、サントンを下げてより攻撃的なエデルとダウベルト・エンリケを続けざまに投入。71分にはミランダのフィードに抜け出したエデル、74分にはボックス左でペリシッチが入れたクロスからイカルディが決定的なボレーシュートを放つが、GKアリソンの好守に遭いボールは左ポストを叩く。 ▽一方、守勢が続くローマは足を痛めたジェルソンに代えてブルーノ・ペレス、疲労の見えたエル・シャーラウィを下げて古巣対戦のファン・ジェズスを投入。この交代で[5-4-1]の守備的な布陣に変更して逃げ切り態勢に入る。 ▽ホームで負けられないインテルは試合終盤にかけてリスクを冒して前に出る。80分には左サイドからのクロスのクリアボールをゴール右のイカルディがボレーシュート。だが、枠の右隅を捉えたシュートはGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。それでも、諦めずに攻め続けるホームチームは86分、ボックス手前左でブロゾビッチが浮き球のクロスを供給。これをプルアウェイの動きでDFファシオを剥がしたヴェシーノが頭で右隅に流し込み、土壇場で追いついた。 ▽その後は追いついた勢いを生かすホームチームが果敢に勝ち越しゴールを狙うが、ローマも勝ち点1を持ち帰るために懸命の守備で応戦。最後まで見応えのある攻防を見せた両者だが、試合はこのまま1-1でタイムアップ。不調同士の上位対決は痛み分けの結果に終わり、互いに未勝利が続くことになった。 2018.01.22 06:49 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース