香川真司の華麗ループが9月のブンデスリーガ月間ベストゴールに選出!2017.10.13 12:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月の月間ベストゴールにドルトムント日本代表MF香川真司のループシュートが選ばれたことを発表した。

▽月間ベストゴールは、Facebookを通じてファンが投票して選ぶもの。香川が、ブンデスリーガ第7節のアウグスブルク戦で決めた華麗なループシュートが見事に選ばれた。

▽23分、ボックス内右深くに侵入したオーバメヤンがマイナスのパス。これをヤルモレンコが繋ぐと、走り込んだ香川がGKの意表を突くループシュート。これがネットを揺らし、ドルトムントは2-1と勝ち越し、勝利を収めていた。

▽香川のゴールは全体の43%の票を獲得し、2位のカイウビー(アウグスブルク)の14%に大きな差をつけて選出された。9月の月間ベストゴール投票結果は以下の通り。

香川真司(ドルトムント)─43%
カイウビー(アウクスブルク)─14%
チャルレス・アランギス(レーバークーゼン)─10%
セバスティアン・アラー(フランクフルト)─8%
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)─8%
ユリアン・ヴァイグル(ドルトムント)─7%
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)─4%
ナビ・ケイタ(ライプツィヒ)─3%
レオン・ゴレツカ(シャルケ)─2%
マクシミリアン・フィリップ(ドルトムント)─1%

コメント

関連ニュース

thumb

元神戸指揮官のネルシーニョ氏がスポルチ・レシフェの監督に就任…2009年以来の復帰

▽ブラジル・セリエAのスポルチ・レシフェは12日、今シーズン途中までヴィッセル神戸で指揮を執っていたネルシーニョ氏(67)の監督就任を発表した。 ▽ネルシーニョ氏は、母国ブラジルの複数クラブで指揮を執った後、1994年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)のコーチに就任。1994年1月から1996年12月まで監督を務めた。その後ブラジルに帰国するも、2003年7月に再び来日し、名古屋グランパスの監督に就任。2005年9月まで指揮を執った。 ▽再び日本を離れると、サントスやコリンチャンスなどで監督を務め、2009年7月に柏レイソルの監督に就任。J2降格も経験したものの、2010年のJ2で優勝、2011年のJ1ではリーグ史上初となる昇格1年目での優勝を果たし、天皇杯も制覇。2013年にはナビスコカップも制し、国内3タイトルをクラブにもたらせた。 ▽2014年12月に柏の監督を退任すると、2015年からは神戸の監督に就任。タイトルこそ獲得できなかったが、チームのベースを作り、2016年の明治安田生命J1リーグ2ndステージでは2位につける躍進を見せていたが、今シーズンは大型補強を敢行するも、成績不振のために解任されていた。 ▽ネルシーニョ氏は会見で「日本では監督が外国人選手の獲得に責任を持つため、ブラジルの史上に注意を払わなければいけなかった。いつもチェックしており、情報を求めていた」とコメント。「国外にいたが、ブラジルのサッカーについて考えて、分析し続けていた。選手の獲得についても関与している。何人かの有名選手、若い選手も知っている。いくつか情報は持っているよ」とチーム立て直しに意欲を見せている。 ▽ネルシーニョ氏にとっては、2009年以来のスポルチ・レシフェ復帰となる。当時はカンピオナート・ペルナンブカーノ(ペルナンブーコ州選手権)の連覇に貢献。スポルチ・レシフェにとっては再びネルシーニョ氏の手腕に期待が懸かる。 2017.12.13 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

5戦ぶり先発の長友佑都、カップ戦でPK戦最後のキッカーも「落ち着いて蹴れた」理由とは?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都は、落ち着いてPKを蹴られたことを明かしている。『インテルTV』が伝えた。<br><br>インテルは12日、コッパ・イタリア(TIMカップ)5回戦でセリエCのポルデノーネと対戦した。主力選手を温存したインテルは格下を相手に大苦戦。試合はPK戦にまでもつれ込んだ。<br><br>PK戦でもサドンデスに突入するが、GKダニエレ・パデッリが7人目のキックをセーブすると、最後は長友がゴール左に落ち着いて沈め、次のラウンドへの進出を決めた。試合後、長友は「しばらくプレーしていなかったので、これからもっと良くしていきたいと思います」と話し、PKについてはこう語る。<br><br>「1カ月くらいプレーしていなかったので、とても疲れましたね。でもPKは落ち着いて蹴れました。2年前ユベントス戦でも決めていましたから。ファンの合唱は聞こえていたし、簡単ではありませんでした。この勝利は大きいですね」<br><br>フル出場を果たした長友は5試合ぶりの試合出場に。次戦は16日のウディネーゼ戦となる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 11:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ケルンの降格はもはや避けられない?新SDが就任会見で「2部に向けて計画しなければ」

日本代表FW大迫勇也が所属するケルンの2部への降格はもはや回避できないのだろうか。新たにクラブのスポーツディレクター(SD)に就任したアルミン・フェー氏は、残留は現実的ではないと考えているようだ。<br><br>先日、ペーター・シュテーガー監督を解任したケルンだが、同クラブのU-19チームを担当していたシュテファン・ルーテンベック監督をトップチームの新指揮官に招へい。しかし、チームは新たな体制の下でヨーロッパリーグ最終節レッドスター戦を落とすと、ブンデスリーガ第15節フライブルク戦は3点のリードを奪いながらも3-4での敗戦を喫している。<br><br>その結果、勝ち点3のケルンは1部2部入れ替えプレーオフに出場できる16位との差は12ポイントに広まった。フェーSDは11日に開かれた入団会見で「私は甘い考えではない。たくさんの仕事が我々を待っていることは分かっている。フライブルクに勝てたのならちょっとしたチャンスが残っていたかもしれない」とコメント。2部降格を回避する可能性は「それはスーパーミラクルだね」とも話している。<br><br>また同SDは、「我々は2部に向けて計画していかなければいけない」と自身の任務について言及。「ブンデスリーガの試合を捨てるのはみっともない。ただ、我々は早い段階で計画を立てることができる。夏に向けて、2部の優勝候補の役を買って出るようなチームをつくることを目指さなければいけない」と今後の人事政策は2部降格を前提として進めていくことを認めた。<br><br>それら考えは現在のチームにさらに悪影響を及ぼすことになるかもしれない。しかし、フェーSDは「ウィンターブレイクまでに勝ち点3や6しか獲得できていない状況は異常」と指摘しつつ、「だが、だからといって後半戦においてクラブとしてすべてを捨てるわけにはいかない」とチームに戦い続けることを呼び掛けている。<br><br>ケルンにはドイツ代表DFヨナス・ヘクターやGKティモ・ホルンといった他クラブからの関心が伝えられる選手たちも所属している。それらプレーヤーとの現行契約は2部への降格が現実となった場合も有効であり続けるのだろうか。フェーSDは「契約を全うするのが良いと判断されれば、我々はそれを主張する。ただ、それに関する話は仮言的」と具体的に言及することはなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 10:19 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司、ブンデス公式でMOMに…シュテーガー新監督の初陣飾る活躍

ドルトムントのMF香川真司が、マインツ戦で見事な活躍を見せてドイツメディアで高い評価を獲得している。<br><br>ドルトムントは12日、ブンデスリーガ第16節でマインツと対戦。9試合勝利なしと不振に陥っていたドルトムントはピーター・ボス監督を解任し、ペーター・シュテーガー監督を招へいして初めての試合となった。<br><br>試合は後半にソクラティス・パパスタソプロスのゴールでドルトムントが先制すると、終了間際に香川のダメ押し弾が決まり、2-0で勝利。久々の勝利に貢献し、フル出場を果たした香川には賛辞が贈られている。<br><br>地元紙『ルールナハリヒテン』では、香川のパフォーマンスはソクラティス・パパスタソプロスと並び、チーム最高タイの「2.5」。評価記事を「香川が(ゲームを)整えた」と題しながら、「たくさん動き、常にボールを受けられる形をつくった。(78分)2-0を決めなければいけなかったが、幸いにも試合終了間際にそれができた」と寸評した。<br><br>そのほかほとんどの選手たちに「3」~「3.5」と及第点を与えた同紙だが、ラファエル・ゲレイロやアンドリ―・ヤルモレンコ、クリスチャン・プリシッチには最低タイとなる「4」と低めな評価を下している。<br><br>またブンデスリーガ公式ウェブサイトは香川をこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出。<br><br>プレーについては「香川はドルトムントが記録したシュート15本中4本に関与しており、自らチーム最多シュート数となる3本を放った。機敏な日本人選手はたくさん走り(12.6キロ)、競り合いにおいては47%とアタッカーにしては高めの勝率を記録している」と記された。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.13 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

長友がチームを勝利に導くPK成功! 3部相手に120分間ゴールレスの低調インテルがPK戦制して準々決勝進出!《コッパ・イタリア》

▽コッパ・イタリア5回戦、インテルvsポルデノーネが12日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、0-0で120分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したインテルが準々決勝進出を果たした。なお、インテルのDF長友佑都はフル出場した。 ▽2010-11シーズン以来のコッパ・イタリア制覇を目指すインテルの今シーズンコッパ初戦。直近のセリエAでユベントスとの敵地でのイタリア・ダービーをゴールレスドローで終えたスパレッティ監督率いるチームは、セリエC所属の格下をホームに迎えた一戦でシュクリニアルとヴェシーノを除く先発9人を変更。GKパデッリやカンセロ、カラモーの新戦力と共にエデル、ピナモンティを今季初先発させたほか、リーグ戦4戦不出場の長友を右サイドバックで先発起用した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むインテルは開始10分にセットプレーの流れからエデルがゴール左隅を捉えたシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。さらに21分にはガリアルディーニのスルーパスに抜け出したカラモーに決定機も、今度もGKペリッリの鋭い反応に阻まれる。 ▽なかなか決定機を決め切れないインテルは、徐々に相手の反撃を受け始める。31分にはボックス手前右のマニャージに強烈なミドルシュートを許すが、ここはGKパデッリが見事な反応で何とか触り、ボールは右ポストを叩く。一方、前半終了間際にはゴール右でカンセロからパスを受けたカラモーに絶好機も、ここはシュートを枠に飛ばせず。 ▽格下相手の低調なゴールレスでの折り返しにインテリスタのブーイングも飛び交う中、前半は終了。何とか流れを変えたいスパレッティ監督はピナモンティを下げて、ハーフタイム明けにブロゾビッチを投入。この交代でエデルを最前線に上げる。 ▽だが、前半同様に決め切れないホームチームは、68分にカラモーを下げて主力のペリシッチを投入。そのペリシッチは投入直後の73分にカンセロのクロスをファーで拾って決定的なシュートを放つが、これを枠に飛ばせない。 ▽スタンド、ベンチ共にフラストレーションが溜まる展開にイタリア人指揮官は80分、ダウベルト・エンリケを下げて、ついにエースFWイカルディまで投入。そのイカルディは後半終了間際に2度の決定機を迎えるが、エースも決め切れず。3部相手に主力を投入したうえ、90分間で決着をつけることはできなかった。 ▽延長に入ってもセットプレーなどから決定機を作り出すインテルだったが、完全に乗せてしまった相手守護神のGKペリッリの再三の好守に阻まれ続け、延長戦でもゴールをこじ開けることはできず。屈辱のPK戦突入となった。 ▽運命のPK戦では両GKの活躍によって2人ずつが失敗してサドンデスに突入。6人目は互いに成功するも、先攻のポルデノーネ7人目のパローディのシュートをGKパデッリが今回のPK戦2度目のセーブで防ぐ。すると、インテル7人目のキッカーは長友に。長友はプレッシャーがかかるこのPKを、冷静に相手GKの逆を突くシュートで左隅に蹴り込み、チームを勝利に導いた。 ▽今季のセリエA首位チームながら3部相手のホームゲームで終始低調なパフォーマンスをみせたインテルだったが、これがデビュー戦のGKパデッリの活躍により、辛くも準々決勝進出を果たした。なお、翌日に行われるミランvsヴェローナでミランが勝ち抜けた場合、準々決勝でミラノダービーが実現することになった。 2017.12.13 07:57 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース