PSG会長が、W杯放映権の見返りに賄賂支払いか…スイス検察が刑事訴訟2017.10.13 10:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スイス検察当局は12日、パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長と元国際サッカー連盟事務局長のジェローム・バルク氏を刑事訴訟する準備に入ったようだ。イギリス『BBC』などが伝えている。

▽報道によると、大手メディア『beIN Sports』の最高経営責任者(CEO)を務めるアル・ケライフィ会長は、2026年と2030年のワールドカップ(W杯)の放映権を取得する見返りとして、ジェローム・バルク氏に対して賄賂を渡したと疑われている。

▽なお、ジェローム・バルク氏は、W杯のチケット不正販売、W杯招致におけるる賄賂の授受などで告発されており、2016年1月にFIFAの事務局長を解任されていた。さらに現在は12年間の活動禁止処分を受けている。

▽現在もジェローム・バルク氏への調査は続いており、その中で、アル・ケライフィ会長との関りが発覚したようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール、右足首を痛める…CLレアル・マドリー戦危うし

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが負傷した。 ▽PSGは25日、リーグ・アン第27節でマルセイユをホームに迎え、3-0と快勝。先発のネイマールはゴールこそなかったものの、2得点に絡む活躍を見せ、マルセイユとのダービーマッチ勝利に貢献した。 ▽だが、77分に右足首を痛めたネイマールは、自力で歩くことができず、担架でピッチの外へ。これを取り上げたフランス『レキップ』によれば、現時点で負傷程度は定かになっていないという。 ▽ネイマールが重傷となれば、3月6日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでレアル・マドリーをホームで迎え撃つPSGにとって、大打撃は必至だが、果たして…。 2018.02.26 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGがマルセイユとのダービーマッチで完勝もネイマールが負傷交代…先発の酒井は59分に交代《リーグ・アン》

▽25日にリーグ・アン第27節、パリ・サンジェルマンvsマルセイユのル・クラスィクがパルク・デ・プランスで行われ、3-0でPSGが勝利した。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹は右サイドバックとして59分までプレーした。 ▽リーグ戦4連勝中と勢いに乗る首位のPSG(勝ち点68)とリーグ戦8戦無敗の3位・マルセイユ(勝ち点55)によるダービーマッチ。試合前にはPSGのゴール裏に、人気漫画ドラゴンボールの孫悟空がスーパーサイヤ人となった姿で登場するなどサポーターたちも試合を盛り上げた。 ▽試合は地力に勝るPSGが主導権を握るが、マルセイユも球際の強さと切り替えの早さで相手の自由を奪う。特にネイマールに対しては右サイドバックの酒井とトヴァンが挟み込んで上手く対応する。しかし10分、右サイドに膨れたムバッペがスルーパスを処理しきれなかったアマヴィからボールを奪ってそのままニアサイドにシュートをねじ込みPSGが先制した。 ▽勢いに乗るPSGは15分、右サイドからのクロスにネイマールが反応。ヘディングで合わせにいくが、酒井が身体を寄せたことでボールは枠外に飛ぶ。それでも27分にボックス左の深い位置まで侵入したラビオのクロスにネイマールが反応。最後はブロックに入ったロランドの足に当たってゴールネットを揺らし、PSGが追加点を奪った。 ▽2点差とされたマルセイユは38分にオカンポスを下げてサンソンを投入する早目の交際策に出た。しかし前半にゴールを奪うことはできずにハーフタイムを迎えた。 ▽後半もPSGがポゼッションを握り、マルセイユは高い位置からのプレスを狙っていく展開となった。迎えた55分、ネイマールがドリブルで左サイドの深い位置まで侵攻し、グラウンダーのパスをボックス内に配球。これを受けたカバーニが反転して右足を振り抜くと、強烈なシュートがネットに突き刺さり、PSGが試合の大勢を決める3点目を奪った。 ▽マルセイユは58分、相手陣内の左サイドでFKを獲得。パイェが入れたボールの跳ね返りを拾ったグスタボがやや距離のある位置から狙う。しかしシュートは落ちきれずにクロスバーを越えた。直後の59分に、酒井を下げてB・サールを投入する。一方のPSGはムバッペとL・ディアラを下げてディ・マリアとモッタを送り出した。 ▽その後はお互いに感情をコントロールできずにヒートアップする場面が散見。その中で77分、ネイマールが相手選手を追う際に右の足首を負傷。ネイマールは立ちあがることができずにストレッチャーで運び出された。さらにPSGはすでに3枚の交代カードを使い切っていたため、1人少ない状況で残り時間を戦うことになった。 ▽しかしその後試合のスコアは動かずに終了のホイッスル。PSGがマルセイユとのダービーマッチに快勝するも、エース・ネイマールを失う後味の悪い試合となった。 2018.02.26 06:58 Mon
twitterfacebook
thumb

PSG、チアゴ・シウバを売却か

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバ(33)に退団の可能性が浮上した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽2012年夏にミランから加入して以降、不動のセンターバックに君臨するチアゴ・シウバ。だが、PSGは今シーズン終了後、キャリア終盤に差し掛かるブラジル人センターバックの放出を検討しているという。 ▽PSGは、1000〜1500万ユーロ(約13億1000万〜19億7000万円)での売却を視野。どれほどのクラブが手を挙げるか不透明だが、中国スーパーリーグの上海上港が先月に関心を示しており、財源的にもPSGの要求額を支払えるという。 ▽その上海上港には現在、ブラジル代表でチームメートだったFWフッキと、MFオスカルのほか、同郷のFWエウケソンも在籍。かつて世界最高のDFと評されたチアゴ・シウバも新たな活躍の場をとして、中国に渡ることになるのだろうか…。 2018.02.25 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFAもお手上げ? バルサ&ネイマールのボーナス巡る泥沼騒動の続きは法廷で

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールと同選手の古巣・バルセロナの間で巻き起こっているボーナス未払い騒動の仲裁から手を引くことにしたようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2013年から所属するバルセロナで、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに次ぐスタープレーヤーに成長を遂げたネイマールは、2017年夏に史上最高額となる2億2200万ユ―ロ(現在のレートで約299億円)の移籍金でPSGに移籍。サッカー界の話題をかっさらった。 ▽新天地でもここまで公式戦29試合29ゴールと、輝かしい活躍を披露してクラブの主役に躍り出たネイマール。しかし引き換えに、欧州での出発地となったバルセロナとの間にわだかまりを作ってしまった。 ▽問題の発端は2016年10月。ネイマールは、“2017年7月末まで所属していれば2600万ユ―ロ(約34億円)のボーナスが発生する”という条項が加えられた内容で、バルセロナとの契約延長にサインした。そして、ネイマールのPSGへの移籍が発表となったのは2017年8月3日のことだ。 ▽このため、ネイマール側はボーナスを受け取る権利があると主張した。対するバルセロナは、契約条項に“選手が他クラブと交渉しないこと”、“支払いは移籍期間終了後の9月1日に行う”などの条件を設けていたと反論。もつれた議論は、ネイマール側の訴えによってFIFAに持ち込まれていた。 ▽結局、ネイマール側の訴えは2月中旬に却下に。そして今度は逆に、契約不履行としてバルセロナがネイマールに800万ポンド(約12億円)の返済を求める訴訟を起こし、問題のフィールドは法廷に移されることとなった。 ▽この件に関して、FIFAは「裁判所で行われているため不明」と述べ、スポークスマンは以下のようにコメントして仲裁から離脱することを明らかにした。 「それは認識したが、明らかに同じ議題が同じ当事者たちによって、(法廷、FIFAという)異なる組織に同時に提出された。FIFA側は当事者たちに伝えたよ…。どうやら事件について調査する立場にないということをね」 ▽ネイマールとバルセロナの論争は法廷に一本化されることに。FIFAからの罰則ではなく、法的な処罰をどちらかが受ける可能性も高まり、泥沼の騒動はさらに深刻に過熱していくかもしれない。 2018.02.24 01:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、母国フランスに復帰か

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)に移籍の可能性が浮上した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽今シーズンを通じてフォームが整わず、不振の時期を過ごすベンゼマ。ここまでリーガエスパニョーラ3得点にとどまっており、メディアなどを通じた批判的な見解が後を絶えない。 ▽そのベンゼマ自身も、それらの批判に嫌気を差しており、移籍を前向きに検討。フランスに復帰することで、重要な役割が与えられる機会を得られると見込んでいるようだ。 ▽伝えられるところによれば、ベンゼマがフランス復帰となれば、行き先としてパリ・サンジェルマン(PSG)、リヨン、マルセイユ、モナコの同国4大クラブが有力な情勢だという。 ▽中でも、アトレティコ・マドリーの視線を集めるFWマリアーノの流失に備えて、古巣リヨンが獲得に乗り出す可能性があり、PSGもFWネイマールの代役として迎え入れる思惑がある模様だ。 2018.02.23 08:45 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース