PSG会長が、W杯放映権の見返りに賄賂支払いか…スイス検察が刑事訴訟2017.10.13 10:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スイス検察当局は12日、パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長と元国際サッカー連盟事務局長のジェローム・バルク氏を刑事訴訟する準備に入ったようだ。イギリス『BBC』などが伝えている。

▽報道によると、大手メディア『beIN Sports』の最高経営責任者(CEO)を務めるアル・ケライフィ会長は、2026年と2030年のワールドカップ(W杯)の放映権を取得する見返りとして、ジェローム・バルク氏に対して賄賂を渡したと疑われている。

▽なお、ジェローム・バルク氏は、W杯のチケット不正販売、W杯招致におけるる賄賂の授受などで告発されており、2016年1月にFIFAの事務局長を解任されていた。さらに現在は12年間の活動禁止処分を受けている。

▽現在もジェローム・バルク氏への調査は続いており、その中で、アル・ケライフィ会長との関りが発覚したようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

PSGが唯一の欠点補強へ!! オブラク獲得に札束攻勢

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が1月の移籍市場でGKの補強を画策しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽ワールドクラスのメンバーを各ポジションに揃えるPSGだが、唯一の欠点と言われてきたのがGKのポジション。今夏にはミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)の獲得に動きを見せており、その後はマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)への興味が報じられている。 ▽しかし『アス』によると、PSGは来冬の移籍市場でアトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク(24)を最優先のターゲットとして獲得に向けた準備を進めているようだ。 ▽なお、アトレティコ側がオブラクに設定しているバイアウト状況は1億ユーロ(約133億4700万円)。PSGはこれを起動させてオブラクを引き抜く考えのようだ。仮にこの移籍が決まると、GKの史上最高移籍金となる。 ▽2014-15シーズンからアトレティコでプレーするオブラクは、移籍初年度こそ負傷の影響もありスペイン人GKミゲル・アンヘル・モジャとの併用が目立った。しかしその後は守護神としてチームを支え、今シーズンもリーガエスパニョーラ全試合でゴールマウスを守っている。 2017.12.14 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

“家庭の事情”でチーム離脱のネイマールがパリへ

▽家庭の事情でチームを離れていたパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが、チームに復帰したようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽ネイマールは9日に行われた9日に行われたリーグ・アン第17節のリール戦を累積警告のために欠場。その間に、チームに了承を得て母国であるブラジルへと帰国していた。 ▽帰国中、ネイマールは度々自身のインスタグラムを更新。父親の誕生パーティー開催や歯科医院を訪れていたことが明らかとなっている。 ▽母国で休暇を過ごしたネイマールは、すでにパリへ戻ってきているようだ。しかし13日に行われたリーグ杯のストラスブール戦は欠場。しかし16日に行われるリーグ・アン第18節のレンヌ戦には起用できる見込みとなったようだ。 2017.12.14 08:43 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループB総括】本命のPSGとバイエルンが余裕の突破

▽本命のパリ・サンジェルマンとバイエルンが2試合を残してグループステージ突破を決める順当過ぎる結果に終わったグループB。セルティックとアンデルレヒトは2強に立てつくことができなかった。 ■グループB順位表■ [勝ち点/得失点] 1:パリ・サンジェルマン[15/21] 2:バイエルン[15/7] 3:セルティック[3/-13] 4:アンデルレヒト[3/-15] ◆GS最多得点記録更新でバイエルンを上回り首位通過~パリ・サンジェルマン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_56_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ネイマールとムバッペを加えて欧州最高峰の攻撃陣となったPSGは、2戦目のバイエルン戦を3-0と快勝。圧巻の破壊力を見せ付けると、2試合を残して突破を確定させた。5試合目までに奪ったゴール数は24を数え、昨季のドルトムントが作った21ゴールのグループステージにおける最多ゴール記録を更新した。ただ、4点差以上での大敗を喫しなければ首位通過が決まる最終節のバイエルン戦で1-3と完敗し、エメリ監督の解任報道が出る事態となったのは決勝トーナメントに向けて不安材料だ。 ◆ハインケス就任でV字回復~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_57_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2戦目でPSGに0-3と完敗し、アンチェロッティ監督解任に踏み切ったバイエルン。結果的にこの判断が奏功することとなった。2011-12シーズンにクラブを3冠に導いたハインケス監督は抜群の人心掌握術を発揮し、チーム状態をV字回復させた。守護神ノイアーやチアゴ、リベリら一部主力を負傷で欠いたものの、トリッソやジューレ、ハメス・ロドリゲスら新戦力をチームにフィットさせたことで大幅な戦力ダウンには陥らなかった。PSG同様、2試合を残してグループステージ突破を決め、最終節のPSG戦では3-1と快勝。逆転での首位通過こそならなかったが、しっかりとリベンジを果たした。 ◆辛くもELへ~セルティック~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_58_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季同様、厳しいグループに組み込まれたセルティックは本命の2チームに太刀打ちできなかった。PSGには2試合で12ゴールを叩き込まれる惨敗を喫し、バイエルンにはホームで1-2と善戦したものの、2連敗に終わった。アンデルレヒトとは1勝1敗となったが、ゴール数で上回り、辛くもヨーロッパリーグに回る権利を得た。 ◆最後に1勝~アンデルレヒト~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171212_59_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3年ぶりのCL参戦となったベルギー王者は見せ場なく今大会を終えた。PSGとバイエルンにとって安牌な存在でしかなかったアンデルレヒトは、ELを懸けた最終節でセルティックに何とか1勝を挙げるのが精いっぱいだった。 2017.12.13 18:01 Wed
twitterfacebook
thumb

復帰時期は未定…ネイマールが「家族の問題」を理由にブラジルへ帰国

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが、ブラジルへ帰国していたようだ。ブラジル『Veja』が報じた。 ▽ネイマールは、9日に行われたリーグ・アン第17節のリール戦を累積警告のために欠場。その間、母国ブラジルへと帰国していたようだ。 ▽ウナイ・エメリ監督によると、ネイマールは「家族の問題」によりブラジル帰国の許可を求めてきたとのこと。詳細は明かされないものの、エメリ監督は「家族の問題」を尊重して許可を出したようだ。 「彼は土曜日(9日)の朝、私に電話おかけてきた。そして、家族に重要な事が起きていると教えてくれた。クラブと私がブラジルに戻ることを許可するかどうかを尋ねてきたよ。人間にとって重要なこと、時には仕事の背景に関わるかもしれない」 ▽なお、現時点でいつパリに戻ってくるかは不明とのことだ。PSGは、16日に行われる第18節でレンヌとアウェイで対戦する。 2017.12.13 13:51 Wed
twitterfacebook
thumb

意外と安い!! ドンナルンマのバイアウト条項はGK最高額も…

▽イタリア期待の若手GKであるミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)の移籍金は、昨今のサッカー界では安い金額に設定されているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリアメディアの報道をまとめて伝えた。 ▽ミランのプリマヴェーラ出身であるドンナルンマは、2015年10月に16歳8カ月という若さでプロレビューを果たし、GKにおけるセリエAの最年少出場記録を樹立した。その後ミランの守護神に定着するも、今夏にはミランとの契約延長を行わないと発表していた。 ▽同選手の争奪戦が予想されていたが、最終的にはドンナルンマが態度を一転させ、2021年6月末まで契約を延長している。新契約締結に際して当時は、バイアウト条項は最大で1億ユーロ(約133億2000万円)に設定され、ミランがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した場合は5000万ユーロ(約66億6000万円)まで引き下げられると報じられていた。 ▽この契約延長に不満を持っていたのが代理人のミノ・ライオラ氏。当時からドンナルンマに移籍を勧めて、高額の報酬を得ようと考えていると伝えられていた。そんなライオラ氏は、ミラン側にバイアウト条項の盛り込むように迫ったという。 ▽ライオラ氏がミラン側に提示した契約は、報道されていたものよりも割安で最大で7000万ユーロ(約93億2400万円)。またCL出場権を逃した場合は4000万ユーロ(約53億2800万円)に減額されるというものだった。なお、報道によるとミラン側はこの条件を飲まなかったようで、実際はもう少し高い移籍金が設定されているという。 ▽昨今のサッカー界ではブラジル代表FWネイマール(25)が、史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約295億7100万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマンに加入。さらにフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)も総額1億8000万ユーロ(現在のレートで約239億7600万円)を支払ってモナコからパリ・サンジェルマンに加入することが決まっている。 ▽高騰する移籍金の中、GKでの最高額は今夏にベンフィカからマンチェスター・シティに加入したブラジル代表GKエデルソンの3500万ポンド(約52億8800万円)と言われている。ドンナルンマのバイアウト条項が、今回の報道の通り7000万ユーロであれば、エデルソンの移籍金を2倍近く更新することになるが、同じ18歳のムバッペに比べると半分以下となっている。 2017.12.13 10:48 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース