マスチェラーノが今シーズン限りでバルセロナ退団へ…W杯後に代表も引退2017.10.13 08:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、今シーズン限りで同クラブを退団する考えを明かした。スペイン『マルカ』が報じている。

▽マスチェラーノは、2010年にリバプールからバルセロナに加入。しかし、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの牙城は崩せずにベンチを温めることが多かった。ところが、ケガ人が続出したセンターバックで起用されると、新境地を開拓。鋭い読みとボール奪取能力の高さから、同ポジションでのスタメンを確保した。

▽バルセロナでもこれまでに公式戦327試合に出場し、リーガエスパニョーラを4回、チャンピオンズリーグを2回、コパ・デル・レイを4回制するなど数々のタイトルを獲得。チームの主軸として活躍するマスチェラーノだが、2019年6月までとなっている契約には慎重な姿勢を見せた。

「クラブとの契約は残っているけれど、シーズンが終わった時にその後どうするかを考えたい。ただ、バルセロナが僕に示してきてくれた信頼には本当に感謝しているよ」

▽またマスチェラーノはアルゼンチン代表の活動についても言及。ロシアW杯が、ナショナルチームでの最後の活動になると考えているようだ。

「代表チームについては、ロシアで僕のキャリアは終わる。その後は、代表を退くつもりだ。今は、2014年のワールドカップでのパフォーマンスを取り戻そうとしているよ」

コメント

No.89

CLは2回

koko

2017.10.13 08:44 Fri

関連ニュース

thumb

ヴェルメーレンの悪癖再発、ベティス戦で左ハムストリングを痛める

▽バルセロナに所属するベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンの悪癖が再発した。 ▽負傷離脱したDFサミュエル・ユムティティの代役として安定したパフォーマンスを続けるヴェルメーレン。21日に行われたリーガエスパニョーラ第20節のベティス戦でも引き続き先発した。加入以来の故障癖が嘘のようにプレータイムを増やしていたが、前半終盤に相手選手の背走を余儀なくされたシーンで左ハムストリングを負傷。この試合から戦列復帰したユムティティとの交代でピッチを退いた。 ▽バルセロナは試合後、そのヴェルメーレンの左ハムストリング負傷を発表。翌22日により具体的な診断結果を求め、検査を受ける見通しだという。 2018.01.22 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ&スアレス2G! 無敗首位のバルセロナが5得点でベティスを粉砕《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは21日、リーガエスパニョーラ第20節でベティスのホームに乗り込み、5-0で快勝した。 ▽リーガ5連勝中で無敗の首位バルセロナ(勝ち点51)と、直近のリーガ2戦計8得点で連勝中と好調の7位ベティス(勝ち点27)による一戦。バルセロナは、直近の試合であるコパ・デル・レイ準々決勝エスパニョール戦1stレグ(0-1でバルセロナが敗北)からスタメンを6名変更し、シレッセン、ディーニュ、A・ビダル、パウリーニョ、アレーニャ、デニス・スアレスに代えて、テア・シュテーゲン、ジョルディ・アルバ、N・セメド、ラキティッチ、アンドレ・ゴメス、スアレスを起用した。 ▽この試合最初のチャンスを得たのはベティス。3分にバルセロナがロングカウンターを受けたシーンでブスケッツのクリアが中途半端になると、グアルダードが反応してボールを拾う。しかし、ボックス手前から左足で放ったシュートは枠を外れる。 ▽ベティスは2トップを組むバルセロナに対して3バックで試合に入り、両サイドを広く使いワイドにボールを動かして試合を進行していく。メッシとスアレスの2トップに対してマンツーマンに近い形でセンターバックを付けるベティスを相手に、バルセロナは中々チャンスを作ることができない。 ▽それでも、メッシがやや下がり目のポジションを取り始めると、バルセロナにチャンスが生まれていく。25分には、相手陣内中央のメッシがボックス内のスアレスにパスを当てる。相手DFを背負いつつキープしたスアレスは、走り込んだセルジ・ロベルトにパスを供給。しかし、セルジ・ロベルトが放ったシュートはバーのはるか上方に飛んでいく。 ▽さらに30分には、カウンターからメッシがボックス内左に抜け出して左足を振り抜いたが、枠を外れていく。徐々にシュートを浴びる機会が増えたベティスは両ウイングバックが押し込まれる悪循環に陥り、なかなか流れを引き戻せない。 ▽バルセロナは良いペースで試合を進めていたものの、前半終了間際の40分にカウンターの対応でダッシュしたヴェルメーレンが負傷。43分にユムティティとの交代を強いられた。 ▽予期せぬアクシデントに見舞われたバルセロナは、前半終了間際の46分にファビアン・ルイスのシュートを浴びる。GKテア・シュテーゲンが阻んで失点こそしなかったものの、嫌な雰囲気の中で試合を折り返すこととなった。 ▽後半の立ち上がりも、バルセロナの嫌な流れは途切れず。ホアキンやドゥルミジを経由しつつ、ベティスがお株を奪うようなパス回しを披露し、バルセロナはなかなかボールを持つことができない。56分には、ドリブルでボックス左に侵攻したファビアン・ルイスが再び左足でシュートを放ったが、またしてもGKテア・シュテーゲンが立ちはだかった。 ▽それでも59分、カウンターからメッシがワンタッチでセンターサークル付近のスアレスに落とす。スアレスが高くなったベティスのディフェンスラインの裏にスルーパスを送ると、左サイドでラキティッチが独走状態に。そのままボックス内まで侵攻してシュートを放ち、貴重な先制ゴールを奪い切った。 ▽さらに64分、ピッチ中央付近でゴールキックを受けたファビアンのトラップが乱れると、ブスケッツがボールを奪取。乱れていたディフェンスラインを見逃さず素早く最前線のメッシにパスを供給し、メッシが確実に沈めてあっという間にリードを広げていく。 ▽69分には、メッシがドリブルで相手DFを引きつけて右サイドのラキティッチにパスを送る。ラキティッチがクロスを上げると、ボックス内中央のスアレスが豪快なボレーシュートを放ち、チームの3点目とした。 ▽バルセロナの一方的な展開となると、80分にもボックス手前でボールを持ったメッシがドリブルで突破。ボックス内左まで持ち込んで自らシュートを放ち、自身のこの日2得点目でリーガでの今シーズンのゴール数を「19」にまで伸ばした。 ▽さらに試合終了間際の90分にも、メッシがドリブル突破からボックス内左のスアレスにラストパス。スアレスが落ち着いて決めて、メッシに続いて2得点目を記録した。 ▽結局、試合は5-0のスコアで終了。この結果、バルセロナは無敗を維持してリーガ6連勝を飾ることに。対するベティスは良い入りをみせたものの、勝ち点を獲得することは叶わなかった。 2018.01.22 06:39 Mon
twitterfacebook
thumb

リーガで首位独走のバルサ…だがバルベルデはコパを考えず「最優先はリーグ戦」

21日のリーガエスパニョーラ第21節、バルセロナは敵地ベニト・ビジャマリンでのベティス戦に臨む。前日会見に出席したエルネスト・バルベルデ監督は、1stレグで敗戦したコパ・デル・レイ準々決勝エスパニョール戦を意識せず、リーグ戦だけに集中していることを説いた。<br><br>リーガでは2位以下に勝ち点10差以上を付け、首位を快走するバルセロナ。そのためにベティス戦では、0&minus;1からの逆転を目指さなければならないコパ準々決勝セカンドレグ、エスパニョール戦を見据えた戦い方をする余裕もあるように思えるが、バルベルデ監督の考えは違うようだ。<br><br>「私たちのプライオリティーはリーガにある。コパとチャンピオンズも勝ち取りたいが、1シーズンを通してどのような調子にあるかを物語るコンペティションはリーガだ」<br><br>「私は恍惚感になど浸っていないし、ロッカールームも同様だ。チームはまだ何かを達成したわけではないし、リーガを物にしたなどもってのほかだ。私たちはこれからも、苦しみながら、勝利を収めていかなければならない」<br><br>またバルセロナとの個人合意が盛んに報じられ、同クラブから接触を否定する声明を出すに至った、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリエズマンについても触れている。<br><br>「彼は違うチームにいる素晴らしい選手だ。私はアトレティコ・マドリーに敬意を持っている。私たちは常に憶測が渦巻く世界にいるが、ただそれだけのことだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.21 23:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマン個人合意を公式否定

▽バルセロナは20日、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(26)を取り巻く加入内定報道を否定した。 ▽グリーズマンを巡っては最近、今シーズン終了後のバルセロナ移籍で個人合意に達したとの報道が加熱している。 ▽これを受け、バルセロナは声明を公式サイトに掲載。グリーズマンの加入内定および接触の噂を次のように否定している。 「バルセロナは、アトレティコ・マドリーのアントワーヌ・グリーズマンに関する複数メディアの報道を強く否定する」 「クラブは、これらの報道に対して異議を表明すると共に、アトレティコ・マドリーに対する敬意を改めて表する」 2018.01.21 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ラフィーニャ、まもなくインテル移籍が実現か

▽バルセロナに所属するブラジル代表MFラフィーニャ(24)は、2021年までの契約でインテル移籍が近づいているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、ラフィーニャは今冬、買い取りオプション付きのレンタルでインテルへ。シーズン終了後に3500万ユーロ+ボーナス300万ユーロの3800万ユーロ(約51億4000万円)を支払う内容で、21日にもメディカルチェックを受ける見通しだという。 ▽バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラを兄に持つラフィーニャは、2011年にバルセロナの下部組織からトップデビュー。近年、度重なる故障で離脱が続いていたが、17日に行われたコパ・デル・レイ準々決勝1stレグのエスパニョール戦で実践復帰を果たした。 2018.01.21 15:15 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース