マスチェラーノが今シーズン限りでバルセロナ退団へ…W杯後に代表も引退2017.10.13 08:29 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、今シーズン限りで同クラブを退団する考えを明かした。スペイン『マルカ』が報じている。

▽マスチェラーノは、2010年にリバプールからバルセロナに加入。しかし、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの牙城は崩せずにベンチを温めることが多かった。ところが、ケガ人が続出したセンターバックで起用されると、新境地を開拓。鋭い読みとボール奪取能力の高さから、同ポジションでのスタメンを確保した。

▽バルセロナでもこれまでに公式戦327試合に出場し、リーガエスパニョーラを4回、チャンピオンズリーグを2回、コパ・デル・レイを4回制するなど数々のタイトルを獲得。チームの主軸として活躍するマスチェラーノだが、2019年6月までとなっている契約には慎重な姿勢を見せた。

「クラブとの契約は残っているけれど、シーズンが終わった時にその後どうするかを考えたい。ただ、バルセロナが僕に示してきてくれた信頼には本当に感謝しているよ」

▽またマスチェラーノはアルゼンチン代表の活動についても言及。ロシアW杯が、ナショナルチームでの最後の活動になると考えているようだ。

「代表チームについては、ロシアで僕のキャリアは終わる。その後は、代表を退くつもりだ。今は、2014年のワールドカップでのパフォーマンスを取り戻そうとしているよ」

コメント

No.89

CLは2回

koko

2017.10.13 08:44 Fri

関連ニュース

thumb

C・ロナウド「メッシとの争いはまだ終わってない。始まったばかり」

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがバルセロナでプレーするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとのライバル関係について言及した。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽C・ロナウドは23日、ザ・ベストFIFAアワード2017のFIFA男子最優秀選手賞を受賞。2年連続5度目の受賞となり、レアル・マドリーとバルセロナという2大クラブのエースとして凌ぎを削るメッシと受賞回数で並んだ。受賞式後、栄冠に輝いた現在の心境を次のように告白している。 「レオ(メッシの愛称)と争わない。彼は同じ時代でプレーする選手。彼は5回受賞し、僕も5回目の栄冠を手にした。世界最高の個人タイトルをね」 「前も言ったけど、ここ数年間の僕は世界最高のクラブにいて、非常に高いレベルにいることを証明するチャンスがあった。フィジカルの状態も良い」 「何が起こるのかなんて予想できないから静かにしていた。次に何が起こるかもわからないわけだから、この素敵な人生の今を楽しまなくちゃね」 ▽最後に、選手として節目となる30歳の誕生日を迎えたメッシとの今後におけるライバル関係について問われると、「まだ終わっちゃいない。始まったばかり」とひと言。今後も2人のリーダーによる絶対統制に意欲を漲らせた。 2017.10.24 09:15 Tue
twitterfacebook
thumb

2017年サッカー界最強の11人が決定! レアル・マドリーから最多5人が選出《ザ・ベストFIFAアワード2017》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2017を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽FIFAと国際プロサッカー選手会(FIFPro)が共同で選出する2017年FIFA/FIFProベストイレブンには、FIFA男子最優秀選手賞を獲得したFWクリスティアーノ・ロナウドを始め、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を含むシーズン2冠のレアル・マドリーから最多5人が選出された。 ▽CLを制したレアル・マドリーが採用する[4-3-3]のフォーメーションに合わせて選出された今回のベストイレブンでは、FIFA最優秀GK賞を獲得したジャンルイジ・ブッフォンが選出されている。 ▽4バックには、白い巨人の最終ラインを支えるセルヒオ・ラモスとマルセロの重鎮コンビに加え、昨季ユベントスで活躍し、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)、ミランに新天地を求めたダニエウ・アウベス、レオナルド・ボヌッチの2選手が選出された。 ▽中盤ではリーガ2強にして世界最高峰の中盤を取り仕切るアンドレス・イニエスタ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースの名手3選手が選ばれた。 ▽また、3トップにはFIFA男子最優秀選手賞の最終候補3人に選出されたC・ロナウド、リオネル・メッシ、ネイマールが入った。。2017年のFIFA/FIFProベストイレブンは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA/FIFProベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエウ・アウベス</span>(ユベントス→PSG/ブラジル) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">レオナルド・ボヌッチ</span>(ユベントス→ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(レアル・マドリー/ブラジル) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span>(レアル・マドリー/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/クロアチア) <span style="font-weight:700;">アンドレス・イニエスタ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(バルセロナ→PSG/ブラジル) 2017.10.24 05:06 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシアに拠を構えるバルセロナのペーニャ、カタルーニャ独立問題でクラブとの関係絶つ

バレンシア自治州のエルダに拠を構えるバルセロナのペーニャ(クラブ後任のファン組織)が、カタルーニャ自治州の独立問題を受けて、クラブとの関係を絶った。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダは1980年に結成し、現在は80名が在籍。しかしバルセロナと同クラブの幹部陣がカタルーニャ自治州の独立の動きに加担としているとして、クラブとの関係を解消することを決定している。同ペーニャをまとめるホセ・ナバーロ氏によれば、「満場一致」で下した決定とのことだ。<br><br>なおバルセロナのペーニャは、世界で1529組存在している。その内訳はカタルーニャ自治州で519組、スペインの他地域で896組、スペイン国外で114組となっている。カタルーニャ自治州及びバルセロナの動きを嫌うペーニャが、ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダに続く可能性もありそうだ。<br><br>なおホセ・ナバーロ氏によれば、ペーニャ・バルセロニスタ・デ・エルダは現在、SNS上で批判や侮辱に晒されているという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.24 00:26 Tue
twitterfacebook
thumb

リーガ移籍に関心のバロテッリ「マドリーが好きだがバルサに呼ばれても嘆かない」

▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、リーガエスパニョーラで覇権を争う2つのクラブに対する憧れを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽セリエA、プレミアリーグ、リーグ・アンと、欧州各国のリーグを経験しているバロテッリは現在、リーガへの移籍に興味を示しているようだ。同選手は、その件について冗談めかしつつ語った。 「俺はレアル・マドリーが好きだ。でも、もしバルセロナからお呼びがかかったとしても、嘆きはしないだろう」 ▽また、バロテッリは2013年1月の移籍市場でマンチェスター・シティからミランに移籍したが、その当時にユベントスとの交渉も行われていたことを明かした。 「最初はユベントスと話していたんだ。でも俺はミランと契約を結ぶことを決めた。ロッソネリ(ミラン)のファンで、(当時のミランの最高経営責任者(CEO)アドリアーノ・)ガッリアーニがそこに居たんだ。彼とは仲が良い」 ▽若くしてポテンシャルを評価され、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩いたバロテッリは、素行不良や好不調の波が激しいことで評価を落とし、昨年夏にフリートランスファーでニースに入団した。すると同選手は、加入初年度の昨シーズンにリーグ・アン23試合15得点を記録。さらに、今シーズンも第10節終了時点でリーグ・アン6試合5得点の活躍をみせ、再度評価を高めている。 2017.10.23 14:09 Mon
twitterfacebook
thumb

イニエスタが“疑惑の判定”に言及! 「ボールは外に出ていた」

▽バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、マラガ戦で生まれた“疑惑のゴール”について口を開いた。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バルセロナは21日、リーガエスパニョーラ第9節のマラガ戦を本拠地のカンプ・ノウで戦い、2-0で勝利。今シーズン公式戦8度目の無失点勝利を飾ったが、試合を左右する先制点でマラガ陣営が執拗な抗議をしたことに対して、同クラブの最古参であるイニエスタが理解を示した。 ▽マラガ戦では、フランス代表DFリュカ・ディーニュのクロスにスペイン代表FWジェラール・デウロフェウが合わせ、開始2分にバルセロナが先制。しかし、ディーニュがクロスを上げる時点でボールが完全にピッチの外に出ていた、との報道が各紙よりされており、物議を醸している。 ▽その試合で自身の今シーズン初となる得点を決め、試合後のインタビューに応じたイニエスタが、マラガに対する同情を示した。 「(疑惑の得点で)マラガが動揺したであろうことは分かっているよ。ボールは外に出たように見えた。リプレイ映像は確認していないけどね」 「そういった瞬間には、運営側は数秒間で決定を下さなければならないんだ」 2017.10.22 21:40 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース