代表戦で負傷のチェルシーMFカンテが2~3週間の離脱か2017.10.13 06:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、ふくらはぎのケガで2~3週間の離脱となるようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。

▽カンテは7日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯) 欧州予選グループA第9節のブルガリア代表戦に先発出場したが、32分に負傷交代でピッチを後にした。10日に行われた欧州予選グループA最終節ベラルーシ戦を欠場していた。

▽『テレグラフ』は12日、カンテの離脱期間は2~3週間ほどになると報じており、次節のクリスタル・パレス戦とボーンマス戦の2つのリーグ戦に加え、17日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦を欠場する可能性を指摘している。

コメント

関連ニュース

thumb

ブルーズ退団迫る…ケイヒルが来年1月移籍へ「恐らく1月に出て行く必要がある」

▽チェルシーに所属する元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(32)が来年1月に愛するクラブを去る意向を固めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2012年1月にボルトンから加入したケイヒルは、在籍7シーズンでチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグで1回ずつの優勝を誇り、2回のプレミアリーグ優勝にも貢献した。 ▽しかし、キャプテン就任の2017-18シーズンは、前任者であるアントニオ・コンテ氏の下、ベンチスタートが増加。プレミアリーグでの先発機会は、前年度の36試合を下回る24試合に減った。 ▽さらに、4バックを採用し最終ラインの選手に足下の技術を求めるマウリツィオ・サッリ新監督の下では、センターバックの4番手に序列を下げており今季ここまでの公式戦出場はゼロとなっている。 ▽愛するクラブで苦境に立たされているケイヒルはイギリス『ミラー』のインタビューで来年1月にクラブを去る意向であることを明かしている。 「僕はフライングするつもりはないけど、物事は進行中だ。(来年1月にクラブを去る可能性について)おそらく、イエスだ」 「もちろん、チームがうまくいっていることが重要なんだ。だけど、個人としてはこの6、7年の間で単なるスカッドの一員ではなく、チームの重要な役割を担ってきた。それだけに今年のような状況に対応していくことは困難だ」 2018.09.22 03:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ランパード監督に3人目の娘が誕生! 現在の妻とは1人目

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に属するダービー・カウンティのフランク・ランパード監督に、3人目の娘が誕生した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ランパード監督は、北アイルランド出身のニュースキャスターであるクリスティンさんと2015年12月に結婚。そして今年9月21日、クリスティンさんは第一子を誕生したことを自身インスタグラム(christinelampard)を通じて報告した。 ▽なお、パトリシア・シャーロットちゃんと命名された女の子は、ランパード監督にとって3人目の赤ん坊に。同監督は、以前にスペイン人モデルのエレン・リベスさんと婚約を結んでおり、2008年に長女と次女を授かっている。しかしその後、エレンさんとの婚約を解消し、2011年に現在の妻であるクリスティンさんと婚約を交わしていた。 ▽幸せ一杯のランパード監督は、9月25日にリーグカップ3回戦でマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチに臨む。 2018.09.21 21:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ペドロ軽傷か…サッリ示唆

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督がスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスの負傷状況について「深刻なものではない」と主張した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ペドロは、20日に敵地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ開幕節のPAOK戦に先発。だが、試合最終盤に相手との交錯で肩を痛め、そのままピッチを退いた。 ▽今シーズン開幕から好プレーが続くペドロ。サッリ監督は試合後、そのペドロの状態について次のように述べ、軽傷の可能性が示唆した。 「彼の肩に問題がある。だが、正確な状況はわからない。ドクターと会話した。ほんの少しだけね。おそらく深刻なものじゃないと話をしてくれた」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

EL初戦の勝利を喜ぶものの…サッリが1Gのみに不満「喜べない。試合を終わらせるべきだった」

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、勝利と試合内容を喜ぶものの、1ゴールしか挙げられなかったことに不満が残ったようだ。<br><br>20日に行われたヨーロッパリーググループステージ グループLの第1節でチェルシーは敵地でPAOKと対戦。開始早々の7分にウィリアンが得点を挙げてチェルシーが先制に成功する。その後も追加点こそは挙げられなかったもののPAOKを寄せ付けず、チェルシーが1-0で勝利した。<br><br>初戦で勝利を飾ったサッリ監督だが、試合後に「90分間試合を支配した。それに多くのチャンスがあった。3ポイントを獲得できたこととパフォーマンスにとても満足しているが、結果には喜べない。試合を決定付ける場面で、試合を終わらせる必要があった」と1点しか奪えなかったことへの不満をあらわに。<br><br>「プレーは良かったと思う。今日のように完全に試合を支配した我々との対戦はどのチームにとっても難しいものになるだろう。我々はとても良かったから、PAOKの過ちではない。PAOKの試合を5、6試合見たが、彼らには良い選手がいる。10番のディミトリス・ペルカスはとても良い選手だと思う」<br><br>一方で、シーズン開幕からここまで3ゴールと好調をキープするペドロが相手GKと衝突して後半アディショナルタイムに負傷退場。肩の脱臼を負ったと考えられている同選手の状態についてもサッリ監督はコメントした。「肩に問題があるが、私には詳細に関する正確なことはわからない。ドクターと話したが数秒程度だった。しかし、彼は私に深刻なケガではないと教えてくれた」<br><br>提供:goal.com 2018.09.21 07:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィリアン弾でチェルシーが公式戦6連勝! モラタ筆頭に決定力欠くもEL白星スタート《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)のグループL第1節のPAOKvsチェルシーが20日に行われ、アウェイのチェルシーが1-0で勝利した。 ▽2012-13シーズン以来、2度目のEL制覇を目指すチェルシーは国内リーグで開幕5連勝とサッリ新監督の下でロケットスタートを飾った。絶好調のチームはギリシャの強豪PAOKとの今季EL初戦に向けてアザールとダビド・ルイスの主力2選手を招集外としたものの、守護神ケパやカンテ、マルコス・アロンソ、ジョルジーニョ、ウィリアン、モラタなど主力を起用してきた。 ▽開始直後こそ相手のプレッシャーに晒されたチェルシーだったが、開始7分にいきなり先制点を奪う。最後尾のリュディガーからの縦パスをスイッチに中盤へ下りてきたモラタ、ジョルジーニョのダイレクトパスで中央の密集をすり抜けたバークリーが中央突破。そして、ボックス手前で左を並走するウィリアンにラストパスを通すと、ウィリアンの右足シュートはGKに触られるもボールはそのままネットを揺らした。 ▽幸先良く先制に成功したチェルシーは相手のプレスを巧みなボール回しでいなしながら試合をコントロール。遅攻と背後へのフィードを効果的に使い分けながら追加点を目指す。しかし、モラタが再三のシュートチャンスを枠に飛ばせない。38分にはマルコス・アロンソのスルーパスに抜け出したペドロがボックス右でGKと一対一になるが、今度は相手GKの好守に阻まれた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽圧倒的に試合を支配しながらも追加点を奪えずに後半を迎えたチェルシーは立ち上がりから攻勢を仕掛けるが、ウィリアンやバークリーのシュートはゴールに繋がらない。65分にはジョルジーニョ、マルコス・アロンソを下げてセスク、アスピリクエタを同時投入し、週末のリーグ戦を睨みつつ選手交代で流れに変化を加えようとする。 ▽その後もアタッキングサードで苦戦が続くチェルシーは81分に精彩を欠いたモラタを下げてジルーを投入する。だが、終盤にかけてようやく攻勢を見せたPAOK相手に逆に押し込まれる展開を強いられる。さらに試合最終盤にはカウンターで相手ゴールに迫ったペドロが相手選手との交錯で肩を痛めるアクシデントも発生。すでに交代枠を使い切ったアウェイチームは10人での戦いを強いられたが、相手の攻撃を無難に凌ぎ切った。 ▽モラタを筆頭に決定力不足を露呈したものの敵地で勝ち切ったチェルシーが開幕から公式戦6連勝を達成し、今季ELを白星でスタートした。 ▽また、同日行われたグループLのもう1試合、ヴィディvsBATEボリソフは、アウェイのBATEボリソフが2-0で勝利した。 ▽ハンガリーの強豪とベラルーシの強豪による東欧勢同士の一戦は、拮抗した攻防が繰り広げられたが、27分にトゥオミネン、85分にフィリペンコがゴールを挙げたBATEボリソフが試合終了間際に退場者を出したものの敵地で2-0の勝利を収めた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 04:18 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース