代表戦で負傷のチェルシーMFカンテが2~3週間の離脱か2017.10.13 06:17 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、ふくらはぎのケガで2~3週間の離脱となるようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。

▽カンテは7日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯) 欧州予選グループA第9節のブルガリア代表戦に先発出場したが、32分に負傷交代でピッチを後にした。10日に行われた欧州予選グループA最終節ベラルーシ戦を欠場していた。

▽『テレグラフ』は12日、カンテの離脱期間は2~3週間ほどになると報じており、次節のクリスタル・パレス戦とボーンマス戦の2つのリーグ戦に加え、17日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦を欠場する可能性を指摘している。

コメント

関連ニュース

thumb

解任も? コンテとチェルシーの関係は終焉か

▽チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督とクラブの関係が悪化の一途を辿っているようだ。著名なジャーナリストであるダンカン・キャスルズ氏が『Yahoo Sport UK』で伝えた。 ▽コンテ監督とクラブの関係が良好ではないことはかねてから報じられている。ダンカン・キャスルズ氏が伝えるところによれば、コンテ監督とクラブ上層部の関係は現在、限界を迎えている。チームも現在、リーグ戦連敗に加えて18日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のローマ戦で3-3に終わっており、選手も指揮官のメソッドに疑問を持ち始めているという。 ▽さらに、監督を頻繁に変えながら成績を残してきたチェルシーを見てきたクラブスタッフ陣は、コンテ監督が既に「デッドマン・ウォーキング」の状態だと比喩しているとのことだ。一方で、コンテ監督自身もシーズン終了後の退団を既に決断したと話しているとも伝えられている。 ▽今季終了をまたず解任される可能性も指摘されているコンテ監督。21日にホームで行われるプレミアリーグ第9節のワトフォード戦では是が非でも白星を取り戻しておきたいところだ。 2017.10.21 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

古巣サポがチェルシーDFリュディガーにモンキーチャント…来月16日にローマの処分が決定か

▽チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシーvsローマの中で、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーに対する人種差別行為が行われたとして、欧州サッカー連盟(UEFA)がローマに警告を発した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ローマで評価を高めて今夏チェルシーに加入したリュディガーは、18日に行われたCLグループC第3節で、古巣対戦となるローマ戦に77分から途中出場。試合はドロー決着に終わったものの、3-3の打ち合いを演じるなど白熱した展開をみせた。しかし、その最中に古巣サポーターからリュディガーに対して心ない行為が行われていたようだ。 ▽ロマニスタは、2015年夏からの2年間クラブを支えたリュディガーに対して、モンキーチャント(サルの鳴きまね)を浴びせて非難。『BBC』によれば、これがUEFA規律規則(DR)第14条に抵触する差別的行為にあたり、UEFAからローマに警告が発せられたとのことだ。この一件についての処分は、UEFAの統制・倫理・懲戒機関によって11月16日に下される予定となっている。 ▽また、リュディガーはローマ所属時代にも、ライバルクラブであるラツィオとのダービーマッチで同様の差別的行為の被害にあっていた。その件に関して、同選手は「(ああいったことをするのは)寂しい人だ。僕には理解できない」と発言。悲しみを語っていた。 2017.10.21 00:08 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー会長、クルトワに来夏オファーを確約か

▽チェルシーの絶対的守護神であるベルギー代表GKティボー・クルトワ(25)が来夏のレアル・マドリー移籍に向かっているようだ。スペイン『Diario Gol』が報じた。 ▽レアル・マドリーのGK人事を巡っては、以前から様々な噂が錯綜。レアル・マドリーの現守護神であるGKケイロル・ナバスを評価していないフロレンティーノ・ペレス会長は、マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアをトップターゲットに定めているようだが、獲得困難であることから、クルトワに対する関心を強めているという。 ▽また、ペレス会長は、クルトワの元恋人と2人の子供が現在、生活拠点をマドリッドに置いていることを注視。子供らとの同居を希望するクルトワとも接触済みで、本人に来夏のオファーを約束したとのことだ。 2017.10.19 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 3-3 ローマ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、チェルシーvsローマが18日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-3のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171019_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 クルトワ 5.5 3失点も防げるシュートはきっちり防いだ。クロスへの対応も秀逸 DF 28 アスピリクエタ 5.0 コラロフの1人スルーパスの場面では判断を誤る。空中戦で劣勢を強いられた 27 A・クリステンセン 5.0 大きなミスとは言えないが、相手に詰め切れずに2失点に関与 24 ケイヒル 5.0 ゼコ相手の空中戦ではよく戦った。ただ、ボールを持った場面で苦しむ MF 21 ザッパコスタ 5.5 対面のコラロフに懸命に食い下がった。仕事量はかなり多かった (→リュディガー -) 古巣初対戦を飾る 4 セスク 5.5 バタ付いた中で冷静な繋ぎを見せた。守備では時間の経過と共に球際で劣勢に 30 D・ルイス 6.5 見事なフィニッシュで先制点を奪取。足の具合が気がかりだが、交代するまでアグレッシブなプレーでチームをけん引 (→ペドロ 6.0) なかなか試合に入り切れなかったが、同点ゴールをアシスト 14 バカヨコ 5.5 前半は積極的なプレッシャーでカウンターの起点となるが、後半は押し込まれて耐える展開に 3 マルコス・アロンソ 6.0 相手の右サイドの攻撃に対して、まずまず対応。攻撃では要所で正確なキックを披露 FW 9 モラタ 5.5 アザールの1点目をアシスト。フル出場したが、後半は動きにキレを欠いた 10 アザール 7.0 見事な2ゴールでチームを救う。前半は攻撃的な守備でショートカウンターをけん引しつつ、後半はオープンスペースで積極的に仕掛け続けた (→ウィリアン -) 監督 コンテ 5.5 試合内容では相手に圧倒されたが、懸命なやりくりで何とか勝ち点1を手にした ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171019_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.0 好守なく3失点。それでも、積極的な飛び出しで背後のスペースをケアした DF 25 ブルーノ・ペレス 5.0 前半はファン・ジェズスと共にビルドアップの部分で苦戦し、失点に関与した。後半は積極的な攻撃参加で盛り返す 20 ファシオ 6.0 チームは3失点も自身は空中戦や粘りの対応でまずまずの出来。ゼコのゴラッソをお膳立て 5 ファン・ジェズス 5.0 後半は一対一の対応など良い面も見せたが、試合序盤の再三のボールロストは頂けない 11 コラロフ 7.0 慣れ親しんだイングランドの地で攻守に躍動。1ゴール1アシストの大暴れだった MF 4 ナインゴラン 6.0 ハイインテンシティでローマの攻守の切り替えのスイッチを入れた 21 ゴナロン 6.5 1アシストを記録するなど、攻守に気を配ったベテランらしい職人ぶりだった 6 ストロートマン 5.5 攻守に及第点の出来。ただ、コンディションの問題か、やや消極的なプレーも多かった (→フロレンツィ -) FW 30 ジェルソン 5.5 先発抜擢で攻守にハードワークをこなしたが、攻撃面でインパクトがほしかった (→ペッレグリーニ 5.0) 無難に試合に入った 9 ゼコ 7.0 ローマでの公式戦100試合目で見事なゴラッソ含む2ゴールの大活躍 8 ペロッティ 6.5 フィニッシュだけうまくいかなかったが、変幻自在の仕掛けや積極的にボールを呼び込むプレーで攻撃の起点となった (→エル・シャーラウィ -) 監督 ディ・フランチェスコ 6.0 ローマらしい勇敢な戦いぶりで勝ち点1を持ち帰る。勝てた試合だったが、0-2からの展開を考えれば、致し方なし ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ゼコ(ローマ) ▽相手エースのアザールやコラロフの活躍も見事だったが、あと一押しが足りない中で圧巻のボレーシュートでゴールをこじ開け、一気に流れを引き寄せたローマの大エースをMOMに選出。以外にも対チェルシーでは初ゴール。 チェルシー 3-3 ローマ 【チェルシー】 D・ルイス(前11) アザール(前37) アザール(後30) 【ローマ】 コラロフ(前40) ゼコ(後19) ゼコ(後25) 2017.10.19 06:21 Thu
twitterfacebook
thumb

アザール&ゼコが共に2ゴール! チェルシーvsローマは壮絶な打ち合いの末にドロー決着《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第3節、チェルシーvsローマが18日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-3のドローに終わった。 ▽前節、敵地でアトレティコ・マドリー相手に劇的逆転勝利を飾ったチェルシーは、グループステージ2連勝で首位に立つ。しかし、以降の国内リーグではマンチェスター・シティ、クリスタル・パレスに連敗。とりわけ、ここまで開幕全敗無得点だった最下位パレス相手の敗戦は痛恨となった。その敗戦からバウンスバックを目指すコンテ監督率いるチームは、パレス戦から先発3人を変更。負傷のモーゼスに代わってザッパコスタ、ウィリアンに代わってクリステンセンが入り、バチュアイに代わって負傷明けのモラタが復帰。アンカーにダビド・ルイスを配し、2トップにアザールとモラタを並べた[3-3-2-2]の布陣を採用した。 ▽一方、前節カラバフにCL初ゴールを献上するなど、敵地で大苦戦を強いられたローマだが、何とか2-1で勝ち切って今季のCL初勝利。しかし、直近の国内リーグではホームでナポリ相手に敗戦を喫し、今季リーグ2敗目を喫した。対戦相手同様に勝利をもって仕切り直したいチームは、ナポリ戦から先発4人を変更。負傷のマノラスに代わってファシオを起用したほか、コンディションに不安を抱えるフロレンツィ、デ・ロッシ、ペッレグリーニに代わって、ジェルソン、ゴナロン、負傷明けのストロートマンが先発入り。ジェルソン、ゼコ、ペロッティを最前線に並べた[4-3-3]の布陣を採用した。 ▽キックオフ直後からアウェイのローマがボールを保持して押し込むが、最初の決定機はホームのチェルシーに訪れる。開始5分、中盤でルーズボールを回収したバカヨコが前線で浮いていたアザールに縦パスを通す。反転したアザールがボックス左に走り込むモラタにラストパスを出すが、モラタのシュートはGK正面を突く。 ▽この決定機をキッカケに一気にヒートアップした試合は、直後の7分には相手陣内中央左でパスを受けたペロッティがそのまま中央に切り込んでペナルティアーク付近から右足シュートも枠を捉え切れない。9分にはファン・ジェズスの不用意な横パスをカットしたチェルシーのショートカウンターから決定機も、ゴールには至らず。 ▽それでも、アグレッシブなハイプレスで相手のビルドアップをけん制するホームチームがセットプレーの流れから先制点を奪う。11分、相手陣内左サイドで得たFKの二次攻撃からセカンドボールを拾ったD・ルイスが前線の味方にグラウンダーの縦パス。これはDFファン・ジェズスにカットされるが、こぼれ球に反応したD・ルイスがボックス手前から見事な右足インサイドのダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽敵地で先制される苦しい展開となったローマは、やや引いた相手に対してボールを保持しながらペロッティ、ナインゴランを中心に中央で起点を作りながらピッチの幅を広く使った攻めで同点ゴールを目指す。31分にはボックス手前中央でストロートマンが出したラストパスをボックス右にフリーで走り込んだナインゴランがダイレクトシュート。だが、ニアを狙ったシュートはGKクルトワのビッグセーブに遭う。続く34分には自陣からのロングカウンターでジェルソン、ゼコのキープからボックス左に走り込むペロッティにラストパスが通るが、カットインからの右足シュートはやや勢いを欠きGKクルトワにキャッチされる。 ▽徐々に守りに綻びが生まれ始めたチェルシーは、立ち上がりに機能していたカウンターも中盤の押し上げが少ないことで2トップへの縦パスが狙い撃ちされ、屈強な相手守備陣に潰される場面が目立つ。それでも、37分には中盤でブルーノ・ペレスからボール奪取したアザールがボックス左に走り込むモラタにパス。モラタが右足で放ったシュートが相手DFにディフレクトしファーに走り込んだアザールへのラストパスとなると、アザールが難しいバウンドをきっちり右足で合わせ、追加点を奪った。 ▽決定力の差を見せ付けられて2点ビハインドを負ったローマだが、諦めずに反撃。すると40分、左サイドでボールを持ったコラロフがDFアスピリクエタとDFザッパコスタの間にスルーパス。DFアスピリクエタを振り切ったセルビア代表DFが1人スルーパスを完遂させ、ボックス左から強烈なシュートを突き刺し、圧巻の個人技から前半の内に1点を返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半半ばからの展開を継続するようにボールを保持するローマが押し込み、チェルシーが2トップのスピードや個人技を生かしたカウンターで応戦する形が続く。 ▽開始直後にセットプレーの流れからナインゴランが強烈なミドルシュート、54分には細かいパス交換からボックス左をえぐったコラロフが際どいグラウンダーの折り返しを入れるが、これはGKクルトワに触られて同点ゴールとはならず。 ▽一方、偶発的にカウンターを仕掛けるシーンを作るものの、終始押し込まれるチェルシーは、前半から足を気にしていたD・ルイスを下げてペドロを投入。この交代で本来の[3-4-2-1]に戻し、守備時にサイドの枚数を増やして相手のサイドアタックへの対応を強化する。 ▽後半に入って完全に主導権を握りながらもゴールが遠いローマだったが、この試合でローマ通算100試合目の出場となる頼れるエースがチームを救う圧巻の活躍を披露する。まずは64分、最終ラインのファシオからボックス左のスペースに浮き球のフィードが出ると、これに走り込んだゼコが自身の頭越しのボールを見事な左足ダイレクトボレーで突き刺す。さらに70分には相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのコラロフが入れたクロスをゴール前に飛び込んで頭で叩き込み、逆転ゴールまで奪って見せた。 ▽相手のエースに続けてゴールをこじ開けられ、2点リードから試合を引っくり返されたチェルシーだが、こちらもエースが魅せる。75分、ボックス右角でセスクから横パスを受けたペドロのクロスをボックス中央でフリーとなったアザールが苦手のヘディングでゴール左隅に流し込んだ。 ▽互いに3ゴールずつを奪い合う壮絶な打ち合いの展開となった中、両ベンチは選手交代で流れを変えにかかる。劣勢が続くチェルシーはザッパコスタ、アザールに代えて古巣対戦のリュディガー、ウィリアンを投入。一方、勝ち越しを目指すローマはジェルソン、ストロートマン、ペロッティを下げてペッレグリーニ、フロレンツィ、エル・シャーラウィを投入する。 ▽試合終盤にかけては拮抗した展開が続く中、ローマが81分にブルーノ・ペレスのクロスからゼコに3点目のチャンスも、ここはリュディガーの寄せもあり、枠の右に外れる。結局、試合はこのまま3-3でタイムアップを迎え、アザール、ゼコと両チームのエースが輝いたスペクタクルな一戦はドロー決着となった。 2017.10.19 06:20 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース