ダービーを控えるインテルのエースFWがサポーターに犬の名前を募集2017.10.13 04:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、自身のインスタグラムでサポーターに新たな家族となったワンちゃんの名前を募集しているようだ。

▽イカルディは、12日に自身のインスタグラム(@mauroicardi)を更新。新たな家族となったワンちゃん(犬種:イングリッシュ・マスティフ)の写真と共に「新しい家族の名前を考えるのを手伝ってほしい。選ばれた人にはインテルのTシャツをプレゼントするよ。沢山のメッセージを待ってるよ」とメッセージを投稿した。なお、イカルディは、昨年から『ココ (犬種: ワイマラナー) 』という名前のワンちゃんを飼っている。

▽イカルディの所属するインテルは、15日にセリエA第8節でミランとの“ミラノ・ダービー”を行う。

コメント

関連ニュース

thumb

「4年前から退団候補のナガトモが…」元Jリーガーがインテル指揮官の人材再生術を称賛

清水エスパルスでプレーした経験を持つ、元イタリア代表のダニエレ・マッサーロ氏が、23日にイタリアメディア『プレミアムカルチョ』のインタビューに応じ、インテルに所属する長友佑都に言及した。<br><br>長友は2011年冬、チェゼーナからインテルに電撃加入。その後は毎年のように、DFアルバロ・ペレイラやDFドド、DFクリスティアン・アンサルディなど新たなライバルが出現したものの、インテルで生き残ることに成功。一方、ライバルの多くはチームを去っていった。<br><br>今夏もニースから新たなブラジル人サイドバックのDFダルベルト・エンリケが加わり、この日本代表DFは放出候補となった。しかし、今シーズンから指揮官となったルチアーノ・スパレッティの信頼を獲得すると、適応に苦しむライバルを尻目にビッグマッチで結果を残し、序列を逆転してみせた。<br><br>現役時代、同じくミラノに拠点を置くミランで活躍したマッサーロ氏は、昨季インテルにおいてベンチを温める機会が多かった長友から、想定以上のパフォーマンスを引き出したとして、スパレッティの手腕を称えた。<br><br>「ナガトモは4年前から退団するべき選手だと言われてきた。だがスパレッティはインテルで出場チャンスを与え、彼を再評価した」<br><br>元インテルのファンタジスタ、エヴァリスト・ベッカロッシ氏も同意見を述べている。ラジオ局『ラディオ・オンダ・リベラ』のインタビューにおいて、「(ダニーロ・)ダンブロージオやナガトモなど、過去に冷遇されてきた選手を生かすことができた」と指摘した。<br><br>インテルはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の関係上、ミランのような大型補強を行うことはできなかったが、実力を発揮できていなかった選手たちをスパレッティ監督が再生させたことが今シーズンの躍進につながっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.10.24 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

首位攻防戦に先発の長友佑都…伊紙が高評価「カジェホンに注意を払い、激闘した」

首位ナポリとの直接対決にフル出場した2位インテルのDF長友佑都に対し、イタリア主要紙はいずれも及第点の評価を与えている。<br><br>インテルは21日、セリエA第9節でナポリとアウェイの地で対戦。ナポリの攻撃に苦しみながらも、スコアレスドローに持ち込むことに成功した。ナポリ戦では慎重な守備が要求されるため、メディアの予想通り、ベテランの長友が先発起用された。第7節のベネヴェント戦、前節のミラノダービーに続き、3戦連続の先発となり、フル出場を果たした。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』は長友に対し、「6,5」と高評価を与えている。「守備面では(ホセ)カジェホンの中央へ切れ込む動きに注意を払った。目立たないが効果的だった。激闘した」と指摘し、対面したカジェホンの攻撃を効果的に抑え込んでいたと評価した。なおチーム内の最高点は再三ナポリのシュートを防いでゴールを守りぬいた、GKサミル・ハンダノビッチの「8」、最低点はFWマウロ・イカルディら7選手に与えられたが、及第点の「6」となっている。<br><br>『トゥット・スポルト』は長友について及第点となる「6」の評価を下している。「カジェホンの存在は嫌な記憶(昨シーズン、サンシーロでスペイン人選手に得点をプレゼントしたこと)を思い出させただろう。組み立ての場面で攻撃に上がったのは良かったが、前半のナポリによる最も危険なプレーとなった(エルセイド)ヒサイに奇襲をつかれた場面ではイマイチだった」と指摘している。なお最高点はハンダノビッチの「8」、最低点はイカルディおよびMFイヴァン・ペリシッチの「5,5」となっている。<br><br>また『ガゼッタ・デロ・スポルト』や『メディアセット』も長友に対し「6,5」と高評価を与えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.23 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

シンガードに愛する妻? インテルDF長友佑都のすね当てが話題に「SNSへの皮肉をやめない」

イタリア・セリエAは21日に第9節が行われ、長友佑都所属のインテルはナポリと0-0で引き分けた。『Calcionews24』は、この試合で日本代表DFが着用したシンガードが話題になっていると伝えた。<br><br>長友は、開幕8連勝で首位に立つナポリとの試合にフル出場。精力的に働き、8試合で26得点を挙げるホームチーム相手のクリーンシート達成に貢献した。<br><br>イタリアでは、この試合で日本代表DFが着用したシンガードが話題になっているようだ。試合前のロッカールームには、各選手が着用するユニフォーム等が並べられており、中継でもその様子が映し出されていた。<br><br>背番号55のロッカーの前には、婚約指輪を見せた妻であるタレントの平愛梨さんと長友の姿がプリントされたシンガードが準備されていた。愛する妻がプリントされたシンガードを着用し、日本代表DFは「スタディオ・サン・パオロ」のピッチを駆け回ったようだ。<br><br>『Calcionews24』は、「ユウト・ナガトモはソーシャル・ネットワークへ向けた皮肉を発することをやめない」とし、「完璧なスタイルを持ち、日本のテレビでも有名な彼の妻がプリントされたシンガードが映し出された。シンガードの写真は、SNSに拡散されて炎上。しかし、常に予測できないナガトモという男にとって、それは小さなことだろう」と、報じている。<br><br>今夏左サイドバックのDFダルベルト・エンリケが加入し、一時は放出候補とも伝えられた長友だが、ルチアーノ・スパレッティ監督の信頼を見事つかみ取り、重要な試合ほど出場機会を得ている。9月には第一子を授かったことも発表しており、インテル加入からもうすぐ7年だが、公私共に最高の時を過ごしているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリの連勝止めたインテル…長友佑都はまずまずの評価「今回は我慢強く対処」

イタリア・セリエAは21日に第9節が行われ、長友佑都所属のインテルはナポリと0-0の引き分けに終わった。『EUROSPORT』は、この試合にフル出場した日本代表DFに、まずまずの評価を与えている。<br><br>開幕8連勝で首位を走るナポリの本拠地「スタディオ・サン・パオロ」に乗り込んだ2位のインテル。試合開始から相手の卓越したパスワークに苦しみ、ボールを持っても激しいプレッシングの前になかなか攻撃の形を作れない。それでも、8試合で26得点を挙げるホームチームに、最後まで得点を許さず。試合はスコアレスドローに終わった。<br><br>『EUROSPORT』は、フル出場を果たしクリーンシートに貢献した長友に、「6.5」とまずまずの評価を与えた。「(対峙したホセ・)カジェホンに、前のメアッツァでの試合では悪夢を見させられたが、今回は我慢強く、ダイアゴナルなプレーにも的確に対処していた」と評している。<br><br>インテルの守備陣は、軒並み好評価を得ており、全体最高評価は「7.5」のGKサミル・ハンダノヴィッチ。一方エースのイカルディは「5.5」と低評価となった。<br><br>また、日本代表DFと対峙したカジェホンは「6」点がつけられた。「少し疲れていたが、狡猾な動きだった。最初の枠内シュートはハンダノヴィッチに防がれた。ストリーテラーと言うよりはアシストに徹していた」と評されている。<br><br>なお、ナポリのマウリツィオ・サッリ監督には「6」、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督には「6.5」がつけられた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.10.22 19:40 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 0-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第9節、ナポリvsインテルが21日に行われ、0-0で終了した。インテルのDF長友佑都はフル出場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171022_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.0 枠内シュートを的確にセーブ DF 23 ヒサイ 6.0 ペリシッチに仕事させず 33 アルビオル 6.0 イカルディにしっかり対応 26 クリバリ 6.0 フィードも正確で攻撃の起点に 31 グラム 6.0 ややカンドレーバに苦戦も攻撃の質は相変わらず高い MF 5 アラン 5.5 球際で戦っていた (→ログ -) 8 ジョルジーニョ 6.0 ボルハ・バレロの自由を奪う。配球もそつなし 17 ハムシク 6.0 急所を突くパスを配球し、自身もシュートシーンに絡んだ (→ジエリンスキ 5.5) 違いを生み出すには至らず FW 7 カジェホン 5.0 長友に監視されてスペースを突けず 14 メルテンス 5.5 両センターバックのタイトなマークに苦戦 24 インシーニェ 5.5 負傷を抱えながらも強行出場。最後の精度は欠いたが、キレはあった (→ウナス -) 監督 サッリ 6.0 一方的に攻め込みながらも一押しを欠いた。それでも首位をしっかりキープ ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171022_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.5 前後半に一本ずつファインセーブがあった DF 33 ダンブロージオ 6.5 インシーニェの動きを制限 37 シュクリニアル 6.5 安定感抜群の守備を見せた 25 ミランダ 6.5 ソリッドな守備を続ける 55 長友佑都 6.0 集中を切らさずカジェホンに密着マーク MF 87 カンドレーバ 6.0 単騎突破で攻撃の時間を作った (→カンセロ -) 5 ガリアルディーニ 6.0 バイタルエリアを監視 20 ボルハ・バレロ 5.5 イカルディをサポートするには至らなかったが、後方との中継役にはなった (→ジョアン・マリオ 5.5) 一本ミドルシュートを放つ 11 ヴェシーノ 6.0 攻守のつなぎ役に 44 ペリシッチ 5.5 消えている時間が長かった FW 9 イカルディ 5.0 前線で孤立。仕事ができなかった (→エデル -) 監督 スパレッティ 6.0 鉄壁の守備で首位ナポリから勝ち点1を奪取 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュクリニアル(インテル) ▽ハンダノビッチも素晴らしかったが、最終ラインでナポリの攻撃を度々止めていたスロバキア代表DFを選出。 ナポリ 0-0 インテル 2017.10.22 05:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース