“オールタイム・ベストGK”ブッフォン、いまだ後輩から勉強中「良いGKのセーブ方法を…」2017.10.12 22:43 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽まさにプロ中のプロだ。数々のトロフィーを獲得してきたユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(39)は、現在も熱心にゴールキーピング技術を勉強しているようだ。『Copa90』で語ったコメントを『FourFourTwo』などが伝えた。

▽これまで数々のトロフィーを獲得し、イタリア代表として歴代最多173キャップを記録してワールドカップも制しているフットボール界のレジェンドであるブッフォン。歴史上でも最高のGKとも評されることもあり、いまだに一線級で活躍し続けるブッフォンだが、今もなお他クラブのGKを熱心にチェックし、自らの技術向上につなげようとしている。

「僕の後に来るGKは誰かって? 今だったら(ミランのジャンルイジ・)ドンナルンマあたりは面白い存在だと思うよ」

「欧州レベルからしても彼は若いし、注目されるのは普通のことだよね。驚異的なスキルを持つ若手だよ」

「たくさんのいいGKがいる。ノイアーやクルトワ、デ・ヘアらのいいプレーを見るのは好きだし、凄いなぁって思うよ」

「ほかにもオブラクやロリス、ハンダノビッチ、アリソン、シュチェスニーにハートもいるね。彼らのこともよく見るよ。なぜなら、彼らのセービング方法を理解したいからね」

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウドが2年連続5度目の男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2017》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2017を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、選出されるフットボール界で最も栄誉ある賞の1つである各賞。 ▽ザ・ベストFIFAアワードで最も注目を集めるFIFA男子最優秀選手賞には、FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)、FWネイマール(バルセロナ→PSG/ブラジル)という2大スターを退けたFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル)が選出された。 ▽所属するレアル・マドリーで5シーズンぶりのリーグ優勝や史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成したC・ロナウドは、個人記録としても史上初のCL5年連続得点王を獲得した。そして、今回の受賞最右翼に推されていたポルトガル代表FWは、2年連続5度目(FIFAバロンドール時代含む)の受賞を果たし、ライバルのメッシと並んで最多受賞者となった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、FIFA女子最優秀選手賞にはFWデイナ・カステジャノス(サンタ・クラリタ・ブルー・ハート→フロリダ・ステート・セミノールズ/ベネズエラ)、FWカーリ・ロイド(ヒューストン・ダッシュ→マンチェスター・シティ/アメリカ)を退けたMFレイケ・マルテンス(バルセロナ・フェメニーノ/オランダ)が初受賞を果たした。攻撃的MFのマルテンスは、女子ユーロ2017で開催国オランダの初優勝に貢献していた。なお、プレゼンターを務めたのは元日本代表MF中田英寿氏だったが、代表招集中のマルテンスは今回のセレモニーを欠席し、仲間の前で受賞を祝った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA男子最優秀監督賞は、セリエA6連覇を達成したマッシミリアーノ・アッレグリ監督(ユベントス/イタリア)、就任1年目でプレミアリーグ制覇に導いたアントニオ・コンテ監督(チェルシー/イタリア)とユベントスに所縁のあるイタリア人指揮官2人を退けたジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリー/フランス)が初受賞を飾った。一昨季途中就任でレアル・マドリーのCL制覇に貢献したフランス人指揮官は、昨季史上初のCL連覇に加え、5年ぶりのリーガエスパニョーラ制覇に導く圧巻のシーズン2冠に導いていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA女子最優秀監督賞は、女子ユーロ2017で開催国オランダを初優勝に導いたサリナ・ヴィーグマン監督が選出された。なお、今回欠席となったサリナ監督は、オランダ女子代表の選手たちの前でオランダサッカー界のレジェンド、マルコ・ファン・バステン氏からトロフィーを受け取り、ビデオメッセージで喜びのコメントを伝えた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽FIFA最優秀GK賞には、CL連覇に導いたケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)、バイエルンとドイツ代表の絶対的守護神のマヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ)の2選手を退けたジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス/イタリア)が通算4度目の受賞を果たした。サッカー界屈指のレジェンドGKは、ユベントスでセリエ6連覇、CL準優勝に貢献し、アッズーリでも相変わらずの健在ぶりを見せていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_2_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、最優秀ゴール賞にあたるFIFAプスカシュ賞は、FWオリヴィエ・ジルー(アーセナル/フランス)が2017年1月1日のクリスタル・パレス戦で決めた圧巻のスコーピオンシュートが選ばれた。なお、プレゼンターにはかつてセレッソ大阪でプレーした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが務めていた。 ※最終候補3ゴール⇒ https://www.youtube.com/watch?v=5gpT4JF9hME ▽今回発表された各賞の受賞者は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">FWクリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFレイケ・マルテンス</span>(バルセロナ・フェメニーノ/オランダ) <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">ジネディーヌ・ジダン</span>(レアル・マドリー/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">サリナ・ヴィーグマン</span>(オランダ代表/オランダ) <span style="font-weight:700;">◆FIFA最優秀GK賞</span> <span style="font-weight:700;">GKジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">◆FIFAプスカシュ賞</span> <span style="font-weight:700;">FWオリヴィエ・ジルー</span>(アーセナル/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFAフェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">FWフランシス・コネ</span>(スロヴァコ→ズブロヨフカ・ブルノ/トーゴ) <span style="font-weight:700;">◆FIFAファン賞</span> <span style="font-weight:700;">セルティック</span>(スコットランド) 2017.10.24 05:14 Tue
twitterfacebook
thumb

2017年サッカー界最強の11人が決定! レアル・マドリーから最多5人が選出《ザ・ベストFIFAアワード2017》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ロンドンでザ・ベストFIFAアワード2017を開催し、各賞受賞者を発表した。 ▽FIFAと国際プロサッカー選手会(FIFPro)が共同で選出する2017年FIFA/FIFProベストイレブンには、FIFA男子最優秀選手賞を獲得したFWクリスティアーノ・ロナウドを始め、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を含むシーズン2冠のレアル・マドリーから最多5人が選出された。 ▽CLを制したレアル・マドリーが採用する[4-3-3]のフォーメーションに合わせて選出された今回のベストイレブンでは、FIFA最優秀GK賞を獲得したジャンルイジ・ブッフォンが選出されている。 ▽4バックには、白い巨人の最終ラインを支えるセルヒオ・ラモスとマルセロの重鎮コンビに加え、昨季ユベントスで活躍し、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)、ミランに新天地を求めたダニエウ・アウベス、レオナルド・ボヌッチの2選手が選出された。 ▽中盤ではリーガ2強にして世界最高峰の中盤を取り仕切るアンドレス・イニエスタ、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースの名手3選手が選ばれた。 ▽また、3トップにはFIFA男子最優秀選手賞の最終候補3人に選出されたC・ロナウド、リオネル・メッシ、ネイマールが入った。。2017年のFIFA/FIFProベストイレブンは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA/FIFProベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171024_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ジャンルイジ・ブッフォン</span>(ユベントス/イタリア) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ダニエウ・アウベス</span>(ユベントス→PSG/ブラジル) <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">レオナルド・ボヌッチ</span>(ユベントス→ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(レアル・マドリー/ブラジル) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span>(レアル・マドリー/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/クロアチア) <span style="font-weight:700;">アンドレス・イニエスタ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(バルセロナ/アルゼンチン) <span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(レアル・マドリー/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(バルセロナ→PSG/ブラジル) 2017.10.24 05:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェノア戦で愚行のボヌッチ、古巣ユベントス戦を含む2試合の出場停止処分が決定!

▽セリエAを管轄するレガ・セリエAは23日、ミランのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチに対し、セリエA2試合の出場停止処分を科した。レガ・セリエAの公式サイトで発表している。 ▽ボヌッチは、22日に行われたセリエA第9節のジェノア戦に先発出場したが25分、攻撃時のセットプレーで相手MFロージに対してヒジ打ちを見舞うと、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末に一発退場となった。 ▽レガ・セリエAは、今回の行為が反スポーツマン的行動として、同選手にリーグ戦2試合の出場停止処分を科した。 ▽今夏、4200万ユーロ(約56億円)の高額な移籍金でユベントスからミランへ電撃移籍を果たしたボヌッチは、選手登録が認められて以降の公式戦14試合全てに出場してきた。だが、ここまでは新主将に相応しくないイージーミスを連発するなど、その移籍金に見合った働きを見せられていない。 ▽また、今回の出場停止処分により、25日のキエーボ戦、28日にホームで行われる古巣ユベントスとの重要な2試合を欠場することになった。 2017.10.24 01:23 Tue
twitterfacebook
thumb

「特別なことだけど…」ケディラ、キャリア初のハットトリックよりもチームの勝利

▽ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが、自身のハットトリックよりもチームの勝利が重要であると主張した。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユベントスは22日に行われたセリエA第9節で、ウディネーゼとのアウェイ戦に臨んだ。3試合ぶりの白星を目指すユベントスだったが8分に失点。しかし、直後にオウンゴールで同点に追いつくと、20分に右サイドからのクロスをケディラが頭で合わせて逆転に成功する。その後、1点ずつを取り合うと、ケディラが59分、87分に追加点を奪ってハットトリックを達成。90分にもピャニッチがゴールを奪い、ユベントスが6-2で3試合ぶりの白星を飾った。 ▽試合後、ケディラはキャリア初のハットトリックに「特別なこと」と喜びをあらわにしながらも、チームの結果を重要視している。 「自分自身のことだけに喜ぶことはできないよ。もちろん、キャリア初めてのハットトリックは特別なことだけどね。ただ、それよりもチームのことの方が大事だよ。特に今日はマリオ(・マンジュキッチ)が退場してしまって、(数的不利の状況に対して)対応していくことの方が重要だったからね」 「僕らの目標は試合に勝つことだった。そして、成功した。今日の勝利は、きっと今後に向けて勢いづかせてくれるよ。今シーズンはチームとしてもこの調子を維持していきたいね。僕らは一新するよ。そして、長い道のりであることは分かっているけど、シーズン目標に向かって集中するよ」 2017.10.23 12:22 Mon
twitterfacebook
thumb

マンジュキッチ退場のユベントス、ケディラのトリプレッタ含む6Gでリーグ戦3試合ぶり勝利《セリエA》

▽ユベントスは22日、セリエA第9節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、6-2で逆転勝利した。 ▽前節ラツィオに1-2と逆転負けし、今季初黒星を喫した3位ユベントス(勝ち点19)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦を2-1と薄氷の逆転勝利。そのスポルティング戦のスタメンからストゥラーロと負傷したベナティアに代えてリヒトシュタイナーとルガーニを起用した。 ▽13位ウディネーゼ(勝ち点6)に対し、[4-2-3-1]で臨んだユベントスが立ち上がりから押し込んでいくも、8分に失点する。ルガーニのミスパスからショートカウンターを受けると、ペリカにボックス左へ侵入され、左足でシュートを流し込まれた。 ▽失点後、マンジュキッチのダイビングヘッドでゴールに迫ったユベントスは、14分に試合を振り出しに戻す。ピャニッチの左CKがサミルのヘディングでのクリアミスを誘い、オウンゴールとなった。 ▽続く18分にはピャニッチの右CKからキエッリーニが決定的なヘディングシュートを浴びせるも枠を外してしまう。それでも20分、ボックス手前右からのクアドラードのアーリークロスをファーサイドのケディラがヘディングで叩き込んで逆転に成功する。 ▽その後、イグアインが左ポスト直撃のシュートを浴びせたユベントスだったが、26分にアクシデント。アリ・アドナンとの交錯でひと悶着したマンジュキッチが主審への抗議も含めて立て続けに2枚のイエローカードを受け、退場となってしまった。 ▽すると、10人となったユベントスは34分にピンチ。ボックス左に侵入したヤンクトに強烈なシュートを浴びるもブッフォンが好守で凌いだ。ハーフタイムにかけて自陣に引いて守勢に回ったユベントスは、45分にもピンチ。クロスボールをボックス左のヤンクトにボレーで合わせられ、シュートは枠を捉えていたが、ここもブッフォンが立ちはだかる。 ▽さらに追加タイムにもマキシ・ロペスのワンタッチシュートでゴールを脅かされたユベントスは、ブッフォンが三度ファインセーブを見せて、辛くも1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半もメンバーを変更せず、ディバラを左サイドハーフに配置する[4-4-1]で臨んだユベントスは、48分に失点する。右サイドからのデ・パウルのFKをダニーロがヘディングシュートで叩き込んだ。 ▽しかし52分、ユベントスがすかさず勝ち越しに成功する。ディバラの右サイドからのFKをルガーニがヘディングで流し込んだ。さらに59分、ディバラの左サイド低い位置からのFKをルガーニが頭で折り返すと、最後はケディラが蹴り込んで4-2と突き放した。 ▽その後、ディバラをお役御免としたユベントスは自陣に引いて応対。79分にはクアドラードに代えてバルザーリを右サイドバックに投入し、リヒトシュタイナーを右サイドハーフに移した。 ▽逃げ切り体制十分のユベントスは87分にケディラがトリプレッタを達成すると、ピャニッチのミドルシュートも決まって6-2で勝利。マンジュキッチの退場を跳ね除け、リーグ戦3試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.10.23 02:57 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース