浦和がバルサ、リバプールと並ぶ!! 『世界の熱狂的なサポーター5選』に浦和サポーターが選出!2017.10.12 22:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界各国のフットボールシーンにおいて、熱狂的なサポーターを抱えることで知られるクラブがいくつかある。日本を代表する熱狂的なサポーターと言えば、浦和レッズサポーターだが、『Fox Sports』が選ぶ『世界の熱狂的なサポーター5選』に見事選ばれた。

▽浦和が選ばれた『世界の熱狂的なサポーター5選』には、リーベル・プレート(アルゼンチン)、ガラタサライ(トルコ)、リバプール(イングランド)、バルセロナ(スペイン)が入っており、浦和サポーターは世界でも“熱狂的”なファンで知られるクラブと肩を並べることとなった。

▽浦和については「Jリーグの20シーズン中、14シーズンで最高の平均入場者数を誇り、サポーターが作る最高のコレオグラフィーがある」と紹介。「次東京に行く際は、埼玉スタジアムでの試合を観て欲しい」と、観戦を勧めている。以下、4クラブのサポーターの特徴を紹介。

◆リーベル・プレート(アルゼンチン)
▽リーベル・プレートは、アルゼンチンで最もサポーターが多いクラブの1つで、ボカ・ジュニアーズとの激しいライバル関係は有名だ。ロス・ミジョナリオス(億万長者)の愛称でも知られ、ボカ・ジュニアーズとのダービーは、死人が出るほどの激しい試合になるとも言われている。

◆ガラタサライ(トルコ)
▽ガラタサライは、ファンの大声援が地響きを起こすとも称されるほど。悪名高い「Wellcome to Hell(地獄へようこそ)」というバナーは広く知られている。1993年のマンチェスター・ユナイテッド戦、2001年のパリ・サンジェルマン戦ではサポーターが衝突し、まさに“地獄”となってしまった。

◆リバプール(イングランド)
▽サポーターを「12人目の男」と考えるリバプール。「You'll Never Walk Alone」の大合唱は有名であり、スタジアムが素晴らしい雰囲気で包まれる。2005年のチャンピオンズリーグ決勝のミラン戦では、ビハインドで迎える後半にサポーターの大声援が選手の背中を後押しし、逆転での優勝に繋がったとも。

◆バルセロナ(スペイン)
▽かつては「ソシオ」がチームを支えるほど、サポーターとの関係が重要視されているバルセロナ。近年、胸スポンサーを入れるようになったが、それまではサポーターの会員費と入場料収入でクラブは運営されていた。かつて、レアル・マドリーへ禁断の移籍をしたルイス・フィーゴが凱旋した時には、豚の頭が投げ込まれるほど熱狂的だ。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1ピックアッププレビュー】順位関係なしの好カード、意地を見せるのは《浦和vsG大阪》

▽浦和レッズとガンバ大阪という東西の雄が22日に埼玉スタジアム2002で行われる明治安田生命J1リーグ第30節で激突する。 <span style="font-weight:700;">◆中位に沈む名門対決</span> ▽テーブル上は前節終了時点で浦和が7位、G大阪が10位。ピックアップするには寂しい順位に沈んでいるものの、近年のJリーグやカップ戦で数々のタイトルを争い合ってきたことを考えれば、注目せずにはいられない名門対決だ。ちなみに、G大阪の本拠地である市立吹田サッカースタジアムで行われた前回対戦は1-1のドロー。直近のリーグ戦における埼玉スタジアム2002を会場にした戦いだと、浦和が2連勝中のカードとなる。 <span style="font-weight:700;">◆ACL効果でムード“良好”〜浦和レッズ〜</span> ▽リーグ戦7位に沈む浦和だが、ムードは悪くない。このミッドウィークに行われたAFCチャンピオズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグで、FWフッキとMFオスカルの両ブラジル代表選手を擁する上海上港(中国)に完封勝利(1-0)を収め、10年ぶりの決勝進出。激戦の反動や中3日で今節を迎える選手の疲労具合が気がかりなところだが、来シーズンのACL出場権獲得に向けて、士気は高まるばかりだ。ACLファイナル進出の力をリーグ戦でも示したいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆長谷川体制発足後“最悪”〜ガンバ大阪〜</span> ▽対するG大阪は長谷川健太監督就任後、最悪の状況だ。クラブは今シーズン限りでの長谷川監督退任発表後、現在まで公式戦8試合勝ちなし。ホーム戦5連敗となる0-1で敗れた前節のアルビレックス新潟戦後、クラブ上層部が長谷川監督と緊急会談を開く始末だ。また、新潟戦で負傷交代したDFオ・ジェソクの離脱により、台所事情も更に困窮。正直、ポジティブな要素を見つけるのが難しい。今回の浦和戦は、クラブとしての意地が問われる一戦になりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆守備面が明暗を分ける?</span> ▽この一戦の勝利の行方を左右しそうなのが両クラブのディフェンス面だ。G大阪を迎え撃つ浦和だが、現在はクラブワーストのホーム戦11試合連続失点中。また、今シーズンのリーグ戦におけるクリーンシート数でも、18チーム中ワーストの「3」しか記録していない。対するG大阪も現在、リーグ戦15試合連続失点で、2011年に記録した18試合連続失点のクラブワースト記録に迫る勢い。攻撃陣にタレントが多く集う両者だが、守備面が明暗を分けそうだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>(4-1-4-1)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_28_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:遠藤航、阿部勇樹、マウリシオ、槙野智章 MF:青木拓矢、ズラタン、柏木陽介、矢島慎也、高木俊幸 FW:興梠慎三 監督:堀孝史 ▽上述のとおり、浦和は上海上港との激戦から中3日でG大阪戦を迎える。そういった点を鑑みると、ローテーションが施される可能性が高い。GK西川周作や、MF柏木陽介、MF青木拓矢、MF阿部勇樹、FW興梠慎三ら主軸をそのままに、上海上港でベンチスタートだったFWズラタンや、出番のなかったMF矢島慎也、MF高木俊幸が先発メンバー入りを果たすことになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>(4-3-1-2)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_28_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:初瀬亮、三浦弦太、今野泰幸、藤春廣輝 MF:中原彰吾、倉田秋、井手口陽介、遠藤保仁 FW:赤崎秀平、ファン・ウィジョ 監督:長谷川健太 ▽対するG大阪は、勝てていない状況を考慮しても、何かしらメンバー変更の余地があるだろう。18日の紅白戦で、DF初瀬亮、MF中原彰吾、FW赤崎秀平らが主力組でプレーしており、この浦和戦で先発機会が巡ってきそうだ。また、前節を出場停止で欠場したMF倉田秋も先発復帰の見込み。布陣においては、紅白戦で試された中盤ダイヤモンド型が用いられる可能性がある。 <span style="font-weight:700;">【キープレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽浦和のキープレーヤーは、19ゴールで得点ランキングトップに立つ興梠だ。直近リーグ戦5試合で4ゴールと点取り屋としての働きだけでなく、スペースを突く動き出しや、起点となるプレー面も好調。チームの攻撃面をリードする存在として凄味を増すばかりだ。今節は浦和加入後、J1での過去6度の対戦で一度もゴールを挙げられていないG大阪が相手。個人としてもゴールという結果にこだわりたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF倉田秋</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171020_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対するG大阪の注目選手は、出場停止明けの倉田だ。前節こそ出場停止処分で欠場したものの、その試合を除けば、今シーズンのリーグ戦全試合に先発出場。ゴール数においても、ここまで8ゴールと2011年に記録したキャリアハイの10ゴールに迫る。その中、日本代表として臨んだ10月の代表戦では、A代表初ゴールを含む2戦2発をマーク。ゴールへのイメージは良い。苦境のチームを救う活躍に期待したい。 2017.10.20 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】ACL準決勝第2戦は今季ベストゲーム。決勝の相手は日本と因縁深いアル・ヒラル

▽視察したハリルホジッチ監督が「スーパーな試合」と驚いた昨夜のACL準決勝第2戦、浦和対上海上港の試合は、間違いなく今シーズンのベストマッチだった。堀監督に代わり、システムも4-1-4-1に変更した浦和。しかしリーグ戦では7試合連続失点中と、お世辞にも結果が出ているとは言い切れない。 ▽しかしながらACLになると、ホームではグループリーグから6試合全勝と圧倒的な強さを発揮してきた。しかも1次リーグでFCソウルに5-2、ウエスタン・シドニーに6-1と大勝すると、決勝トーナメント1回戦の済州戦ではアウェーを0-2で落としながら、ホームは延長戦で3-0と逆転勝ち。さらに川崎Fとの準々決勝も第1戦は1-3と敗れながら、ホームでは4-1とひっくり返す離れ業をやってのけた。 ▽準決勝の上海戦は、アウェーで1-1のドロー。上海はご存じのようにフッキ、オスカル、エウケソンと元ブラジル代表を前線に揃え、破壊力はアジアでも1、2位を争う強敵だ。その反面、自国選手で固めた守備陣に脆さがある。このため第2戦は、浦和が守備を固めて0-0のドロー狙いに行くか、激しい打ち合いを演じるのではないかと予想した。 ▽しかし浦和は自陣に引いて守備を固めるのではなく、前線からのプレスとミドルサードでの複数選手による囲い込みなど、インテンシティの高いサッカー、ハリルホジッチ監督の言う「デュエル」で上海に勝負を挑んだ。決勝点は柏木のCKからラファエル・シルバが頭で押し込んだものだが、このシーン以外にも槙野のヘッドがクロスバーを直撃するなど、カウンターから上海ゴールを脅かし、決定機の数でも上海を上回った。 ▽上海の決定機はフッキのミドルによる一撃くらい。これはGK西川が好反応を見せ、直後のこぼれ球にも身体を張ってゴールを死守した。決勝戦の相手はサウジアラビアの名門アル・ヒラル。13度のリーグ優勝を果たしているが、ACL(01―02年まではアジアクラブ選手権)では何かと日本勢と縁が深いクラブだ。 ▽日本勢が初めてアジアの頂点に立ったのは、古河(現ジェフ千葉)が天皇杯を棄権して参加した1986年のことだった。大会はリーグ戦で行われ、準優勝がアル・ヒラルだった。そして翌1987年、読売クラブ(現東京V)が日本勢として連覇を果たしたが、決勝戦を棄権して準優勝に終わったのもアル・ヒラルだった。決勝はホーム&アウェーで行われる予定だったが、サウジアラビアの大学の試験と日程が重なるため、第1戦を前にアル・ヒラルは棄権した。 ▽そんな彼らが2度目のアジア王者に輝いたのが99―00年のこと。前年のアジア王者である磐田をホームに迎え、ゴールデンゴールから3-2で磐田の連覇を阻んだ。ACLになってからは、14年に決勝まで進んだものの、アウェーの第1戦はウエスタン・シドニーの1チャンスに失点して0-1と敗退。ホームでは怒濤の猛攻を見せたもののゴールをこじ開けられず0-0で準優勝に甘んじた。ACL最大の番狂わせでもあった。 ▽アル・ヒラルとの決勝戦は第1戦が11月18日、第2戦が1週間後の25日となっていて、浦和は初戦がアウェーで、第2戦をホームで戦える。ミラクル・レッズの再現なるか。決勝戦は昨夜の4万4千357人ではなく、満員にして選手をサポーターしたいものだ。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.10.20 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

強気姿勢で怪物FWフッキを封殺、浦和DF槙野智章「楽しく、ワクワクしながらプレー」《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、浦和のDF槙野智章がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。決勝行きを果たしたチームの戦いぶりや、局面で激しい肉弾戦を演じた上海上港のFWフッキとのマッチアップについて語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──決勝進出という結果について</span> 「こういう結果が出たというのは正直、選手の中でもイメージしていなかったと思う。一番怖かったのは、ホイッスルが鳴ってから“腰の抜けた引き気味の守備的なサッカー”をすること。試合前からそれだけをロッカールームで話し合っていた。本当に良い入りができて、先制点を獲れたことで、自分たちらしい良い試合運びを見せることができた」 <span style="font-weight:700;">──試合前のゲームプランについて</span> 「もちろん、点を獲りに行く姿勢はあったけど、心の中に“0-0でもオッケー”、“引き分けでもオッケー”という気持ちも少なからずあった。1-0になってから数回のピンチがあったけど、僕を含めて跳ね返すだけのチャンスもあった。決め切れば、もっと簡単に試合を進めることができた。最後に押し込まれたけど、みんなで我慢強く守り切れて良かった」 <span style="font-weight:700;">──ブラジル代表FWフッキとの一対一で負けていなかった。手応えは</span> 「グループリーグでもやっていたけど、彼と対峙したとき、数十cm寄せられるかどうか、そのアプローチでヘッドダウンするタイミングを研究していた。これまで何度か食いつき過ぎて入れ替わられたり、実際にゴールも獲られたりもした。そういった経験がこの試合に向けて良い参考になった。今日に関しては、彼を自由にさせないことを心がけていたし、前半終盤にイエローカードを受けたことも僕にとって良かった」 「周りから“ファウルに気をつけろ”、“行くな”、“遅らせろ”って言われたけど、ここで一歩引いてしまうと、僕の中に彼を止められない怖さがあった。逆に、イエローカードをもらったからこそボールを奪いに行く守備を意識した。よく言われているデュエルの部分を自分の中で90分間、楽しく、ワクワクしながらプレーすることができた」 2017.10.19 02:40 Thu
twitterfacebook
thumb

先制弾を決めた浦和FWラファエル・シルバ、ゴール後は「何が起きたかわからずひたすら走った」《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、決勝点となるゴールを決めたFWラファエル・シルバがミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。ゴールの感想や決勝についての意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FWラファエル・シルバ</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──ゴールを振り返って</span> 「まずはマークを外すこと。そのマークを剥がして彼の前に走ることがやりたかったことです。ボールが遠藤を越えた時に可能性を感じたので、自分の頭でミートした時に何が起きたかわからない状況でひたすら走りました」 <span style="font-weight:700;">──アシストした柏木選手のボールはどうだったか</span> 「彼は常に素晴らしいCKを蹴ってくれます。当てる方も当てやすかったです」 <span style="font-weight:700;">──これで決勝進出が決定したが感想は</span> 「嬉しいです。嬉しいですけど、まだ2試合残っています。自分たちが地に足をつけて、しっかりフォーカスしていきたいと思います」 2017.10.19 02:17 Thu
twitterfacebook
thumb

“浦和のダイナモ”MF長澤和輝「相手の嫌がるプレーを意識」《ACL2017》

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。 ▽試合後、浦和のMF長澤和輝がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。インサイドハーフの一角として存在感を放った浦和のダイナモは、「相手の嫌がるプレー」を心がけたことを明かし、役割完遂に安堵の様子を浮かべた。 <span style="font-weight:700;">◆MF長澤和輝</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──チームの戦いぶりについて</span> 「一度やった相手だし、他のメンバーからしたら3回も対戦した相手。ある程度、相手の特徴を掴んでいたので、そこに対してうまく対応することができた」 <span style="font-weight:700;">──ボールの持ち込み役として効いていたが</span> 「そこは僕の持ち味。そこをどんどん出していけば相手が嫌がると思ってプレーした」 <span style="font-weight:700;">──中盤トライアングルが好連携を見せていたが</span> 「相手のディフェンスラインに対して守備に行くところからボランチの横に戻るところまで、あと切り替わったところの攻撃なんかも、運動量を求められるポジションだったけど、何とかやり遂げられて良かった」 <span style="font-weight:700;">──なかなか出場機会がなかった中で驚異的な運動量を見せたが</span> 「常に良い準備をしているから、あれだけ走れた。これからまた機会が巡ってくるかわからないので、良い準備して、出たときに最善を尽くしたい」 <span style="font-weight:700;">──前半の良い時間にゴールを奪えたが</span> 「前半のあの時間帯にゴールを獲れたことで、相手は攻めるしかなくなったので、自分たちが試合を優位に進めることができた」 <span style="font-weight:700;">──相手の焦りが見えたが</span> 「時間が経つにつれて、相手に焦りというか、ゴールに急ぐシーンが見られたので、そこで逆にカウンターを狙ったり、相手の嫌がるプレーを心がけた」 <span style="font-weight:700;">──どのあたりで1-0の逃げ切りを考えたか</span> 「75分や80分あたり。残り10分、15分だったら、1点を守りに行くという話はしていた。でも、最初は追加点を狙って、もう1点をとって仕留めて行くという共通理解の下でプレーした」 2017.10.19 01:59 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース