アグエロ「メッシがシティに来たら死ぬほど嬉しい」2017.10.12 22:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、同胞のバルセロナのFWリオネル・メッシのシティ加入を望んでいる。

▽11日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選最終節のエクアドル戦で、見事ハットトリックを決め、母国にW杯逆転出場をもたらしたメッシ。ケガのため欠場したアグエロは、『TyC Sport』でメッシのシティ加入を望んでいることを認めた。

▽契約解除金が3億ユーロ(約400億円)とされている同選手だが、アグエロはお金の問題じゃないことを主張している。

「お金の問題じゃない。でも、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのような選手はクラブのシンボルなんだ。移籍することは簡単じゃないね」

「レオがチームに来てくれたら本当に嬉しいよ。でもかなり難しそうだね」

▽また現在、オランダで巻き込まれた交通事故で肋骨を骨折しチームから離れているアグエロは、オランダへ行ったことへの周囲の批判に以下のように答えた。

「マンチェスター・シティの選手が休暇でロンドンやイタリア、スペインに行くことは普通のことなんだ」

「“なんで行ったんだ?”なんて思うかもしれないけど、あんなこと (事故)が起こるなんて想像できないだろう?」

「土曜日(14日)にプレーするかはまだ分からない。今日は個別トレーニングだったけど消化できている」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ《EFLカップ》

▽25日にEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティがウェンブリー・スタジアムで行われ、3-0で勝利したシティがタイトルを獲得している。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽アーセナル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オスピナ 5.0 失点場面に責任はないが、チャンバースと同様に自身のフィードが相手に渡る場面が多かった DF 21チャンバース 5.5 守備面では持ちこたえたが繋ぎの部分で不安定さがありビルドアップの足を引っ張った (→ ウェルベック 5.0) 良い形でボールが入らなかったため起点となれず 20 ムスタフィ 4.5 笛が吹かれるまでプレーを止めてはいけない 6 コシエルニー 6.0 守備陣として2失点もディフェンダーとしては安定していた MF 24 ベジェリン 5.5 攻撃では積極性を見せる場面もあったが、裏を取られて危ない場面も作られた 29 ジャカ 5.0 中盤で的を絞り切れず良さは見せられなかった 10 ウィルシャー 6.0 相手のギャップでボールを触って積極的な仕掛けも見せた 18 モンレアル - 劣勢の中で早々に負傷交代 (→ コラシナツ 5.5) やや試合に入り切れておらずファウルで止める場面が目立った FW 11 エジル 5.5 前半はボールに触る機会も多かったが後半は消えた 14 オーバメヤン 5.5 前半はチャンスがありながら決め切れず。後半はチームの重心が低くなったことでボールを触る機会自体が減った 8 ラムジー 5.5 オーバメヤンの近くでゲームを作ろうとするが時間の経過と共に停滞 (→ イウォビ 5.0) チーム全体が下を向く中、もはや何もできなかった 監督 ヴェンゲル 5.5 良い入りを見せた前半立ち上がりにゴールを奪いたかった ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180226_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブラーボ 5.5 危険なシュートはなかった DF 3 ダニーロ 5.5 可もなく不可もなく。自サイドからの攻撃には粘り強く対応 30 オタメンディ 6.0 守備をオーガナイズして最後の場面で踏ん張った 4 コンパニ 6.5 オーバメヤンとのスピード勝負にも勝つなど集中してプレー。貴重な追加点をマーク。 2 ウォーカー 5.5 前を追い越す動きで攻撃に幅を作り出した MF 19 ザネ 6.0 デ・ブライネと巧くポジションを入れ替えながらボールを持てば推進力を見せた (→ ガブリエウ・ジェズス -) 8 ギュンドアン 5.5 追加点の場面ではボックス外から積極的にシュートを放ったことでゴールに繋がった 25 フェルナンジーニョ 5.5 飛び出してくるウィルシャーに手を焼く。後半立ち上がりに無念の負傷交代 (→ ベルナルド・シウバ 5.5) 緊急投入も積極的な仕掛けから縦への推進力をもたらした 21 シルバ 6.0 ピッチを幅広く動いて攻撃にアクセントを付ける 17 デ・ブライネ 6.0 シルバ、ザネと巧く連携して攻撃をオーガナイズ FW 10 アグエロ 6.5 相手の隙を上手くついて先制点をマーク (→ フォーデン -) 監督 グアルディオラ 6.0 安定した試合運びでシティで初タイトル獲得 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コンパニ (マンチェスター・シティ) ▽守備ではオーバメヤンに何もさせず集中したパフォーマンスを見せ、攻撃では流れを一気に引き寄せる2点目を奪った。 アーセナル 0-3 マンチェスター・シティ 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前18) コンパニ(後13) シルバ(後20) 2018.02.26 03:32 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがアーセナルを寄せ付けず3発快勝!! グアルディオラ政権下で初タイトル獲得!!《EFLカップ》

▽25日にウェンブリー・スタジアムでEFLカップ決勝のアーセナルvsマンチェスター・シティが行われ、3-0でマンチェスター・シティがタイトルを獲得した。 ▽準決勝でチェルシーを相手に2戦合計2-1で勝利したアーセナルと、ブリストルに2戦合計5-3で勝利したシティがカップ戦のタイトルを懸けた一戦に臨む。アーセナルはこの試合で[3-4-3]を採用。オスピナがゴールを守り、バックラインは右からチャンバース、ムスタフィ、コシエルニーの3バック。中盤4枚は右からベジェリン、ジャカ、ラムジー、モンレアルと並び、3トップはエジル、オーバメヤン、ラムジーが入った。 ▽対するシティは[4-1-4-1]を採用。ブラーボがゴールを守りバックラインは右からダニーロ、オタメンディ、コンパニ、ウォーカー。中盤はアンカーにフェルナンジーニョが入り、2列目はザネ、ギュンドアン、シルバ、デ・ブライネ。最前線にアグエロが入った。 ▽試合はシティがボールを持って攻め込む中、アーセナルはサイドの位置の選手がそれぞれ1列ずつ下がり[5-4]の2ラインを敷いて受ける。すると8分に最初のチャンスをアーセナルが作り出す。左サイドでボールを受けたウィルシャーが独力でボールを運び、ボールを受けたボックス右のラムジーが入れた折り返しにオーバメヤンが合わせる。しかしGKブラーボの正面にシュートが飛んでしまった。 ▽その後もチャンスはアーセナルが多く作っていくが、18分に先制したのはシティ。自陣からのロングボールで、アグエロがムスタフィに対して先に身体を当ててバランスを崩させて前を向く。最後はGKの位置を冷静に見定めてループシュートを決めた。 ▽追いかける展開となったアーセナルにアクシデントが発生しる。26分にモンレアルが負傷し、コラシナツを投入。貴重な交代カードを守備で切らざるを得なくなった。その後もアーセナルが相手陣内までボールを運ぶ回数こそ多いもののシュートまでは持って行けず。シティもカウンターで攻め込むが決定機はなく前半は終了した。 ▽交代なしで迎えた後半、立ち上がりからシティが攻め込んでいくが51分にフェルナンジーニョが左足のハムストリングを負傷。プレー続行が不可能となりベルナルド・シウバと交代でピッチを去った。しかし57分、右CKのチャンスでシティは、デ・ブライネが入れたボールをボックス外のギュンドアンがシュート。コース上のコンパニが触って、ボールはネットを揺らし、シティがリードを広げた。 ▽さらにシティは65分、ボックス左にこぼれたボールにいち早く反応したシルバが3点目を奪う。するとアーセナルは失点直後にチャンバースを下げてウェルベックを投入、73分にはラムジーに代えてイウォビを送り出すなど前線の枚数を増やしてしてゴールを目指す。しかし3点差と大きく突き放された影響か、精彩を欠いたプレーが目立ちチャンスが作れない。 ▽試合終盤はシティが重心を下げたことでアーセナルが相手陣内まで攻め込むがやはりチャンスは作れずにゴールは遠い。そのまま試合終了のホイッスルが吹かれ勝利したシティがグアルディオラ政権下で初のタイトルを獲得した。 2018.02.26 03:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ナスリ、1年間の出場停止へ

▽元フランス代表MFサミル・ナスリ(30)に1年間の出場停止処分が科される見通しになったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽伝えられていたところによれば、ナスリはセビージャに所属していた2016年冬に治療の一環で点滴静脈注射を受けたが、ルール範囲外のもので違反行為に触れていたようだ。WADA(世界アンチ・ドーピング機関)のルール上、6時間以内に50ml以上の静脈注射を受けることは、外科手術や入院、臨床検査のほか正当な理由以外では禁止されており、これに抵触したとみられている。 ▽報道によれば、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が最終的に処分を決定し、当初の2年から1年に軽減されたという。欧州サッカー連盟(UEFA)は月曜日にも正式に発表するものとみられている。 ▽なお、先月末にトルコ・スーパーリーグのアンタルヤシュポルとの契約を双方合意の下で解消したナスリは、現在フリーの状況。『マルカ』によればラス・パルマス移籍に近づいていたが、今回の件を受けて契約締結は不可能になったとみられている。 ▽今年6月には31歳となるナスリ。かつてアーセナルやマンチェスター・シティなどビッグクラブで輝いたテクニシャンにとって、1年間にわたって試合から離れることになれば今後のプロキャリアへの影響も小さくないだろう。 2018.02.25 15:38 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、イエローリボンの着用継続を明言…ベンチ入り禁止処分の可能性も

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、イングランドサッカー協会(FA)から処分が科されることが決定しているものの、イエローリボンの着用は止めないと語った。<br><br>FAは23日、グアルディオラ監督が数カ月前からの警告にも関わらず、政治的メッセージを持つイエローリボンを着用し続けているため、処分を科す決定を下した。今のところ罰金処分になると見られているが、着用を止めなかった場合はベンチ入り禁止処分になる可能性もある。しかし、グアルディオラ監督は取材に対し、イエローリボンの着用は止めないことを明言した。<br><br>マンチェスター・Cの指揮官は12月の時点でも、処罰を受けることになってもイエローリボンの着用を続けると語っていた。<br><br>「スペインには投票などの権力者が賛成しないものを守ろうとして牢屋に入っている者が2人いる。それはフェアではない。だから私は行動しているんだ。反乱を起こすには強くなければいけない。そして彼らはまだそこにいる。彼らが釈放されるまで、ここ(リボンを指差しながら)は私と共有される。協会は私を処分することができる。しかし他の人達は牢屋にいるんだ。もし、UEFA(ヨーロッパサッカー連盟)やプレミアリーグ、FIFA(国際サッカー連盟)が処分したいのならそれでもいいさ」<br><br>提供:goal.com 2018.02.25 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ペップがシティと契約延長へ! ただし最優先はシティでの初タイトル!

▽マンチェスター・シティが、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)と契約延長の準備を進めているという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽2016年夏からシティで指揮を執るグアルディオラ監督。今シーズンは昨季よりもグアルディオラ色を浸透させ、リーグ戦やチャンピオンズリーグの舞台において無類の強さを誇っている。とりわけプレミアリーグではここまで23勝3分1敗。2位のマンチェスター・ユナイテッドとは勝ち点差16で首位を独走している。 ▽この史上最強のシティを築き上げたグアルディオラ監督に、クラブは契約延長オファーを打診。現行契約は2020年までとなっているが、推定年俸2000万ポンド(約30億円)という現行サラリーに300万ポンド(約4億5000万円)を上乗せした2021年までの新契約となるようだ。 ▽『デイリー・メール』によれば、グアルディオラ監督も契約延長に前向きのようだが、現在はシティでの自身初のトロフィー獲得を優先したい考えのようだ。 ▽2007年にバルセロナBで指導者としてのキャリアをスタートさせて以降、バルセロナやバイエルンで毎シーズントロフィーを掲げてきたグアルディオラ監督。それだけに、昨シーズン初めて無冠に終わったことは誰よりも悔しい経験だったのかもしれない。 ▽現時点でプレミアリーグのタイトル獲得はほぼ決定とみられるが、グアルディオラ監督は25日に控えるアーセナルとのEFLカラバオカップ決勝戦でまずは初タイトルを獲得し、その後に自身の去就をハッキリさせたいようだ。 2018.02.24 19:15 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース