アグエロ「メッシがシティに来たら死ぬほど嬉しい」2017.10.12 22:11 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、同胞のバルセロナのFWリオネル・メッシのシティ加入を望んでいる。

▽11日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選最終節のエクアドル戦で、見事ハットトリックを決め、母国にW杯逆転出場をもたらしたメッシ。ケガのため欠場したアグエロは、『TyC Sport』でメッシのシティ加入を望んでいることを認めた。

▽契約解除金が3億ユーロ(約400億円)とされている同選手だが、アグエロはお金の問題じゃないことを主張している。

「お金の問題じゃない。でも、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのような選手はクラブのシンボルなんだ。移籍することは簡単じゃないね」

「レオがチームに来てくれたら本当に嬉しいよ。でもかなり難しそうだね」

▽また現在、オランダで巻き込まれた交通事故で肋骨を骨折しチームから離れているアグエロは、オランダへ行ったことへの周囲の批判に以下のように答えた。

「マンチェスター・シティの選手が休暇でロンドンやイタリア、スペインに行くことは普通のことなんだ」

「“なんで行ったんだ?”なんて思うかもしれないけど、あんなこと (事故)が起こるなんて想像できないだろう?」

「土曜日(14日)にプレーするかはまだ分からない。今日は個別トレーニングだったけど消化できている」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 4-1 トッテナム《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、マンチェスター・シティvsトッテナムが16日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-1で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171217_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.0 1失点も防げるシュートは防いだ。果敢な飛び出しでスペースをケアし、見事なフィードも通した DF 2 ウォーカー 6.0 古巣初対戦。攻守のバランスをうまく取っていた 30 オタメンディ 6.0 孤立気味な相手の前線をきっちり潰した 15 マンガラ 6.0 攻守に堅実なプレーを心掛けて安定をもたらした 18 デルフ 6.0 攻撃参加はザネに任せて繋ぎへの貢献とリスク管理を徹底した MF 17 デ・ブライネ 8.0 1ゴールにPK奪取。相手のプレッシャーを全く意に介さない精密機械のようなプレーでリズムを作った。守備での貢献も絶大 25 フェルナンジーニョ 6.5 守備では出足鋭い潰しに絶妙なプレスバックを披露。攻撃では絶妙なポジショニングでプレス回避に貢献 8 ギュンドアン 7.0 シルバの代役起用に見事に応える先制点に2点目をアシスト。質の高い動き出しと正確なパスでその他の仕事もきっちりこなした (→フォーデン -) プレミアデビューを飾る FW 7 スターリング 7.0 2ゴールでキャリアハイのリーグ10点目。ボールのオン・オフに限らず、積極的にプレーに関与。味方との距離感をうまく取るなど、サポート意識も高かった 10 アグエロ 6.0 フィニッシュの精度こそ欠いたものの、嫌らしい駆け引きで相手守備陣の脅威に (→ガブリエウ・ジェズス 5.0) PK失敗やパスミスなど、うまく試合に入れなかった 19 ザネ 7.5 先制点と3点目をアシスト。トリッピアーとのマッチアップを制し、攻撃の起点になり続けた 監督 グアルディオラ 7.0 昨季苦杯を舐めた相手に対して、ほぼ何もさせずに完勝 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171217_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 6.0 失点はいずれもノーチャンス。的確なショットストップで勝ち点獲得の望みを繋ぎ続けた DF 2 トリッピアー 4.5 ザネの個人技に完敗。なかなか前に出ることができなかった 15 E・ダイアー 4.5 自身とトリッピアーの間のスペースを突かれて、幾度も崩されかけた。最後には集中力が切れて失点に絡む痛恨ミス 5 ヴェルトンゲン 5.0 PK献上も不安定な最終ラインの中で懸命なカバーリングで体裁整える 3 ローズ 5.0 スターリングとかつての同僚ウォーカーのコンビを前に劣勢を強いられた (→B・デイビス -) MF 23 エリクセン 5.5 意地の1ゴール。守備で身体を張ったが、攻撃の場面で持ち味の創造性を発揮できず 20 デレ・アリ 4.5 要所でテクニックをみせ、スプリントを繰り返すもプレー精度があまりに低かった (→ムサ・シッソコ -) 19 デンベレ 5.0 中盤の底で守備に奔走。持ち味のキープ力や無難な捌きも見せたが、3失点目に繋がるボールロストを犯す 29 ウィンクス 5.0 持ち味の運動量と献身性は見せたが、首位チーム相手にクオリティを欠く FW 10 ケイン 5.5 良い形でボールが入らず、なかなかフィニッシュに絡めず。見せ場を作ったが、本来の出来ではなかった 7 ソン・フンミン 5.0 数的優位で守られる場面が多く、持ち味の突破やフィニッシュへ絡みが限定された (→ラメラ -) 監督 ポチェッティーノ 4.5 懸念されたアルデルヴァイレルトやワニャマ不在が顕著な内容に。球際で勝てなければ、シティ相手に勝ち目はなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) ▽攻守両面で異次元のパフォーマンスを披露し、難敵相手の圧勝劇を演出。プレー精度、戦術眼、戦う姿勢、そのすべてが備わった、まさに完璧なパフォーマンスだった。 マンチェスター・シティ 4-1 トッテナム 【マンチェスター・シティ】 ギュンドアン(前14) デ・ブライネ(後25) スターリング(後35) スターリング(後45) 【トッテナム】 エリクセン(後48) 2017.12.17 04:39 Sun
twitterfacebook
thumb

最強シティが苦手スパーズ粉砕で16連勝! 伏兵ギュンドアン弾にデ・ブライネが躍動!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、マンチェスター・シティvsトッテナムが16日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが4-1で快勝した。 ▽前節、シルバの2ゴールの活躍などで最下位スウォンジーに4-0で快勝した首位のシティ(勝ち点49)は、プレミアリーグ新記録の15連勝を達成。今後、指揮官グアルディオラ監督がバルセロナ時代、バイエルン時代に記録した16連勝、19連勝の更新と共に、2003-04シーズンのアーセナル以来となる無敗優勝を目指すチームは、年内最後の山場となる苦手スパーズとの一戦に臨んだ。前節からのメンバー変更は3点。ダニーロとベルナルド・シウバに代わって古巣初対戦のウォーカー、ザネが復帰した一方、コンディションの問題か家庭の事情か、大黒柱シルバがメンバー外となり、ギュンドアンが起用された。 ▽一方、今季はここまでリーグ戦4敗と、すでに昨季の敗戦数と並ぶ不調に陥り、逆転優勝の可能性が絶望的な4位のトッテナム(勝ち点32)。それでも、直近の2試合でストーク・シティ、ブライトンに連勝し復調気配漂うチームは、昨季に開幕公式戦10連勝を達成していたシティ、チェルシーの13連勝を止めた“連勝ストッパー”として、今回もシティの連勝ストップを狙った。前節からのメンバー変更は2点。オーリエとムサ・シッソコに代わってトリッピアー、デンベレが復帰した。 ▽互いに前からボールを奪いに行くアグレッシブな入りを見せた中、ボールポゼッションで勝るシティが徐々に主導権を掴んでいく。左サイドのザネの個人技を生かしてサイドを攻略するホームチームは、14分に先制点を奪う。左CKの場面でザネがアウトスウィングのクロスを入れると、ボックス外で相手のマークが付いていなかったギュンドアンがスルスルとゴール前に抜け出してフリーのヘディングシュートを流し込んだ。 ▽シルバの代役ギュンドアンのゴールで幸先良く先制したシティは、先制後も前からハメていく攻撃的な守備で相手に反撃のチャンスを許さない。24分にはデ・ブライネの広い視野を生かした絶妙なパスからボックス左に持ち込んだアグエロに2点目のチャンスも、ここはGKロリスの好守に阻まれる。 ▽一方、デレ・アリをトップ下、ケインとソン・フンミンを最前線に配した[4-3-1-2]の布陣で臨んだトッテナムは、要所で相手のプレスを剥がしてはカウンターチャンスに繋げていくものの、孤立気味な2トップが相手最終ラインと中盤の素早い囲い込みに潰される場面が目立つ。また、自陣で奪ったボールをうまく繋ぐことができず、相手のショートカウンターを浴びる状況が続く。 ▽前半半ばを過ぎてもシティが圧倒する状況が続く中、絶好調のデ・ブライネとザネのホットラインを起点にホームチームが相手GKロリスの守るゴールを再三に渡って脅かしていく。対するトッテナムは30分過ぎに[4-2-3-1]の布陣に戻すと、35分にはボックス手前左でエリクセンからパスを受けたケインが右ポストのわずか外側に外れる惜しいシュートでようやく最初の決定機を作り出す。しかし、その後は再びシティに押し込まれて2失点目を防ぐのが精一杯だった。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半は、相手のプレッシャーに慣れてきたアウェイのトッテナムがボールを保持して押し込む時間が続く。55分にはボックス手前でトリッピアーから横パスを受けたケインが素早いターンで前を向き右足を強振。この強烈なシュートが枠の左隅を捉えるが、GKエデルソンが見事なワンハンドセーブではじき出す。 ▽後半に入ってやや流れが悪いシティのグアルディオラ監督は58分、直近のスウォンジー戦でフル出場していたアグエロを下げて、ガブリエウ・ジェズスを投入。そのジェズスは投入直後にゴール前への抜け出しを見せるなど、前がかりな相手のハイラインを早速けん制する。 ▽この選手交代をキッカケに息を吹き返してきたシティは67分に久々の決定機。デ・ブライネからパスを受けたザネがボックス左に持ち込んで右足のシュート。これはGKロリスの好守に遭うも、ゴール前でこぼれ球に反応したスターリングがすかさずプッシュ。だが、ここはシュートを大きくふかしてしまう。 ▽それでも、シティは直後の70分に自陣深くからカウンターを発動。一度は中盤でボールを奪われかけるも、ルーズボールを回収したギュンドアンがボックス左に走り込むデ・ブライネにラストパス。最後はデ・ブライネが強烈な左足のシュートを放つと、GKロリスの手を弾いたボールがネットに突き刺さる。 ▽試合を決定付ける2点目を奪ったものの、攻撃の手を緩めないシティは75分、相手陣内でパスを引っかけてデ・ブライネにボールが渡ると、そのまま縦に仕掛けたベルギー代表MFは同胞DFヴェルトンゲンに足をかけられてPKを獲得。しかし、このPKをキッカーのジェズスが左ポストに当てて失敗してしまう。それでも、80分にはデ・ブライネのボール奪取からショートカウンターを仕掛けてザネの丁寧なグラウンダークロスをスターリングが流し込み、リードを3点に広げる。 ▽その後、試合終盤にかけてギュンドアン、ザネを下げてプレミアデビューのフォーデンらを投入して試合を締めにかかるシティは、試合終了間際の90分に相手DFダイアーのトラップミスを奪ったスターリングがダメ押しの4点目。直後には緩い対応からエリクセンに意地のゴールを許してクリーンシートを逃がすも、苦手トッテナム相手に5戦ぶりの勝利。上位対決に圧勝の強すぎるシティがリーグ16連勝を達成した。 2017.12.17 04:38 Sun
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ「いつか敗れることになるだろう」首位独走も無敗優勝は不可能と主張

マンチェスター・シティは今シーズン序盤から好調を維持。第17節終了時点で勝ち点49で首位を独走しており、2位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差は11に広がっている。<br><br>リーグ記録の15連勝もマークし、早くも無敗優勝への期待が高まる状況となっているが、ジョゼップ・グアルディオラ監督は、このペースを維持するのは難しいと冷静に分析している。<br><br>トッテナム戦を前にした会見でグアルディオラは「2004年に(アーセン)ヴェンゲルが達成したインビンシブルを実現するのはやはり難しいと思う。今後、試合を落とすことになってもおかしくないからね」と発言。<br><br>「ここまでの成績は私にとっても想像以上にうまくいっているもの。この調子を少しでも維持したいと思っているが、先々敗れることになるだろう」<br><br>16日にはトッテナムとの上位対決が控えているシティ。果たして16連勝を飾って優勝に弾みをつけることができるのか、同チームの進撃に注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.16 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップ、答える「現役時代の自分は今のマン・Cでレギュラーになれる?」

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ブラジル代表MFフェルナンジーニョが自身の現役時代よりも「良い選手」だと称賛した。イギリス『BBC』などが報じた。 ▽現在プレミアリーグ記録のリーグ戦15連勝と破竹の勢いを見せるペップ・シティ。ここまで16勝1分けで首位を快走するチームをオーガナイズしているのが、中盤の底で攻守に貢献するフェルナンジーニョだ。 ▽現役時代に確かな足もとの技術と戦術眼、展開力を駆使してチームをコントロールしていたグアルディオラ監督は、「今のチームに現役時代の自分がいたら?」という質問に対して以下のように答えた。 「今のチームで私はプレーできない。フェルナンジーニョの方がいい選手だ」 ▽自身のことだけに謙遜していると考えるのが普通だが、それだけフェルナンジーニョにほれ込んでいるということだろう。 2017.12.16 13:51 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップ・シティ、104億円のファン・ダイク獲りへ?

▽マンチェスター・シティは来年1月、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(26)の獲得に向かうようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽今夏にリバプールの接触が伝えられるなど、多くの注目を集めながら最終的にサウサンプトンにとどまることになったファン・ダイク。序盤こそ今夏の移籍騒動により、プレーチャンスを減らしていたものの、プレミアリーグ第7節以降は全試合に先発しており、レギュラーの座を取り戻している。 ▽シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、DFヴァンサン・コンパニ、DFジョン・ストーンズの故障で手薄になっているセンターバック陣のテコ入れとして、サウサンプトンで日本代表DF吉田麻也の相棒であるそのファン・ダイクの引き抜きを目指しているという。 ▽『ミラー』によれば、ファン・ダイク獲得費用は7000万ポンド(約104億9000万円)。シティにとって、この金額の支払いに問題こそないものの、サウサンプトン側の抵抗を想定し、レアル・ソシエダに所属するスペイン代表DFイニゴ・マルティネスの動向も注視しているとのことだ。 2017.12.16 10:50 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース