粋な計らい! U2がコンサート開始を遅らせる→ファンはメッシ圧巻ハットの目撃者に!2017.10.12 21:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽劇的な結末でロシア・ワールドカップの出場権を獲得したアルゼンチン代表。偉大なるエースFWリオネル・メッシの実力をまざまざと見せつけられたが、アルゼンチン代表の一戦は南米予選の結果以外にも大きな影響を与えていたようだ。イギリス『Four Four Two』が報じた。

▽現地時間10日に一斉開催されたロシア・ワールドカップの南米予選最終節。予選敗退となる6位に位置していたアルゼンチンは、アウェイでエクアドルと対戦。開始1分にエクアドルが先制するという衝撃のスタートとなったが、メッシが圧巻のハットトリックを達成。アルゼンチンは3位に浮上し、12大会連続17度目のW杯出場を決めた。

▽W杯出場の行方が注目されていたアルゼンチンの試合は、偉大なロックスターにも影響を及ぼしていた。同日、アルゼンチンのラ・プラタにあるエスタディオ・シウダ・デ・ラ・プラタでコンサートを行ったのは、ロックバンドの「U2」だった。

▽U2のコンサートは、エクアドルvsアルゼンチンのキックオフから30分後の21時からスタートする予定だった。しかし、集まったアルゼンチン人のファンが、試合結果を気にすることを危惧し、主催者側が22時スタートに変更。さらに、会場のスクリーンでは、エクアドルvsアルゼンチンを放送するというサプライズも用意していた。

▽劇的な試合展開もあり、U2がコンサートをスタートさせたのは22時20分だったとのこと。主催者は、試合開始前にこの判断を下していたことを明かし、オープニング・アクトを務めるノエル・ギャラガーとU2の間で試合を放送することを決めていたようだ。

▽結果的に、メッシの大活躍でアルゼンチンのワールドカップ出場が決定。会場に集まったファンたちは、メッシのハットトリックを目の当たりにし、心置きなくコンサートを楽しめたことだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

CR7を擁護しようとしたジャンが不適切発言…性差別を疑われる

▽ユベントスのドイツ代表MFエムレ・ジャンの発言が物議を醸している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ユベントスは、19日に行われたチャンピオンズリーグでバレンシアと対戦。試合は0-2で勝利したものの、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一発退場となっていた。 ▽C・ロナウドが退場になったシーンは、相手ボックス内でムリージョと接触し、ムリージョが倒れたもの。このレッドカードには異論が様々な方面から出ているが、倒れたムリージョの頭をC・ロナウドが掴んだことがカードの対象と見られている。 ▽その件について「レッドカードだと思うか?」と質問されたジャンが自身の見解をコメント。C・ロナウドを擁護したものの、発言内容に性差別が疑われる部分があり、問題となっている 「僕は、彼がムリージョの髪を引っ張ったからだということを学んだ。僕たちは女性じゃない。サッカーをしよう」 「もしあなたがレッドカードを引き出すのならば、全てのファウルに対してそうするだろう。100%レッドカードではないよ」 ▽どういった意図でジャンが「女性ではない」と語ったのかは不明だが、映像として残っているだけに、処分の対象となる可能性もあるようだ。 2018.09.20 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

チームが勝利に喜ぶ裏で愚行のサポーター…リヨンが重い処分を発表

▽リヨンは19日、チャンピオンズリーグにおけるサポーターの行為について処分を下すことを発表した。クラブ公式サイトで声明を発表した。 ▽19日、リヨンはチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティとアウェイで対戦。前半に2ゴールを奪うと、後半に反撃を1点に抑えて1-2で勝利を収めていた。 ▽プレミアリーグ王者に勝利したチームの健闘とは裏腹に、サポーターの愚行がソーシャルメディアによって拡散。ナチスに敬意を表するパフォーマンスを行う姿が映像で抑えられていた。 ▽リヨンはクラブ公式サイトで個人を特定していることを明かし、厳しい処分を下すことを明らかにしている。 「オリンピック・リヨンは、ソーシャルネットワークで広まっている映像を見ている。問題のサポーターは特定されている」 「彼が特定されており、グルパマ・スタジアム(パルク・ポリンピック・リヨン)から排除され、アウェイゲームからも排除される」 2018.09.20 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFAが汚職に関わった3名に永久追放の制裁を下す

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、汚職に関わったFIFAの職員3名を永久追放することを発表した。 ▽今回永久追放の処分を下されたのは、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACACF)の元幹部であるコスタス・タッカス氏、北米サッカーリーグの元会長であるアーロン・ダビッドソン氏、スポーツマーケティングの会社である「トラフィック・スポーツUSA」の元社長であるミゲル・トルヒリョ氏の3名となる。 ▽トルヒリョ氏は、かつてFIFAのマッチエージェントを務めており、ダビッドソン氏はその期間北米サッカーリーグの会長であり、トラフィック・スポーツUSAの会長でもあった。なお、3名には78万6000ポンド(約1億1700万円)の罰金が科されている。 ▽タッカス氏は、2015年5月に逮捕。2017年5月24日にマネーロンダリングを画策したとして、有罪判決を言い渡されていた。 ▽また、ダビッドソン氏は2016年10月2日に「サッカー大会のメディア及びマーケティング権の契約を確保することと引き換えに、賄賂を提供した」とされ、有罪判決を受けていた。トルヒリョ氏は、2016年3月8日に金銭授受を企てたこと、またサッカー関係者に賄賂を渡したことなど2件で有罪判決を受けていた。 2018.09.20 20:07 Thu
twitterfacebook
thumb

珍事!女子“ローマダービー”は、ラツィオのミスでローマが勝利

▽こんなことが実際に起こるとは…。イタリアで行われた女子のコッパ・イタリア、ローマvsラツィオの一戦は、不戦勝によりローマが3-0で勝利することとなった。イタリアサッカー連盟(FIGC)が発表した。 ▽女子のローマダービーとなった一戦は16日に開催。ローマは、ラツィオ相手に2-0で勝利を収めていた。 ▽しかし、19日にFIGCが発表した声明によると、ローマは3-0で不戦勝となることが決定。その理由が以外なものだった。 ▽FIGCの発表によると、ラツィオが選手の交代枠を誤り、79分に4人目の選手を交代させていたことが原因。この試合は、ローマが3-0で勝利に変更された。 2018.09.20 19:50 Thu
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、新たに1.5億円の罰金…本人は異議

▽スペインの税務当局が、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチに罰金を科すようだ。スペイン『エル・ムンド』の報道を基に、スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽当局は、マドリーに入団した2012年にモドリッチが脱税を行ったと指摘している。その年の9月になるまではトッテナムの選手であり、マドリーの選手としてプレーしたのはわずか4か月間。『マルカ』によると、モドリッチはイギリスには税を納めているが、スペインでも納めるべきだったと理解されているようだ。 ▽この件で科せられる罰金は120万ユーロ(約1億5700万円)。肖像権に関する脱税も追及されているモドリッチには、合計210万ユーロ(約2億7500万円)の罰金が求められているが、当人がその決定に異議を唱えていることも報じられている。 ▽マドリーでは先日、ブラジル代表DFマルセロが75万ユーロ(約9800万円)の罰金に同意。また、今夏にユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにも、1900万ユーロ(約24億8400万円)の罰金が科せられていた。 2018.09.14 19:45 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース