粋な計らい! U2がコンサート開始を遅らせる→ファンはメッシ圧巻ハットの目撃者に!2017.10.12 21:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽劇的な結末でロシア・ワールドカップの出場権を獲得したアルゼンチン代表。偉大なるエースFWリオネル・メッシの実力をまざまざと見せつけられたが、アルゼンチン代表の一戦は南米予選の結果以外にも大きな影響を与えていたようだ。イギリス『Four Four Two』が報じた。

▽現地時間10日に一斉開催されたロシア・ワールドカップの南米予選最終節。予選敗退となる6位に位置していたアルゼンチンは、アウェイでエクアドルと対戦。開始1分にエクアドルが先制するという衝撃のスタートとなったが、メッシが圧巻のハットトリックを達成。アルゼンチンは3位に浮上し、12大会連続17度目のW杯出場を決めた。

▽W杯出場の行方が注目されていたアルゼンチンの試合は、偉大なロックスターにも影響を及ぼしていた。同日、アルゼンチンのラ・プラタにあるエスタディオ・シウダ・デ・ラ・プラタでコンサートを行ったのは、ロックバンドの「U2」だった。

▽U2のコンサートは、エクアドルvsアルゼンチンのキックオフから30分後の21時からスタートする予定だった。しかし、集まったアルゼンチン人のファンが、試合結果を気にすることを危惧し、主催者側が22時スタートに変更。さらに、会場のスクリーンでは、エクアドルvsアルゼンチンを放送するというサプライズも用意していた。

▽劇的な試合展開もあり、U2がコンサートをスタートさせたのは22時20分だったとのこと。主催者は、試合開始前にこの判断を下していたことを明かし、オープニング・アクトを務めるノエル・ギャラガーとU2の間で試合を放送することを決めていたようだ。

▽結果的に、メッシの大活躍でアルゼンチンのワールドカップ出場が決定。会場に集まったファンたちは、メッシのハットトリックを目の当たりにし、心置きなくコンサートを楽しめたことだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

36年ぶりW杯出場のペルー痛恨…エースFWゲレーロがドーピング違反で1年間の出場停止処分

▽国際サッカー連盟(FIFA)は7日、懲戒委員会を開き、ペルー代表FWパオロ・ゲレーロに1年間の出場停止処分を下すことを発表した。FIFA公式サイトが発表した。 ▽ゲレーロは、10月5日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のアルゼンチン代表戦でドーピング検査を受けていたが、その際に違反の可能性が認められ30日間の暫定的な出場停止処分が下されていた。 ▽これにより、オセアニア予選を勝ち抜いたニュージーランド代表との大陸間プレーオフに出場できなかったものの、チームは36年ぶりのワールドカップ出場権を掴んでいた。 ▽ゲレーロの処分確定が待たれていたが、結果は望んでいたものではなかった。ゲレーロは、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)の禁止リストに含まれているコカインの主要成分であるベンゾイルエクゴニンが陽性と判定。FIFAは更なる調査を進めたが、結果として1年間の出場停止処分を下すこととなった。 ▽これにより、ゲレーロは最初に出場停止となった2017年11月3日から1年間の出場停止処分となる。つまり、2018年6月14日に開幕するロシア・ワールドカップ出場は不可能に。9大会ぶりに出場となるペルーにとっては、エースの離脱という大きな痛手を負うこととなった。 ▽ゲレーロは、ペルー代表のキャプテンであり、通算32ゴールを奪う同国の歴代最多得点記録保持者。フランス、オーストラリア、デンマークと同居したワールドカップ本大会では、苦しい戦いが待っているだろう。 2017.12.08 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールは要警戒? S・モスクワがCL最終節前にセックス禁止令! 美人女医が効能明かす

▽スパルタク・モスクワは6日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループE最終節のリバプール戦を戦う。この一戦を前に同クラブは勝利への秘策を準備してきたようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽前節終了時点でマリボル(勝ち点2)の最下位こそ決定したものの、突破チームが1つも決まらないという、大混戦となっているグループE。運命の最終節では首位のリバプール(勝ち点9)、2位のセビージャ(勝ち点8)、3位のスパルタク・モスクワ(勝ち点6)が2つの決勝トーナメント進出の枠を争う。 ▽その最終節で首位リバプールとアウェイゲームを戦うスパルタク・モスクワの各選手には、クラブのメディカルチームからセックス禁止令が言い渡されていたようだ。 ▽心臓専門医としてスパルタク・モスクワのメディカルチームに所属するモデル兼任の美人女医、ビクトリア・ガメーワさんは、このセックス禁止令の効能について以下のように語っている。 「格闘技において、女性アスリートが試合の5~10分前にセックスを行い、その後に試合を行うと、良い結果が出るというのは医学的に証明されているわ」 「ただ、男性アスリートに関しては良い効果を生まないの。だから、彼らは試合の2、3日前からセックスを避けるべきなの」 ▽なお、モデルを兼任するぐらいの美女であるビクトリアさんは、試合前に禁欲生活を送る選手たちにとって、いかにも有害な存在に映るが、選手たちとはあくまで患者と医者というプロフェッショナルな関係であることを強調している。 「私は患者と医者という関係以外で、いかなるサポートも彼らに行っていないわ」 ▽美人女医を前に悶々とする日々を過ごすスパルタク・モスクワは、今回のリバプール戦でその鬱憤を晴らすようなパフォーマンスをみせ、逆転での決勝トーナメント進出という、偉業を達成できるか。 ◆ルイス・アドリアーノもにやけ顔 https://www.instagram.com/p/BbcV5ndFAD_/?taken-by=gameeva_victoria ◆自身も鍛えてます https://www.instagram.com/p/BcXHpQSFaGl/?taken-by=gameeva_victoria 2017.12.07 02:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ノルウェー版アキラ100%!? リールストロムDFの優勝セレモニーでの不適切行為に物議

▽2017年の『R-1ぐらんぷり(吉本興業主催のピン芸コンクール)』覇者のアキラ100%の名人芸の噂は、遠くノルウェーの地にも届いているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽今回、その名人芸を披露したのはノルウェー1部リーグのリールストロムに所属するDFアレクサンデル・メルガルヴィス・アンドレアセン(28)。 ▽イギリス『テレグラフ』の伝えるところによれば、リールストロムは先日行われたサルプスボルグとの国内カップ決勝を3-2で勝利し、見事に優勝を果たしたという。そして、その翌日に行われたトロフィーお披露目会に出席したアンドレアセンは、同会場でアキラ100%の得意とする全裸に股間をお盆で隠しただけの姿で演じる『絶対見せないdeSHOW』のトロフィー版を敢行。 ▽屈強な肉体を惜しげもなく晒す、同選手の芸にチームメートやサポーターは大いに盛り上がったが、その一方で「神聖なトロフィーで股間を隠すとは何たることだ」とのいかにも最もな批判が各所から集まった。 ▽ノルウェーサッカー協会幹部のイングヴィ・ハーヴィク氏は今回のアンドレアセンの行動に関して、「優勝を勝ち得たことは非常に素晴らしいことであり、明らかに称賛されるべきことだ。しかし、トロフィーに対してもう少し敬意を払うことはできたはずだ。アンドレアセンに悪気があったとは思わないが、間違ったやり方だった」と、同選手の不適切な行動を柔らかなニュアンスで批判した。 ▽なお、不適切な行動を批判されたアンドレアセンだが、あまり反省の意思はないようだ。 「もちろん、今回の行動に関して快く思わない人もいると思う。僕はノルウェー国王に謝るべきかな? 僕は昨日国王に挨拶をしたんだけど、今日は謝罪を行うべきかもね」 ◆見えてません! https://twitter.com/Fendle_Duke/status/938119467996983297 2017.12.07 02:10 Thu
twitterfacebook
thumb

イヴァノビッチさんが妊娠を発表…シュバイニーがパパに

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーがパパになるようだ。妻である元プロテニスプレーヤーのアナ・イヴァノビッチさんが妊娠したことを報告した。 ▽バイエルン一筋でキャリアを過ごしていたシュバインシュタイガーは、2015年にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。今シーズンからはアメリカに活躍の場を移し、シカゴ・ファイアーでプレーしていた。 ▽アメリカに渡ってからは、妻であるイヴァノビッチさんとの仲睦まじい姿が互いのSNSでも見られ、NHLやMLBを観戦するなど公私ともに充実していた様子が伺えたシュバインシュタイガー。そして、ついに子供が誕生することになる。 ▽イヴァノビッチさんが自身のインスタグラム(anaivanovic)で報告すると、シュバインシュタイガーもツイッター(@BSchweinsteiger)で報告。投稿された写真からは、幸せな様子が伺える。 2017.11.25 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

“ワンダーボーイ”オーウェンがついにデビュー!初のジョッキー挑戦に「楽しみでしょうがない」

▽かつて“ワンダーボーイ”と称され、イングランド代表FWとしても活躍したマイケル・オーウェン氏が騎手デビューを果たすこととなった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽リバプールやニューカッスル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドで点取り屋として活躍したオーウェン氏。現役時代から競馬が好きであり、引退後は馬主としての活躍も有名であった。 ▽そんなオーウェン氏は、予告通り24日にイギリス・アスコット競馬場で行われるプリンスズ・カントリーサイド・ファンド・チャリティイベントでデビューするとのこと。4歳のカルダープリンスに騎乗するとのことだ。 ▽オーウェン氏は今夏から騎乗のトレーニングを積んでおり、減量もしっかりと行い本気モード。デビューを直前に控え、イギリス『レーシングUK』で心境を語った。 「レースが近づくにつれて、神経質になっているし興奮している」 「私にとっては大きな学習曲線だった。当初は簡単なことかと思っていたが、それが創造を超えていて、本当に大変なことであることを実感した」 「朝から馬に乗り、競馬場で急に走りだされ僕は投げ飛ばされた。途方もない数カ月間だったよ」 「僕はアスコットのオーナーとして成功したけど、これは全く別の経験であり、楽しみでしょうがないね」 2017.11.24 12:35 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース