札幌でコーチを務める元日本代表DF名塚善寛氏と湘南でコーチを務める高橋健二ら4名がS級コーチ認定2017.10.12 20:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会は12日、2016年のS級コーチ養成講習会判定の結果を発表し、元日本代表でベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)、コンサドーレでプレーした名塚善寛氏(48)とモンテディオ山形でプレーした高橋健二(47)ら4名のS級コーチ認定を発表した。

▽名塚氏は、1988年に日本サッカーリーグ1部のフジタ工業(現・湘南ベルマーレ)に加入。1994年にはJリーグベストイレブンに選ばれ、日本代表にも選出された。1999年には当時J2リーグだったコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)に移籍し、主将として翌年のJ1昇格に貢献。その後、2001年のシーズン終了後に現役を引退した。

▽引退後は、札幌U-12のコーチ、札幌U-15の監督を経て、2013年からトップチームのコーチを務めている。

▽高橋氏は、1994年に国士館大学からジャパンフットボールリーグのNEC山形(現・モンテディオ山形)に入団。1997年から1999年まではキャプテンも務め、2006年のシーズン終了後に現役を引退した。

▽引退ごは、山形の下部組織でコーチを務め、2012年にトップチームのコーチに就任。今シーズンからは湘南のコーチを務めている。

▽また、名塚氏と同じくS級コーチ認定されたのは、愛媛FCレディースの監督を務めている川井健太氏(36)、江戸川大学フットボールクラブの監督を務める鈴木秀生氏(42)となっている。

▽S級コーチライセンスとは、JFAが公認している指導者免許で、日本国内では最高ランクに位置するもの。S級ライセンスを保持していると、Jリーグクラブや日本代表の監督を務めることができる。現在S級コーチライセンス保持者は465名となり、2016年度のS級コーチ認定者は21名中17名となった。

コメント

関連ニュース

thumb

元浦和や札幌のエメルソンが今年いっぱいで現役引退

▽浦和レッズや北海道コンサドーレ札幌、川崎フロンターレで活躍したブラジル人FWエメルソン(39)が、12月に現役引退するようだ。ブラジル『globo』が報じている。 ▽ブラジルの名門・サンパウロ出身のエメルソンは2000年から2005年にかけて日本で活躍。札幌では2000年にJ2優勝、浦和では2003年にリーグカップ優勝を経験し、2004年にはJリーグ優秀選手賞と得点王を受賞。通算121得点を記録した。その後、カタールのアル・サッドや母国フルミネンセ、フラメンゴなどを転々とし2011年にコリンチャンスに加入。コリンチャンスでは2012年に日本で開催されたクラブ・ワールドカップでチェルシーを下し優勝を果たしている。 ▽さらにその後は、2度目のフラメンゴ移籍やポンチ・プレッタを経て、2018年にコリンチャンスに復帰。12月に40歳の誕生日を迎えるエメルソンは、今年いっぱいでの引退を決めたようだ。 ▽『globo』によれば、コリンチャンスはエメルソン引退に際し引退試合を行うことを決定。試合日は同選手の誕生日の翌日の12月7日。なお、その試合のチケット代は全てNGOや貧しい地域社会に寄付されるという。 2018.09.20 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F、2009年以来の7得点! 9年前の相手指揮官は奇しくも…

▽川崎フロンターレが2009年以来となる1試合7ゴールの大勝を飾った。 ▽川崎Fは15日、明治安田生命J1リーグ第26節で北海道コンサドーレ札幌をホームに迎えた。試合は序盤こそ札幌に押し込まれたものの、28分にMF家長昭博が自ら放ったシュートのこぼれ球を巧みに左上隅を射抜くゴールで川崎Fが先制点を奪う。すると2分後にはボックス右手前のFW小林悠からのクロスをMF中村憲剛が難しい体勢から上手くファーサイドに流し込んで追加点。40分にもMF阿部浩之がゴールネットを揺らして川崎Fが3-0で試合を折り返した。 ▽迎えた後半も川崎Fの勢いは止まらず。57分にはこの日がリーグ戦初先発となったMF下田北斗、58分に小林、86分にFW知念慶が得点を奪い、最後はこの日がプロ初出場となったMF田中碧のJ1デビュー戦ゴールで締めくくり、川崎Fが7-0で勝利を収めた。 ▽前回川崎Fが7得点で勝利したのは、現在日本サッカー協会(JFA)技術委員長を務める関塚隆氏が率いていた2009年10月25日のJ1第30節のこと。その時の対戦相手は、奇しくも今回7失点の屈辱を味わった札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督が当時率いていたサンフレッチェ広島だった。ちなみに、その時の得点者はFWジュニーニョ×2、FW鄭大世(現・清水エスパルス)、MF田坂祐介、FWレナチーニョ(VONDS市原)、MF中村憲剛、DF登里享平であった。 ▽2009年以来に7ゴールを奪った川崎Fは、1試合未消化で現在首位の広島に勝ち点6差で2位に位置。次節は2016シーズンまで川崎Fを指揮していた風間八宏監督率いる名古屋グランパスと対戦する。 ◆2009シーズンJ1第30節 ▽10月25日 川崎フロンターレ 7-0 サンフレッチェ広島 【川崎F】 ジュニーニョ(前18) 鄭大世(後16) 田坂祐介(後25) レナチーニョ(後29) 中村憲剛(後40) 登里享平(後41) ジュニーニョ(後44) ◆川崎FがこれまでJリーグで7得点を挙げた試合 2018/9/15 J1第26節vs北海道コンサドーレ札幌 7-0 〇 2009/10/25 J1第30節vsサンフレッチェ広島 7-0 〇 2007/10/28 J1第30節vsFC東京 7-0 〇 2006/3/11 J1第2節vs京都サンガF.C. 7-2 〇 2003/9/23 J2第35節vsサガン鳥栖 7-1 〇<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌、青森山田高の主将MF檀崎竜孔が加入内定

▽北海道コンサドーレ札幌は18日、青森山田高校に在学するMF檀崎竜孔(だんざきりく/18)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽檀崎は、青森山田高校の主将で10番。キレのあるドリブルとスピードを生かした突破と決定力が特長的なMFだ。 ▽現在は、プレミアリーグEASTでも青森山田高校の一員としてプレー。得点ランキングトップの14ゴールを記録している。 ▽なお、代表歴においても今年、U-18日本代表に選出。SBSカップ国際ユースサッカーに出場している。 2018.09.18 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月18日は、日韓W杯の活躍が印象的な元日本代表MFのバースデー

◆稲本潤一 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1979年9月18日 所属クラブ:北海道コンサドーレ札幌 ポジション:MF 身長:181㎝ 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月18日は、北海道コンサドーレ札幌に所属する元日本代表DF稲本潤一だ。 ▽ガンバ大阪育成出身の稲本は、1997年に17歳6カ月の当時最年少記録でJ1デビュー。代表としてもエリート街道を歩み、2000年にA代表デビューを遂げ、2002年の日韓ワールドカップで印象的な活躍を披露したことは今も語り草だ。2001年にはイングランドの名門アーセナルに移籍。その後、フルアムやWBA、カーディフ、ガラタサライ、フランクフルト、レンヌ、川崎フロンターレを経て、2015年から北海道に籍を置く。プライベートでは2012年にモデルの田中美保と結婚。仲良し夫婦として、世間の注目を集めている。 ※誕生日が同じ主な著名人 栗原勇蔵(サッカー選手/横浜F・マリノス) 北本久仁衛(サッカー選手/ヴィッセル神戸) 伊藤優汰(サッカー選手/アルビレックス新潟) 森島康仁(サッカー選手/栃木ウーヴァFC) マックス・マイヤー(サッカー選手/クリスタル・パレス) ルイス・ホルトビー(サッカー選手/ハンブルガーSV) 遠藤彰弘(元サッカー選手) 井原正巳(元サッカー選手) ソル・キャンベル(元サッカー選手) 福田彩乃(タレント) 中井貴一(俳優) うじきつよし(タレント) 2018.09.18 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

家長、中村に最後はJ1デビュー田中! 川崎Fが札幌に7発大勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節の川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌が、15日に等々力陸上競技場で行われ、7-0で川崎Fが大勝した。 ▽ミッドウィークのYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦鹿島アントラーズ戦に1-3で敗北した2位川崎F(勝ち点46)は、その試合からスタメンを6名変更。新井、舞行龍ジェームズ、登里、鈴木、赤崎、知念に代えて、チョン・ソンリョン、車屋、大島、下田、家長、小林を起用した。 ▽リーグ3連勝中で5試合負けの無い4位札幌(勝ち点41)にとって、3-1で勝利したヴィッセル神戸戦以来、2週間ぶりとなる公式戦。この一戦に向けては、最後尾にGKク・ソンユン、3バックに進藤、キム・ミンテ、福森、中盤に早坂、宮澤、深井、菅、2シャドーに荒野、チャナティップ、最前線に都倉を起用した。 ▽立ち上がりから川崎Fが優勢に試合を進行するが、7分に札幌がビッグチャンスを迎える。福森が左サイドからクロスを供給し、中央で都倉がつぶれる。すると、ボックス内右の荒野がフリーの状態でシュートを狙ったが、これは枠を捉えない。 ▽続く8分にも荒野が強烈なシュートを放ち、GKチョ・ソンリョンに阻まれたボールがゴール方向にこぼれる。反応した都倉がネットを揺らしたかに思われたが、これはオフサイドの判定。先制点とはいかない。 ▽14分、またしても札幌に決定機が訪れる。相手のミスからボックス右でボールを持った都倉が、中央に折り返す。しかし、待ち構えていたチャナティップが放ったシュートはわずかに枠の左に逸れていく。 ▽札幌が良い時間帯に得点を奪えずにいると、ここから川崎Fが反撃に出る。中村が札幌陣内でボールを奪い、ボックス内右の家長にボールが渡る。家長が右足で放ったシュートは一度GKク・ソンユンに弾かれたものの、こぼれ球に自ら反応した家長が今度は左足でシュートを放ち、ゴール左上隅を射抜いた。 ▽さらに30分、今度は家長が札幌陣内でボールを奪い右サイドの小林に展開。小林がボックス手前の位置から低い弾道のクロスを供給すると、上手くタイミングを合わせた中村がボレーシュートで追加点とした。 ▽そして40分、ボックス右でボールを持った小林がシュートを放つと、GKク・ソンユンが弾き出す。こぼれ球に反応した阿部が左足でゴール左下隅を捉え、リードを3点に広げた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽試合は3-0のスコアで折り返しへ。大量リードを許した札幌は、宮澤、キム・ミンテに代えてジェイ、石川を送り出し巻き返しを図っていく。対する川崎Fは、52分に状態の気がかりな大島に代えて登里を投入した。 ▽57分、後半に入っても攻勢を保つ川崎Fがまたしてもネットを揺らす。家長がボックス左から山なりのクロスを上げると、ファーでフリーの下田が反応。右足で上手くミートして点差は4点に。 ▽さらに、直後の58分にも川崎Fの容赦のない攻撃が火を吹く。ボックス手前でボールを奪取した小林が、そのままボックス内に侵攻。右足でGKク・ソンユンの脇下を通し、スコアを5-0とした。 ▽大差をつけた川崎Fは、73分に小林に代えて知念を起用。前線にフレッシュな選手を投入し、強度の維持を試みる。また、84分には下田に代えて田中を起用し、J1デビューを飾らせた。 ▽すると、試合終了間際の86分にカウンターから家長のラストパスを受けた知念が得点を沈め、91分にボックス内で味方のシュートのこぼれ球に反応した田中が初ゴールを記録。スコアが7-0となったところで試合は終了を迎えた。 ▽この結果、7名が得点を記録した川崎Fは前節ガンバ大阪戦の敗北を完全に払しょく。対する札幌は、痛い形で6試合ぶりの敗北を喫することとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 21:25 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース