札幌でコーチを務める元日本代表DF名塚善寛氏と湘南でコーチを務める高橋健二ら4名がS級コーチ認定2017.10.12 20:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会は12日、2016年のS級コーチ養成講習会判定の結果を発表し、元日本代表でベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)、コンサドーレでプレーした名塚善寛氏(48)とモンテディオ山形でプレーした高橋健二(47)ら4名のS級コーチ認定を発表した。

▽名塚氏は、1988年に日本サッカーリーグ1部のフジタ工業(現・湘南ベルマーレ)に加入。1994年にはJリーグベストイレブンに選ばれ、日本代表にも選出された。1999年には当時J2リーグだったコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)に移籍し、主将として翌年のJ1昇格に貢献。その後、2001年のシーズン終了後に現役を引退した。

▽引退後は、札幌U-12のコーチ、札幌U-15の監督を経て、2013年からトップチームのコーチを務めている。

▽高橋氏は、1994年に国士館大学からジャパンフットボールリーグのNEC山形(現・モンテディオ山形)に入団。1997年から1999年まではキャプテンも務め、2006年のシーズン終了後に現役を引退した。

▽引退ごは、山形の下部組織でコーチを務め、2012年にトップチームのコーチに就任。今シーズンからは湘南のコーチを務めている。

▽また、名塚氏と同じくS級コーチ認定されたのは、愛媛FCレディースの監督を務めている川井健太氏(36)、江戸川大学フットボールクラブの監督を務める鈴木秀生氏(42)となっている。

▽S級コーチライセンスとは、JFAが公認している指導者免許で、日本国内では最高ランクに位置するもの。S級ライセンスを保持していると、Jリーグクラブや日本代表の監督を務めることができる。現在S級コーチライセンス保持者は465名となり、2016年度のS級コーチ認定者は21名中17名となった。

コメント

関連ニュース

thumb

京都、昨季限りで札幌退団のDF増川隆洋加入を発表

▽京都サンガF.C.は20日、昨シーズン限りで北海道コンサドーレを退団していたDF増川隆洋(38)の加入を発表した。 ▽191cmの長身センターバックである増川は、アビスパ福岡、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸を経て、2016年に札幌入り。しかし、昨シーズンはケガの影響で明治安田生命J1リーグ1試合の出場にとどまり、2017年12月に契約満了が発表された。 ▽京都への加入が決定した増川は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「このたび京都サンガF.C.に加入することになりました、増川隆洋です。サンガでプレーできることに喜びを感じています。自分の持てる力の全てを捧げ、一日でも早くチームに貢献できるようプレーしていきます。よろしくお願いします」 2018.02.20 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ミシャ政権1年目、“世界”を見据え1ランク上へ《北海道コンサドーレ札幌》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来を先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第1弾は北海道コンサドーレ札幌を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆J1定着に向けた新章</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ひと桁順位】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018consadole_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2017シーズン、クラブの目標であったJ1残留を果たしたことで、さらなる上を目指すべく、新監督にサンフレッチェ広島、浦和レッズを率いたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招へいした。現行システムの[3-4-2-1]は、ペトロヴィッチ監督が得意とする形。そこに戦術要素が加わることで、より攻撃的な試合展開が望めるだろう。 ▽残留を果たしたからには、目標は高く。ひと桁順位争いを目指していきたいところだ。主力選手の退団は最小限に留めており、これまでの戦い方のベースは守られている状況。その中で、ペトロヴィッチ監督はポゼッションサッカーを志向している。 ▽MF荒野拓馬は「最初は戸惑う部分や戦術に対して難しい部分があった」としながらも、「今はだいぶしっかりと理解している」とキャンプを通じて戦術理解が深まったことに自信を見せていた。シーズン中もどれだけ上積みさせられるかが、最終的には結果を左右するだろう。 <span style="font-weight:700;">◆中盤から前線は充実の戦力</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:B】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018consadole_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今シーズンの札幌は、2017シーズンを戦った主力選手の放出を抑え、期限付き移籍ながら主力として活躍したMF横山知伸(大宮アルディージャ)、MF菊地直哉(サガン鳥栖)を完全移籍で獲得。さらに、守護神候補に京都サンガF.C.の正守護神であったGK菅野孝憲を期限付き移籍で獲得した。守備陣は、J1で戦う戦力をしっかりと上積みできた印象だ。 ▽中盤は、U-21日本代表としてもプレーするMF三好康児をJ1王者の川崎フロンターレから期限付きで獲得。また、ペトロヴィッチ監督の教え子でもあるMF駒井善成を浦和から期限付き移籍で獲得した。2シャドーに誰を配置するかにもよるが、枚数は足りている。ただし、ケガへの耐性が低い選手も多く、主力選手が1年間フル稼働しないという前提であれば、シーズンを戦い抜ける戦力が揃ったと言える。 ▽前線は昨シーズン途中加入のFWジェイに加え、FW都倉賢が君臨。ここまでのプレシーズンマッチでは、2人を同時起用する形を考えているとは考えにくい。2シャドーとの連携面を優先しつつ、浦和時代のように前線の3枚で2セットを組む可能性もあるだろう。 <hr>【IN】 GK阿波加俊太(23)←愛媛FC/復帰 GK菅野孝憲(33)←京都サンガF.C./期限付き MF横山知伸(32)←大宮アルディージャ/期限付き→完全 MF菊地直哉(33)←サガン鳥栖/期限付き→完全 MF三好康児(20)←川崎フロンターレ/期限付き MF白井康介(23)←愛媛FC/完全 MF駒井善成(25)←浦和レッズ/期限付き FW藤村怜(18)←北海道コンサドーレ札幌ユース/昇格 FW宮吉拓実(25)←サンフレッチェ広島/完全 【OUT】 GK杉山哲(36)→東京ユナイテッドFC/完全 GK金山隼樹(29)→ファジアーノ岡山/完全 DF増川隆洋(38)→退団 DF上原慎也(31)→愛媛FC/完全 DF前貴之(24)→レノファ山口/期限付き→完全 DF櫛引一紀(25)→名古屋グランパス/期限付き→完全 DF永坂勇人(23)→水戸ホーリーホック/期限付き延長 MF前寛之(22)→水戸ホーリーホック/期限付き MFマセード(30)→ブラガンチーノ(ブラジル)/完全 MF石井謙伍(31)→サムットサコン(タイ)/完全 MF中原彰吾(23)→V・ファーレン長崎/期限付き FW金園英学(29)→ヴァンフォーレ甲府/期限付き<hr> <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018consadole_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>FWジェイ・ボスロイド(35) 2017シーズン(J1) 14試合出場10得点<hr>▽今シーズンの札幌の命運を握っているのは、やはりジェイしか考えられない。2017シーズン終盤の追い上げを見れば、ジェイが何点取ることができるのかで、チームの順位は大きく変わるだろう。 ▽また、ジェイにはゴール以外の魅力もある。それは、試合を読む力、そして周りを生かす力だ。ジェイは必然的にマークを集めることになると予想されるが、そのことでシャドーに入る選手が生きるはず。“タイのメッシ”ことMFチャナティップ・ソングラシンやFW宮吉拓実、三好らのゴール数が増加することも、チームの成績を左右するはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018consadole_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK:ク・ソンユン DF:菊地直哉、横山知伸、福森晃斗 MF:早坂良太、駒井善成、兵藤慎剛、菅大輝 MF:三好康児、宮吉拓実 FW:ジェイ<hr>▽これまでのトレーニングマッチを見る限り、ペトロヴィッチ監督の代名詞でもある[3-4-2-1]の布陣となることは間違いない。GKには足元の技術が求められることになり、その点ではGKク・ソンユンよりも菅野が有利と見る。しかし、これまで札幌のゴールを守ってきたことを考えれば、最初はク・ソンユンがゴールマウスを守ると見る。 ▽3バックは昨シーズンの3名と予想。菊地、横山、そしてDF福森晃斗が並ぶだろう。DFキム・ミンテがどこまで割って入るか。また若手のDF進藤亮佑の成長も期待される。 ▽中盤は戦力補強により、ポジション争いが激化。監督が交代したことも影響し、どの選手が重視されるかは動向を見守る必要がありそうだ。その中でも、浦和時代に師弟関係だった駒井はボランチの一角に入るだろう。また、昨シーズンの主力であったFW菅大輝、MF早坂良太はウイングバックとして起用されると見る。ボランチのもう一角は、バランスを考えるとMF兵藤慎剛になるだろう。その他にも、MF小野伸二、MF稲本潤一、MF宮澤裕樹、MF深井一希、荒野と枚数は揃っている。ペトロヴィッチ監督のチョイスが気になるところだ。 ▽前線も枚数が揃っているだけに難しいところ。それでもトップはFWジェイが1stチョイスになるだろう。シャドーは、三好、宮吉の新加入コンビが当面は務めると見る。それでも、チャナティップやヘイス、内村も控えており、兵藤や宮澤、駒井もプレーはできる。様々な配置を試しながらも、早い段階で固めることができるかが、浮沈のカギを握るはずだ。 2018.02.17 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「攻撃的になった」ミシャに率いられる札幌MF荒野拓馬が新たなサッカーを語る

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽北海道コンサドーレ札幌のMF荒野拓馬がクラブブースで取材に応対。新たに指揮を執るミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーについて「攻撃的になったと思う」とコメント。ポジション争いに負けないと意気込んだ。 ◆MF荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌) ──J1を戦った昨シーズンはいかがでしたか 「自分の中では充実したシーズンでした。自分の中ではJ2とJ1では、やっている感じが全然違いました。J1で色々な強いチームと戦ったりすることは、自分としても楽しかったですし、成長できたと思います。今年はもう1つランクアップして、活躍することをしっかりやっていきたいと思います」 ──監督が交代した中で、キャンプを終えての手応えや感触は 「みんな監督が交代して、最初は戸惑う部分や戦術に対して難しい部分があったと思います。今はだいぶしっかりと理解していると思うので、開幕が楽しみです」 ──選手の並びは今までと大きくは変わらないと思いますが、戦い方なので感じる変化はありますか 「自分たちがボールをしっかりと保持して、相手のゴールに向かっていく、相手の守備を崩すという点では、攻撃的になったと思いますし、ボールを保持することができるようになったと思います。そういった部分では、少し違う戦いが見せられるかなと思います」 ──昨シーズンはJ1に残留するという目標を達成しました。今シーズンはより上を目指す戦いになると思いますが 「自分たちはまだ1年残留しただけなので、チャレンジャーだと思います。ただ、目標は高く持った方がチームとしても良いと思いますし、毎試合勝つような気持ちで1年間戦い抜けば、終わった時に良い順位にいると思います。自分たちのやっていることが上手くいかないときでも、自信を失くさずにチームが1つになって、1年間戦えればと思います」 ──ホームゲームでは非常に良いイメージがあると思いますが、そういった部分は自信になったのでは 「北海道として札幌ドームに集まってみんなで戦うというのは、北海道ならではの強みだと思います。そういった部分を今年も力にしてホームは戦いたいと思います。アウェイも札幌のサポーターは色々なところに来ていただいてます。アウェイなのにホームのような雰囲気を作ってくれる試合が多いので、自分たちもしっかりと応えられるように、ホームだけじゃなくアウェイでも勝てるようにしっかりやりたいです」 ──今シーズンの個人目標は 「ケガをしないです」 ──選手も入れ替わり、ポジション争いなどの変化も起きると思います 「やっぱりポジション争いは厳しいです。ただ、チームにとってはレベルアップする上では大事なことだと思います。まずはそこに負けないで、自分が出た時に監督が求めていることをしっかりとやれるようにしたいと思います」 2018.02.15 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

札幌退団のMF石井謙伍がタイ2部のサムットサコンFCへ完全移籍

▽北海道コンサドーレ札幌は19日、昨シーズン限りで契約満了となっていたMF石井謙伍(31)がタイ2部のサムットサコンFCへ完全移籍することを発表した。 ▽石井は、札幌の下部組織出身で2005年にトップチームへ昇格。2010年から2013年までは愛媛FCでプレーしたが、2014年に札幌へ復帰していた。2017シーズンは明治安田生命J1リーグで4試合に出場。YBCルヴァンカップで7試合、天皇杯で1試合の出場に留まっていた。 2018.01.19 17:17 Fri
twitterfacebook
thumb

“黄金世代”小野伸二・高原直泰・稲本潤一が再会! 「出会いは14歳くらいからかなぁ」「まだまだこれからやぁ」

▽日本サッカーの一時代を築いた“黄金世代”の3人が再会を果たしたようだ。 ▽それは九州サッカーリーグに所属する沖縄SVを設立し、代表兼監督兼選手を務める元日本代表FW高原直泰が、沖縄で1次キャンプを行っているコンサドーレ札幌の練習を訪問したことで実現。年代別日本代表やA代表で共に戦い、切磋琢磨してきた札幌の元日本代表MF小野伸二と元日本代表MF稲本潤一と旧交を温めた。 ▽その様子を小野は自身のオフィシャルブログで報告。「刺激しあってきた3人組で」とのコメントと共に3ショットの写真を掲載し、以下のように再会を振り返った。※絵文字省略 「今日はスペシャルゲストがトレーニングを観にきてくれました」 「この3人の出会いは14歳くらいからかなぁ もう24年かぁ 月日が経つのも早いもんだ まだまだお互い刺激しあいながら頑張ろう」 ▽また、稲本も自身のインスタグラム(junichi_inamoto17)で再会を果たしことを報告している。※絵文字省略 「久しぶりの3人 かれこれ中学生からの友達 もう38歳! まだまだこれからやぁ〜」 ▽小野、高原、稲本らの年代は1994年に開催されたU-16アジアユース選手権優勝をきっかけに黄金世代と呼ばれることに。黄金世代は1999年に当時A代表の監督と兼任していたフィリップ・トルシエ監督と共にワールドユース選手権で準優勝、2000年のシドニーオリンピックでベスト8(小野はケガのため不参加)、2002年の日韓・ワールドカップでは初の決勝進出となるベスト16という成績を収めており、個人としても海外で活躍するなど日本サッカー界をけん引してきた。 2018.01.17 15:03 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース