札幌でコーチを務める元日本代表DF名塚善寛氏と湘南でコーチを務める高橋健二ら4名がS級コーチ認定2017.10.12 20:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会は12日、2016年のS級コーチ養成講習会判定の結果を発表し、元日本代表でベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)、コンサドーレでプレーした名塚善寛氏(48)とモンテディオ山形でプレーした高橋健二(47)ら4名のS級コーチ認定を発表した。

▽名塚氏は、1988年に日本サッカーリーグ1部のフジタ工業(現・湘南ベルマーレ)に加入。1994年にはJリーグベストイレブンに選ばれ、日本代表にも選出された。1999年には当時J2リーグだったコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)に移籍し、主将として翌年のJ1昇格に貢献。その後、2001年のシーズン終了後に現役を引退した。

▽引退後は、札幌U-12のコーチ、札幌U-15の監督を経て、2013年からトップチームのコーチを務めている。

▽高橋氏は、1994年に国士館大学からジャパンフットボールリーグのNEC山形(現・モンテディオ山形)に入団。1997年から1999年まではキャプテンも務め、2006年のシーズン終了後に現役を引退した。

▽引退ごは、山形の下部組織でコーチを務め、2012年にトップチームのコーチに就任。今シーズンからは湘南のコーチを務めている。

▽また、名塚氏と同じくS級コーチ認定されたのは、愛媛FCレディースの監督を務めている川井健太氏(36)、江戸川大学フットボールクラブの監督を務める鈴木秀生氏(42)となっている。

▽S級コーチライセンスとは、JFAが公認している指導者免許で、日本国内では最高ランクに位置するもの。S級ライセンスを保持していると、Jリーグクラブや日本代表の監督を務めることができる。現在S級コーチライセンス保持者は465名となり、2016年度のS級コーチ認定者は21名中17名となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェイ2発の札幌がFC東京に気迫の勝利! 残留に向けて敵地で大きな3ポイント《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節のFC東京vs北海道コンサドーレ札幌が21日に味の素スタジアムで行われ、1-2で札幌が勝利した。 ▽ここまで10勝8分け11敗で11位のFC東京(勝ち点38)と、同8勝7分け14敗で13位の札幌(勝ち点31)が対戦した。ホームのFC東京は、1-1で引き分けた前節のヴァンフォーレ甲府戦から出場停止のピーター・ウタカに代えて大久保を起用する1点を変更。対する札幌は、3-0で勝利した前節の柏レイソル戦から兵藤に代えてチャナティップを起用した。 ▽試合は、残留に向けて気が抜けない状態が続く札幌が先にゴールへ近づく。5分、右サイドのやや絞った遠めの位置から福森がゴール前に入れたFKに都倉が頭で合わせる。このヘディングシュートが枠を捉えたが、GK大久保のファインセーブに遭った。 ▽積極性を見せる札幌は、19分にも福森のセットプレーから。左CKに正面で合わせたジェイのヘディングシュートは、わずかにバーの上に外れる。さらに札幌は28分、CKをGK大久保が弾いたこぼれ球をペナルティアーク付近の荒野がダイレクトで叩く。強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、ここもGK大久保の好セーブに阻まれる。 ▽札幌の熱量を前に攻撃の形を構築できない時間が続いたFC東京だが、39分にシュートまで持ち込む。高萩の縦パスからユ・インスとつないで、最後はバイタルエリアの大久保に。大久保が仕掛けてボックスに入り、シュートに持ち込んだが、これはGKク・ソンユンに処理される。 ▽ゴールレスで迎えた後半も札幌が力強い立ち上がりを見せる。すると、早々の47分に先制点を挙げる。ハーフウェーライン付近から福森が入れたFKをボックス右の都倉が中央に折り返す。このボールを収めたジェイがゴール右にシュートを突き刺し、札幌が先行した。 ▽これで勢いに乗った札幌はさらに59分、追加点を記録する。左サイドの都倉がクロスを入れると、これにジェイが頭で合わせる。バウンドしたボールがそのままネットを揺らし、札幌がリードを広げた。 ▽2点のビハインドを背負ったFC東京は、ここから反撃。すると、65分に1点を返す。太田が蹴った右CKにファーサイドのチャン・ヒョンスが飛び込む。このヘディングシュートがGKク・ソンユンのニアサイドを割り、FC東京がスコアを1-2とした。 ▽終盤にかけては比較的オープンな展開に。札幌は74分、ボックス右に流れた荒野がジェイのパスを受けてクロス。これに都倉が飛び込んだが、このヘディングシュートはわずかに枠の左にはずれる。 ▽ゴールが欲しいFC東京は77分に徳永に代えて梶山、87分には永井を下げてリッピ・ヴェローゾを送り出す。しかし、最後まで同点弾を奪えずに試合終了。連勝の札幌が残留に向けて大きな勝ち点3を手にし、リーグ4戦負けなしとした一方、FC東京はリーグ4戦未勝利となっている。 2017.10.21 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェイ全得点演出の札幌が柏に3発快勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節、北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルが14日に行われ、3-0で札幌が勝利した。 ▽代表ウィークを挟んで2週間ぶりに再開されたJ1リーグ。残留に向けて是が非でも勝ちが欲しい14位の札幌(勝ち点28)は、前節のサンフレッチェ広島戦からチャナティップを代えて兵藤を起用。一方、優勝争いから振り落とされないためにも、こちらも勝ち点3が欲しい3位の柏(勝ち点53)は前節の甲府戦から武富、キム・ボギョンに代わり、鎌田、ディエゴ・オリヴェイラが先発に名を連ねた。 ▽試合序盤は地力で勝る柏が優勢に試合を運ぶ。だが、先に試合を動かしたのはホームの札幌だった。15分、左サイドの荒野がゴール前へ長いパスを送ると、相手DFに競り勝ったジェイが頭で折り返す。そこに飛び込んだ宮澤が右足で押し込み、先制弾をもぎ取った。 ▽その後は一進一退の攻防が続く。札幌が26分にカウンターから都倉がゴールに迫れば、直後には柏もボックスに侵攻した伊東がシュートを浴びせる。そんな中、38分に右サイドのスローインからパスを受けた宮澤が深い位置からマイナスのクロスを送ると、ジェイが打点の高いヘディングで押し込み、札幌が2点目を挙げた。 ▽迎えた後半、2点を追う柏はハーフタイムに小池に代えて武富を投入。しかし、開始直後に札幌が突き放す。51分、敵陣中央の左サイドから石川がクロスを上げると、ファーサイドのジェイが頭で合わせ、札幌に3点目をもたらした。 ▽試合を決定づける3点目を奪った札幌だが、76分に兵藤を代えてチャナティップという攻撃的な選手を投入。柏も大谷に代えて、キム・ボギョンを投入し、点を奪いに行く。しかし、完全に守勢に入った札幌の壁は厚くなかなかシュートまで持ち込むことができない。札幌は増川や稲本をピッチに送り、試合を締めにかかる。 ▽5分のアディショナルタイムも終え、このまま試合終了。3-0で勝利した札幌が残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2017.10.14 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

広島vs札幌の残留争い中同士の直接対決はドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のサンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌が30日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで6勝8分け13敗で15位に位置する広島(勝ち点26)と、7勝6分け14敗で14位の札幌(勝ち点27)が激突した。リーグ5戦負けなしと好調の広島は、1-3で勝利した前節の清水エスパルス戦から野上と柴崎に代えて稲垣とフェリペ・シウバを起用。対する札幌は2-2で終えた前節のアルビレックス新潟戦から兵藤、ヘイスに代えて荒野、都倉を起用した。 ▽試合は、先に札幌がゴールに近づく。4分、相手陣内でボールを奪うと、ペナルティアーク手前の都倉が左足を振る。このミドルシュートは、わずかに枠の右にはずれた。さらに19分には福森がゴール前にFKを入れると、頭で合わせたジェイがわずかに枠をはずれるヘディングシュートを放って広島を脅かす。 ▽ハーフタイムにかけてはボールを保持して相手を押し込む広島に対して、札幌がカウンターを狙う展開となる。やや膠着状態が続いたが、広島は32分に決定機を演出する。ボックス左手前から柏が高いクロスを入れると、ファーサイドのパトリックがゴール前でヘディング。しかし、このシュートはバーの上にはずれる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、試合が動いたのは60分だった。ボックス内のアンデルソン・ロペスが菊地に倒されてPKを獲得。アンデルソン・ロペスは自らPKを蹴ってゴール左に決めるが、これは味方がキックの前にボックス内に入ったとしてやり直しになる。それでも、アンデルソン・ロペスはプレッシャーがかかる中で同コースに再びPKを決めて、広島が貴重な先制点を記録した。 ▽しかし、札幌もすぐさま反撃に転じると、69分に追いつく。広島MF稲垣が自陣ボックス内でのボール処理の際にハンドを犯したことで、札幌がPKを獲得。これを都倉がきっちりと沈めて、札幌が試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけてはフェリペ・シウバ、青山を下げて皆川、森崎和を送り出した広島がホームで勝ち点3を狙いにいく。84分にはボックス内で皆川の落としに反応して正面に走り込んだ柏がフリーでシュート。しかし、これはわずかに枠の左にはずれる。 ▽結局、試合はそのまま終了。残留争い中のチーム同士による直接対決は両者が勝ち点を分け合った。 2017.09.30 17:56 Sat
twitterfacebook
thumb

河田J初弾含む2発! 新潟が2点差追いつき札幌とドロー! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の北海道コンサドーレ札幌とアルビレックス新潟の試合が、23日に札幌ドームで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽14位の札幌(勝ち点26)は前節、ヴィッセル神戸に0-2で敗北し3連勝を阻まれた。降格圏の16位・ヴァンフォーレ甲府(勝ち点21)との勝ち点差は「5」となっており、残留を争うライバルからとの直接対決では、白星を狙いたい。勝利が求められる札幌は、神戸戦からスタメンを2名変更。河合、都倉に代えて菊池、ジェイを起用した。 ▽14試合連続で勝ちがなく、最下位に沈んでいる新潟(勝ち点11)は、前節の鹿島アントラーズ戦で2点を先取したものの、4失点を喫し敗北。大金星を逃した新潟は、残留ラインの15位・サンフレッチェ広島(勝ち点23)との勝ち点差が「12」となっている。後がない状況の新潟は、前節からスタメンを2名変更。大武と、出場停止となっているドウグラス・タンキに代えて、ソン・ジュンフン、富山を起用し、シックスポインターに臨んだ。 ▽試合は序盤から、ホニを起点にボールを繋いで攻め上がりを試みる新潟に対し、札幌が長いボールを多用し、素早いカウンターをしかけるという構図が目立った。7分には、ボックス手前中央でボールを持ったヘイスがディフェンスラインの裏に巧みなスルーパスを供給。左サイドで抜け出した石川がボックス内で一対一を迎えたが、GKの素早い寄せに遭い、シュートを放つことはできなかった。 ▽ペースを掴みたい新潟は、20分に左サイドの山崎が浅い位置から鋭いクロス。富山がボックス内に滑り込みつつ、合わせようと足を伸ばしたところ、GKク・ソンユンと交錯する。このプレーが原因となってク・ソンユンが負傷。28分にGK金山との交代を余儀なくされた。さらに30分、一時はプレーを再開していた富山も、担架に運ばれて退くことに。交代で河田が起用された。 ▽試合が動いたのは前半終了間際、51分だった。敵陣右サイドで獲得したFKで、ボックス内のジェイをターゲットに。競り合ったジェイが頭で中央に折り返すと、走り込んだ早坂が右足一閃。ゴールネットに突き刺した。直後に前半終了の笛が鳴り、札幌のリードで試合を折り返すこととなった。 ▽迎えた後半、開始早々に札幌がリードを広げる得点の奪取に成功した。56分、新潟陣内やや左でFKを獲得すると、キッカーをヘイスが務める。右足を振り抜くと、ボールはゴール左隅に吸い込まれた。 ▽それでも80分、新潟が意地をみせた。右CKからボックス内浅めの位置にクロスが上がると、河田が下がりながらも頭で合わせた。これがGKの頭上を越え、自身のJ1初ゴールとした。さらに87分、勢いそのままに新潟が同点弾を奪い切った。山崎のスルーパスに抜け出した小泉が、右サイドからクロスを供給。これに走り込んだ河田が合わせ、ネットを揺らした。 ▽試合はこのまま終了。札幌(勝ち点27)は2点のリードを守り切ることができず。ホームで最下位に勝ち点1を与える形となった。新潟(勝ち点12)は、15試合連続で勝ちなしとはなったものの、土壇場に2発を生み出し、最低限の結果を手にすることとなった。 2017.09.23 16:11 Sat
twitterfacebook
thumb

田中順&渡部弾の神戸が札幌に快勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が16日に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽ここまで10勝3分け12敗で11位の神戸と、7勝5分け13敗で14位に位置する札幌が激突した。神戸は1-2で勝利した前節のガンバ大阪戦から大森に代えて田中順を起用する1点を変更。対する札幌は、2-1で勝利した前節のジュビロ磐田戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽試合は、早々に神戸がスコアを動かす。4分。ボックス左手前で中に切れ込んだポドルスキが右足でミドルシュート。GKク・ソンユンが正面ながらもこのシュートを弾くと、こぼれ球を田中順が押し込み、神戸が先行した。 ▽出鼻を挫かれた札幌だが、9分には反撃。チャナティップの浮き球スルーパスで正面に抜け出したヘイスがGKをはずすシュートを放つ。無人のゴールにボールが向かうも、これはカバーリングに入ったDF岩波の好クリアに遭って同点弾とはならない。 ▽すると、22分には神戸が突き放す。藤田が蹴った左CKにニアサイドの渡部がヘッド。このシュートが決まり、神戸がリードを2点に広げた。 ▽さらに神戸は41分にもゴールに近づく。左サイドから三原がクロスを入れると、ペナルティアークの小川がバウンドしたボールを左足ボレー。このシュートが枠を捉えたが、GKク・ソンユンのファインセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半も好勝負が展開される。札幌はハーフタイム明けから都倉に代えてジェイを投入。一方の神戸はポドルスキが積極性を見せる。そのポドルスキは62分、ボックス左でDFに囲まれながらも強引に仕掛けて左足を振り抜く。しかし、強烈なシュートは枠に飛ばない。 ▽終盤にかけても手を緩めないポドルスキは果敢にゴールを狙う。88分には独力で仕掛けてボックス左から枠内シュート。しかし、これもGKク・ソンユンのセーブに阻まれる。 ▽結局、ポドルスキにゴールは生まれなかったものの、そのまま神戸がシャットアウト勝ち。前節のG大阪に続く白星を手にした。 2017.09.16 21:04 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース